2011年04月

2011年04月30日

日和田山、冬から春

3月13日4月17日4月29日P429002829日、30日で日和田に行って来ました。岩場もGWの始まりと云う事で、休日の29日は団体さんがいたのでまぁ〜の人出でしたが、30日はさすがに人出も余り有りません。但し、羊山公園の芝桜の見物客で西武線は混雑しています。29日、30日とも、男岩南面、西面、東面、女岩西面をいつものようにリード&ホローで空いている所を登り降りを繰り返します。新緑が今、一番良い時かも知れません。今日の写真は、今年の3月からの日和田山定点観測地点から冬から春への移り変わりです。

・3月13日の日和田山、まだ冬の装いです。
・4月17日の日和田山、春の新緑です。
・4月29日の日和田山、この時期、12日経つとかなり緑が濃くなります。
・久し振りの日和田山、この日10本目位の男岩東面を登っています。

ag_n_hirose at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2011年04月27日

うらしま草とアミガサ茸?

P4270002P4270003P4270006P4270014久し振りの鷹取山へ行って来ました。強風で砂塵巻く一日でした。クライミングをする人も広場左の所で登っているご年配パーティーの他は誰も居ませんでした。珍しく親不知の南面フランケにもロープが掛りませんでした。今日は最初からマジックマッシュルームの所で、弓型クラックを登りマジックマッシュルームを何回か登ってみるが最終ポイントまでは行けませんでした。中々難しいです。午後からは子不知に移り、竹本フェースを登っている時に怪しげな雲が掛って来たので早めの終了としました。
奥武蔵では、ヒトツバテンナンショウが出て来ましたが、この辺ではウラシマ草ばかりです。帰り道でキノコを発見(後で調べた所、アミガサ茸?・・かな)して写真に撮って来ました。

・ウラシマ草
・弓型クラック
・マジックマッシュルーム
・アミガサ茸?


ag_n_hirose at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2011年04月24日

春の嵐の土曜日から初夏のような日曜日

P4230015P4230013P4230016土日の城が崎を諦めて、室内壁ストーンマジックでの講習でした。土曜日は何となく肌寒の日中から春の嵐の夜でした。ストマジも雨のわりには余り込んでいませんでした。久し振りにストマジに来た人も頑張って登っていました。
今日は、昨日とは一転朝からドピーカン、出掛ける頃には初夏を思わせるような感じになりました。ストマジも昨日の雨で何処にも出掛けられなかった人が集まり始め昨日よりは多くの人が楽しんでいました。
帰りの横浜線で西の空が異様に黒いのでまさかと思って福生まで来た所、そのまさかが的中、かなり良い降りで、濡れるのを覚悟でバスに乗って停留所で降りた所、あきる野は降っておらず濡れずに帰宅する事が出来ました。福生と私が降りるバス停までは時間にして約10分掛らないのに雨雲の位置関係で変わってくるのでしょうか、空は真黒なのに分からないものです。

ag_n_hirose at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 室内壁 

2011年04月21日

肌寒の近頃

P4210041P4210061P4210054P42100604月20日過ぎと云うのに肌寒の毎日です。此の週末も雨予報で外岩は中止、室内壁の講習と変更せざるを得ません。土日で、ストーンマジックを予定しています。
今日は、3月3日以来のベースキャンプでした。ルートも多少変更されていました。Trでの練習、リードでの練習と短い時間でかなりの本数をこなしました。室内でも何となく肌寒く感じられ登って下りて来ると丁度良い位の感じでした。明後日辺りからは平年並みに戻るとの予報です。4月ももう直ぐ終わり、GWに突入します。2日と6日を休めば10連休という大型連休です。皆さんはどちらえお出かけですか、今年の北アルプスは平年並みの雪だそうです。しかしこの所の寒さで雪が降っている かもしれません。充分に情報を聞いてからお出かけ下さい。

ag_n_hirose at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 室内壁 

2011年04月17日

うす黄緑の奥武蔵

P4170001P4170002P4170033P4170030伊豆城山を中止して、昨日はストマジ、今日は日和田でした。4月と5月の日和田はかなり混雑は分かっていましたが、今日は又格別に混んでいました。いつものようにその中の空いている所をぬってリード&ホローでのクライミングです。午前中に6本位登り昼食後に1本登り終えた所で、男岩西面下部でかなり大きな声と人の落ちた音が聞こえました。直ぐに下を見ると男の人が頭らしき所から血を流して横になっているのが見えましたが周りの人が囲んでいて良く視認が出来ませんでした。幸い私が連れていた人がお医者さんなので、ドクターが居る事を告げて直ぐに懸垂下降で降りて診てもらいました。幸い意識も有り、手足も骨折してないようでした。しかしヘルメットが割れて頭を衝撃からかなり防いでくれたものと思います。あらためてヘルメットが人命を救ってくれたような思いです。救急隊、消防隊、警察が来てヘリでピックアップするとのことでピックアップする所へ要求者を搬送、埼玉消防航空隊のヘリにて無事ピックアップされました。アクシデントは男岩西面ステミングフェースで起きました。詳しくは分かりませんが、色々な事をつなげると、まずリードが登りホローが3ピン目のリングボルトの所でテンションが掛ったようです。しかし、そのテンションが掛った瞬間にホローが直ぐ4m位下のテラスに背中から落ちて2回転くらいしてから松の木ハング取り付きまで約10m位落下したようです。何故ホローがグランドホールしたかは、残っていたロープのランニングビレーの所にルベルソが有りました。これを見てだいたいの推測がつきますが、推測の域なのでここで言及するのは控えさせて頂きます。
取り敢えずは大したことはなかったのですが、精密検査が終わらないと安心はできないでしょう。このような事故は、起こした人も大変ですが、その周りに居た人達にも迷惑がかかってしまいます。一人一人が十分な安全管理を行いながらクライミングを楽しんで頂きたいものです。

・定点観測場所からの日和田山、山の色が春になりました。
・日和田に行く途中に咲いている「日本ズミレ」
・埼玉消防航空隊のヘリがピックアップピントに入った所。
・ピックアップされる要求者。



ag_n_hirose at 19:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 山岳ガイド