2007年05月

2007年05月23日

小川山涸沢岩峰群2峰 広瀬ダイレクトルート

1b2ac502.JPG22日〜23日で小川山でした。22日は一寸曇りがちな天気でしたが、今日は真夏を思わせるような暑さでした。さすがに平日です。廻り目平はガラガラでした。GWの後半にはまだそれ程の緑の濃さではなかったのですが、2週間も経つとかなり濃くなって段々と岩場が見えづらくなってきました。22日はマラ岩とリバーサイドに久し振りに行きました。韓国から帰ってきたばかりなので、スラブのルートはあまりストレスなくクライミング出来ました。今日は、これも久し振りの涸沢岩峰群2峰の広瀬ダイレクトに行って来ました。もう何回も登ってはいるのですが、初めて登ってから今年で28年が過ぎてしまいます。


写真は、涸沢岩峰群2峰です。

ag_n_hirose at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2007年05月19日

仁寿峰

02405134.JPG9日〜19日で仁寿峰に行って来ました。ロングステーの白雲山荘でした。天気は全体的にはまあ〜でした。10日は、大スラブからインスAルート、オアシステラスに懸垂下降して、インスBルートを登って頂上え行き、西面を懸垂下降して終了。
11日、大スラブの一番左のルートを2P登って、クローニールート取り付き、クローニールートを7P登って懸垂下降、まだ時間があるので、そこからインスCルートを登って終了。12日は朝から雨の為にソウル市内へ、13日一人帰国して、一人の入国を出迎えて再び白雲山荘へ、14日、ショイナードBルートからイヤーズロックを登って西面を懸垂下降、天気が不安定なのでいったん山荘に戻ったところ雷雨となり終了。15日、今までに登ったことのないアミドンルートへ、3P登って同下降して、サンチョンジー(山天路)ルートをこれも初めてルートを6P登って西面を下降して終了。16日、午後から雨との予報なので、一番近いヨージョン(女情)ルートの1P目のフレアークラックを登って早めの雨に山荘に戻る。
17日、午前中はまだ岩が乾いていないため遅めに出て、これも初めてのコーマックBルート5Pを登って終了。18日は朝から雨、クライミングが出来ないために一寸早めにソウル下りる。10日間の汗を流して、19日帰国。

インスボンの春で、こんなに雷雨に遭遇したのは初めてでした。日本人とは17にちの夜にトレッキングに来た6人の方以外は誰にも会いませんでした。インスボンは韓国クライマーで平日でも賑わっています。これから暑くなってきますが、是非インスボンクライミングにお出掛けください。情報等はありますのでご連絡頂ければ、教えます。

写真は、コーリョンキル(ビッグドラゴン)を登る韓国クライマー

ag_n_hirose at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2007年05月06日

新緑の小川山

912c1198.JPGGW後半の3日〜6日で小川山に行ってきました。今シーズンも始まったばかりの廻り目平も少しずつ新緑が始まってきました。さすがにGW後半の連休は人も車も一杯でした。3日〜5日は晴れで快適なクライミングを楽しみました。今日は朝から雨、キャンプ場も5日に帰宅した人が多かったのですが、今日の雨で朝からテントを撤収する人の姿がほとんどでした。

半年振りの小川山です。3日は、水晶スラブと水晶スラブ下の岩。4日は、八幡沢左岸スラブに行き、トムと一緒に、ジャーマンスープレックス、ブラック&ホワイト、春の戻り雪を登り、5日はインスボントレーニングとして、おむすび山スラブで、メイストーム、無名ルート、リメンブランス、ラベンダー、ジェイコブズラダー、ほんにゃらごっこ、パイプラインの7本を登って、スラブクライミングのトレーニングを行いました。今日は残念ながら雨になってしまいましたが、3日間好天に恵まれて快適なクライミングが出来ました。


写真は、5日の屋根岩喫の頂上からの廻り目平と周辺の岩場です。



ag_n_hirose at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド