2018年11月

2018年11月23日

一年ぶりの城ヶ崎

一年ぶりの城ヶ崎に行って来ました。20日は奥武蔵の阿寺を登りました。私はそこから約160劼魄榮阿靴毒海で一泊でした。21日、熱海発伊豆急下田行き電車で富戸へ、いい天気で暑い位です。フナムシエリアに到着。誰もいない岩場、岬の突端に釣り人が2〜3人、釣った魚を狙ってか、鳶が2〜3羽クルリと輪を書いていました。本日の目的は、メルトダウン、フッラッシュダンスを綺麗に登れることです。先ずは、樹氷、純、鬼殺し、パープルシャドーを繰り返し登ってUPです。
午後は先ずメルトダウンから始めます。前回は途中のムーブが中々出来ずに悔し涙で枕を濡らしましたが、久々だと言うのに今回は皆さん一発でクリア、いやぁ〜見事です。次は問題のお花ちゃん、フラッシュダンス、垂直部クラックで出口のジャムが中々決まらずいい形が出来ません。何回かトライするも、取り敢えずはトップアウトをしてもらってルート全体を把握してもらいました。次回ですね。後はネッシーを登って終了。温泉付きの民宿でくつろぎます。
22日、どんより空、夜半に降ったみたいでまだ道路が濡れています。予報も良くありませんが、近いフナムシエリアへ向かいます。昨日の復讐で、先ずはパープルシャドーを試みるが昨日同様中々いい形が出来ません。時たまパラパラ雨かしぶきか分かりませんが、顔に当たって来たので、ネッシーを登って終了。休憩中に雨足もはっきりしてきたのでジエンドと成りました。次の城ヶ崎に繋ぎたいですね。

▼20日、阿寺。
DSCF0788

▼このハング越えも2手位が中々です。
DSCF0791

▼一寸クライミングから離れていましたが、徐々に回復ですね。
DSCF0806

▼21日、フナムシ、鬼殺し。
DSCF0821

▼パープルシャドー。
DSCF0826

▼メルトダウン。
DSCF0830

▼中々クリア出来ないフラッシュダンス。
DSCF0834

▼ネッシー。
DSCF0838


ag_n_hirose at 09:58|PermalinkComments(0) フリークライミング 

2018年11月17日

関西の岩場へ行って来ましたん

13日〜16日で、初めての関西の岩場へ行って来ましたん。えろ〜いい天気に恵まれはって、楽しいクライミングが出来ましたねん。宿泊は、地下鉄南森町から数分の東横インに3日間のステーでした。
14日は、大阪の友人と道場駅で待ち合わせて烏帽子岩へむかいました。25分位で到着。高さも有り、横幅も大きく、それと下場が安定していて明るい岩場でした。日が陰ったりしていましたが、今の時期は寒さも無く快適に7本のルートを登って終了。帰りがてらに直ぐ対面に有る駒形岩を観察して道場駅に戻りました。そのまま梅田の居酒屋で友人達と宴会に突入、久し振りに会う友人と楽しい一時を過ごす事が出来ました。有難うございました。
15日晴れ、ホテルを8時に出発、JR東西線、大阪天満宮駅から尼崎で快速明石行きに乗って六甲道下車、バスで六甲山ケーブル下駅へ、ケーブルカーで上駅に到着。堡塁岩へ向かうが、私も42年振り位で一寸迷いながらも堡塁岩中央稜下部へ到着。南面、サルカニフェースを登り終了。ルートが長いので5本位登って終了。やはり標高が有るので風が有れば肌寒い堡塁岩でした。ホテルに戻り、日本一長いと言われている天神橋筋商店街で焼き肉パーティーで打ち上げ、楽しく過ごせた関西の岩場、皆さんお疲れ様でした。初めての岩場がいい岩場だったので、又の機会を楽しみにして下さい。
帰りに京都の国立博物館で開催している国宝刀剣展「京のかたな」を見てきました。予想はしていましたが、思った以上に人人人、それも若い女の子の多さに、びっくり、展示場に入るまで小一時間掛かって要約入れましたが、中も混雑混雑で真面に見る事が出来ませんでしたが、何とか目的の国宝「三日月宗近」他は見る事が出来ましたので、良しとしましょう。

▼14日、烏帽子岩、3ルートを登っています。
DSCF0728

▼烏帽子岩。
DSCF0736

▼烏帽子岩。
DSCF0742

▼烏帽子岩。
DSCF0743

▼15日、六甲山ケーブル上の駅からの神戸港?。
DSCF0751

▼堡塁岩、中央稜南面。
DSCF0760

▼中央稜南面。
DSCF0769

▼中央稜南面。
DSCF0774

▼中央稜南面、ハンドよりちょっと大きめのクラックを登る。
DSCF0779

▼サルカニフェース。
DSCF0778


ag_n_hirose at 11:14|PermalinkComments(0) フリークライミング 

2018年11月11日

秩父の秋

10日、心配された前夜の雨も何の影響もなく、旧会員のご夫妻と一緒に、1年2ヶ月振りの二子山中央稜のクライミングを楽しんで来ました。秩父の秋、真っただ中、土曜日なので、心配はしていましたが、駐車スペースに着いてみると、な・な・何と10台位の車が所狭しと駐車しているではないか、後れを取ったかぁ〜、車を止めて支度を整え出発、祠エリアに着くと向こうで手を挙げる人が??、近付くと昔一緒にビルにぶら下がっていた時代の後輩でした。何年ぶりだろうか、元気で登っている様子で安堵しました。聞くと、中央稜の方に向かった人は居ないとの事で、安心しました。ラッキー、誰もいない中央稜取り付きに到着。支度を整え10:00チュルバイ(出発)。6Pを登り11:45ワンリョウ(終了)。登攀用具を収め駐車場へ帰着。後からも誰も登って来る事も無く、一寸暑めでしたが、秩父の秋を満喫しながら、快適なクライミングを楽しみました。


▼チュルバイ。
DSCF0700

▼2P目。
DSCF0703

▼3P目。
DSCF0706

▼最終P。
DSCF0715

▼食べたかった「しのうち」さんの天麩羅セイロ。マシソヨ〜。
DSCF0720




ag_n_hirose at 09:54|PermalinkComments(0) マルチピッチクライミング 

2018年11月03日

小川山錦秋

11月に入りました。東京は秋色に染まりつつ有ります。1日、2日で、今シーズン最後の小川山に行って来ました。しかし、長い間、小川山に通っていますが、今シーズンほど雨にたたられた年は記憶に有りません。3回目の小川山が、最後になってしまいました。両日とも良い天気に恵まれて、快適なクライミングを楽しんで参りました。
1日、10時頃金峰山荘到着、支度をして出掛けます。この時期の廻り目平は、午後からは右岸の岩場が日が当たって来ますので、久々に父岩に向かいます。まだ日の当たっている部分が上の方なので、先ずは、弟岩東面、春の雨上がりとジョイフルジャムを久々に登りました。皆さん初めてなので、繰り返し登って終了。父岩も日が当たり出したので、父岩に転進、まだ岩も冷たい中、小川山ストーリー・ストリート、クはクライマーのクの3本を登って終了。日が陰りだすと、とたんに寒さもやってきます。
2日快晴、午前中は左岸に日が差します。遅めの出発で、ソラマメスラブ下部に向かいます。三食すみれ、甘食、スラブの逆襲を納得の行けるまで練習、この後、水晶スラブに転進、ノイズ、ヤジロベー、アバタもエクボ、を登りました。特に、ノイズを繰り返し練習で来年に繋げます。山荘に戻り支度を整え帰路に着きました。2日間でしたが、有意義な楽しいクライミングが出来ました。

▲晩秋の屋根岩2峰。
DSCF0659

▲弟岩、ジョイフルジャム。
DSCF0631

▲弟岩、春の雨上がり。
DSCF0636

▲父岩、クは、クライマーのクと小川山ストーリー。
DSCF0647

▲ソラマメスラブ下部、三食すみれ、スラブの逆襲。
DSCF0666

▲甘食。
DSCF0670

▲水晶スラブ、ノイズ。
DSCF0673

▲アバタもエクボ。
DSCF0675

▲クライミングレタスケ。可愛いキャラクターです。
DSCF0696


ag_n_hirose at 13:55|PermalinkComments(0) フリークライミング