11:23 「彼らはキリストの僕なのか。わたしは気が狂ったようになって言う、わたしは彼ら以上にそうである。苦労したことはもっと多く、投獄されたことももっと多く、むち打たれたことは、はるかにおびただしく、死に面したこともしばしばあった」

苦労、投獄、鞭打たれたこと、様々な難。裏切り。
よくもここまで内憂外患に耐えてきたと思うのです。

それはただ、キリストの僕として歩んでいたから、
当然ながらそういう苦難はあるものとして、
パウロは信仰をもって受けとめていたのでしょう。

キリストの僕として生きている時に起こる苦難は、
キリストご自身がそれを乗り越える力をも、
与えてくださると私も信じていきます。
 
【参照】 
2011年4月27日 11:30「弱さを誇る
2013年4月22日 11:29「だれかが
2015年4月3日 11:11「神がご存知である
2017年5月18日 11:7「自分を低くして