おろかなるひとり言

アコースティックギターとフォークにどっぷりの平々凡々とした日々の雑感を綴る、極めて私的なブログ。

つま恋

もう10年経ったのだ

拓郎とかぐや姫のつま恋コンサートが行われたのが2006年9月23日。
あれからもう10年も経ったということです。

つま恋オイラの部屋には当日会場で無料配布していたポスターが今でも貼られています。
だいぶ色あせていますが、ポスターのバスのナンバープレートの9-23はコンサートが行われた9月23日を示しています。

奇しくも今年つま恋が営業を終了するというのもなんか因縁のようなものさえ感じます。
拓郎という人はオイラの人生観まで変えてしまうほど大きな影響力のあった人でした。
でも残念ながら今はオイラの気持ちの中では拓郎は既に過去の人です。

現在の拓郎の作る唄にはオイラの心は動きません。
妙に芸能人然としてふるまう拓郎もオイラの知っている拓郎ではありません。

色あせたポスターを眺めながら、この10年間にあった色々なことを思い出しているのです。

つま恋から1年

今日は朝から雨ですね。
昨日の残暑からうって変わって涼しい日になりました。
実はやらなければならないことが沢山あるけど、家でゴロゴロしているこやまです。

あのつま恋から今日でちょうど1年です。
あっという間だったような気もするし、ずいぶん昔のような気もするし...

でも、あのつま恋の歴史的なイベントに参加できたことを忘れたくないんで、このブログに載っている「つま恋みやげ話」、いくつかの加筆の上、HP(アコースティックギター大好き!!)のひとつのコンテンツにしようかと思って夜な夜なWebを作っています。
しばし、お待ちを...







Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!

公式記録BOX

疲れが抜けないです。
毎日見かける新キューピーコーワゴールドのCMがちょっと気になるこやまです。

でも好きなことやってるときは疲れないんですよね。
昨年のつま恋の時はほとんで寝ずに遊びまわりましたが、全然OKでした。
やはり気持ちの問題なんでしょうか?


久しぶりにつま恋関連の話題。
昨年、つま恋から帰ってきて、迷いに迷って買った「公式記録BOX 吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006」
やっぱり9800円は高い、高すぎる!!
と思いました。
でもね、やっぱり「今買わなかったらあとでは買えない」という気持ちに負けて買っちゃったんですよね。(笑)
結局、あの時に一緒につま恋に行った仲間でアレを買ったのはオイラだけ。

あのような”記念品”のような本は再販されないんでしょうね、きっと。
今になって思えば、やっぱり買っておいてよかったぞ!と思って、さっきamazonで見たら...
残り2冊だそうです。
まだ売ってたのね(笑)
きっと作りすぎちゃったんじゃないでしょうか?(笑)






Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!

ファン心理

家族で一泊で温泉に行ってきました。
草津方面に出かけましたが例年とは違って雪がほとんどありませんでした。
帰りに軽井沢のアウトレットモールに寄りましたが北風が冷たすぎます。
当たり前の話ですが、アウトレットモールのすぐ隣がスキー場ですから...
寒がりのこやまです。


さて、つま恋の話題です。
インターネットで拓郎のファン関係のサイトをながめています。
今回発売されたつま恋のDVD、あまり評判よくないんですね。

・ファイト!が編集されているのが納得できない。
 この1曲のためにDVD買ったのに..
・かぐや姫に比べて拓郎の収録曲数が少ない。
 NHKの放送もそうだった。
 何か裏があるのではないか..
・何故、「人生を語らず」が収録されていないのか?
 納得できない。
 ひょっとしたら、第2弾のDVDを予定しているのではないか?
 85年のつま恋のときもPart2のビデオが遅れて発売された。
・DVDの枚数が増えて値段が上がっても良いからコンサートの全曲収録を希望

やっぱりファンは全て観たいんですね。
でもきっとアーティストサイドにすれば演奏の出来やその他の理由でDVD化できない部分って絶対にあると思うんですが...
オイラの場合、総集編の4時間のDVDと今回の3枚組みDVDで結構満足なんですけど..

でもきっと、Part2が発売されたら買っちゃうんだろうな(笑)

ちなみに85年のつま恋のビデオ、確かに2本発売されました。(両方持ってます。)
現在DVDで売られているものは2本のビデオの収録内容をMIXして編集したもののようです。





Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!

公式記録BOX 吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006

今年の一番のニュースは?
と聞かれたら、間違いなく

つま恋です

と答えるこやまです。
今でもつま恋のDVD見るとあのときの気分がよみがえりますね。

さて、”公式記録BOX 吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006”みんな買ったんでしょうか?
えっ?オイラ...
買いましたよ、しっかり...


つま恋公式BOXこの公式BOX、つま恋の会場でも予約を受付けていました。
でも、その時は9800円という値段を見て、ちょっと腰が引けて予約しませんでした。
結構、小市民のこやまです。
コンサートの現地で笑美さんからも
「買うか?」
と問われた時に、
「ちょっと高すぎるから見合わせる」
と答えました。


そしてつま恋から帰ってきて、
85年のつま恋の写真集には大きく自分が写っていたしなぁ...
今回も最前列でカメラマンに何枚も撮られたしなぁ...
もし、自分が写っていて買わなかったら後悔するかなぁ...

なんて思ってました。

そして大塚氏、
何の気なしに
「公式BOXどうする?」
と聞いたところ、なんとコンサート会場で既に予約してきたとのこと。

「ゲッ!やっぱり買おう」
と思いました。
優柔不断な性格です。さっそく、予約ハガキを出しました。

さっそく笑美さんに購入の旨を連絡。
すると笑美さんもその気になって予約ハガキを出すとのこと。

その後、振込み用紙が送られてきて、コンビニから振込み。
発売日にめでたく送られてきました。
立派なケースに入った公式BOXです。

中を確認して、ガックリ...
最前列でそれはそれは沢山の写真を撮られたはずなのに1枚も自分が写っている写真がありません。(ちょっと後悔)

大塚氏にその旨を連絡すると、
振込用紙を紛失してしまったので買えなかった。
とのこと..

笑美さんに確認したところ、
予約ハガキを冷蔵庫に貼っておいたまま忘れてしまい、予約期限が過ぎてしまったので買えなかったとのこと..

結局買ったのはオイラだけですか?
そして、2人とも...
「自分たちが写っていなかったので買わなくて良かった」
だそうです。

公式BOX...
コンサートに参加したことの記念としては良いと思う。
でも、やっぱり9800円は高いという印象は拭えない。

企画元としては、コンサートの参加者が金持ってるオヤジ世代ですから、これぐらいの価格設定だったんでしょうね...(笑)

まぁ、DVDと公式BOXを両方セットで持つのが正しいファンの姿では..
と自分を納得させております。

聞くところによると、公式BOXは在庫も少なくなっているようです。
まだの方はお早めに..





Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!

吉田拓郎・かぐや姫つま恋2006 DVD

さっき帰ってきました。
今日は会議が遅くまでありました。
ヘロヘロです。
明日はちょっと早い職場の大掃除の日です。
大掃除のような非日常的な行事は好きです。お祭り好きのこやまです。

つま恋DVDつま恋DVD
9月のつま恋のDVD、本日発売です。
早速入手完了!
初回限定、ピクチャーレーベル。
3枚組、12800円(税込)。どうだ!!
拓郎、かぐや姫が好きで経済的に購入可能であれば是非押さえておきたいDVD!

ちなみに初回限定ピクチャーレーベル盤にはジャケット左上に「初回限定盤 ピクチャーレーベル仕様」のシールが貼付されているはずなのだが...
何故かオイラのDVDにはそのシールが無い。

NHKの衛星放送でかなりの部分が流れたのであまり期待していなかったけど、映像のカットがNHKの放送とはだいぶ違う。
ちなみにシンシアのあと客席の大塚氏の笑顔のアップが印象的でした。(笑)
そういう意味ではNHKの放送分のDVDと今回のDVDを両方揃えるのが正しい姿ではないだろうか...と勝手に思っている。

つま恋DVDそんな訳で実はNHK-BSの総集編分は2枚のDVDを作ってある。ジャケットも作りましたよ。
こんなところは結構マメでしょ。(笑)




実は例の当日の朝のNHK生放送されたNHKニュースもDVDにしてあるんだ。
最近、このニュース画像が音蔵ライブのあとの打ち上げの席で2度ほど上映され、評判を呼んでいるらしい..



Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!

つま恋みやげ話 -コンサートこぼれ話編-

今日は一日、曇空のようです。
やたらと背中が痒いです。
この歳でアトピーのこやまです。
実は前回までの投稿、数箇所一部加筆や写真追加しました。
どこが変わったか判るかな?

最後はつま恋で見てきたこと、聞いてきたこと、とりとめもなくあれこれ...
つま恋みやげ話、最終回です。

掛川駅にてコンサートが終わって、最終の電車に乗れなかった人、やっぱりいたんですね。
これとほとんど同じ写真が週刊新潮に載っています。
実は新潮のカメラマン西村さんと一緒に並んで撮りました。

こ:「これ、写真撮っちゃっていいんでしょうかねぇ..」
西:「ホームレスでもない人が駅で寝ているんです」
  「普通じゃないものは撮っていいんです」
とのこと。さすがジャーナリスト魂!


つま恋FG9月18日のブロブでも紹介したヤマハのギター「The FG Sunset」つま恋コンサート記念モデルです。
当日も、拓郎・こうせつも使ってましたが、会場でもその展示がありました。
このヤマハのブースでは歴代のヤマハカスタムも展示されており、それらはすべて未使用状態!
後に並んでいるのがそれです。
ヤマハで保管していたものだと思いますが、中古市場に出たらもの凄い値段がつきますね。
コンサート記念モデルよりもそちらが気になりました。

つま恋グリーンラベルこれが噂のつま恋グリーンラベル。
ご存知の通り、ヤマハのギターってラベルの色で年式がある程度わかるのでラベルの色が重要になります。
でもそれって、あくまでギター固体の年代を指し示すものでしかないのですが、いつの間にかラベルの色が重要になってきていて、今回のようにラベルの色が製品(ギター)のセールスポイントになっています。
この辺の感覚、オイラには理解不能...

このつま恋記念ギター、コンサート当日だけで20本の予約が入ったそうです。
さすがオヤジは金がありますね。
コンサートを見に行った先で税込262,500円のギターをポンと予約できる人が20人は居たわけです。
拓郎・こうせつがコンサートで使ったと言ってもほんの数曲でした。
完全に記念ギターのプロモーションが目的。
ヤマハの商魂、恐るべし...

でも、申し訳ないが、オイラ262,500円あったらきっとギブソン買うと思う...

実はネットで公開できないのが非常に残念ですが、主催者がプレス向けに配布した「吉田拓郎&かぐや姫 コンサート イン つま恋2006 取材要綱 カメラ用」というのを新潮さんのカメラマンからもらいました。
内容が凄いです。
もの凄く、厳格な取材管理がされています。
カメラが撮影できるのは2箇所のみです。
カメラ位置Aは会場中央にあった巨大スクリーンの設置されたやぐらから..
カメラ位置Bは会場一番後ろのGブロックのさらに後から..
また、この資料にはアンコールまで含めてすべての演奏楽曲の順番とそれぞれの演奏時間、MCの入るところ、バンドメンバー全員の名前が明確に書かれています。
そして曲毎に撮影位置のどこ(AまたはB)から撮影して良いかが指定されています。
撮影不可の曲も結構ありました。(写真じゃ何を歌っているかわからないと思いますが..)
また、第5部の中島みゆきがゲスト出演した時は取材陣は会場の外へ出されたそうです。
もちろん、写真撮影不可です。
週刊新潮さんは当日、居酒屋でオイラたちから中島みゆきが出たことを聞くまでそのことを知りませんでした。
もし、中島みゆきのステージ写真が公開されていたらすべてそれは主催者側のオフィシャル写真ということになります。
今回のプレスの取材ですが、週刊新潮以外は主催者が準備した日帰りの取材ツァーだったそうです。
週刊新潮は力を入れていたので、オフィシャルの取材ツァーを断って単独の2泊3日の取材に4人でやってきたそうです。

新潮の種井さんが「PRESS」と書いた腕章を持っていたので、「記念にくれ!」と頼んだのですが、さすがにもらえませんでした。当たり前ですね..(笑)
あの腕章は主催者ではなく出版社が個別に準備するものでシリアルナンバー付きで厳格に管理されているのだそうです。

なかなか知ることのできないコンサート取材の裏側を知ることができてとても興味深いものでした。

翌朝、駅待合室にてさて、翌朝です。
昨晩は電池切れの体にも関わらず午前2時まで飲み屋でがんばった笑美さんですが、完全復活です。
しかし今回、笑美さんは掛川で何人の知り合いと遭遇したんでしょうか?
もの凄い顔の広さにただただ脱帽でした。
ちなみに、笑美さんかこのあと沼津のお友だちのところへ遊びに行きました...
恐るべきパワーの持ち主です...


新聞はどこも売り切れ記念にスポーツ新聞でも買って行こうかと思ったら、掛川駅の売店の新聞、すべて売り切れでした。
一般紙も...
みんな考えることは同じですね。この新聞は東京まで戻ってから買いました。


それにしても今回のつま恋、色々なことがありました。
つま恋って、ただコンサートを観てくるだけじゃないんです。
色々なことが起きるところなんです。
(色々なことを、オマエが起こしている..という声もありましたが..)

こんなもの買ってきました。そして、最後におみやげです。
グッズ売り場で買ってきました。
当日のチケットとリストバンドを飾る額です。
燦然と輝く(?)A5の文字。A−5ブロックの意味です。
イイでしょ! 3000円也


-- 完 --

つま恋みやげ話 -コンサート当日編- その3

みんな、週刊新潮買ったかな?
今日は会社に行く前にコンビニで週刊新潮を買ったこやまです。
ちょっとだけ写真出てます。
2日間のインタビューは全然載ってませんでした。
新潮の種井さぁ〜ん...(涙)


さて、つま恋コンサート当日の続きです。
コンサートの内容については、色々なところで語られているので割愛です。
席が右スピーカー目の前、その下にサブウーハーがあったのでサブウーハーの真ん前です。
ドラムのバスドラが体に響きます。

ところで、大方の予想通り、拓郎もこうせつもヤマハのFGつま恋モデル、使ってましたね。
拓郎のアコースティックギターはヤマハFGとCPX−15だけでした。
もう、拓郎はギブソン使わないのでしょうか?
淋しいです。
エレキは全部、ストラト。拓郎といえばやっぱりテレキャスターでしょ、と思うのはオイラだけでしょうか?違うよね!

それにひきかえ、こうせつ氏、ギルドのD−50使ってました。
嬉しかったですよ。
31年前のつま恋のコンサートで「あの人の手紙」を演っている時に感極まってぶん投げてしまったギターです。
こうせつ氏も思いいれがあったんでしょうね。

落陽のエンディングでは大空に花火が何発も上がりました。
なかなか気の利いた演出でした。

でも今回、一番泣けたのが「ビートルズが教えてくれた」、みんな知ってるよね。
ホントに泣きました。涙が止まりませんでした。
アルバム「伽草子」が発表されてすぐに文化放送のハッピーフォークフェスティバルに拓郎が出演した時に始めて聞きました。
あの時の光景が頭の中をグルグル...

今回はかぐや姫、良かったです。
再結成コンサートより良かったかも..

しかし、最前列って実はあまりステージが良く見えません。
ステージの雛壇が妙に高いので見ずらい上に、目の前をカメラが行ったり来たりしています。
ステージの前にはレールが引かれていて、その上に2台をカメラが移動します。
カメラマンと台車を押す人、そしてカメラケーブルをさばく人の3人組です。
あまりに目障りなので、ケーブルをさばいているあんちゃんに..
 こ:「あんちゃん、邪魔だよ」「どけよ!」
 あ:「すみませんね..」「ダメなんですぅ..」(笑)
 こ:「どかないと、ケーブル引っ張るぞ!」
 あ:「止めてください!放送事故になります!」(汗)

ついに電池切れコンサートが終わったのは9時30分を過ぎていたと思います。
元気だった笑美さん、ついに電池切れです。
コンサート終わると同時に力尽きたようです。

会場の一番前に陣取ったので、会場を出るのは一番最後になりました。
当然ですね。
おかげで、駅までのシャトルバスはまったく待たずに乗れましたけど..


最後の記念写真最後の力を振り絞って最後の記念写真です。
みんな顔に疲れが出ています。目がうつろです。

そういえばみんな会場で食事していないんです。
あまりに混んでいて、食べてたら休憩時間に戻ってこれません。
オイラも非常用に持参したアンパン1袋と2Lのミネラルウォーターだけで過ごしました。ほとんど山で遭難した人のようです。(笑)
急にお腹も減ってきて疲れと空腹で限界です。


さぁ、ホテルについて荷物も置いて、いよいよ食事です。


飲むぞ〜


昨晩行った居酒屋で割引券もらっていたので同じ店へ...


満員です


参りました。他の店も一杯のようです。
みんなつま恋の客です。

するとそこへ、例の週刊新潮の記者氏とカメラマン氏登場。
彼らも食事に来たようです。

まったく偶然とは重なるもんです。
今度は、朝一緒にギター弾いたかぐや姫ファンのあんちゃん、やってきました。
突然の再会に抱き合う2人でした。

その時に居酒屋の前でみんなでバンザイした時の写真が今日発売された週刊新潮に載ったというわけです。

行き場所を無くしたオイラたちは
「新潮さん、一緒にどうですか?」
というわけで、店を探しに出ました。
新潮さんの他の方もやってきて4名、オイラたちも4名、合計8名で夜の街をゾロゾロ...

新潮のカメラマン西村氏が店を見つけてきました。
やっと夕食にありつけます。
夜の12時頃でした。
それから2時間あまり、新潮さんとオイラたちは一緒に呑みましたが、その間も沢山インタビューされました。(でも全部ボツだったのね..)

週刊新潮の皆さんと一緒呑み代は新潮さんの取材費ということでご馳走になりました。
みんないい人でした。
普段は聞けないような話を沢山聞かせてもらい、あっという間の2時間でした。



週刊新潮さん ご馳走さまでした


みんな! 週刊新潮買おうね!
立ち読みはダメだよ!!

そして最後に店の外で撮った記念写真がこれです。
オイラが肩をかけているのが週刊新潮の記者、種井さんです。
今回のグラビア記事を書いた人です。

長い1日が終わりました。
ホテルに着いたのは2時をとっくに過ぎていました。
あまりに色々なことがあった1日でした。

あとはゆっくり帰るだけです。








もうこれでつま恋の話は終わりかと思ったアナタ...

甘い!


次回は-コンサートこぼれ話編- です。

つま恋みやげ話 -コンサート当日編- その2

つま恋の疲れが今頃でてきたこやまです。
まだ、会社でNHKニュース出演のこと言われます。
ええかげんにせぃ!

今日、帰りに大塚氏のところに行って、つま恋のBS−ハイビジョン放送の録画をちょっと見せてもらってきました。
客席のオイラ、結構映っているみたいです。

あと、みんなが「タクロー!」と叫んでいる時に「吉田さん!」という声が聞こえてきますが、それはオイラの声です。


さて、つま恋コンサート当日の続きです。
つま恋の南ゲートを抜けるとブロック毎に受付が別かれています。
オイラたちはAブロックの受付でリストバンドとパンフなどをもらい、コンサート会場へ...
コンサート会場まで歩く受付からコンサート会場まで、結構距離があります。
横4列で走らずに歩く様、指示があります。
コレ、競歩ならいいってことですか?
どんどん抜かれていきます。もう、200人以上の人が前を歩いています。
参りました。


また、ギター弾き出しましたコンサート会場が開くのは10時です。
コンサート会場の前で1時間近く待たされることになります。
前の方でギターの音が聞こえてきますよ。
負けてられません。おもむろにギター出してまたみんなで歌いだしました。


するとまた、やってきました。テレビカメラとレポーター。
オイラの背後からいきなり、
「盛り上がっていることろスミマセン..」
またインタビュー受けました。
もう、慣れました。今度はテレビ朝日だそうです。


お食事どころ待ち時間に周囲をちょっと散策。
フードエリアには沢山の食べ物屋さんが出ています。
値段も手頃です。結構良心的じゃん...とおもったんです...一瞬は...
量がやたら少ないです。(笑)


つま恋ポスターグッズ売り場ではポスターを無料で配布してました。
先着2000人だそうです。
しっかりゲットしてきました。
うしろのほうから来る人は配っていたことすら知らなかったんじゃないでしょうか?



つま恋うちわそして、つま恋のうちわ。
5000円以上のお買い物をするともらえます。
オイラが3000円、笑美さんが3500円の買い物でした。
「二人合わせると5000円を超えるのでうちわをくれ」と言ったら、うちわ2つくれました。
いい人です。


さて、10時になりコンサート会場がオープンしました。
列が動き出しました。
結構みんな殺気だってます。

中には列を外れて路肩から抜いているバカモノがいます。
列からは”帰れコール”が起きました。
こんなところで”帰れコール”を聞くとは思いませんでした。

また抜かれる、抜かれる...
一体先頭から何番目になってしまったんでしょう?
そんな中、前のほうでギターをストラップでぶら下げてジャカジャカ弾きながら列の中を歩いている男がいました。

一体、どういう人なんでしょう?

さすがにオイラにも、まねができません。


あとで確認しましたが、彼はギターをケースに入れずに持参したようです。
モーリスの古いギターでおそらくW−20あたりではないでしょうか?
傷だらけでした。

会場へは混乱を避けるために20名ぐらいずつ別けて入りました。
結局、75年や85年のような派手な陣取り合戦はありませんでした。
オイラたちの最前列奪取作戦は一体なんだったんでしょか..?

最前列記念...そして、

最前列ゲット!

右側スピーカーの目の前です。
結局、我々の前に人は沢山いましたが同じブロックの人はほとんどいなかったんですね。
最前列奪取記念写真です。


まだ元気です笑美さん、昨晩は2時間しか寝ていないと言ってましたが、この頃はパワー全開、まだ元気です。

みんなで記念写真みんなで記念撮影、みんな良い顔してます。
執念のガッツポーズです。
最前列の柵の向こうに立っている警備のあんちゃんが撮ってくれました。
このあんちゃん、なかなかいいやつです。
ちょっと話をしましたが、つま恋の人ではなく、派遣会社から派遣されて来ていると言ってました。

さあ、コンサートそろそろはじまります。


次回は-コンサート当日編- その3です。

つま恋みやげ話 -コンサート当日編- その1

今日から社会復帰したこやまです。
今朝、会社に行って、隣の席の某氏との会話
こ:「休み中、変わったことはなかった?(一応課長なもんで..)」
某:「ありましたよ」「こやまさんがNHKのニュースに出てました」


さてつま恋コンサート当日の話ですが、その前に前日のつま恋からの帰りの時に話は戻ります。

次の日(コンサート当日)は何時に来ようか?という話になりました。
大塚氏が「まぁ、7時ごろゆっくる起きて..」というのですが、
オイラと笑美さんが、
「せっかく前泊したのにゆっくり起きたら意味が無い」
と主張。
それでは、4時半にホテルロビーに集合してタクシーに4時40分に来てもらおうということになりました。
早速大塚氏がタクシー会社に電話。
その時間はすべて予約で一杯だそうです。大塚氏も事の重大さが判った模様。
結局、4時30分ならまだ1台空いているのでタクシーをまわしてもらえるとのこと。

朝、3時30分に起きました。
前日寝たのは12時頃だったと思います。実はギターの弦、家を出る前に張り替えてきたのですが、前日つま恋で遊んでいただけでヘタってしまいました。
コンサート当日に向けて、弦張り替えてました。
(オイオイ、コンサート観に行くんだよナ..)

完全に夜です。ホテルからタクシーで10分くらいだったでしょうか?
つま恋の南ゲートに着きました。もう沢山の人が並んでいます。

出遅れた!

それが第一声でした。
あとで判ったのですがオイラは先頭から75番目でした。

周囲はまだ完全に夜です。
歩き回っている人もいますがまだまだ静かです。
嵐の前の静けさってヤツです。

徹夜組徹夜組は完全に熟睡してます。
先頭の人は前日の夕方5時から来ているそうです。
ちょうどオイラたちがつま恋を立ち去った頃にやってきたことになります。
当初、オイラも寝袋で徹夜をと思っていたんですが、周囲の反対もあり、今回はホテルに泊まりました。
(まぁ、あまり若くないですから..)


こんな人たちもいました列の前の方にはこんな人たちもいました。やっぱり徹夜組のようです。
この力の入り方、恐れ入ります。



ギター弾き出す、まだ夜!少しだけ明るくなってきました。
でもまだ夜。我慢できずギターを取り出すオイラです。
でもオイラもオトナですから回りに迷惑にならないようにそーっと弾いてました。
...最初だけはね。


内輪で唄い出すNHKの中継車
でもしばらくするとこんな感じです。内輪で盛り上がりはじめました。
まだ6時前だと思います。NHKの中継車もやってきました。


しばらくすると、NHKの人たちがオイラの向かい側で機材のセッティングを始めました。
うるさいから止めろと言われるのではないかと内心、ちょっとビビってたんです。

すると、向こうからNHKの人、やってきます。

朝のニュースの生放送で中継するのだが、それに出て欲しいと言うのです。
なんでも、会場の盛り上がりを伝えるのにピッタリな素材らしいです。

オイオイ、またかよ...
他にだってギター弾いてるヤツ、いるだろ...
最初から狙い撃ちのようにオイラの目の前に機材セッティングしちゃって..
そんなにオイラ、普通じゃないの??

とブツブツ心の中で言う間もなくすぐに「OK!」
やっぱり普通じゃないんです...きっと...

みんなで歌いだすテレビに出るんですから、ヘタなことはできません。
練習に余念のないこやまです。
後の方でギター(バックパッカー)を弾いていたあんちゃんも誘ってギター弾いて唄いだしました。
このあんちゃん、かぐや姫ファンです。拓郎とかぐや姫を交互にセッション。
オイラ、かぐや姫も結構コピーしてますから全然、オッケー!
だんだん人だかりが出来てきました。
周囲からリクエストが飛びます。
リクエスト、ガンガンこなしていきます。何でも弾いちゃうよ〜

さて、NHKの生放送では何を演ろうか?
という話になりました。
「やっぱり、判りやすいところで、落陽か?」
ってことになっていたんですが、周囲のかぐや姫ファンが許しません。
本番はかぐや姫を演ってくれといいます。

オイラ、気が弱いですからすぐ言うこと聞いちゃいます。
「んじゃ、おもかげ色の空でいきましょう」
演ってみると周囲のノリがいいです。
かぐや姫ファンの団結力、恐るべし!!

すると、今度は向こうの方で拓郎ファンが拓郎の唄が良いと言います。
オイラ、ホントに気が弱いんです。
「んじゃ、人生を語らずでいきましょう」
演ってみました。
拓郎ファン、ノリがイマイチです。

やっぱ、かぐや姫かなぁ...
などと言ってるところへ、先ほどのNHKの人、アナウンサーだったんですね。
やってきました。

NHK:「拓郎さんの唄でお願いします」
    「みんながコレって思う有名な曲、お願いします」
    「でも結婚しようよは避けてください。番組中で流すもんで..」

NHKの取材NHKの取材
この一言できまりました。落陽です。
生放送用とニュース用で2回撮りました。

テレビで唄うそしてこれがニュースで流れた画像です。

アナウンサー氏に
「カメラが通り過ぎてどれくらい演っていればいいですか?」
と聞くと、5mぐらい先を指差して、
「あのあたりまで行けば音は入らないので止めてもらってもいいです。」
非常に判りやすい指示です。

でもね、いつカメラが戻って来るか判らなかったんで、番組終わる頃まで一生懸命唄ってましたよ、みんな。

テレビで流れた画像の裏ではこんなことがあったんです。まぁ、テレビなんてこんなもんだよね、きっと。

列が動き出しましたつま恋の南ゲート開門は8時30分です。さぁ、列が動き出しました。
戦いはこれからです。待っている間に親しくなったM氏とも協同で5人でどうやって最前列を取るか作戦(?)を立て始めたのもこの頃でした。
話を聞くとM氏、足には自信があるそうです。
頼もしい助っ人登場です。


次回は-コンサート当日編- その2です。

つま恋みやげ話 -コンサート前日編-

今日も仕事休みました。
まだつま恋の疲れが抜けないこやまです。
明日から社会復帰です。

さて、つま恋コンサートのお話です。
つま恋はただのコンサートじゃないんだ。
行けばきっと何かがあります。非日常的な出来事が必ずあります。
今回も色々ありました。とても楽しい出来事がね!

出かけたのは前日の22日、金曜日。
12時に笑美さんと東京駅で待ち合わせ、大塚氏と3人で新幹線に乗っていざつま恋へ...
もう一人の同行者、M谷さんは仕事のため、夜現地で合流の予定です。

荷物これがつま恋に出かけた時の荷物。
とてもコンサートを見に行くって感じじゃありません。
カバンになかなか荷物が入りきりませんでした。
ウチの奥さんが詰め直してくれましたが、カバンを開けると着替えの他に、ハーモニカ、ハーモニカホルダー、チューニングマシーン、弦、ニッパなどなど...
「あなたは一体、つま恋に何をしに行くの?」と聞かれ、答えに窮しました。


新幹線車内さて、新幹線車内です。
既に臨戦態勢の2人です。
21年前(One Last Night)は掛川駅に新幹線は止まりませんでしたが、今はこだまが止まるんですね。
知りませんでした。

ホテルは素泊まり3900円の格安ホテルを手配済みです。
でも値段のわりに良いホテルで良心的でした。
ロケーションもバッチリ、掛川駅から徒歩20秒!



いざ、つま恋へ!ホテルにチェックインすると、まずは下見です。
つま恋まで出かけました。ギター持ってね...
21年前に駅周辺はだいぶウロウロしたので土地勘があるつもりでしたが、全然わかりません。
21年前に来た時に野宿をさせてもらった民家も見当たりませんでした。
確実にあの時とは別の街...ちょっと淋しかったですね。

結局、タクシーでつま恋へ..
運転手さんに聞くと今日はもう何人もつま恋に運んでいるそうです。


つま恋南ゲート着きました。つま恋、南ゲート。
たしかに色々な人がウロウロしています。
なんでもリハーサルの音が聞こえるとかで、当日の入場券を買って中に入る人もいます。
こうせつの声が聞こえたと言ってました。


我々は南ゲート横のベンチに座り込み、ギター弾いて拓郎の唄なんか唄いはじめました。
そうすると、自称カメラマンという人がやって来ました。彼も拓郎が好きでこのコンサートにやってきたそうです。
彼:「アンタも普通の人じゃないよね」
  「オレも一度も就職したことないんだ」
  「カメラマンやってるんだ..」
こ:「一応、サラリーマンです」
  「会社行くと、課長なんです」
カメラマン氏、意外そうな顔してました。

一体、オイラは人からどういう風に見えるんだろうか..(疑)

そうこうしているとまた別の2人連れがやってきました。
週刊新潮の記者とカメラマンでした。
写真を撮らせて欲しいとのこと。
コンサート前日の記事を書きたいとかで、インタビューにも応じました。
凄いですね、記者の人ってつまらない余談でもみんなメモします。
話したこと、みんなメモします。もの凄いスピードで...

この週刊新潮の2人とはまた後で出会うことになるのですが、カメラマン氏がこんなこと言ってました。
カ:「失礼かもしれませんが、この仕事やってると、なんか判るんですよね」
  「ちょっとこの人、普通と違うなって..」
  「見ただけで判るんです」
  「取材対象探していたら、ピッタリだったんです」

おいおい、またかよ...
ホントにオイラ、どういう人?
誰か教えて..

自称カメラマン氏だけでなく、本職の週刊誌のカメラマンにまで同じこと言われるオイラって..

あ、そうそう..
大塚氏、週刊新潮の人に笑美さんのお父さんと勘違いされました。
あれ?2人の歳の差っていくつだっけ...
-以下自粛-


つま恋バスバスの前で記念写真
週刊新潮の取材も終わってそろそろ..と思っていたところへ突然やってきました。
つま恋のキャンペーンバス。
ナンバープレートは”923”です。(笑)


コンサート当日、入り口付近にディスプレイする目的のようです。
記念写真撮り放題!!
当日は柵で囲われていましたが、前日はさわり放題!!

日野のバスでした。(そんなところが気になります。仕事の性ってやつです)

ホテルまで歩く..歩く..帰りは..
せっかくつま恋に来たのだからホテルまでの帰りぐらい歩こうということで、歩きましたよ、ホテルまで...
道のり4kmです。
でも道、間違えました。倍の距離は歩いたと思います。
ギターケース抱えて...

おかげでヘロヘロ...
(途中から笑美さんにギターケース持ってもらいました、情けない!!)
明日、大丈夫か!?

駅周辺に着くと、我々ぐらいの歳の集団があちらこちらに...
連中は明日、陣取り合戦の敵となる人たちだったのです。

その後、ホテルに戻った後、居酒屋へ..
前日から盛り上がってます。
ホントに大丈夫か?明日。

明日は3時半に起きます。

次回は-コンサート当日編-です。

いざ、つま恋!

今日は朝から気分はつま恋のこやまです。
仕事も一時期の危機を脱して、めでたくつま恋、行けます。

職場でもつま恋に行くことは有名よいうか、呆れられています。
明日は休みをとって、前日から現地入り。
天候が荒れてコンサートが翌日に延期されることも考慮して月曜日も休暇。
すみません、呆れた課長です。

つま恋ブロック図さて、つま恋のブロック図の詳細が発表になりました。
オイラたちはA−5ブロック。
かなり良いポジション。よく思い返してみたら、85年のつま恋の拓郎のオールナイトコンサート「One Last Night」でオイラが陣取った場所もこのA−5付近。
奇遇といえばあまりに奇遇。

今回、ジャガードのギター持っていきます。
ギター持って行こうか悩んでたんですけど、コンサートのHP見ると「周りの人に迷惑かけなければ」持っていけるようです。

開場待ちの時、唄うぞ〜!!


そういえば、レトロバザールの高田氏もなんとかチケットが入手できたとか。
現地で逢えるでしょうか...

そういえば、当日券も発売されるようですね。
追加発売分と同じブロックです。
きっと、追加分が売れ残ったんじゃないかな?

会社の皆さんにも呆れられていますが、何よりも家族に呆れられているこやまでした。

こんなギター作っちゃたのね..

今日も一日、大変でした。
仕事が結構テンぱってます。つま恋、大丈夫か?
ヘロヘロのこやまです。

ヤハマさん、ちょっとやり過ぎじゃない?拓郎とかぐや姫のつま恋コンサート、巷では盛り上がってますが、こんなギターが出たんですね。

9月23日に開催されるこのコンサートを記念して、吉田拓郎氏およびかぐや姫の南こうせつ氏、伊勢正三氏、山田パンダ氏の監修の下、特別モデル「The FG Sunset」を200本限定発売。
http://www.yamaha.co.jp/product/guitar/column/ag/col06091101/
ちょっとやり過ぎじゃないの..ヤマハさん...
「落陽」をモチーフにしたグラデーションだとか...
本体価格(税別)25万円だってさ。
・指版20ポジションには「Tsumagoi 2006」のプレートを埋込み。
・内ラベルはスペシャル仕様のつま恋グリーンラベル。

何でも商売に結びつけるのね...ヤマハさん。
ところで、「つま恋グリーン」ってどんな色よ!
つま恋多目的広場の芝生のイメージ?


拓郎も使うのかな..このギター...こうせつもきっと使うんだろうなこのギター..

でも...

拓郎はやっぱギブソンでしょ。


67年製のJ−45は無理かもしれないけど、
三木楽器のJ−45でもいいです。


つま恋では是非、拓郎にギブソンを使って欲しいと切に望む今日この頃。

つま恋、1週間前

今日は午前中病院のハシゴだったこやまです。
実は生まれつきの持病がありまして、病院通いはかかせません。
病院は行っただけで疲れます。健康な人も病気になっちゃう。

川越の埼玉医大の横の用水路、ザリガニがいました。
なんか子供の頃を思い出して嬉しくなりました。
最近は農薬や除草剤の影響で虫やザリガニなどが居なくなったという人もいますが、この辺にはまだまだ沢山いますよ。
たしかに農薬や除草剤は良くないかもしれない。でもその恩恵にだって与っているんだ。実家では農業をやっていたのでそれは痛感する。
農薬や除草剤がなかったら、日本の農業は成立してないと思う。
要はバランスが大切ってことかな?

f674d1be.jpgさて、来週の土曜日はつま恋。
今から気持ちだけは静岡にあります。
今から75年のDVD観て気分は盛り上がってます。

NHKも「つま恋通信」という特別番組(といっても5分の番組ですが)を組んで盛り上げてますね。
地上波で深夜(早朝)の放送なので観た人は少ないかも..
全4回だそうです。

75年の「あの人の手紙」の時にステージ乱入して係員に取り押さえられた若者、あの姿が30年経ってもDVDで全国の人に観られているというのはちょっとツライかな?
ところで、彼ももう50代のかと思いますが、今度のつま恋も行くかな?(笑)



前日の22日(金)から仕事を休んで現地入りです。仕事が山盛りでホントはキツイのですが、今回の機会を逃したら次は無いと思います。行かなかったら一生後悔すると思うので、どんなことをしても行くつもり。
そういう人、多いんじゃないかな?
おかげで21日(木)は夜遅くまで働くことになりそうです。(笑)

つま恋のチケット到着!

さきほど大塚氏よりTEL。
つま恋のチケットが到着したそうです。
今からつま恋が楽しみなこやまです。

つま恋ブロック図Aブロックが取れました。
ひとつのブロックが4〜7に分かれているそうです。

我々はA−5、おそらく最前列ブロックの右側でしょう。
結構、イイところとれましたね。
後の方だとステージ、前々見えませんから...

最前列ブロックなので、ブロック内の場所取り合戦はかなり熾烈だと思います。
一緒に行く大塚さん、Nabeさん、EMIさん、今から体調は万全に整えておきましょうね。(笑)
動きやすい服装で履きなれた運動靴だよ!

やっぱ拓郎でしょ!

最近、ホントによく働くこやまです。
そのわりに疲れません。体調がいいんでしょうか?

やっぱ拓郎でしょ発売されてちょっと時間が経ちましたが、買いましたよ。拓郎の最新DVD「TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005」
2枚組、定価9800円。インターネットで買ったのでちょっとだけ安く買えました。
いいよ、コレ。「春だったね」が収録されてます。
イントロ聞いただけで、涙腺が壊れて涙が止まりませんでした。ホントだよ。
LIVE’73のアレンジをかなり忠実に再現してます。
(間奏のギターフレーズがちょっと違ってたけど..)

高校、大学とロックバンドやってましたが、その間オイラのバンドでは必ずこの曲がレパートリーになってました。
もちろん、LIVE’73のアレンジの完全コピーでやってました。
そういう意味でとても思い入れのある唄です。
オイラとしてはこの1曲だけのために買ってもよいDVDです。

ただひとつだけ気になること..
拓郎が使ってるギター、ヤマハのCPX15なんだよね。
悪いギターだとは思わない。
でも拓郎はやっぱりギブソンのギター使って欲しい。
サウンド的にもルックスもやっぱりギブソンでしょ。


×     ×     ×     ×
 
初めて武道館で拓郎を観たのは武道館です。
一番後の席から小さく見える拓郎を観て、子供の頃から憧れていた人があそこにいるのだと思っただけで涙が止まりませんでした。

そんな拓郎のコンサートですが、かなりの回数行ってます。
 
一時期、拓郎がコンピュータの打ち込みに走った時期があり、あの時は「もう拓郎は過去の人」という思いがありました。
拓郎のそんな時期だったと思いますが、結婚してすぐに拓郎のビッグエッグのコンサートに奥さんと2人で行きました。
運良くアリーナ席がとれましたが、サイテーなコンサートでした。
音が廻ってしまってハウリングはひどかったし音が悪い。ギタリスト君はディストーションではなくいわゆる安っぽいファズサウンドのギターで完全に浮いてました。
唯一よかったことは、アリーナ席だったので小室等に会うことができ、握手してもらいました。
とても柔らかでしなやかな手でした。この手であのスリーフィンガーを弾くんだ..と思ったものでした。
コンサートが終わって、会場の外で変ってしまった拓郎を嘆いて天を仰ぎながら、大声で泣いている男がいました。
オイラも同じ気持ちでした。

×     ×     ×     × 

そして今年の9月、”つま恋”のコンサート。
行きますよ! チケットも宿も押さえたぞ!
仕事も休むぞ!今からスケジュールは休暇の予定が入ってます。
是非、拓郎にはギブソンのギター使って欲しいぞ!


’85年のつま恋も行きましたが、今はあの時と同じ気分です。
あの時は若かったので2日前から現地入りして野宿してましたが...
ウチの奥さんは「もう、若くないんだから..」と言いますが、音楽やってる時はいつでもあの頃の気分ですよ。気分だけはね..
人気ブログランキングへ
訪問者数

    Profile

    雲國斎

    70年代のフォークブーム以来、アコギとフォークに夢中。
    70年代の拓郎は永遠のアイドルです。

    ギターチューナー
    livedoor 天気
    吉田拓郎大好き!!


















    かぐや姫大好き!!






    CM


    イケベ楽器店web site

    Sound House

    マウスコンピューター/G-Tune

    ノートン啓蒙バナー
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ