2014年09月

2014年09月28日

秋真っ盛りの左岸スラブ

台風16号の動向を気にしながら、24日〜28日で9月2回目の小川山へ出掛けました。
24日、曇り、今にも降って来そうな空模様の中、今回が小川山デビューなのに肌寒いガマスラブへ、誰一人いないガマスラブで初めてのスラブクライミングを体験しました。数回登り降りしているうちに段々とスラブへの立ち込みが出来るようになり限定のコースでも反復練習でかなり登り込みました。
24日の夜から風雨も強くなり、25日は風雨の朝を迎えました。午後からでも止んでくれることを祈りつつ、午前中は又廊下でロープワーク、今まで余りやったことがなかったようでこれはこれで勉強になりました。10時過ぎに風雨も収まり晴れ間も見えてきたので、早めのお昼を済ませてスラブ状岩壁へ、乾きの比較的早いケロヨンで又繰り返しの練習をして昨日のガマスラブへ、復讐も兼ねて反復練習です。帰宅時間も有るので、一寸早めに終了しました。
26日、この二日間が嘘のような秋空となりました。11時過ぎに到着した二人とガマスラブへ、今回の方も小川山はほとんど体験していないのでガマスラブで24日同様、限定コースも含めて繰り返しの練習で終わりました。
27日、晴れ、朝小川山デビューの今日からの人と待ち合わせマガスラブへ、広場は朝からクリーンクライミングの準備で忙しそうです。マガスラブ到着、誰もいません。土曜日なので誰かは来るものと考え、早速ウルトラセブンと可愛い女、そのvarへTrを掛ける。各人2回づつ登ってもらう。予想通り、1パーティー、2パーティーと来始め結構一杯になって来たので私達も段々と左のルートへ移りつつスラブクライミングを反復練習です。二人が帰宅するため一寸早めに終了して山荘帰着しました。
27日、晴れ、今日もドピーカン。早めに山荘発、目的はマルチピッチで春の戻り雪、左岸スラブのトムと一緒にの河原に荷物を置き、誰もいないので早めにトムと一緒にを登ってから行こうと思い、トムと一緒にでアップしてから春の戻り雪へ、既にトムと一緒は1パーティーが来て登り始めました。私達が春の戻り雪へ向かうと後続の3人が来ました。08:55登攀開始、松の木で1Pを切り、2Pで終了点へ09:20終了。4Pで取り付きへ戻った時に後続の3人のトップが出発。私達は荷物の所へ戻り少し休憩をしてB&Wへ、土曜日だと云うのに誰もいない左岸スラブ、今までの日曜日で有れば、順番待ちする位混む所が、う〜んロープをする人が少なくなっているのでしょうか、このB&Wでスラブクライミングの洗礼を受け完登は持ち越しとなりました。帰りは車なので渋滞が予想されるため早めに山荘を出発。途中、今まで寄ってみたかった蕎麦屋さんへ立ち寄りました。何と、もりそばの並と大しか有りません。又その蕎麦が私が小さい頃食べた本当の10割蕎麦で真っ黒で短くブツブツ切れてしまう昔そのものの蕎麦でした。50数年前を思い出させてくれた一品でした。丁度お客様が誰もいなくなったので昔を思い出した話をすると蕎麦屋のおばさんが蕎麦がき用のそば粉をあげるからと持たせてくれました。いやあ〜感謝です。楽しめた小川山5日間でした。これから行かれる方、朝夕はかなり寒いです。防寒対策をしっかりと。
▼26日朝の大日広場、まだ車も少ない。
P9260045

▼24日ガマスラブ、小川山デビューです。
P9240024

▼25日、台風後のケロヨン。
P9250039

▼27日、マガスラブ。
P9270070

▼28日、この辺はいつも早く紅葉します。トムと一緒にでアップ。
P9280100

▼春の戻り雪1P目終了間近。
P9280103

▼秋真っ盛りの左岸スラブ、B&Wでスラブの洗礼を受けました。まだこれからです。
P9280113




ag_n_hirose at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2014年09月23日

お彼岸

秋分の日。秋のお彼岸です。秋空に恵まれた今日は、日和田に行って来ました。高麗の巾着田は曼珠沙華祭りで高麗駅も人人人、巾着田とその周辺も又人人人、出店も出て色々な物を売っています。曼珠沙華も今が最盛期でしょうか、日和田も人人人、ロープの掛かってない所はほんの数か所、特に男岩の南面はすだれ状態でした。そんな中、空いている所をリード講習を兼ねたリード&ホローで登り、午後からは、東面ハングと出稼ぎルートで汗を流し終わりました。
▼高麗駅、この時期は、人人人ばかりです。
P9230002

▼いつも有るフォックスフェース。
P9230004

▼曼珠沙華通り。
P9230006

▼リード講習でのリード&ホロー。
P9230014

▼男岩東面。
P9230020

▼出稼ぎルート。
P9230029


ag_n_hirose at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2014年09月16日

夏色から秋色へ

敬老の日を含む3連休、お天気にも恵まれ皆様素晴らしい山行が出来た事と思います。最近は私も遠出をしなくなりもっぱら近郊の岩場で日帰り仕事です。此の3連休も14日日和田、15日湯河原幕岩に出かけました。流石に3連休ですね日和田も幕岩も静かなもんです。お蔭で休日の混雑が無く思うような講習が出来ました。
日和田では、リード講習を兼ねてのリード&ホローで行いました。湯河原幕岩は、マンツーマンだったので、アリババの岩場からアリババ、アリババvar、アン、アニー、アラジンを登り、午後からは、先ず最初に憧れのハワイ航路を登り、アボリジニ、ダイヤモンドヘッドを登って終了。数年振りでハワイ航路とダイヤモンドヘッドを登りました。まだ一寸蒸し暑さが残って岩場も多少ぬめり感は残っていますが、幕山も夏色があせて秋色に変わって来ています。もう直ぐ快適な幕岩が戻って来るでしょう。
▼14日の日和田山、いい天気になりました。高麗の曼珠沙華祭りも20日〜です。まだ混雑の無い高麗です。
P9140001

▼赤い花なら曼珠沙華、でも最近は白もピンクもオレンジもあるんです。まだ開花も少しです。
P9140004

▼リード講習を兼ねてリード&ホローで登ります。
P9140020

▼外岩デビュー\(^o^)/これから面白さと難しさが同居してきます。
P9140015

▼松の木ハングも練習あるのみでしょう。
P9140045

▼15日の幕山、日和田山と間違えそうです。夏色から秋色に変わって来ました。
P9150013

▼アリババの岩場、アラジン。
P9150007

▼桃源郷、憧れのハワイ航路。
P9150010



ag_n_hirose at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2014年09月11日

秋の気配

8月全滅で、久々に土日を混ぜた6日〜10日の5日間で小川山に行って来ました。6日(土)曇り、肌寒い金峰山荘着、早昼食を済ませ冷たい渡渉をしてリバーサイドへ、アウトオブバランス、マダムバタフライの取り付きはびしょ濡れ状態の中、この2本を繰り返し練習してブラックシープへ、取り付きは前回より乾いた状態で、上部の岩の状態も良く快適クライミングで終了しました。しかし、夜半よりかなりの降雨、7日の朝方も強い雨となり午前中は山荘の廊下でロープワーク、午後からは雨も上がり道路も乾いてきたので、スラブ状岩壁へ出掛けてみました。ケロヨン、ガマルート2P目、ハート&ソウルを登って2日間のクライミングも何とか終わりました。
8日、曇り、今日からメンバーがチェンジします。山荘到着後、又また冷たい渡渉をして兄岩へ、タジヤン検∋案月ピンクリップ、と初めてのピクニクラを登って終了。9日曇りのち晴れ、この5日間で一番良い天気でした。今回の小川山はインスボントレーニングも兼ねているのでスラブの練習にはおむすび山スラブが最適です。無名ルート、リメンブランス、ラベンダー、メイストーム、ほんにゃらごっこ、ジェイコブスラダーの6本を登って快適クライミングを終了。10日曇り、午後からの雨予報が出ているため一寸早めの出発。今日も渡渉して妹岩へ、5〜6年振りのカサブランカ、カシオペア軌道とマラ岩の頂上への川上小唄を登って早めの終了としました。何だかんだで5日間登れてしまいました。ラッキーでした。ナナカマド、コシアブラも色付き、肌寒い季節となって来た廻り目平です。日が出れば日中は暖かいですが、朝夕はとんと冷え込んで参りました。これからお出かけの方は防寒対策をお忘れなく。クライミングには絶好の季節となって来ました。お出かけください。
▼6日、7日参加。
P9060001

▼リバーサイド、ブラックシープ右上ランペ。
P9060023

▼リバーサイド、マダムバタフライ核心部の右足乗り込み。
P9060020

▼8日からの参加。
P9080074

▼兄岩、ピクニクラ。
P9080090

▼おむすび山スラブ、メイストーム。
P9090136

▼妹岩、カサブランカ。手足の痛さをこらえながらのジャミング。
P9100164

▼妹岩、カシオペア軌道。核心部の足さばき。
P9100178



ag_n_hirose at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2014年09月05日

一転秋

一転秋となったこの数日、展示会と日和田へ行って来ました。2日は、中央区産業会館へ、マウンテンダックス、マジックマウンテン他の展示会で、3日は久々の外岩へ、4日は池袋で開催されている各社の合同展示会へ行って来ました。展示会は来年の春、夏物であまり目を引くものは有りませんでした。3日の日和田も、多少の蒸し暑さは残っているが、今までのような暑さもなくまあ?快適に登れました。週の中日なのに20人位は来ていたでしょうか、各々に楽しんでいたようです。 私達は、いつものリード&ホローで、リード講習も兼ねて男岩南面から始めました。一緒に登りながらロープがスムーズに流れるランニングビレーの方法、ランニングを掛けるタイミング等を説明します。ビレーポイントに着くと広いテラスで、ホローしてくる人を見ながらのビレーシステムを構築してセカンドをビレーします。南面3本、西面1本をリード講習後、西面のバルジをTrで数本登って終了しました。
▼日和田山も心なしか秋色に変化してきています。
P9030001

▼赤い花なら曼珠沙華はまだ、一寸早咲きの白とピンクの曼珠沙華が数輪咲いていました。赤ももう少しで咲き出します。
P9030002

▼鮮やかな色の紅テング茸が、親子でしょうか。
P9030005

▼リード講習、男岩南面を登ります。
P9030013

▼大きなテラスでのビレーシステムで登って来る人を見ながらのビレーです。
P9030021

▼西面をホローで登ります。
P9030027





ag_n_hirose at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド