2009年11月

2009年11月29日

伊豆も紅葉です

CIMG6380CIMG6432CIMG644628日湯河原幕岩、29伊豆城山に行ってきました。日曜日の天気が心配でしたが、蓋を開けてみると以外と天気も持ってくれました。土曜日とは打って変わって寒くはなりましたが、一日クライミングが出来ました。28日の湯河原幕岩も混雑していたようで、いつも余り人の来ない正面壁も多くのクライマーが来ていました。桃源郷方面はどうだったんでしょうか、正面壁では久し振りのアモンブライダル、ジムシー、いつか、コナン等を登りました。終了後伊豆長岡温泉に移動して宿泊しました。心配だった天気も曇り後夜雨の予報に変わったので8時に宿泊先を出て城山に向かいましたが、早くも多くのクライマーで岩場は混んでいました。空いている所選んで下部岩壁を登りました。午後になると寒さも増して3時頃には終了しました。

写真は、湯河原幕岩正面壁アモンブライダル。城山南壁ジプシーマリー。紅葉の伊豆城山。

ag_n_hirose at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2009年11月23日

3連休まぁ〜でした

CIMG6281CIMG6261昨日は早めに降りだした雨で寒い一日をストマジで過ごしました。ストマジもストーブがたかれ、その周りで指を温める光景に違和感がありません。
一転、本日は予報と異なって朝から青空が広がり絶好のクライミング日和となりました。3連休の最後を日和田に行ってきました。10時過ぎぐらいから人が来始めて午後はかなりの人が登っていました。男岩西面、南面、東面を登って陽が落ち始めた4時頃に終了。陽があるうちは暖かなクライミングでしたが、陽が落ちると途端に寒くなります。これからの外岩は15:30頃までが限度ですね。
24日〜25日は、JAGUのガイド研修を湯河原幕岩で行います。しっかりと研修をして、これからのガイド活動に役立てて行きたいと思います。

写真は、22日のストマジと23日の日和田松の木ハングデビューです。

ag_n_hirose at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2009年11月21日

おキツネコンコン

CIMG6230
CIMG6249
19日とは打って変わって暖かな日和田でした。明日、明後日の天気予報も微妙に変わって来ましたが、明日はかなりの寒さのようです。外岩は冷え込みそうですね。この冷え込みで山腹の色合いも少しずつ変化して行くことでしょう。楽しみですね。

写真は、キツネの顔と云う観賞用の植物です。不思議な物があるんですね。
女岩西面ハングです。女岩ハングデビューです。

ag_n_hirose at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2009年11月19日

寒い〜一日でした

CIMG6221
CIMG6229
いやぁ〜寒い一日を日和田でした。雪雲みたいな曇り空で今にも降って来そうな空模様でした。岩は冷たく中々体も温まらずで、男岩西面で一日過ごしました。午後一で雨が降り出したのですが、直ぐに止みました。一寸南の方では、良い降りにだったそうです。最後に松の木ハングを登って終了しました。他に来ていた人々も早々に引き揚げて行きました。今週末は3連休です。しかし日月の予報がかなり悪い状況なので、一寸考えなければならない所です。土曜日は晴れそうなので日和田に来ます。岩場の下には、冬イチゴが沢山赤い実をつけています。

写真は、久し振りに登った松の木ハングです。以前よりはかなりスムースにこなすことが出来ました。

綺麗な赤の実をつけている冬イチゴです。

ag_n_hirose at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2009年11月17日

ストーブの季節

CIMG6205
朝から冷たい雨が降っていました。各地では雪。今日は無料講習会ですが、外岩は中止して午後からストーンマジックでの室内壁講習を行いました。
ストマジもこの前まで扇風機だったのがいよいよストーブが配置されて火が入っていました。ビレーの時もジャケットを着て行わないと寒い位でしたが、1〜2本登ると体も温まって来ました。冬至まではまだ一ヶ月以上あるのですが、暗くなるのも早くなりました。5時過ぎにストマジを出たのですが、雨のせいもあるのですが、外はもう真っ暗です。外岩ではもう余り遅くまで登っていることが出来ない季節ですね。寒くもなります。皆さんもこれからの季節、時間を考えてクライミングを行いましょう。近くでもヘッドランプはお忘れなきように。

写真は14日に作ったルートで奮闘中です。

ag_n_hirose at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 室内壁