2018年10月

2018年10月27日

仁寿峰虹の橋

15日〜20日で韓国テドゥンサンリッジクライミング、21日〜25日で北漢山と道峰山のハイキングと観光に行って来ました。リッジクライミングは、最高の天気に恵まれて、快適なクライミングが出来ました。後半のハイキングと観光は、23日の観光で雷雨に遭遇しましたが、他は、韓国の紅葉を満喫しながらの楽しい山歩きが出来ました。
15日、訪韓し車で3時間程のテドゥンサンホテルに入りました。このホテルもメンテナンスが長引いていて、3年待って要約宿泊する事が出来ました。中々綺麗なホテルでした。
16日晴れ、ホテルから歩いて数分でロープウェイに乗れます。9時始発のロープウェイで登り、ハイキング道を20分程歩き、三千年(センチョンニョン)キルリッジの取り付きに着きます。10:00JEONパーティーから出発、今回の皆さんは初めてのルートです。登り、歩き、懸垂下降を行い、12:20登攀終了。ハイキング道に出てテドゥンサン頂上までハイキング。初めての頂上です。ロープウェイに戻りホテルへ帰着。
17日晴れ、始発のロープウェイに乗る。初めてのルートへ向かう。友情(ウジョン)キルリッジ、ロープウェイから一番近い位置にあるルート、取り付きまで10分位。09:40出発、1Pの出だしが一寸難しい、登ったり歩いたりで、途中一寸数手が難しい所もあるが、最終ピッチの約30mのクラックとフェースを登って12:30終了。40mの懸垂下降で安全な所に下りる。ハイキング道に出てロープウェイでホテルに戻りそのままソウルに向かう。
18日晴れ、ホテルからトソンサへ、トソンサから約1.5時間でマンギョンディキルリッジ取り付きへ、10:15出発、上り下り、トラバースを繰り返し12:20、登攀終了。白雲山荘で李さんの奥様にお悔やみを申し上げる。オモニもお元気の様子で安心致しました。
19日晴れ、道峰山での買い物に向かう。買い物後、韓国の山岳雑誌「月刊、山」の取材を受ける。私もお陰様で、今年で訪韓39年が経ちました。来年の40周年を一緒にやりましょうと思っていた矢先の8月3日に白雲山荘の李 永九氏が永眠されました。残念でなりませんが、今までの温情を感謝で一杯です。
21日晴れ、後半のお二人が、航空機の故障で、22日の07:00頃ホテルに到着。大変お疲れ様でした。一寸休んでそのまま北漢山白雲台のハイキングに出発。地下鉄で牛耳洞へ、お寺のバスでトソンサへ到着。秋真っただ中の登山道を歩く。白雲山荘でお昼を頂く、息子のペギニーも私に会いに来ていてくれて再会を分かち合う。白雲台に上り、オモニと別れてホテルに帰着。
23日曇り一時雷雨、ガイドのユーさんと待ち合わせ市内観光と買い物に出掛ける。地下鉄と歩きで、色々な所を見て、食べて、買ってで一日を過ごす。途中雷雨と遭遇、こんな雷雨は初めてかも知れません。
24日晴れ、地下鉄で道峰山へ、左側のコースから3時間で神仙峰(シンセンボン)頂上へ、そこから2時間で出発点に帰着。階段のアップダウンが非常に多いコースでした。
25日、予定通りのフライトで羽田に到着。皆さんお疲れ様でした。

▲テドゥンサンの絵地図。岩場は沢山あります。アプローチが近いしいい所です。
DSCF0408

▲16日、三千年リッジ取り付き。
DSCF0412

▲三千年リッジ。
DSCF0425

▲17日、友情リッジ取り付き。
DSCF0454

▲友情リッジ。
DSCF0467

▲友情リッジ最終ピッチ。
DSCF0476

▲秋のテドゥンサン。
DSCF0486

▲18日、北漢山萬景台リッジ取り付き。
DSCF0505

▲マンギョンディリッジ。
DSCF0518

▲マンギョンディリッジ。
DSCF0537

▲終了点からのインスボン「虹の架け橋」初めての光景です。
DSCF0548

▲深紅のインスボン。
DSCF0554

▲22日、紅葉トンネル。
DSCF0573

▲白雲台。後ろはインスボン。
DSCF0581

▲オモニも元気です。息子のペギニーも元気で、安心しました。
DSCF0584

▲23日、市内観光、ユーさんと一緒に、バックは青瓦台と三角山。
DSCF0598

▲仙人峰の紅葉。
DSCF0613

▲道峰山、神仙峰ピークで今回の旅も締めくくりとなりました。
DSCF0617




ag_n_hirose at 09:51|PermalinkComments(0) マルチピッチクライミング 

2018年10月11日

阿寺

一寸怪しげな天気の昨日、久し振りの阿寺の岩場に行って来ました。雨が降ったのか、沢の水も多く、下場もぬかるみ状態でした。先ずは、右側のルートから始め、左側に移動します。前回一寸苦戦したルートも今回はクリア、8本のルートを登って終了。時々日が差しましたが、どんより曇り空、でもクライミングには快適な一日でした。

▼右側の一寸易しめなルートでUP。
DSCF0379

▼小ハング越え。
DSCF0384

▼真ん中辺りのルート、ちょっと細かめ。
DSCF0386

▼一番左側の2〜3手が核心。
DSCF0390

▼左側は、阿寺では高難度ルートの1本。
DSCF0399


ag_n_hirose at 09:09|PermalinkComments(0) フリークライミング 

2018年10月05日

今期2回目の小川山

NG、NG、NG続きの小川山でしたが、ここに来てやっとこさ3日〜4日で行く事が出来ました。秋雨前線の影響で安定した天気が長続きしない毎日でしたが、行ってみなくては分からんけーの〜・・で、3日前に金峰山荘に予約を入れ、青森出身の有名歌手??で出掛けました。・・と出掛けた所、小淵沢駅到着少し前に車内アナウンスが、ゲゲ、線路の異常で小海線が全面運休してしまいました。え〜、小淵沢解散か〜、取り敢えず駅員から情報を貰いましたが、いかにせんし難い状況です。兎に角何とか打開策を立てねばで、車で来る予定の方に連絡を入れて小淵沢でピックアップして頂ける事と成りましたが、乗り切れないので、タクシーで行く事にして、まあ〜何とか金峰山荘までは、いつもよりは30分遅れ位で到着する事が出来ました。\(^o^)/\(^o^)/です。今まで雨で中止中止の連続が、やっと行く事が出来ると勇んで出掛けてみるとこの始末・・と思いきや、天は我々を見捨てませんでした。皆様の平素の行いが良いんですね。
久々の廻り目平、まだ紅葉には2週間ほど早いように思えます。準備を整えマガスラブへ、24号台風の影響もあったようで、木々の枝等があちらこちらにかなり散乱していました。誰もいないマガスラブへ到着。可愛い女、var、オーエン、高い窓、デロリンマン、穴があったら出たい、var。にTrを張り代わる代わる登る。4時過ぎ終了。
4日曇り、いつ頃降りだしてくるか、予報では午後からが雨、予定を変更して近場の水晶スラブへ、越境者、アバタモエクボ、フィンガークラック、やじろべえ、ノイズにTrを張り昨日同様代わる代わる登る。ちょっと登り始めた頃に雨、早いな・・と思ったところ何となく空が高いので我慢でクライミングを続ける。登っているうちに止んだのでそのまま続行。皆さん取り敢えず全ルートを登ったのでダンボ岩へ移動、何とか持っていてくれる空にカㇺサハㇺニダです。皆さん全部上り終えたところで終了。山荘に帰って少し経ったところで雨が降り出しました。イヤァ〜危ない所でした。荷物を整えて早めに帰りました。お疲れ様でした。

▼マガスラブ。
DSCF0332

▼マガスラブ。
DSCF0339

▼水晶スラブ。
DSCF0367

▼水晶スラブ。
DSCF0372

▼水晶スラブ。
DSCF0353

▼水晶スラブ。
DSCF0370

▼水晶スラブ。
DSCF0354

▼ダンボ岩。
DSCF0374


ag_n_hirose at 14:11|PermalinkComments(0) フリークライミング