2017年05月21日

貸切り、満員

19日湯河原幕岩、20日日和田に行って来ました。両日ともサマー、暑い日でした。19日の幕岩、アリババの岩場、桃源郷でしたが私達のパーティー他に2〜3人位しかクライマーを見かけませんでした。アリババの岩場も桃源郷も貸し切り状態、こんな日も有るんですね。午前中はアリババの岩場に4本のTrを張って代わる代わる登ります。午後の桃源郷も同様で皆さん結構登れたようです。20日、日和田、9時40分頃岩場に到着、岩場は既に満員御礼状態、今の時期は、新人さんが入って間もない時期です。新人訓練に日和田は持ってこいの岩場なんでしょう。。しかしラッキーな事に、これだけの人が来ているのに男岩も、女岩も西面はロープが1本も掛かっていません。こちらも貸し切りで登ります。リード&ホローで、男岩西面重箱トラバースから、バルジ、松の木ハングと暑い日差しの中、頑張ってホローしてきます。午後からは、スネーククラック、東面ハング、女岩西面ハングと登って終了。汗の一日でした。お疲れサマーでした。

▼幕山もすっかりサマー。
DSCF7731

▼アリババの岩場。
DSCF7748

▼クリスマスローズ。
DSCF7760

▼桃源郷。
DSCF7765

▼日和田もサマー。
DSCF7773

▼男岩西面。
DSCF7775

▼女岩西面ハング。
DSCF7799


ag_n_hirose at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年05月16日

白雲山荘

8日〜13日でインスボンへ行って来ました。金浦空港に友人のJEONが出迎えを受け一路トソンサへ、16時過ぎトソンサ着、準備を整え白雲山荘に向かいます。18:00白雲山荘着、李さん夫妻と再会、お元気の様子で何よりでした。荷物を片付けて夕食、久し振りのオモニの夕食です。
9日、曇り、JEONが8時に登って来ました。怪しげな空を見上げながら山荘09:00発。大スラブ1P目から09:40発、JEONパーティーはウイディキルとインスA、私は、インスBへ、大スラブの2P目から右と左に分かれます。大スラブを3P登り、インスB取り付きへ、1P目を登り終えた所で一寸強めの雨が降って来ました。JEONパーティーはウイディキルの核心部に入っていてそこを登り終えた時点でインスAの2P目のBPへ下りてインスAを登り頂上へ、私達は、雨も止み始めたので、インスBの2P目に入る。濡れたクラックが中々大変でしたが、3P、4P、5Pと登り頂上へ、13:30、JEONパーティーと会い休憩後、西面を懸垂下降。時間が早いので、白雲台のタイガーホールへ行く事とする。タイガーホールから白雲台頂上へ、人が一杯の白雲台頂上。写真を撮って早々に下る。16時過ぎ、白雲山荘着。
10日、朝方より霧雨、JEONに連絡を取り、クライミングは中止、ウイドンへ買い物に下りる。JEONがトソンサで迎えてくれる。ウイドンで買い物を済ませ、白雲山荘へ、夕方から雨、
11日、晴れ、いい天気になりました。予定通り、JEONパーティーは、シュイナードBへ、私達はクローニーへ、08:40クロニー出発、47mのクラック、スラブ、振り子、クラック、の連続を登り12:20頂上へ、一寸したらJEONパーティーも上がって来ました。休憩後西面を下降、白雲山荘に戻り下山準備を整える。コクスを食べて李さん夫妻に別れを告げる。トソンサからJEONの車でソウル市内のホテルへ、お疲れ様でした。
これからの白雲山荘がどうなるのかはまだはっきりしていません。今月一杯でもう営業が出来なくなる可能性も有ります。TV、新聞で報じられたので、山荘をこのままでと言う方々の署名も沢山有ります。李さん夫妻は今や時の人となっています。何とか、今まで通りでいられるように願うばかりです。

▼8日、いつもながらのインスボンの雄姿が見られました。
DSCF7564

▼つらい階段を登らねば、山荘に着きません。
DSCF7571

▼9日、山荘を出発します。
DSCF7580

▼大スラブ一番下から取り付きます。
DSCF7590

▼インスB、1P目のワイドクラック、中々曲者クラックです。この後に一寸した雨。
DSCF7600

▼JEONパーティーは医大ルートの核心です。
DSCF7602

▼インスB2P目、雨に濡れたコーナークラックを20m登ります。
DSCF7605

▼最終P下のスラブとクラック。高度感がいいですね。
DSCF7610

▼インスボン頂上で、一緒に\(^o^)/。
DSCF7625

▼タイガーホールに挟まれています。かなり狭い。
DSCF7635

▼白雲台頂上の三人官女。
DSCF7651

▼11日、クロニールート取り付き。
DSCF7666

▼3P目のトラバース後のBP。この後スラブから振り子トラバースに入ります。
DSCF7676

▼5P目のクローニークラック。中々シビア、右手右足のジャミングが肝心です。
DSCF7682

▼クロニールート最終P。笑顔になりました。
DSCF7693

▼これから下ります。李さん夫妻と。又お会いするまで、お元気で居てもらいたいですね。
DSCF7715

▼来た時は咲いていなかったオオヤマレンゲも帰りには咲いてくれました。
DSCF7721


ag_n_hirose at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マルチピッチクライミング 

2017年05月07日

真夏、日和田

6日、日和田に行って来ました。GWも終盤の土曜日、思った通り、ガラガラの日和田でした。予報が悪かったのですが、段々と好転し、行って見れば、真夏の日和田を体験しました。この辺の季節には、それほど珍しい事では有りませんが、それにしても、郷ひろみの歌にあるようでした。今回はTrをメインで、男岩のバルジ、松の木ハングから開始です。中々、思うようには登れませんが、練習あるのみですね。後は、東面ハング、女岩西面ハングを登り、最後に、リード&ホローでリード練習とシステム構築の練習で終わりました。登り口にはギンランも咲き始めました。これから大きくなるのが楽しみです。ホウチャクソウも今が盛りです。かなり登ったので、皆さんかなり疲れた事でしょう。お疲れサマーでした。

▼少し前のコントラストもほとんど分からなくなってしまいました。日和田山も夏です。
DSCF7519

▼ギンランが咲き始めました。もっと大きくなるのが楽しみです。
DSCF7520

▼ホウチャクソウは今が盛りです。
DSCF7560

▼男岩西面、逆光で良く分かりませんね。
DSCF7527

▼東面ハングも練習あるのみ。
DSCF7536

▼松の木ハング。
DSCF7538

▼女岩西面ハング、右ルートの右ライン。
DSCF7545

▼男岩西面をリード&ホローで登り、終了です。
DSCF7553


ag_n_hirose at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)山岳ガイド 

2017年05月04日

40年の早春

「春風を 受けてたなびく 五月鯉」
私も、1977年に初めてこの地に足を踏み入れました。あれから40年の月日が過ぎてしまいました。これからもまだまだ皆さんに楽しんでもらえるフリークライミングの聖地で在って欲しいですね。
5月の気持ちの良い風になりました。1日〜3日で、今シーズンの初めてとなる小川山に行って来ました。雲行きの悪い中、何とか保ってくれればの願いも、お昼には吹っ飛んでしまいました。いい降りとなったので、諦めも簡単でした。廻り目平には、やはりGW何でしょうか、テントも多く張られていました。ボルダラーが多いようです。外は雨、昼食後は皆さんで、雑談の盛り合わせで時間を過ごしました。山荘の食堂のメンバーが交代しました。今期は女性が担当するようです。やはり廻り目平ですね。朝夕はまだ一桁に下がるようです。朝方は、昨日の雨が凍っていました。廻り目平はまだまだ早春賦です。
2日、ドピーカン、いい天気になりました。日が出ればそれなりには暖かくなります。シーズン初めての岩場は、マガスラブへ、私達の他、知り合いの二人だけです。ここが初めての方もいるので、ウルトラセブン、可愛い女、そのvarにTrを張って代わる代わる登ってもらいます。登り終えたロープをオーウェンの為に、高い窓に移し代わる代わる登ります。その辺が終わると、放浪癖、穴があったら出たい、デロリンマンと登り、結局、マガスラブに有るルートほとんど登り切ってしまいました。皆さん頑張って良く登ってもらいました。山荘に戻り、夕食後は宴会に突入です。3日、車もテントも一杯です。車徘徊の人もかなり多く、駐車が出来ずにとうとう転進した方も多いようです。いつもこの時期はこんな感じです。朝食後、水晶スラブへ向かいます。これだけの人が来ていれば1パーパーティー位はと・・思って行ったのですが、夕方まで誰も来る事は無く、貸し切りの水晶スラブでした。越境者、アバタもエクボ、無名クラック、ヤジロベー、ノイズと又水晶スラブをほとんど登り3時頃終了となりました。大日駐車場は目一杯です。他もありとあらゆる所に駐車して有りました。2日間は快適なクライミングが楽しめました。でも、日中でも、日陰等はまだ寒さが感じられますので、防寒着をお忘れなく。金峰山荘は、今月の17〜19日は、浄化水槽の交換で、全館休館日だそうです。山荘へ宿泊予定の方は、ご注意下さい。

▼2日、マガスラブ、ウルトラセブン、可愛い女、可愛い女var。
DSCF7400

▼オーウェンの為に祈りを、高い窓。
DSCF7422

▼高い窓。
DSCF7430

▼穴があったら出たい、デロリンマン。
DSCF7440

▼放浪癖。
DSCF7454

▼3日、水晶スラブ、無名クラック、アバタもエクボ、越境者。
DSCF7465

▼ノイズ、ヤジロベー。
DSCF7489

▼ヤジロベー。
DSCF7498

▼ノイズ。
DSCF7515


ag_n_hirose at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年04月26日

幕山と八重の桜

24日、25日で湯河原幕岩でした。24日、曇り、肌寒い一日の幕岩でした。私達の他3パーティーが来ているだけでした。アリババの岩場、桃源郷と結構登りました。25日曇り時々晴れ、昨日の比べると気温が少しは高いのか、肌寒さは感じられず登る事が出来ました。24日とはメンバーが一寸変わったので、アリババの岩場で、アリババ、アニー、アラジン辺りをメインに練習、段々と形が出来て来たようです。午後は、リード練習とサンセット。アボリジニを登って終了。午後からは、快適なクライミングが出来ました。幕山公園入口の八重桜も見事に咲いています。山には、まだ山桜が残っていて、木々のコントラストと色合いを競い合っているかのようです。25日の方が人も増えて、一寸暖かめの幕岩を楽しんでいました。

▼八重の桜に出迎えられました。
DSCF7295

▼タツナミ草もまだこれだけです。
DSCF7296

▼ウラシマ草も大きくなってきました。
DSCF7324

▼24日、アリババbの岩場、貸し切りです。
DSCF7301

▼アニー。
DSCF7348

▼アラジン。
DSCF7357

▼サンセット。
DSCF7364

▼アボリジニ。
DSCF7371

▼蟻さんで、リード練習です。
DSCF7373


ag_n_hirose at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年04月22日

草花一斉

19日、天気晴朗なれども、風強し。8年振りに、太刀岡山、鋏岩左岩稜に行って来ました。前日の雨も大した事は無かったようです。08:45駐車場着、09:10出発、登攀開始09:30、取り付き辺りは木の陰なので少々肌寒い。皆さん初めての太刀岡山、核心部の1ピッチ目のクラックに苦労する。陽が入らない2P目が終わり、3P目からは岩稜上を登る為、風は強くなるが暖かさは感じられる。3、4、5Pとロープを伸ばし、天空のリッジでの写真は、風が強いのでしっかり立っての写真は撮れませんでした。最後の鋏岩を登って終了14:00。登山道を下って駐車場で遅めの昼食をでした。快適なクライミングが楽しめました。この辺の山間では草花が一斉に出ます。桜も一番いい時です。一番綺麗な季節ですね。いい所です。

▼取り付きです。
DSCF7224

▼1P目、左岩稜ルートの核心部です。オフハンドクラック。
DSCF7234

▼2P目、チムニー状の岩を通り抜けて、クラックを登ります。一寸太めの人には通り抜け出来ません。
DSCF7240

▼3P目、岩稜上を登って行きまます。一寸広めのリッジ上で、カニさんポーズ。
DSCF7247

▼4P目、簡単なリッジ上を歩くように登りますが、時折の横風に注意です。
DSCF7249

▼5P目、太刀岡山左岩稜ルートのハイライト、天空のリッジ。
DSCF7255

▼天空のリッジに立とうとしたのですが、風が有るので、お座りで失礼します。
DSCF7260

▼最後は、鋏岩を登って終了。
DSCF7263

▼鋏に挟まれて。
DSCF7265

▼駐車場からの左岩稜。
DSCF7269

▼まだツクシがこんなに、ツクシの群生があちらこちらに有りました。ツクシきれないです。
DSCF7266

▼タラの芽もニョッキリ、ほっタラかしです。
DSCF7267


ag_n_hirose at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マルチピッチクライミング 

2017年04月18日

花吹雪

15日湯河原幕岩、17日日和田に行って来ました。夏日のような土曜日の幕岩でも、それ程の混雑は有りませんでした。何年振りにガリバーの岩場を登りました。後は、アリババの岩場、桃源郷でリード練習をして終了しました。17日日和田、こちらも夏日のような日差し、夕方からの雨予報を気にしながら、男岩南面、西面でリード&ホローとリード練習、最後に松の木ハング、バルジをTrで登って一寸早めの終了としました。幕岩も、日和田も時折吹き抜ける春風に花吹雪の演出を見せてくれました。幕山も日和田山も今が一番映える時期でしょうか。コントラストの中に山桜の彩りが際立っています。皆さんもお出かけください。

▼15日、幕山、春山の情景です。
DSCF7165

▼久々のガリバーの岩場、左あかずきんちゃん、右道化師。
DSCF7173

▼アリババの岩場、アリババとアン。
DSCF7180

▼桃源郷、蟻さんルート辺りでリード練習です。
DSCF7189

▼17日、日和田山、こちらもコントラストがいいですね。
DSCF7192

▼何時も咲く所にチゴユリが数輪開いていました。おじぎばかりで、控えめですね。
DSCF7194

▼男岩南面でリード&ホローの練習です。
DSCF7202

▼西面でリード&ホローの練習です。
DSCF7208

▼午後からは、松の木ハングをTrで登ります。
DSCF7223

▼数日前の多摩川土手の桜並木、この多摩川土手は、数キロに渡って桜並木が続きます。
DSCF7159


ag_n_hirose at 09:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年04月06日

春うらら、ウララ

4月、新年度のスタートです。新入学の一年生が真新しいランドセルを背負って登校して行きました。あきる野市は、今日が入学式です。そんな、春うららな陽気の中、3日〜5日で昨年の4月20日振りとなる伊豆城山クライミングに行って来ました。いい陽気の3日間で一杯登って来ました。3、4日は南壁のショートルートで楽しみました。5日は、午前中マルチピッチで、午後からショートルートを登り3日間の城山を終了しました。4日は知り合いガイドのパーティーと他に3パーティー位来ましたが、3日と5日は私達の他に外人さんの1パーティーのみで貸し切り城山を楽しむ事が出来ました。山桜、大島桜も咲き始めです。ウラシマ草も出始めです。

▼3日、左から、フルハムロード、鎌形ハング下部、ロンググットバイ。
DSCF7107

▼クロワッサン。
DSCF7095

▼ジプシーマリー。
DSCF7100

▼フルハムロード、核心の出口。つらい所です。
DSCF7103

▼バターロール。
DSCF7114

▼5日、中央壁ダイレクトルート、1ピッチ目の細かいピッチを登る。
DSCF7140

▼3ピッチ目を登る。
DSCF7144

▼終了点で、笑顔です。
DSCF7148

▼50ⅿ2Pの懸垂下降で、取り付きへ戻ります。
DSCF7152

▼壁の下で咲く大島桜。
DSCF7124


ag_n_hirose at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年03月30日

春らしさ

今日は、日和田に行って来ました。朝方はまだ肌寒さも有ったのですが、時間が経つにつれ暖かさも増して来ました。09:40頃、日和田到着、5〜6人位が登っていました。今日は、リード練習も兼ねて、リード&ホローで男岩南面からスタートです。西面に移りこちらでもリード&ホローで登ってからバルジと松の木ハングにTrを掛けて繰り返しの練習です。Trの掛け方も覚えて貰いました。午後からも人が増えて、結構の人が登っています。一寸疲れてきた辺りで終了。春らしさの日和田でした。そろそろブヨが出始めました。これからお出掛けになる方は、虫よけ等をお忘れなく。

▼春らしさが出て来ているようです。
DSCF7051

▼男岩西面、リード練習。
DSCF7058

▼南面。
DSCF7056

▼西面。
DSCF7075

▼松の木ハング。
DSCF7073


ag_n_hirose at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)山岳ガイド 

2017年03月27日

桜花寒少

3月も終盤、ソメイヨシノの開花もちらほら聞かれる中、又、冬に逆戻り、咲き出した桜も又蕾に戻ろうか苦慮しているのではないでしょうか、そんな中、25日、26日で今シーズン最後のアイスクライミングを楽しんで来ました。今年は、3回目の夏沢鉱泉でした。雪も大量に有り、アプローチも楽です。北斜面のアイスフォールなので、この時期は一番発達しています。氷も硬いしまだまだ楽しめるのではないでしょうか、25日、晴れ、早めの昼食を済ませG4のF1へ向かいます。山荘から20分も歩くと到着。勿論、我々だけです。2本のTrを張り代わる代わる登ります。皆さん今シーズンはあっちこっちのアイスに出張り、かなり登り込んで来ています。来シ―ズンへ向けての最終調整と云ったところでしょうか、アックス、アイゼンワーク、バランスの取り方と各々細かくチェックしながら登りました。5時頃小屋へ帰着、お風呂に入りゆっくり時間を過ごします。6時過ぎ夕飯、土曜日の宿泊は一杯でした。26日、明け方より雪、更に銀世界が綺麗になりました。8時、G2へ向けて出発。こちらはトレースも消えかかり脛位までのラッセルをしながらG2到着。G4同様代わる代わるで最終アイスを楽しみました。12時過ぎ、小屋に戻り帰り支度を整えて昼食を済ませ帰宅の途に就きました。ここのアイスはまだまだ楽しむ事が出来ます。もう少しアイスを楽しみたい方は、問い合わせてみて下さい。今シーズンもお疲れ様でした。

▼25日、硫黄岳山荘グループ社長と一緒に。
DSCF6992

▼銀色の道、いい天気で、歩いていると暑い位です。後方は槍穂高。
DSCF6995

▼G4。
DSCF6997

▼ルートを変えながら登ります。
DSCF7002

▼結構硬いです。
DSCF7008

▼G4、楽しみました。
DSCF7025

▼26日、G2。雪の中です。
DSCF7032

▼こちらも代わる代わるで登ります。
DSCF7038

▼硬いけど、こちらの方が穴ぼこだらけ。
DSCF7042

▼今回使ったアックス。全部違うアックスでした。
DSCF7018


ag_n_hirose at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アイスクライミング 

2017年03月21日

残梅

ハイ、一ヶ月振りのブログ更新です。お彼岸です。暑さ寒さも彼岸までと云うことわざ通り、20日、春の陽気の湯河原幕岩に行って来ました。これから咲き出す梅の花、残っている梅の花、既に今年の栄華を物語ってしまった梅の花、色々な梅の花がまだ観賞できます。20日祝日ですが、3連休の最後なので、ゆっくりとする人が多いのでしょうか、いつもの平日的なクライマーの数でした。19日は大変な数だったそうです。桃源郷に向かい、先ずはアリババの岩場へ、アン、アニー、アリババ、アラジン、アリス、5アを代わる代わる登り、納得が行く自分に合った登り方を身に付けます。アリババの岩場も登りに来る人も少なく、ゆっくりと練習で来ました。午後からは、桃源郷で、アボリジニとサンセットを登って終了。一日中暖かく快適なクライミングが出来ました。

▼まだ冬枯れの幕山に梅の彩り。
DSCF6933

▼アリス。
DSCF6936

▼アン。
DSCF6935

▼アニー。
DSCF6946

▼アラジンとアニー。
DSCF6949

▼アリババ。
DSCF6952

▼アボリジニ。
DSCF6956

▼サンセット。
DSCF6960


ag_n_hirose at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年02月20日

春冬同居

19日、日帰りで新治不動滝アイスクライミングに行って来ました。一週間前に行った時より段々と解け始めていました。しかし、又の寒さでかなり硬い氷となっていました。現地に着くと地元の知り合いさん達がわんさかと来ていました。たき火も、お湯も有りのアイスクライミングです。5本のTrを張り、交代交代でかなり登れました。1本が長いのでいいトレーニングになります。昼食はおでん、最後にうどんを入れて完食です。マシソヨ。

▼真ん中に大きな穴が開いてしまいました。これから又凍り付いてくれると良いのですが。
DSCF6889

▼不動滝全景。
DSCF6896

▼1本の氷柱を登ります。最後が一寸ドライになります。
DSCF6892

▼此処も約50m有ります。
DSCF6912_Ink_LI

▼ドラゴンが登れなくなってしまいましたので、その右横を登ります。
DSCF6909


ag_n_hirose at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アイスクライミング 

2017年02月17日

思いでの66

15〜16日で、今シーズン初めての八ヶ岳南沢大滝アイスクライミングに行って来ました。今回参加して頂いた方々、皆さん南沢大滝は初めてです。15日、角木場のアイスから赤岳山荘に入ろうと思っていたのですが、角木場を見に行った所、以前登った時よりも氷柱が細いし、ツララが危なそうに垂れ下がっていたので、角木場は止めて赤岳山荘に入り、昼食後オバチャンキャンディーで遊ばせてもらいました。連日気温が低いせいか、氷は結構硬いです。4時過ぎ、疲れて来たので終了。暖かい部屋に入りゆっくりします。夕食は特別食で、焼き肉です。カルビ、タン、ミノ、レバー、後馬刺しと野菜たっぷりを、食の細い男二人と、食欲大盛な女性二人で全て食べつくしてしまいました。イヤ〜凄い食欲です。サプライズはその後でした。赤岳山荘の皆さんより大きなケーキが出されました。何だと思ったら、私の誕生日を知っていて下さってそれをお祝いして頂きました。何と嬉しい事でしょうか、来て頂いた皆さんからも祝って頂きました。本当にカムサハムニダです。ぞろ目の年の良い思い出の夜となりました。16日ドピーカン、余り寒さを感じません。08:10山荘発、南沢大滝へ向かいます。所々凍ってはいますが雪が乗っかっているので歩き易いです。9時過ぎ南沢小滝到着。荷物を整理して大滝へ向かう。1パーティーがリード&ホローで登っています。近づいて見たら後輩のガイドパーティーでした。私達もロープを2本繋いでTrを掛け、2回づつ登って終了。1本が長いので結構満足が行けた事と思います。山荘に戻り、昼食後、パッキングを整えて下山。今回の南沢大滝は大変印象深い思い出と残る事でしょう。皆さん、有難うございました。

▼15日、オバチャンキャンディー。一皮むけた感じのアックスさばきになりました。
DSCF6847

▼オバチャンキャンディー。今回初めて参加いただいた方も頑張っていました。
DSCF6851

▼焼き肉パーティーです。マシソヨ。
DSCF6854

▼サプライズの誕生日ケーキ。カムサハムニダ。これもマシソヨでした。
DSCF6858

▼16日、いい天気です。これから南沢大滝へ向かいます。
DSCF6863

▼今回登ってはいませんが、南沢小滝。良く発達しています。
DSCF6864

▼皆さん初めての、南沢大滝です。
DSCF6870

▼韓国アイス帰りなので、高さ的には何の問題も有りませんでした。
DSCF6874

▼結構いい感じで登ってしまいました。
DSCF6878

▼大滝をバックに、高笑いですね。
DSCF6883

▼槍穂高連邦。遠望。
DSCF6869


ag_n_hirose at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アイスクライミング 

2017年02月14日

向いは大島

11日幕岩、梅の宴が始まって初めて行ってみました。12日〜13日と穏やかな伊豆城ヶ崎へ、11日の幕岩、さすがこの時期の土曜日、梅はまだ5分も咲いていませんが、観梅客、ハイキング客、で一杯です。勿論、岩登り客も大勢来ていました。桃源郷は満員、私達は空いていたアブラカタブラ、フック船長、時計ワニを登り、休憩後は、初めてとも言える、誰も居ない、そして珍しく乾いている大滝フェースを登って終了。そのまま富戸まで移動しました。12日晴れ、穏やかです。今日来る方と富戸駅で待ち合わせしてフナムシエリアへ、2パーティーが居ましたが、余り登らないようなので私達が純と樹氷を登らせて頂きました。徹底的なジャミング練習と云う事で、この2本のルートで反復練習で終始しました。コツと効いた感覚が分かるには時間が掛かると思いますが、練習あるのみですね。13日、穏やかです。今日も新たな人を富戸で待ち合わせ、城ヶ崎は初めてなので、又フナムシエリアへ、昨日同様、ジャミング練習に終始、純、樹氷、オバステ正宗、フラッシュダンスを何回かづつ登って終了しました。昨年から10回近く企画して全て悪天の為変更を余儀なくされていた城ヶ崎、今シーズンはいい天気に恵まれると信じます。

▼幕山を、赤白染める、梅の花。
DSCF6709

▼アブラカタブラ。
DSCF6718

▼フック船長。
DSCF6715

▼時計ワニのアンダーホールド取れました。
DSCF6734

▼大滝フェース。
DSCF6736

▼宮中に向いて、敬礼。
DSCF6766

▼城ヶ崎初めて、オバステ正宗。
DSCF6816

▼城ヶ崎初めて、純。
DSCF6811

▼フラッシュダンス。
DSCF6826

▼今回のアート。
DSCF6813


ag_n_hirose at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年02月09日

KOREA〜NIIHARU

8日、曇り途中雪、後晴れ、韓国に続き、新治不動滝アイスクライミングに行って来ました。12月は残念ながら氷の状態が今一との情報が入ったので中止としましたが、今回は氷の発達状況も良く、地元山岳会の人達とも一緒にアイスクライミングを楽しむ事が出来ました。5本のTrを掛け、使い回しで何回も登る事が出来ました。有難うございました。たき火を囲み豚汁を食べながらのクライミングは最高です。マシソヨでした。まだまだこれからも発達してくれそうなので、又行くのが楽しみです。

▼不動滝アイスエリア全景。
DSCF6676

▼中央の一番長い50mのルート。
DSCF6679

▼いい姿勢で登ってます。
DSCF6682

▼50mルート最後のバーチカル。
DSCF6691

▼左の氷柱は一寸状態悪し。久し振りのアイスクライミングを楽しんでいます。
DSCF6695

▼短いながらもここはいいルートです。最後が一寸ドライになります。
DSCF6705

▼今回持って行ったアイスアックス。どれも良く入ります。
DSCF6686



ag_n_hirose at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アイスクライミング 

2017年02月07日

KOREA〜

2月に入りました。1日〜6日で恒例のKOREAのアイスクライミングに行って来ました。いつものように、KMGのJEONにガイドをお願いしました。1日金浦空港からソラクサンの温泉ホテルに入りました。中々いい部屋で、勿論オンドルで部屋の中はポカポカです。22時過ぎの到着だったので、早々の就寝です。
2日、晴れ、予定は、ウイジュのパンデと云う人工アイスゲレンデです。韓国最大と云っても過言では有りません。今回のメンバーは冬の韓国は初めてです。駐車場の目前に氷の壁が有ります。100m、80m、50mと大きな氷の壁です。最初は、40m、50mを登り最後に60mを登りました。各ルートを何回かずつ登って終了。ホテルに戻ります。3日、晴れ、当初の予定を変更して、春川(チュンチョン)の九曲瀑布(クゴクポッポ)60mを登りに行きました。幅20m位でしょうか、平日なのに4〜5パーティー位が入っていて結構混雑していました。私達もその一員となり、2ルートを登って終了。今夜はホテルを移動します。宿泊者は私達だけ、勿論、夜は広いリビングで宴会です。
4日、晴れ、今日は、ソウル近郊のカレビと云うアイスフォールに移動です。3時間位掛けての移動です。やっとカレビ到着、ムム・・、いつもと違う、大きなクレーン車が2台も入っています。何か工事でもやっているのかと思いきや、車に若者が近づいて来て、映画の撮影の為に登ることは出来ません・・・ような事を言って来たのでしょう。仕方なく諦め、さて、これから又ソラクサンに戻ることは出来ません。じゃ、牛耳洞のコーロンスポーツに有る室内アイスゲレンデに行こうという話になり、約1時間移動、牛耳洞に到着、荷物を降ろしてJEONが手続きに向かうが、氷の状態が悪いので今はクライミングを禁止しているとの事が帰って来ました。ななな・・、言葉が出ません。日も暮れ、途方に暮れです。皆さん、開き直ったというか、直ぐに切り替え買い物ツアーと化してしまいました。目的のものを買ったところでソウル市内のホテルへ、荷物を置いて東大門の買い物へ、友人のYOUさんと待ち合わせ夕食はバイキングへ出掛けました。
5日、曇り一時雪、4日に登れなかったので、ホテルを早めに出発、ハッチョンと云う人工アイスゲレンデへ向かいます。ソウルから約2時間位、駐車場に着いたところ、沢山の人盛りが見えます。クライミング大会が開催されているとの事です。私達は、以前登ったこともある一番左側の氷壁へ、ここも一杯、狭い所に7本もTrが張られていました。そのロープ密度が高い所へ1本Trを張ります。取り敢えずそこを登り次は80mへ、ここもロープ密度は高いのですが、高さも有り、幅が広いので狭さは感じません。長いので時間も掛かります。雪も降ったり止んだりの中、1本づつ登って終了。満足満足です。帰り途中で道峰山の買い物へ道草、ソウルのホテルへ、友人の李 俊、も来て打ち上げです。無事の終了、お疲れ様でした。6日曇り、帰国の途に就きました。

▼太陽を追っての飛行です。中々沈まない夕日。
DSCF6544

▼2日、ウイジュのパンデ人工アイスゲレンデ。(誰かが言い出した、ワコールのパンデ)と呼んでいました。
DSCF6554

▼今回のメンバー、一人を除き、韓国アイスファーストです。
DSCF6551

▼50mと30mを登っています。氷壁が大きすぎて登っているのが良く分かりません。
DSCF6565_Ink_LI

▼50mと60mを登っています。
DSCF6579_Ink_LI

▼JEONと久しぶりのツーショット。
DSCF6581

▼60mのズーム。
DSCF6586

▼60m全景。
DSCF6589_Ink_LI

▼3日、春川(チュンチョン)九曲瀑布(クゴクポッポ)約60m。
DSCF6617_Ink_LI

▼クゴクポッポ2本目のルート。
DSCF6626_Ink_LI

▼春川はタッカルビで有名な所です。その中でも人気のあるタッカルビ屋さん。此処は焼いてくれる所です。皆さん連日の長いクライミングでお疲れのようで、ここでは、箸を持つ右手にラップ指現象が起きてしまいました。
DSCF6634

▼内ソラクに有るホテル。貸し切りだったので、広いリビングで宴会の始まりです。
DSCF6638

▼5日、雪、ハッチョンと云う人工アイスゲレンデ。此処も良く管理されています。ハッチョン全景。パンデと同じ川の上で皆さんテントを張って過ごします。川がお城守るお堀のようです。誰が言ったか、私達はこの川をハッチョン掘りと呼んでいます。う〜む、名言ですね。
DSCF6642

▼30mを登ります。ロープ密度が非常に高い所でした。
DSCF6648_Ink_LI

▼80mです。
DSCF6655_Ink_LI

▼80mの終わり、小さくて良く分かりませんね。これは、誰でしょう?。
DSCF6673_Ink_LI

▼帰りの飛行機から、左が北漢山。右が道峰山です。
DSCF6674_Ink_LI

▼今回使ったアイスアックス。
DSCF6583

▼韓国最大の岩場、ウルサンバイ、大きな岩山ですね。高さ約300mです。
DSCF6596


ag_n_hirose at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アイスクライミング 

2017年01月30日

冬〜春〜冬

目まぐるしい程の寒暖差、28日湯河原幕岩、29日城ヶ崎と暖かな良い天気でした。幕山公園の梅もこの暖かさで紅梅、白梅共に開花が進んでいます。一週間後の梅の宴の準備も整い開宴時期に丁度見頃初めになっていることでしょう。幕岩も桃源郷、アリババの岩場辺りは結構混雑しています。丁度アリババが空いていたので、すかさず、アリババ、 var、アン、アラジンを登り休憩後、サンバリーへ、5人位のパーティーが右の方を登っていたので、ミスサイゴ、満腹食堂を登って終了。29日、城ヶ崎、富戸で二人と待ち合わせ、フナムシエリアへ、知り合いワンパーティーと2人組のパーティーがいました。2人組がかなり右のルートを登っていたので、純と樹氷にTrを掛ける。4月24日振りの城ヶ崎クライミング、しかし、ジャミングのコツが分かって来たのか、すんなりとは行かないまでも、それ程の苦労もなく登っていました。カムを買って初めてのクラックリードもやってもらいました。初めは、Trを付けてのリード練習。ジャミングでのレスト、カムの選択、カムの設置、等々、一連の動きを覚えてもらいます。その後にTr無しで初リード、見事トップアウトです。これを機に、色々なクラックルートへ行ってもらいたいものです。最後に表面は乾いているようだが、クラックの中はジットリのフラッシュダンスを登って終わりです。2日間快適なクライミングでした。オツカレーライス。

▼28日、梅の開花が目立って来ました。
DSCF6449

▼アリババの岩場。
DSCF6453

▼アラジン。
DSCF6466

▼サンバリー。
DSCF6477

▼フナムシエリア。
DSCF6503

▼初めてのクラックリード。新しいカムが光ってました。カムサハムニダ。
DSCF6508

▼フラッシュダンス。
DSCF6512

▼?の玉遊び。
DSCF6498


ag_n_hirose at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年01月20日

ドエリャ〜久しぶりだわ〜

18日〜19日で、久し振りの伊豆城山へ行って来ました。予報では、19日が芳しくない予報でしたが、一日でも登れれば・・との事で、出掛けました。18日は晴れ、日差しも有り日中は暖かさも有って久し振りの城山クライミングを楽しみました。心配だった19日、曇り空でもそれ程の寒さも無く貸し切りの南壁で夕方まで、快適に登る事が出来きて、ラッキーな一日でした。

▼18日、南壁下部、左から、トントン拍子、鎌形ハング下部、ジプシーマリー。
DSCF6400

▼ジプシーマリー核心部。
DSCF6411

▼19日、バターロール。
DSCF6424

▼ブルースカイ。
DSCF6428

▼フルハムロード。
DSCF6446

▼狩野川と城山とクライウーマン。
DSCF6447


ag_n_hirose at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング 

2017年01月16日

冬なのに夏沢へ

14日〜15日で、冬なのに夏沢鉱泉のアイスクライミングに行って来ました。前回行った12月とは打って変わって、真冬の八ヶ岳になっていました。各滝もかなり発達して良い状態になっています。これから更に発達して行く事でしょう。仲間のガイドパーティーも入っていました。山荘について昼食を取り準備を整えて出発。滝の規模が大きくないので、仲間のガイドと話し合って別々の滝に向かうこととしました。私達はG4へ、12月とは様相の異なる雪景色です。アイスフォールもかなりの発達を見せていました。早速2本のTrを張り、各自練習してもらいます。今シーズン最強寒波襲来で雪も多くなり兎に角、寒いの一言、そんな中でも皆さん頑張って何本も登ってもらいました。3時も過ぎる頃になると一段と冷え込み、登るのも限界が見えて来た頃終了。暖かい山荘に戻って一休みです。夕食は2回戦目、鍋料理を頂きました。15日、雪、一寸横殴りに降っています。外気温はー18℃、寒い。6時過ぎに朝食を取り8時半出発。今日は、G2へ、前日の微かなトレースを辿りG2F1着、約20分位。ここも前回よりはかなり発達していました。ここも2本Trを掛ける。各々ルートを決めて登ってもらいます。14日程の寒さも感じられず、ルートを変えながら皆さん黙々と登っています。12:30頃終了。山荘に戻りパッキングを整えて昼食を取り下山。土日なのに貸し切りのアイスフォールでした。

▼冬景色の中、G4へ向かう。積雪でアプローチも取りやすくなりました。これで、雪が締まるともっと歩き易くなります。
DSCF6363

▼G4、かなり発達して良い状態になってきています。これからもっと発達することでしょう。
DSCF6364

▼右のバーチカル部分を登ります。
DSCF6367

▼左は傾斜が多少緩くなっている所。
DSCF6368

▼真ん中のバーチカル部分。
DSCF6377

▼寒くなりました。終了です。
DSCF6378

▼15日出発です。
DSCF6381

▼G2、G4に比べると、多少規模は小さい。
DSCF6383

▼兎に角、登ります。
DSCF6394

▼登るにつれて良くなって来ています。
DSCF6392


ag_n_hirose at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アイスクライミング 

2017年01月08日

松の内も終わり

年末年始から良く晴れて来ました。その晴れも松の内を持って終わりました。7日、またまた暖かな快適そのものの湯河原幕岩に行って来ました。3連休で、8日、9日の予報が悪いので。さぞかし混み込みかと思いきや、それ程の混み具合でもありませんでした。私も初めて行く岩場で、オリンパスの丘へ向かいました。落ち葉をラッセルしながら急な道を張り巡らされているフィックスロープを掴みながらたどり着きました。着いてみれば、平らな部分も有り、三原氏も良く、中々明るいまあまあの大きさの岩場です。ルー的には易しいルートが多く登りやすい岩場です。フェニックス、ペガサス、カサンドラを登って移動、休憩後はアリババの岩場へ、シャワーコロン、アリババ、アリババvar、アン、アニーを登り、最後に蟻さんを登って終了。陽が落ちると寒さも加速して来ます。16時のバスで帰宅となりました。ちなみに、幕山公園「梅の宴」は、2/4〜3/12です。入園料¥200です。スイカ、パスモOKです。

▼オリンパスの丘、フェニックス左とペガサス右。
DSCF6327

▼カサンドラ。
DSCF6335

▼アリババの岩場、アリババvarとアン。
DSCF6348

▼アニー。
DSCF6350


ag_n_hirose at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フリークライミング