おろかなるひとり言

アコースティックギターとフォークにどっぷりの平々凡々とした日々の雑感を綴る、極めて私的なブログ。

カセットデッキのメンテナンス その後

先日メンテナンスしたカセットデッキ。
手を加えたあとはうまく動いていたのですが、翌日また動かしてみるとまた不具合再発です。

やはりベルトを交換するしかないと思い交換ベルトの購入を決意。
ネットで購入しようと思ってサイズを再確認。
買おうと思っていたベルトは長さはちょうどいいのですが、幅が2mmほど狭いことに気付きました。
もう一度ちょうどいい幅のベルトをネットで探してみましたが、みつかりません。
ダメ元でメーカーのサービスセンターへ電話し、ベルトをわけてくれないか?
と頼んでみました。
「部品の単品供給はしていない」と一度は断られたのですが、どうしても適切なベルトをネットで見つけられない旨を伝えると
「今回は特別におわけしましょう」
ということでご厚意でベルトを売ってもらえることになりました。
「どうせ交換するならメインベルトだけでなくキャプスタン駆動ベルトも一緒に替えた方が良いですよ。」
というアドバイスで2本のベルトを購入することになりました。
サービスセンターからの供給パーツなので間違いはありません。価格も送料・代引き手数料を入れても2,000円でおつりがきました。

本日そのベルトが届き、早速組み付けてみました。
比べてみるとメインベルトはだいぶ伸びていました。キャプスタン駆動ベルトは問題無さそうでしたが、この際一緒に交換しました。

デッキの内部をもう一度掃除して再組立て。
今も昔エアチェックした79年の拓郎の武道館ライブの音源を聴きながら書き込んでいますが、今のところ順調に動作しています。
今度こそ直ったかな?
直っていればいいなぁ..

ちなみにオイラがメンテナンスしたオンキョーのカセットデッキですが人気機種だったのでしょうか?
オークションにたくさん出ていますが、あまり安くありません。
メンテナンス済みの中古品も結構な値段です。モノによっては中古品なのに定価以上の価格で取引されているものもあります。
そういう意味では自分で直せるのであれば直して使い続けるというもも良い選択だと思います。

カセットデッキのベルト交換なんてモノさえ手に入れば照明器具の電球を替えるようなものです。
簡単ですよ...

カセットデッキのメンテナンス

もう何年も前にハードオフのジャンクコーナーで買ったカセットデッキを持っている。
ジャンクと言いながら完動品でちょっと得した気分でした。
そいつの出力を部屋のPAの入力に突っ込んでカセットを今でも聴くことができる環境を維持している。
数日前に久しぶりにカセットデッキの動かしてみるとテープの途中で止まってしまい、オートリバースで裏側を再生、すぐに止まってまた裏側を再生...無限ループに入ります。
要はカセットデッキが過負荷検出をしてテープの終端まで到達したと思ってオートリバース機能が働いてしまっています。
これは古いカセットデッキによくある症状で内部の駆動ベルトが伸びてしまうとこの現象がでることが多いらしい。
カセットデッキそこで、ベルト交換を決断です。
まずは交換するベルトの寸法を知る必要があるので分解です。
あちこち分解してベルトを摘出。
この機種は駆動モーターまで外さないとベルトが取り出せない構造でした。
そして、全長約22cm、内径約7cmのベルトであることを確認。
ちょうどこの寸法のベルトをインターネットで1,900円で売っていることも確認。
でも外したベルトを見る限り伸びていたり劣化しているようには感じませんでした。
そこでもう少しネットで検索してみるとベルトとその周辺のプーリーなどを清掃するだけで直ってしまうこともあるらしい。
ダメ元でベルトとその周辺を清掃。
アルコールを綿棒につけて掃除すると綿棒が真っ黒になります。
結構汚れていたみたいです。
念入りに掃除をしてデッキを組み立て、そしてもう一度再生してみると...
おお!問題無くデッキが動きだしました。
なんか直っちゃったみたい...
しばらくこれで様子を見ます。
ちなみに古い家電によくある電解コンデンサの液漏れは確認されませんでした。

若いころのバンドの音源や今は無き川越のライブハウス・ページワンで定期的にで歌っていたころの、今では恥ずかしくて聴けないような音源が沢山あります。
あと10年ぐらいすれば恥ずかしさを通り越して懐かしい気持ちで聴けるかもしれません。
それまで元気に動いてくれていればよいのだが...

1泊2日の白内障手術

1泊2日の白内障手術をしてきました。
といっても眼科の話では無いのだ。

オイラの所有するホンダCRVだがもう10年選手なのでヘッドライトが白く曇って非常にカッコわるい。
両目とも白内障状態です。
走行距離はまだ5万キロもいっていないのでしばらく乗るつもりなので、これをなんとかしたいと思って画策していました。
市販のヘッドライト磨き用品もあるけれどあまり効果が無いみたいです。
ディーラーで2回ほどヘッドライトを磨いてもらいましたがあまり効果なし。
いっそのことヘッドライトを交換しようと見積りしてもらったら、部品代で9万円、工賃込みで11万円というお返事...
挙句のあてに、
「ヘッドライトが曇ったぐらいで交換する人なんていませんよ。」
「車検が通らなくなるくらい曇ったら交換する人もいますけど..」
だそうです。

どうしたものかと考えていたところ、専門の業者が近くにいました。
通常はヘッドライトを磨いたあとコーティングをするのですが、このコーティングもあまり長持ちせず数か月でまた曇り始めてしまうとのこと。
でも、今回お願いした業者はヘッドライトを磨いたあと、クリア塗装をするので持ちが全然違うそうです。
料金は2万円弱。ちょっと高い気もしますが、11万円と聞かされたあとなので、妙に安く感じて速攻で施工予約しました。
6月に予約して、実施の施工はお盆休み。2ヶ月待ちでした。
ということで、CRVの1泊2日の白内障手術が終了しました。

これが施工前の写真です。
10年経った車のヘッドライトですから、こんなもんでしょう。
Beforebefore

そしてこれが施工後の写真です。
Afterafier

すごいでしょ。
遠目にも違いが判るくらい綺麗になりました。
この状態が長持ちすれば2万円は高くないぞ!

Wood Song Project Vol.33終了

昨日はWood Song Project のライブでした。
このところ、仕事で一杯いっぱいでとてもライブどころではない心と体ではありましたが、なんとかやり切ったという感じです。

こやまでも、逆にそういう状態だったせいか、妙に力が入らず結果としては良い出来だったような気がします。

ギターはいつもは2本持参しますが、今回のライブはギブソンのSJ-200の1本でこなしました。
体調がイマイチの時こそ一番信頼できるギターで挑むことにしたわけです。
やはり「ここ一番」という時はSJ-200かハミングバードを使いますが今回はSJ-200。
倍音が気持ちいい本当に良く出来た楽器です。

さて、あと1週間で夏休みです。あと一息です。
夏休みはゆっくりします。

ケメまで逝ってしまったのか..

またしても訃報です。
ケメが逝ってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00050036-yom-ent

小学生の時、始めて聞いたフォークはケメでした。
夜、寝床の中でラジオで聴いたノイズ混じりのケメの唄に惹かれました。

初めて買ったLPもケメの「千羽鶴」というアルバムでした。
ケメをきっかけに泉谷や拓郎を聴くようになり、そして他のエレック系、URC系も聴き、あの刺激的な70年代のフォークブームをリアルタイムで通り抜けてきました。
結果としてそれが思春期のオイラの人格形成に大きな影響を与えたことは間違いなく、おかけでこんな大人が出来上がりました。
小学生時代にケメの唄に出会ってからオイラの人生は大きく横道に逸れ出したような気さえするのです。

https://youtu.be/1ddjcNl-vEc

最後に買ったケメのレコードはこれでした。
一般的なケメのイメージとはだいぶ異なりますが、一番好きな唄でした。

近年TVで姿を見かることがありましたが、逝くのが早すぎました。
合掌。

Gibson Custom Modern Double Cut Standard

Gibson Custom Modern Double Cut Standardという新しいモデルが出たらしいです。


https://youtu.be/deKHrEGjd6o
PRSをかなり意識したデザインではないかと思います。
サウンド的にはボディコンストラクションからもわかるように基本的にレスポールの音ですね。

個人的にはPRSのほうがいいな...

Sultans Of Swing

久しぶりにD-45とSヤイリの弦を替えました。
最近はエレキばっかり触っていたのでずいぶん久しぶりにアコギの弦を替えました。
弦を張りかえた直後はダメですね。数日経って馴染んでくるといい感じになります。
新しいギターは弦を替えた直後から良い音がしますが、古いギターは馴染むまで時間が必要な気がしています。

さて、ネットで見つけて最近ヘビーローテーションなのがこの動画です。
Dire StraitsのSultans Of Swingをアコギとカホンでカバーしているのですが、原曲の雰囲気をしっかり残したいいアレンジです。
楽器の腕も確かですが、センスがいいんでしょうね。
アコギはサウンドホールのラベルからタカミネだということがわかります。
材の感じからそんなに高級なモデルではなさそうですが、良い音です。
面白いのは3弦がワウンド弦ではなくプレーン弦です。
1音チョーキングも軽々やっていることからもどうやらエレキ弦を張っているようです。
演奏形態によってはこういった弦のセレクションもアリなんでしょうね。
https://youtu.be/ikUBr-7svb4


ちなみにこちらが原曲です。リアルタイムでずいぶん聞きました。
まるでディランが歌っているような雰囲気で好きでした。
https://youtu.be/Il8ZC3O64AU


さて、明日から1週間、仕事でで西日本をぐるっと回ってきます。
海外と比べて国内の出張は気が楽です。

夏祭りのチンドン屋に思う

今日は朝早くから地元の夏祭りにかり出されていました。
役員なので、朝早くから準備でした。

さて、夏祭りです。
あまり興味もないので役員にでもなっていなければ参加しないので、今年が初参加でした。
地元でボランティアなのか副業なのかしりませんがチンドン屋をやっている一団の人たちがやってきました。毎年、夏祭りには呼んでいるそうです。
少額ではありますが、ギャラも発生しています。
そのチンドン屋さんのパフォーマンスですが、痛いです。激痛です...
音階楽器はサックスとクラリネット。
あとはやたらと無駄に多い打楽器の人たち。
サックスの人はそこそこ上手いのですが、クラリネットがダメです。
音程が合っていません。音痴な楽器なのです。
クラリネット、きちんと調整してないみたいです。
なので特にサックスと一緒に音を出すと気持ち悪くてたまりません。
その上、演奏する曲が「憧れのハワイ航路」「東京五輪音頭」などなど..です。
これでは真面目にチンドン屋をやっている人に失礼だと思いました。

たとえ、田舎の夏祭りでも。アマチュアの弾き語りライブでも、人前でパフォーマンスする限りは最善を尽くして、気持ちだけはプロフェッショナルであるべきだと思うのです。

言語障害

金曜日の夜遅く、日本に帰ってきました。
現地で朝から仕事をしてそのまま夜遅く飛行機に乗り、シンガポール経由で帰ってきまいた。
ほとんど飛行機内では寝られず、結局24時間以上起きていたわけで、土曜日は時差ボケでたいしたこともできずに終わりました。

そんな時差ボケの頭で用事があり実家へ..
オフクロが地中海料理の店に一緒に行こうというので一緒に遅いお昼ご飯を食べに行きました。
店は外国人のオーナーシェフが切り盛りしているのですが、とても流暢な日本語を話します。
もう、10年も日本にいるそうですが、敬語まで上手に使います。
でもなぜか外国人を見ると反射的に英語で話しかけてしまう自分がいて、笑ってしまいます。
現地でも下手な英語で言語障害状態でしたが、日本に帰ってきてまでまだ言語障害でありました。

しかし、インド...
毎日ずっとカレーばっかりでした。
当然ですが、本格的なインドのカレーです。
旨いですよ。
でもね...
カレーは好きなのですが、やはり毎日食べても飽きないのは日本食なのです。

明日からインドに行ってくるのだ

明日から1週間、インドに行ってきます。
当然、仕事です。
外資系企業の管理職をやっていながら、偶然とはいえ極端に海外に出張に出る回数が少ないのですが、明日から久しぶりの海外出張です。
海外出張だと色々と準備するものが多くて面倒です。この土日は荷造りなどでなんとなくせわしなく過ごしています。

現地の人から
「インドの食べ物は大丈夫か?」
と聞かれ、
「何でも食うよ」
と答えました。
大丈夫か?オイラ...

ハードオフで売ってるぞ!

先日、ハードオフで売却したオイラのパワードミキサー。
34,560円(税込)だそうです。

34,560円(税込)なので税抜きの本体価格は32,000円ということです。
オイラからの買い取り価格が13,000円なので店の取り分は19,000円ということになります。
この19,000円が売れるまでの場所代と従業員の給料、そして会社の利益になると思いますが、これが高いか安いかは判断の分かれるところですね。
個人的には、そんなところかな?という感じです。

ちなみに6年ぐらい前にオイラが買った価格は...
言わない方がよさそうです。(笑)

おうちPAのスピーカーケーブルを変えてみたのだ

リニューアルしたおうちPAですが、スピーカーケーブルはずっとあり合わせのものでしのいでいました。
ケーブルなんてそんなに高いものじゃないので、少しまともなものを...
と思い、スピーカーケーブルの入れ替えです。

選んだのはBELDEN の 8460 です。
調べてみると
「音が抜群にいい」
「音の輪郭がはっきりしている」
など世間評判は上々です。
同じBELDEN によく似た8470というのもあります。ちょっとだけ太いようです。
こちらもそんなに評判は悪くありませんが、8460 を選んだもうひとつの理由は...
実は8460はエレキギターの内部配線にも使われる有名なケーブルなのです。
なので少し長めに買ってあとでギターの内部配線をBELDEN でやりなおしてみようかと思ったわけです。

さて、肝心のおうちPAの音です。
スピーカーケーブルを入れ替えて、音の輪郭がはっきりして抜群に音がよくなった...
と信じたいぞ!
所詮オイラも耳なんてそんなもんさ。

塚本功のES-175T


塚本功のES-175Tがすごくイイぞ!
ES-175TはES-175のボディを薄くしたモデルで70年代後半に3年間だけ作られたもの。
末尾の”T”はThin Bodyを表す。
まぁ、ジャズギターに分類されるギターだとは思うのだが、この動画の様にアンプで軽く歪ませて弾き語りに使うのもなかなか絵になる。
レスポールやストラトではこういうわけにはいかない。
やはりフルアコボディがいい味を出している。
ちなみにギブソンには同じようにES-125T というP-90を1発だけ載せたノンカッタウェイモデルも存在する。
ES-330ではなくこういった薄いボディのジャズギター...カッコいいよな..欲しいなぁ..
物欲はとどまることが無いのだ。

おそるべし、チャイナミキサー

ミキサー購入にあたり色々と物色していて見つけました。
これはビックリです。
ammoonという中国メーカーから出ているミキサーがヤマハにそっくりです。
というかロゴ以外全部同じ。MG16XU という型番まで一緒です。

ギターなどでは堂々と「Gibson」「Made in U.S.A」と書かれた中国製レスポールが存在しますからねぇ..
まぁ、ロゴを変えているだけでも良心的ととらえた方がいいのかな?
少なくとも内部の電子部品の質は同じとは思えないのですが..何でもアリなんでしょうね..


本物

偽物

Amazonさん、大丈夫ですか?コレ売って...

こんなサイトを見つけました。
思わず自分の買ったミキサーを調べてしまいました。(笑)

おうちPA更新

さて、我が家の自宅PAです。
ヤマハの200W+200Wのパワードミキサーを使っていました。
6年ぐらい前に中古で買ったもので、だいぶ古いものです。
「うた工房」のライブPA用として買い求め、5,6回はライブで使ったでしょうか?
その後はしばらく家の中で隠居状態でしたが、PODを購入したのをきっかけに「おうちPA」として復活。PODを繋いでだいぶ楽しませてもらいました。

さて、その「おうちPA」ですが、最近の酷使が祟ったのか、不調なことがしばしば..
だいぶ古い機種でもあるので、この機会に「おうちPA」を刷新しました。
「おうちPA」更新です。
おうちPA最新のヤマハのアナログミキサーです。ちょっと奢ってMGシリーズではなくワンランク上のMGPシリーズをチョイス。
16CHあり、ステレオチャンネルが4つ、デジタルエフェクトは2系統。
アンプはホームユースを考慮してファンレスのものをチョイス。
「おうちPA」が一気に最新システムに衣替えしました。
アンプは将来的に入れ替えることも考え予算を抑えていますが、ユーザーインターフェースのミキサーだけは安いベリンガーなどで妥協せずにヤマハを選びました。

ステレオチャンネルが増えたので仕舞いこんでいたPODも復活してシステムに加えました。
新ためてBOSSのGT-001とLINE6のPOD2.0を比べるとチューブアンプの雰囲気の再現度はPODに軍配があがりそうです。
もちろん全体的な音の明瞭度や機能を考えると断然GT-001の方が上ではありますが...
まぁ、適材適所で使っていく感じでしょうか。
先々はABボックスでギター信号をGT-001とPODを切り替えられるようにするつもりです。
トゥルーバイパスの簡単な切り替え機なので自作も考えています。

ところで、今まで使っていたヤマハのパワードミキサー、家に置いておくところも無いので早速売却です。
ハード〇フに持ち込んだら、1万3千円で買い取るとのこと。
0.5秒で「お願いします」と言って売ってきました。
2千円から3千円程度で売れたらラッキーと思っていたので嬉しい誤算でした。

田舎に住んでいて周囲からの騒音苦情の無い人、安物でもいいので「おうちPA」、おススメです。





ジャックダニエルウイスキー樽テレキャスター

この前投稿したジャックダニエルのウイスキー樽で作ったテレキャスター。
製作過程がYouTubeにありました。










YouTubeに「That's a very cool idea, looks good」というコメントがありますが、その通りです。
なかなか日本人には思いつかないアイデアかもしれませんね。
ピックアップまで巻線機で作っているのは驚きでした。

面白いと思ったのは近年のレスポールのようにボディが肉抜き加工がされていることです。
個人的にはソリッドギターのチェンバード加工とかウェイトリリーフ加工と呼ばれる肉抜き加工についてはは否定的な意見を持っているのですが、このギターについては結果として良い効果が出ているのかもしれませんね。
いずれにせよ、魅力的なギターです。
こういったボロボロの見てくれで一番絵になるのはやはりテレキャスターなんでしょうね。
ビグスビーもいい味を出しています。

来月インドに行くので...

7月上旬にインドに行きます。インドに行くのは初めてです。当然、仕事です。

さて、インドに行くに当たり周囲から
「予防接種していった方が良い」と言われました。
なんでもあちらでは犬は放し飼いで、犬だけでなくコウモリに嚙まれても狂犬病になってしまうそうです。
狂犬病が発症すると致死率はほぼ100%だとか..
その上、エボラ熱もまだあるとか..
蚊からの伝染も怖いので暑くても長袖シャツが良いとか..

周囲から色々と脅かされると気が小さいのでビビってしまいます。
そんな訳で本日、予防接種を受けてきました。
A型肝炎
B型肝炎
日本脳炎
破傷風
狂犬病
の5種類であります。これが厚生労働省がおススメしている予防接種です。
会社がお金を出してくれるそうですが、保険適用外なので37,700円もかかりました。
注射は1度ではダメなので2週間後に追加でまた注射してきます。

そういえば、あちらのトイレ事情はなかなか厳しいようですね。
携帯ウォッシュレットもAmazonで注文してしまったのだ。

来月はインドから帰ってきたらすぐに名古屋から九州に向けて西の方を一回りの出張も予定されています。
7月はあまり埼玉にはいないような気がする...

COPENの白ナンバー化計画終了

関東地方、梅雨入りの知らせはありましたが、その後あまり雨は降らず、本日は晴天、日本晴れであります。
そんなわけで久しぶりの洗車です。
車が綺麗になると気持ちがいいものです。

さて、我が家のCOPENですが、今さら言うまでもなく、「軽自動車」。
黄色いナンバープレートがタマにキズであります。
ネットで調べてみるとやっぱりこの黄色ナンバープレートが我慢ならないという人はいるようです。
なんでも海外では1000ccのCopenが売られていたとのことで、「それを逆輸入すれば白いナンバープレートになる」という壮大な夢を描いている輩もいるようです。
そんなところに朗報です。
ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」です。
この特別仕様ナンバープレートには軽と普通車の区別が無いのでこれを付けると自動的に軽自動車も白ナンバープレートになってしまいます。

白ナンバー寄付金無しタイプなので7,000円ちょっとの費用で白ナンバー化完了。
10年落ちの軽自動車に7,000円のお金をかけてナンバーを入れ替えるか?というとなかなか判断が分かれるところではありますが、結果はこの通りです。
個人的には結構Good Lookingで満足、満足...
ナンバーを付け替えて気付いたのですが、黄色ナンバーって白ナンバーよりもサイズが小さいんですね。
COPENのリアナンバープレートはスペース的にはギリギリでした。
見慣れないせいか、ナンバープレートがオーバーサイズに見えますね。

59年レスポールを売っているぞ

今、某楽器屋さんに59年製レスポールが出てますね。
リシューモデルじゃないですよ。
本物の59年製です。上品なトラ目がグっときます。

59_LPオリジナルのバーストレスポールやオリジナルD-45はあまり店頭に並ぶことがなく、主に個人売買で取引されているらしいのだが、今、59年製レスポールはいくらぐらいするんだろう?

楽器屋さんのWebには
こちらの商品はお名前、お電話番号、ご住所をご連絡の上、商談日時を頂きましたご来店のお客様のみ対応させて頂きます。メールやお電話での価格、詳細につきましてはお答え出来ませんので、予めご理解の程宜しくお願い致します
と書かれています。
ずいぶん強気です。
「要は本当に買うつもりの人しか相手にしませんよ。冷やかしはお断りだよ。」
という意味ですね。怖くて見せてくれとも言えません。(笑)

そういえば社会人になって2〜3年目ぐらいに御茶ノ水の楽器屋で68年製J-45を買った時、そこの店長が
「君はエレキも弾くのかい?」
「今、58年レスポールが出ているのだが買わないかい?」
とのこと。
「いくらですか?」
と聞くと確か「300万円」という返事でした。
今考えると、当時の貨幣価値を考えてもお買い得です。
まぁその後のオリジナルバーストの異常な価格高騰が理由ではありますが...

「最近、車を買ったのでお金が無い」
と答えると、
「馬鹿だなぁ..ギター弾きは車なんか乗らないんだよ」
「ラッタッタ で十分だよ」
と言われました。
つくづく、あの時無理をしてでも買っておけば良かった..と今でもたまに思い返しながら、トーカイのレスポールを弾いている自分がいるのだ..

ところで、今の若い子は「ラッタッタ」なんてわからないよね。
ホンダの格安原付バイク、ロードパルの愛称なんだよね。
ソフィア・ローレンがCMに出てましたね。

そういえば、東松山市の某病院の院長はオリジナルのバーストレスポールを持っているという噂だが、本当だろうか..(笑)

ひと目見て「欲しい」と思うギターはあまりないものだが...



ジャックダニエルのウイスキー樽で作ったテレキャスター。
ひと目見て「欲しい」と思った。

音だって悪くないぞ!
人気ブログランキングへ
訪問者数

    Profile
    ギターチューナー
    livedoor 天気
    吉田拓郎大好き!!


















    かぐや姫大好き!!






    CM


    イケベ楽器店web site

    Sound House

    マウスコンピューター/G-Tune

    ノートン啓蒙バナー
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ