2016年01月

2016年01月25日

最大級の寒波

最大級の寒波が日本列島を襲って来ました。関東圏はそれ程でも無いのですが、西日本、北陸、東北、北海道とかなりの積雪と寒波に見回れたようです。そんな中、23日、24日で八ヶ岳のアイスクライミングに行って来ました。23日はゆっくり目に入山して赤岳山荘へ、午後からオバチャンキャンディーで練習しました。オバチャンキャンディーも何とか登れるまでに発達してはいますが、シャンデリア氷がほとんどで、かなり登りにくい状態です。これからの発達を期待しましょう。今回はほとんどがアイス初めてクラス、アックスの振り方、アイゼンノ蹴り込み、バランス移動を重点に練習しました。細かい雪が降り始め寒さも増して来る頃終了となりました。夜は久し振りでオバチャンの手料理を味わいました。いつも美味しいです。
24日曇りがち、朝方ー14℃、近頃味わったことの無い寒さです。朝食後、南沢大滝、小滝に向けて08:40出発。先日の雪で今まで埃だらけの道も冬道らしくなりました。やはり歩き易いですね。10:00南沢小滝到着。10人位が4本位のTrで登っていました。準備をして一寸様子を見ていたが、まだ終わりそうもないので、右端の氷柱が空いているのでそこにTrを掛けて取り敢えず登ってもらいました。バーチカルだが短いのと結構穴だらけなのでさほど難しくは有りません。しかし、アイス初めて位の人だと少し大変のようでした。しかし皆さん何とかトップアウトしていました。他のパーティーが移動の為ロープを外した所へこちらのTrを掛けて易し目の所を反復練習です。最後にアイス初めてリード練習をしてかなり寒い南沢小滝のアイスクライミングは終了です。大滝は登りませんでしたが、今年の大滝は、例年になくバーチカル部分が長く、幅もかなり大きくなって来ています。今年の南沢大滝は是非行ってみて下さい。手を入れただけの事は有り、素晴らしいアイスフォールになっています。
▼アイスクライミング初めて、中々いいバランスで登っていました。
DSCF2136

▼アイスが楽しくなって来ました。
DSCF2144

▼アイス2回目、まだ要領が掴めて来ないので、一寸苦労しています。
DSCF2153

▼24日、2人が遅れているので、写っていません。
DSCF2155

▼山親爺がこちらを伺っています。この後、登山道を歩いて行きました。やはり歩き易いんでしょうか。
DSCF2156

▼小滝到着。休日ですから、こんなもんでしょう。
DSCF2157

▼右端の氷柱を登ります。アイス初めてとは思えない登りです。
DSCF2169

▼一寸長めの所を限定で登ります。
DSCF2170

▼アイス3回目、この辺の所は問題ありません。
DSCF2164

▼アイス初めてリード、時間はかかりましたが、確実に登りました。これからも練習あるのみでしょう。
DSCF2179

▼南沢大滝全貌。中々の迫力です。是非登りに行って下さい。今までよりは、手応えが有ると思います。
DSCF2174


ag_n_hirose at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アイスクライミング 

2016年01月18日

藍より青き大空に〜

天候に恵まれた15日湯河原幕岩、16〜17日で伊豆城山に行って来ました。幕岩は午後から雲が張り、風も出て来て寒くなりましたが、16日の城山は穏やかなクライミング日和でした。17日は、晴れから曇りへ、風も出て来て寒さも増してきましたが、16時頃まで頑張って登りました。16日もそれ程の混雑さもなく、南壁で練習が出来ました。17日日曜日の方がクライマーの姿も少なく、あちこっち登り放題でした。
今日は、朝起きてみると既に15儖幣紊寮兩磧⊆柴睚匹魑滕叡羯澆砲靴泙靴拭8鯆無ヾ悗發なり乱れているようです。
▼15日、冬枯れの幕山に紅梅がかなり目立って来ました。白梅も咲き始めています。今年の「梅の宴」は、2月6日〜3月13日です。一寸早めに開始のようです。
DSCF1988

▼アリババ。全くストレスの無い、いい登りですね。
DSCF2007

▼アラジン。
DSCF2014

▼サンセット、初めて参加した頂きました。これからが楽しみですね。
DSCF2021

▼アボリジニ。
DSCF2028

▼16日、伊豆城山上空に「藍より青き、大空に〜」私の大好きな唄「空の神兵」の冒頭です。私の友人が飛行しています。正に有人飛行ですね。
DSCF2034

▼鎌形ハング下部。
DSCF2052

▼トントン拍子?。
DSCF2059

▼左から、クロワッサン、エキスカーション、グラシアス?かな。
DSCF2068

▼ロンググットバイ、今回は上手く登れました。
DSCF2112

▼フルハムロード、中々出口が抜けられません。
DSCF2104

▼左フルハムロード、右ジプシーマリー。
DSCF2095

▼ジプシーマリーの核心部。
DSCF2091

▼バトルランナー下部、右のフィンガージャムで小ハングを越えます。
DSCF2114

▼帰りの堤防の上です。2日間お疲れ様でした。9〜10本位登りましたか、指の痛いのを我慢しながら良く頑張りました。パチパチパチ。
DSCF2127


ag_n_hirose at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フリークライミング 

2016年01月12日

初アイス

3連休、皆さん、如何お過ごしになりましたか、私は、9日〜11日で八ヶ岳で今シーズン初アイスクライミングを楽しんで参りました。9日250名、10日180名と超混みの赤岳鉱泉、八ヶ岳は人で一杯でした。9日、晴れ、友人に茅野駅でピックアップしてもらい赤岳山荘へ、美濃戸口〜美濃戸間は雪無し、土埃状態です。赤岳山荘も車・・、何とか止める事が出来ました。数台で満車となり、やまのこ村の駐車場に廻っている車も有りました。雪も12月よりは微かに増えたような感じです。所々氷床になっている登山道を迂回しながら赤岳鉱泉到着12:30頃。前回来た時よりはかなり発達した鉱泉キャンディー、青い空にひときわ目立つアイスキャンディーの白、そして色とりどりのテントにいつもの白い八ヶ岳が無いのが残念ですが、こんな年も有ります。休憩して早速アイスキャンディーで初アイス、今回のアックスは、シモンアナコンアカップとBubuフラミンゴを持って行きました。午後になっても日差しの暖かさを感じられるキャンディーです。氷の発達の仕方が悪く余り状態の良い氷では有りませんが、危ない氷は取り除きながらのクライミングでした。久し振りのアイスクライミングの感じが伝わって来ました。夕食は3回戦半位で、献立は、豚シャブと焼き赤魚、常に一杯の食堂でした。夜、ジョーゴ沢に行って来たと言う名古屋の友人に久々の遭遇、他の知り合いもいて話に盛り上がりました。
10日、朝方は雲が掛かっていましたが、時間が経つと一面の青空、友人達は赤岳から硫黄岳まで縦走すると朝出かけて行きました。私はお2人が入山するのを待ちキャンディでTrを張ったりの準備です。2人が到着。休憩後昨年一寸かじっただけで、人生初のアイスクライミングです。一寸緩やか目の所にTrをセットしてアイゼン、アックスの打ち込み、蹴り込み練習です。緩やか目を何本か登った後、垂直部分へ、大変だったようですが、初アイスにしては上等すぎる位登れていました。今回は友人の中にも人生初アイスが居て、後の経験者2人より登れていました。面白さが伝わったようです。16時でキャンディーの終了時間です。道具を片付け夕食まで7人で宴会です。夕食はステーキ、今夜は180名位、3回戦で終了。2階の個室での快適な2晩めが過ぎて行きます。
11日晴れ、キャンディーの開始時間は9時、朝食後帰る支度を済ませクライミング準備です。ハング系を含めて2本のTrをセット、名古屋の友人達はドライ壁のハングで叫んでいました。(ドリャア〜、名古屋弁でドライの事ですかね〜?・・)時間一杯まで登り下山。私以外はアイゼン装着、(チェーンアイゼン)便利な簡単アイゼンの使用で危険個所を安全に歩行できるようになりました。一寸した凍った所では非常に便利ですね。冬山に行くか人は一台持っているといいんではないでしょうか。途中原村の樅の湯に立ち寄り茅野へ、スーパーあずさ28号で帰宅しました。好天の恵まれ、楽しい3日間の初アイスでした。
▼9日、アプローチもこの通りです。
DSCF1923

▼たまに氷床が出て来ます。チェーンアイゼンを装着した方が、安全です。
DSCF1927

▼赤岩の氷柱もご覧の通り、登れるようですが、発達が悪いですね。
DSCF1924

▼横岳西壁、大同心大滝もまだまだ発達してもらわないと困りますね。
DSCF1946

▼鉱泉キャンディーもご覧の通り。まだ質が悪いです。
DSCF1931

▼友人の久し振りのアイスクライミングです。以前のようには行きません。これからも頑張って下さい。
DSCF1934

▼10日、縦走に出かける友人達をお見送りです。
DSCF1944

▼人生初アイス。最初は一寸易し目の所から始めましたが、最後はこの通りです。いやあ〜頑張りましたね。\(^o^)/
DSCF1953

▼赤のジャケットも久々クライミングでした。黄色は少しアイスクライミングにはまって来たかも。
DSCF1956

▼今冬初アイスでも小ハングも中々スムースに抜けました。
DSCF1968

▼初ハングにも果敢に挑戦。いやあ〜これから楽しみが倍増計画でしょう。
DSCF1984

▼久々クライミングで中々大変だったようですが、この機会を繋げて欲しいですね。
DSCF1955

▼名古屋の友人達もドライ壁で、ドエリャ〜きついわ、でした。
DSCF1959

▼笑顔のご帰宅です。
DSCF1986

▼オバチャンキャンディーはもう少し時間が掛かるようです。
DSCF1987




ag_n_hirose at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アイスクライミング 

2016年01月04日

初攀じり

皆様、穏やかな新年を迎え、良いお正月をお過ごしの事と思います。昨日で3が日も過ぎ、今日から仕事始めと云う方も多い事とではないでしょうか、私も昨日より仕事始めで、湯河原幕岩で初攀じりでした。湯河原駅に着いた所、幕山公園行バスは既に満員状態、9時発までに詰めるだけ詰め、超満員状態で幕山公園まで、乗れない方たちはタクシーで来ていました。勿論、駐車場も満車、管理棟の所も人人人、正面壁に向かう人、桃源郷に向かう人達で一杯でした。私達も桃源郷へ、勿論既にロープのすだれ状態です。取り敢えずアリババの岩場へ、足の踏み場所もない状態の取り付き付近、荷物は気に吊り下げ様子を見ていた所、まさか、シンデレラフェースが空いているではないか、カボチャの馬車は1組が登っているだけ、早速シンデレラの取り付きに行き、場所を確保、登る準備をしているとカボチャの馬車もいなくなりました。早速2本のルートにTrをセットして登り初めです。シンデレラを終了して早めのお昼でした。午後からは又シンデレラフェースへ、アリス、ニューアライ、シャワーコロン、マゾオケサと登る事が出来き、正月3日の滅多にない穏やかな2016クライミング初めが出来ました。紅梅はかなり咲き始め、まさか、この時期に白梅も咲き始めていました。
▼2016年幕山定点観測初め、何故か、冬の寒さを感じられませんね。
DSCF1906

▼この時期の白梅は、余り記憶に有りません。一木の白梅。
DSCF1905

▼この満杯状態でシンデレラフェースが空いている。奇跡のシンデレラです。
DSCF1885

▼初めての幕岩、アリスも問題綺麗に登っていました。
DSCF1891

▼シャワーコロン、この辺は皆さんクリアもう大丈夫でしょう。
DSCF1904

▼ニューアライ、マゾオケサより登りにくいようです。ここはもう少し練習が必要のようです。
DSCF1894

▼マゾオケサ、皆さん少しルートの取り方に迷うようです。左カンテとチビカチを上手く使ってください。
DSCF1898


ag_n_hirose at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フリークライミング 

2016年01月01日

紀元2676年1月1日

明けましておめでとうございます。西暦2016年、紀元2676年、平成28年の始まりです。本年も、宜しくお願い申し上げます。このブログも又新しい情報を送って行きたいと思っています。
穏やかな年末年始に恵まれました。皆様は、如何お過ごしでしょうか、私は、今年は一人増え、2人の孫と一緒に家族で相変わらないお正月を過ごしています。今日は、裏山の草花丘陵を少し歩いて来ました。いい天気で、富士山も、新宿のビル群も望む事が出来ました。今年の初登りは3日の湯河原幕岩からです。体が重くなり過ぎない様に、皆様も余り暴飲暴食ををせず、体調管理にご留意ください。
▼富士山を望む。
DSCF1857

▼2歳半の陸斗君と7ヶ月の美桜ちゃんです。よろしくね〜。
DSCF1849

▼草花丘陵、大澄山(192m)に登りました。2016年初登りです。
DSCF1864

▼背負ってきたおやつとお茶でしばしの休憩。この後ハイキングは続きました。
DSCF1862


ag_n_hirose at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)