2017年12月

2017年12月27日

アイスクライミングが始まりました

24日〜26日で、八ヶ岳へ今シーズン初アイスクライミングに行って来ました。24日入山、ガイド仲間との再会です。荷物を赤岳山荘まで運んでくれました。有難いことです。オバチャンの所で休憩、皆さんお変わり無い様で何よりでした。美濃口〜赤岳山荘間は雪も少なく地面は凍っています。今シーズンは、赤岳山荘からの雪もまだ少なく、かえって歩きにくいかも知れません。これから行かれる方は、チェーンアイゼンが有れば安心です。鉱泉に入り荷物を片付けてから、今シーズン初アイスをアイスキャンディーで楽しみました。昨夜は240名超の泊り客も、24日は30名程でした。鳥鍋と焼き魚の夕飯でした。天気予報通り、夜半から風も強くなり雪も降り出し明け方確認しに外に出ましたが、暴風雪で、数名が出発してゆきましたが、直ぐに帰って来ていました。私達もジョーゴ沢の予定をアイスキャンディーで練習です。午後になると風は強いが雪も止み、晴れ間も見え隠れして来たので、ジョーゴ沢へ出かけてみました。この辺になると多少雪は多くなりますが、サラサラの雪なので、トレースが付いていても踏み抜いてしまいます。まだ歩きにくい状態のアプローチです。F2も凍ってはいますが、階段状でアックスを抜くと水が噴き出してきます。余りいい状態とは言えません。滝上は例のごとく風が強く寒い、F2を懸垂で降りて鉱泉に戻りました。友人ガイドが数名上がって来ていました。泊り客も昨夜よりは少なくなっていました。夕飯は、カツ煮、このメニューは私もまだ2〜3回位しか食べた事が有りません。カツも柔らかくマシソヨでした。
26日、夜中に天候確認をした時は素晴らしい星空でしたが、朝方になると昨日と同じ、雪雲に強風、朝食後仕度を整えて08:30予定通り裏同心沢へ出発。後輩ガイドパーティーが先行、09:20F1取り付き、滑滝は雪の中でF2かF3は出てはいますが全て階段状になっていました。最後のF5を登って終了。大同心稜を下る予定でしたが、暴風雪で状態が悪いので、裏同心沢を下降12:00鉱泉に戻りました。パキングを整えて下山、赤岳山荘で昼食を取り美濃戸口へ戻りました。天候的には余りいい状態とは言えませんでしたが、取り敢えず、目的のアイスクライミングが出来たので良かったです。お疲れ様でした。八ヶ岳の自然の滝もアイスクライミングは可能の様ですが、まだまだ細く、これからの発達が楽しみです。オバチャンキャンディーもかなり凍ては来ていますがまだもう少しの辛抱です。今シーズン初アイスも楽しく過ごす事が出来ました。
後5日で2017年も終わりです。今年もこのブログをご覧頂き誠に有難うございました。2018年もいい情報を掲載して行ければと思いますので、2017同様にご覧いただければ、幸いに思います。
カムサハムニダ。

▼25日午後、垣間見えた大同心と小同心。24日は、岩肌が見えていたのですが、真っ白になりました。
DSCF9778

▼24日午後、アイスキャンディーと横岳西壁。
DSCF9755

▼アイスキャンディーで、今シーズン初アイス。
DSCF9768

▼アイスキャンディーで、今シーズン初アイス。
DSCF9776

▼25日午後、ジョーゴ沢F2。
DSCF9781

▼ジョーゴ沢滝上。
DSCF9787

▼26日、裏同心沢入り口にて。
DSCF9792

▼F3上部。
DSCF9799

▼F5。
DSCF9801

▼25日の夕食。カツ煮。
DSCF9791


ag_n_hirose at 13:26|PermalinkComments(0) アイスクライミング 

2017年12月13日

しばれるねえ〜

12日湯河原幕岩に行って来ました。幕山も冬枯れ、しばれる一日でした。日が出ているとそれ程でも無いのですが、雲隠れすると途端に気温が下がります。風もあり寒い一日でした。そんな中、アリババの岩場で痛い指をこらえながら練習あるのみです。アリス、アラジン、アニー、アン、アリババとvar、遅めの昼食の後、桃源郷のサンセットで、7本のルートをを登り終了しました。皆さん頑張りました。

▼冬枯れの幕山。
DSCF9655

▼右から、アラジン、アニー、アリババ。
DSCF9674

▼アリババvar。
DSCF9671

▼アリババをトップアウト、頑張りました。
DSCF9660

▼サンセット。
DSCF9684


ag_n_hirose at 17:44|PermalinkComments(0) フリークライミング 

2017年12月07日

天気晴朗なれど波高し

5日〜6日で城ヶ崎に行って来ました。5日、09:52伊豆高原駅着、ファミリーエリアに向かうつもりでしたが、知り合いガイドパーティーの講習会がファミリーに向かうとの情報をキャッチ、急遽アカネの浜に向かいました。海岸線の歩道に出ると風が強い、アカネの浜に到着。クライマーの姿は無し、日は出ているが風が強いので体感温度が低く、波が高いので潮風が岩場の方にまで吹き付けて来る。4本のTrを張り代わる代わるで登る。終わる頃に風も多少収まるが、天気晴朗なれど波高しの一日でした。富戸の宿まで移動。
6日、いい天気です。風も無く穏やかな海です。また伊豆高原駅からファミリーエリアに向かいます。今日のファミリーは誰もいません。海から向かって左側の壁に3本、右に1本のTrを張る。一寸してから4人パーティーが来る。私達と2パティーのみのファミリーエリア。昨日とは打って変わって暖かいファミリーです。4ヶ所のロープを代わる代わる登って一寸早めの終了となりました。二日間のクラッククライミングでした。

▼5日アカネの浜、左から、ライトレイン、ツワブキ、イソギク。
DSCF9586

▼ライトレインハング下のトラバース。
DSCF9597

▼ラッキーストーン。
DSCF9600

▼イソギク核心。
DSCF9603

▼6日、ファミリー。
DSCF9624

▼アンクルクラック。
DSCF9618

▼ファザークラック。
DSCF9620

▼ブラザークラック。
DSCF9651

▼サムクラック。
DSCF9632

▼橋立の吊り橋。
DSCF9654


ag_n_hirose at 14:39|PermalinkComments(0) フリークライミング 

2017年12月01日

幕山、城山晩秋

「狩野川の 流れに遊ぶ カルガモの 水面に映る 城山の秋」
28日湯河原幕岩、29日〜30日で伊豆城山南壁に行って来ました。曇りがちの幕岩でしたが、寒さも無く、快適クライミングが出来ました。アリババの岩場で14時過ぎまで登り、遅めの休憩と昼食を食べて終了しました。マゾオケサからアリスまで9本のルートを代わる代わるのクライミングに皆さん頑張って登っていました。
29日晴れ、暑い位の一日でした。9時20分頃、城山登山口到着、駐車場には5〜6台の車が止まっていました。案の定、南壁についてみるとマルチピッチに2パティー、ショートルートに5、6人位が登っていました。私達も支度を整え、南西カンテ取り付きに向かいます。10時20分、南西カンテ登攀開始、暑い位の日差しです。4Pで登攀。終了点11:30。城山山頂を往復し登山道を下山して、南壁に戻りました。昼食後バトルランナーへ、13:10登攀開始、3Pで終了点14:30、懸垂下降2P取り付きに戻る。2本のマルチピッチを登ったのでこれにて終了。
30日曇り、昨日よりは肌寒い、岩場には私たちの他は誰もいません。マルチの予定でしたが、下部シュートルートを登る事にしました。クロワッサン、エキスカーション1P目、とんとん拍子、ブルースカイ、フルハムロード、鎌形ハング下部を登って終了。充実の2日間のクライミングでした。

▼幕山が一番色付いた時かも知れません。
DSCF9458

▼紅葉のアリス。
DSCF9475

▼紅葉のマゾオケサ。
DSCF9477

▼ニューアライ、アリババvar。
DSCF9488

▼29日、南西カンテ2P目BP。
DSCF9497

▼城山山頂。
DSCF9506

▼バトルランナー2P目、釜型ハング直下。
DSCF9511

▼3鎌形ハング上で3P目BP。
DSCF9516

▼30日、南壁ショートルート。
DSCF9531

▼南壁ショートルート。
DSCF9544


ag_n_hirose at 21:56|PermalinkComments(0) マルチピッチクライミング