こんにちは。お久しぶりのさとうりっちゃんです。

3月14日の佐賀での「忍者参上!」のご報告です!!

毎年お世話になっている、佐賀子ども劇場さん主催、
「忍者参上!」

今回舞台になったのは「神野のお茶屋」という重要文化財!!
管理人さんも、とても愛着があるんだ〜、と
前日の下見の時(13日のブログ)に嬉しそうにお話してくださいました。

「神野のお茶屋」を使わせていただくのは3回目。

今回も、発見とドキドキ、ワクワクがいっぱいありました。

午前中は幼児さん、午後は小学生、と目白押しの1日になりましたよ。

まずは、そんな修行の始まり、仕込み風景をどうぞ!


はじまりはじまり〜!
の、続きはこちらから。
たくさんの写真を送っていただきましたので、
写真館にしてお届けいたします。

午前中は幼児親子忍者!
ワクワクと、緊張のドキドキ、いろんな気持ちが動きます。
0幼児忍者始まり始まり



何部屋も繋がっている神野のお茶屋は忍者さえも馴染んでしまう!
柱にへんしん!
0柱に変身



木の置物にへんしん!
本体よりも大きいへんしんです。
0木の置物に変身



さぁいよいよ外へ!
0いよいよ外へ!



外の空間に2つに分かれたチームで巻物を隠します…。
いろんな意味で、ドキドキ。。
0この松の木は文化財



あ!あそこに!!と、指をさしたその向こうには
0きみこ!あそこに!



最後まで姿を見られぬものかと自分との戦い&修行に励むお頭役のシマさん。
0お頭様も隠れる修行



さぁ、巻物はどこに隠した?
見えないところ、虫が出てきそうなところ、
気がついたら、あるようでない、ないようである、からくりが生まれていました。

最後は、お頭様からの巻物伝授!!!
0お頭から修行終了達成の巻物を




さぁ、そして午後は小学生忍者!!

経験者も多い小学生は、「待ってました!」の空気がいっぱい。
1いよいよ小学生長剣



1小学生サクラ変身



躍動する姿に
1躍動する小学生!



息を潜める姿(地蔵、神野のお茶屋に現る!)
1屋敷の中に地蔵?



そしてやっぱりあの扉を開いて外へ!
1やっぱりこちらも外へ!



動きたい!やってみたい!に向かって!
1その先が楽しみ!



幼児さんと同じく、修行のメインは巻物を隠す!
しかも、自分たちが生み出した「からくり」に。

ここから小学生たちには、
からくりの素材として「新聞紙」か「すずらんテープ」どちらかを
選んで修行が進んでいきます。

まずはこちら。「新聞紙」のからくり。
1新聞紙を張り巡らせると



どんどん敷き詰めて生まれたのは
「新(聞紙)お化け屋敷」
1何が潜むかわからない、新おばけ屋敷



垂れ下がった入口は、まさしくお化け屋敷のような
不気味さが漂っていました。


かたや、「すずらんテープ」のからくり。
1かたやもう一つの道場では



なんと、これぞ蜘蛛の巣状態!!
ここから潜入する予定なのですが。。。
(ちなみに大人が夢中になってこのようになったらしい)
1どうやって入るんだ!?



いざ!互いの陣地に潜入開始!!
脱出にも時間がかかる!!
塀を越え、隙間をくぐり脱出!!
1山をこえ谷をこえ



その間にあの!あの入口が
相手チームの潜入を塞いでいた!!
やった〜、作戦成功!!!
1潜入するのも一苦労!




私たちの忍者修行で必ず伝えている言葉

「力は己の中にあり」

彼らの姿はその言葉そのもの!!


今、自分の中に湧き起こったいろんな気持ちを
目の前にいる仲間たちと新しい”ワクワク”を生み出す。
その躍動する力に感動します。

躍動した彼らの姿を忘れないように、語っていきたい!
その躍動を共にしてもらえる大人をいっぱいにしていきたい!
そんな話を佐賀子ども劇場の皆さんとも話をしました。


また!ここで、修行しましょう〜!!
仲間忍者集合!

この写真は、仲間忍者(大人スタッフ)のまとめの話が終わるのをずっと待っていた小学生が
撮ってくれました!ありがとう〜!!



追伸
修行の最後にひっそりと見つけられたこの巻物。
実は去年(2020年)の修行の時の巻物なのです。
来年もあるかな?またここにひっそりと潜ませておくことにしました。
あそびが続くと、奇跡がおこる。そんな気持ちがします。
一年前の巻物