2007年09月

2007年09月24日

秋めいてきた小川山

fb5cc9dd.JPG22日〜24日の3連休、インスボントレーニングを兼ねて小川山で講習会でした。2週間前とは山の色が一寸変化してきました。確実に秋が近づいています。
22日は良いお天気でした。久し振りに最高ルーフ左の岩に行ってみました。一番左にあるルート(名前が?)とナデシとナデシのVarを登りました。この左の岩は日陰でのクライミングの為一寸肌寒いくらいでした。
23日、雨予報の天気が何とか曇り空で持っていてくれています。今日はおむすび山スラブでのトレーニングです。まずホンニャラゴッコを登ってから無名ルート、メイストーム、ラベンダー、リメンブランス、ジェイコブスラダー、パイプラインとたて続けにに登り、夕方から雨、何とか一日持ってくれて登る事が出来ました。
24日、今日は朝から曇りだが、朝方まで降っていたので壁の状態が悪く断念して早めに帰宅しました。
来月の3連休あたりは混み合うことでしょう。秋真っ只中で良い時期かもしれませんね。

写真は、ナデシ5.11aです。

ag_n_hirose at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2007年09月17日

マンジュシャゲが咲き始めました

76fc85ce.JPG3連休の予定変更で、日帰りの講習会で15日、16日で日和田でした。15日から30日頃まで高麗はマンジュシャゲ祭りで駅前も賑やかになっています。花はまだ咲き始めですが今週あたりが見頃になるでしょう。

岩場も15日は中々の混雑でしたが、16日はそれ程の人もなくそれなりにトレーニングが出来ましたが、残暑厳しい中での岩登りでした。


写真は、バルジに挑戦中です。

ag_n_hirose at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2007年09月10日

台風9号後の好天

2debfd04.JPG6日夜半、台風9号が小田原市辺りに上陸、その後関東地方を突っ切り、8日に掛けて日本列島の右半分を縦断して直ぐの8日〜10日で小川山に行ってきました。信濃川上辺りは余り影響が無かったようです。しかし、廻り目平に流れている西股沢が増水して、右岸の岩場に行く事が出来ず(根性で渡っていった人もいるようです)左岸の岩場が混みこみ状態でした。8日はマガスラブに行ったのですが、右よりのルートは既にスダレ状態でしたが、運良く左の短い所が何故か誰も登っていなかったのでそこでかなりの時間練習させてもらいました。そこも段々と人が集まってきたので、右が空き始めた所へうまくロープを張る事が出来て、混んでいる割には何本ものルートを練習できました。
9日も良い天気でした。相変わらず川向こうには人がほとんど見ることは出来ません。知り合いも向岸へ行くような事を行って出かけたのですが、あきらめて他を登りに行ったようです。この日は水晶スラブと決めて出かけたのですが、水晶スラブの下にある岩場が丁度誰も登っていなかったので、これ幸いにと2本のロープを掛けそこで午前中のクライミングを楽しみました。午後からは水晶スラブに移動して2本のルートを登る事が出来ました。
今日10日は、朝からどしゃ振り、仕方なく早々に引上げて来ました。

写真は、水晶スラブの下にある岩場です。スラブクライミングの練習には丁度良い所です。

ag_n_hirose at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2007年09月04日

さわやか、快適クライミング

cf66c174.JPG2日〜3日で小川山に行ってきました。穂高の予定だったのですが天候状況があまりかんばしくなかったので断念して、平日を一日入れた小川山に変更しました。
2日の日曜日はそれなりにクライマーがあちこちで登っていましたが、やはり平日はいいですね。ほとんでクライマーの姿はありません。3日はさわやかに晴れ渡り快適なクライミングを楽しんで参りました。

2日は、スラブ状岩壁でガマルート、バナナケーキ、ハート&ソウルを登りました。
3日は、父岩で小川山ストーリー、小川山ストリート、タジヤン供完璧な父、レタス畑でつかまってを登り、兄岩に移動して、もみじを登って帰ってきました。一日中さわやかで、快適なクライミング日和の小川山でした。小川山もこれからが本格的なクライミングシーズンです。さわやか快適クライミングにお出掛けください。

写真は、父岩「レタス畑でつかまって」5.10dの核心部です。

ag_n_hirose at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド