2015年12月

2015年12月26日

2015年も有難うございました

2015年も残すところ5日、クリスマスも終わり、つかの間の今日、今年最後の外岩(日和田)に行って来ました。岩は冷たいですが、気温的にはそれ程の寒さもなく快適な一日でした。他の皆さんもそろそろ今年最後のクライミングなのか、今日の日和田はかなりの人が来ていました。今日はTrでのクライミングに終始、男岩西面から始まり、東面、南面を登り終了しました。
このブログも2015年最後の更新です。一年間見て頂き有難うございました。又2016年も山に関する情報を掲載して行きたいと考えております。又覗いて頂ければ幸いです。見て頂いた皆様が2016年も良い年で有りますようお祈り申し上げます。
▼冬枯れした日和田山。
DSCF1816

▼男岩西面、トップアウト出来ました。
DSCF1821

▼松の木ハングは、何の問題も有りませんが、上部岩壁が「日光の手前でしょうか」
DSCF1826

▼東面ハング、もう少しですね。
DSCF1834

▼南面スラブ壁、もう大丈夫でしょう。
DSCF1839


ag_n_hirose at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2015年12月22日

又もや、暖か幕岩

22日(冬至)幕岩でした。昨夜雨が有ったのか、予報では太陽マークが並んでいましたが、雲の多い一日でした。しかし日差しが出ると暖かく快適クライミングでした。20日に正面壁で死亡事故が発生したようで、56歳の女性が墜落死したようです。そんな事も有ったので、取り敢えず正面壁に行く予定を桃源郷に向かいました。アリババの岩場へ、アン、アニー、マゾオケサ、ニューアライ、アラジンを登り遅めの昼食を取り、サンセットを登り終了。今日は冬至、昼間が一番短い日です。陽が落ちても余り寒さもないので、15時半頃まで登り、今年最後の幕岩を楽しみました。
▼山頂付近だけ日が当たっています。今の時期は4時前でこんな感じです。
DSCF1815

▼水仙も今が最盛期のようです。
DSCF1813

▼今時期にこれだけの椿が咲いているのは余り無いでしょう。
DSCF1812

▼桃源郷下の紅梅も咲き始めました。
DSCF1811

▼マゾオケサ。
DSCF1767

▼初めてのアン。
DSCF1772

▼アリババ。
DSCF1785

▼アニー。
DSCF1780

▼久々のアラジン。
DSCF1789

▼サンセット。
DSCF1805



ag_n_hirose at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フリークライミング 

2015年12月17日

数輪の紅梅

まるで春そのもの湯河原幕岩に行って来ました。管理棟の所で知り合いにパーティーに会い、何処に行くのかを聞くと皆さん正面壁へ行くとの事で、正面壁は混みそうなので、私達は桃源郷へ、着いてみると数人が居るだけ、正解〜。久々に会う後輩が来ていたので暫く世間話し、いい年になっていました。元気でやっている様子で安心しました。春一番を感じさせる心地よい風、一日中全く寒さを感じることは有りませんでした。先ずはアボリジニ、夕暮れ時、夕飯時、憧れのハワイ航路を登りかなり腕に来てしまいました。午後は、アリババの岩場へ、アリババとシャワーコロンで限界を迎えました。アリババから又桃源郷へ戻り、蟻さんとサンセットでクールダウンをして終了。バス停に向かう途中で、何と、数輪の紅梅が開いているのを発見。早速カメラに収めました。幕山の木々は葉を落とし、岩肌が良く見えるようになってしまいましたが、一方では勘違いの紅梅も見受けられ、この紅梅も今日からの寒さにどうして行くのでしょうか。椿の花も一杯咲いて、暖かさ満開の湯河原幕岩でした。
▼冬枯れの様相を見せて来た幕山。真赤だったドウダンツツジも葉を落としてしまいました。
DSCF1724

▼アボリジニ。
DSCF1727

▼夕暮れ時とハワイ航路。
DSCF1744

▼夕飯時。
DSCF1736

▼アリババ。
DSCF1747

▼シャワーコロン。
DSCF1746

▼サンセット。
DSCF1758

▼この紅梅も今頃は今日からの寒さに咲いた事を後悔しているのでしょうか、頑張れ。
DSCF1761


ag_n_hirose at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フリークライミング 

2015年12月14日

雪無し、氷無し八ヶ岳

12日〜13日で、今冬シーズン初めての八ヶ岳に行って来ました。12日の赤岳鉱泉には、130名位が宿泊していました。茅野駅から美濃戸口〜美濃戸までも一かけらの雪も有りません。赤岳山荘で休憩を取るが、いつものポッコが出て来ない、おかしいと思って聞いたところ、10月に18年の生涯を閉じたとの事でした。おばちゃん達もやっと立ち直ったようです。6月には元気でいたのに、又冬会える事を楽しみにして居ただけに、残念でなりません。ポッコの冥福を祈るばかりです。赤岳山荘〜堰堤〜赤岳鉱泉、雪無し石ごろ道が所々で凍り付いていて歩きにくさこの上ない赤岳鉱泉までのアプローチです。到着後、ピッケル、アイゼンワークの練習でジョーゴ沢に入ったのですが、F1では猫の額ほど凍った所を何十人が代わる代わるアイスクライミング・・と言えるかどうか、アイスアックスを氷に突き刺していました。F2は何と、周りが少し凍っているだけで、八ヶ岳名瀑百選に選ばれました。・・と、私が勝手に選んでしまいました。その辺りでも何十人の人達がアイゼンワーク、ピッケルワークの場所を探し求めて、一寸した所で励んでいました。私達も同様で、一寸した場所を選んで練習を行いました。鉱泉に戻ると、冬に会うメンバーが勢ぞろいで、普段では会えない色々な方と情報交換と近況話で楽しい夜を過ごしました。
13日、03:30頃、天候確認に外へ、小粒の湿った雪が降っている。しかし暖かい、寒暖計を確認すると+2度、なんとこの時期にそしてこの時間に+2度とは、部屋に戻り又就寝、04:30天候確認、03:30と変わらず・・と云うより、雨交じりの雪、屋根、道は薄っすらと白くなっている、風は無いが山は雪雲で真っ白け、取り敢えず目的のバリエーションは中止とし再就寝。06:30起床、来ている知り合いも、ガイド達も悩んでいる。それもそのはず、雪無し、氷無し、アイスキャンディーもまだ・・ではアイスクライミングに来た人達の行き場所は、裏同心沢のみ、かなりの人達が裏同心沢に集結したようだ。私達も取り敢えず赤岳登頂を目指し07:50赤岳鉱泉出発、アイゼンは装着し多少の雪が有る石ごつ道を歩き出す。中山乗越しまでにすでに汗だく、行者小屋でハーネスを付け赤岳に向う。氷無し、雪無しの情報が行き渡っているのか、数張りのテントしかない行者小屋テント場、森林限界を過ぎ、階段むき出しで非常に歩きにくい文三郎道をひたすら歩く。何んパーティーか赤岳主稜を登っている。雪が無いので凍った岩場クライミングそのものでしょう。分岐を過ぎて、頂上下の岩場を過ぎれば赤岳山頂の祠に10:25到着。頑張って冬の赤岳初登頂でした。少しの休憩を取り、展望莊に向かって下山開始。これも又これだけ雪の無い地蔵尾根を歩くのは今までにほとんどなかったと思います。1210赤岳鉱泉着。パッキングを整えて下山。入山日より更に泥だらけで夏道仕様の道を美濃戸口へ帰って来ました。雪道で綺麗になるはずの靴もお陰様で泥まみれになってしまいました。今週も又八ヶ岳でのアイスに出かける予定ですが、氷が無い状態では、氷ア(コリヤア)駄目ですね。思案中です。
▼夏道と化しています。
DSCF1694

▼横岳西壁もこの通り、大同心大滝もショボクレ大滝。
DSCF1699

▼アイスキャンディーも営業は延期です。今週の寒波がどうなるか?ですね。
DSCF1700

▼ジョーゴ沢F2、八ヶ岳名瀑百選に入ります。
DSCF1706

▼森林限界上の長い階段もほぼむき出し状態。
DSCF1715

▼頂上下の岩場通過。
DSCF1718

▼イエ〜イ。初めての冬の赤岳登頂 \(^o^)/。良かったですね。
DSCF1719

▼ポッコ追悼、平成24年1月、在りし日のポッコ。
P3030031


ag_n_hirose at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2015年12月07日

晩秋の幕岩、城山巡り

「秋深し、伊豆の山々、岩巡り」 4日幕岩、5日〜6日で今シーズン初めての伊豆城山に行って来ました。4日の幕岩は強風に耐えながらのクライミング、数パーティーしか来ていませんでした。アリババの岩場、桃源郷を登って早めの終了となりました。5日は打って変わって一寸汗ばむ位の城山、10時前に岩場に到着、既に満員御礼状態。私達も今回は人数が多かったので、南壁は一寸無理状態なので、初めて行く東南壁へ、優し目の所には人がいたので、もう少し回り込んで一寸長めのルートヘ、5.9位の所へTrを張りそこからスタート、もう1本は隣の10a/b位の所へTrを張り他が空いて来るまで繰り返し練習。知り合いガイドパーティーが場所を空けてくれたのでそこに移動して練習。帰り支度をして下る頃には、南壁にあれだけ居たクライマーも一人もいませんでした。伊豆長岡温泉の弘法の湯長岡店に移動、ゆっくりと温泉に浸かりました。
6日晴れ、風も無くいい感じです。08:30頃出発、岩場到着09:00、何と、昨日とは全く違い、2パーティーしか居ません。準備をして南壁に2本のロープを移動しながら、繰り返し練習を行い14時半頃に終了。帰路につ来ました。
▼4日の幕山。
DSCF1537

▼アリババ。問題ありません。
DSCF1538

▼シンデレラフェース。
DSCF1540

▼アリババvarとアニー。
DSCF1555

▼桃源郷アボリジニ。
DSCF1571

▼5日の伊豆城山。
DSCF1573

▼東南壁?初めてのルート。5.9位。
DSCF1590

▼南壁の右壁?。
DSCF1599

▼6日南壁。エキスカーション下部とホームボーイ?。
DSCF1605

▼ロンググットバイ。
DSCF1632

▼鎌形ハング下部。
DSCF1633

▼グラシアス?。
DSCF1623


ag_n_hirose at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フリークライミング