2016年11月

2016年11月28日

半袖OK

26日晴れ、湯河原幕岩正面壁に行って来ました。久々の正面壁です。日曜日が雨予報の事も有って、バスも、駐車場も混みこみ状態でした。オブコース、岩場も混雑必至です。下から見て桃源郷は色とりどりの服装がみっちり、岩場はよっちり、迷ってはいましたが、今回は最初から正面壁へと思いカムも持って来たので、予定通り正面壁へ、今回の皆さんは初めての岩場です。着いてみるとこちらも人人人、一昨日の雨で染み出しの出ているルートは登れないので、取り敢えずクラックから、コナンとルート名?を登り、ポニーテール左側とその左側にあるペーパードールと言うやぶ中ルートを登る。遅めの昼食を取り、これも久々のカマクラ、ともだちプライスを登って終了。半袖で登っている人も多く見られる位、日差しが暑い位のいい天気でした。混んでいる割にはいつもかなり登れてのご帰還でした。

▼幕山は、まだ秋の様相です。
DSCF5792

▼???
DSCF5797

▼コナン。
DSCF5802

▼ポニーテール?。
DSCF5804

▼ポニーテール?。
DSCF5815

▼ペーパードール?。の1P目?。
DSCF5806

▼カマクラ。細かいフェース、女性はこう言った感じが強いですね。アッパレ。
DSCF5821


ag_n_hirose at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フリークライミング 

2016年11月22日

22の瞳

18日〜21日で8年振りで、小豆島クライミングに行って来ました。18日、晴れ後雨、高松空港〜高松港〜土庄港と乗り継いで民宿の有る坂手港へ、時間が有るのでクライミングの準備を整えて吉田の岩場へ、目的の岩場が6人パーティーで占拠されていた為、海鳴りロックへ、海鳴、待人、潮風、夕波小波の4本を登って終了。少し暗くなりかけた道は中々シビアで、右往左往しながら民宿着。
19日雨後曇り、朝方までの雨で岩場に行くのは断念ムード充満。では、買い物と観光にでも出かけますかという事に落ち着き、小豆島道の駅へ、そこからオリーブ屋さん〜うどん屋さん〜寒霞渓観光〜お醤油さんと周り、一寸したワンデリングもなんのその、民宿到着、宴会と一連の行事が続きます。
20日、曇り、マルチルートの小豆島インスボンへ向かう。余り人が通っていない雰囲気のアプローチだ。準備を整えて10:20分取り付くが今までに経験したことがない苔苔、ヌメヌメ、一歩が出て行かない、カムを入れながら這い上がるが又そこからハンガーまで遠い、そうこうしている内にポツリポツリと当たり始める。これは無理と判断、敗退し吉田の岩場へ転進。トライアルロック、きもちんよかロックで5本位を登って終了。宴会突入。
21日、曇り、最後の日、近くてそれなりに難しいルートが有るパーキングサイドロック、キューブロックへ、6本を代わる代わる登って終了。吉田オートビレッジの温泉で汗を流し土庄港へ、16:30土庄港発フェリーで高松港へ、最後の打ち上げを済ませて皆さんお待ちかねの寝台特急「サンライズ瀬戸」へ乗り込む。私も寝台列車は47年振り位である。高松駅21:26発東京駅着07:08、そうなんです。正に今朝帰宅したばかりなんです。イヤア〜楽しい4日間の島生活でした。皆さん〜お疲れウインターでした。

▼18日、高松港から後ろの高速艇で小豆島土庄港へ向かう。
DSCF5676

▼高松港を出港、さすがに高速艇、航跡が高い。
DSCF5679

▼吉田の岩場、海鳴りロック、4本のルートを登る。
DSCF5685

▼19日、ガスの中の寒霞渓。
DSCF5705

▼寒霞渓の紅葉。カワラ投げであの輪の中に入ればご利益が有るのか無いのか、誰も入らなかったので、ワカリマセンガナ〜。
DSCF5707

▼20日、小豆島インスボンをバックに、インスボンは残念でした。
DSCF5714

▼転戦した先のきもちんよかロック。
DSCF5726

▼トライアルロックのカラス小僧。
DSCF5728

▼きもちんよかロック。
DSCF5731

▼トライアルロック、勝手に白熊。
DSCF5737

▼向こうに瀬戸内海を見ながら、きもちんよかロック。
DSCF5749

▼パーキングサイドエリアロックの前で、後ろの看板のおサルさんを真似る。
DSCF5756

▼キューブロックの各ルート。
DSCF5759

▼パーキングエリアロックのシビアな2本。左「ペガサス」、右「セイリング」
DSCF5766

▼高松駅で出発前の「サンライズ瀬戸」これで東京に向かいます。(^_^)v
DSCF5789




ag_n_hirose at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フリークライミング 

2016年11月11日

一気に冬

10日、日和田、寒い一日でした。秋の内に夏日が有ったり、結構暑い日が有ったのですが、11月に入り最低気温が一桁台になり肌寒さを通り越して一気に冬が来てしまいました。皆さん、体調管理にはくれぐれもご留意の程、お願い致します。木曜日でも結構の人達が来ていました。ほとんどの人が男岩南面にロープを張っていたので、私達は男岩西面から始める事が出来ました。男岩西面、南面、東面、女岩西面と登り3時過ぎ頃に終わり、曇りもあって、林の中は薄暗い感じで帰りました。お疲れ様でした。

▼日和田山も色付き始めました。富士山の雪も少ないですね。
DSCF5648

▼先ずは、松の木ハングでUP UPです。
DSCF5652

▼男岩西南カンテ上部。
DSCF5659

▼スネーククラックも難なくクリアです。大家さんはそろそろ冬眠準備でしょうか。
DSCF5665

▼初めての出稼ぎ、中々シビアのようです。次に繋げましょう。
DSCF5660


ag_n_hirose at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

2016年11月07日

クライミングフェスティバル(ザイル祭)

いい季節になりました。これからは、三浦、伊豆方面のクライミングシーズンとなります。その幕開けで、5日〜6日で湯河原幕岩でした。4年振りとなるクライミングフェスティバルを行いました。お陰様で大勢に方にお集まり頂き、盛大に盛り上げる事が出来ました。何十回も行って来ましたこのお祭りも今回で最後となります。これからは又違う形で皆さんを盛り上げられる事を考えて行ければと思います。土日とも良い天気に恵まれました。かなりの混雑を予想していたのですが、土曜日は、我々以外のクライマーの姿もなく、大人数にも関わらず結構登る事が出来ました。皆さん夜のビンゴ大会が目当てで何年か掛けて景品を集めたかいが有りました。最後のジャンケン大会ではかなりの盛り上がりで、数品をゲットできた人、出ては消えで、意の物をゲットできなかった人、見るも涙、語るも涙の一コマでした。日曜日、イヤア〜この日は、桃源郷だけでも、多分100名近かったんではないでしょうか、知り合いパーティーが続々と押し寄せ、岩場難民が続出、あちらこちらと徘徊していました。我々は運良くアリババ周辺でかなり遊ぶことが出来きました。暖かな2日間で楽しい時間を過ごさせて頂きました。皆さん〜カムサハムニダ〜です。

▼色付き始めた幕山。
DSCF5598

▼5日、桃源郷アボリジニと夕飯時。
DSCF5601

▼サンセット。
DSCF5612

▼フック船長。
DSCF5614

▼夜のビンゴ大会がメインです。後ろの袋が景品です。
DSCF5624

▼6日、アリババの岩場。
DSCF5634

▼アリババの岩場。
DSCF5636


ag_n_hirose at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)