2019年03月

2019年03月29日

今シーズン、ラストアイス

27日〜28日で、今シーズンの最後となるアイスクライミングに行って来ました。場所は、夏沢鉱泉。27日、いい天気でした。鉱泉で早目の昼食を済ませG4へ向かいます。2月よりは雪も増えアプローチも歩きやすくなっていました。氷は硬いのですが発達した様子もなく結構穴だらけになっていました。ちょっと遅くまで楽しみました。
28日、天気予報通りで、外は吹雪、朝食を済ませ待機、時間がたつにつれ雪も止み風も収まったのでいつもよりは一寸遅めに出発。G2へ向かう。G4と同じくアプローチは取り易いので何となく近さを感じます。こちらも2月の時よりは状態が悪くなっていました。しかし、氷は硬いので登るのに問題は有りません。短い時間で集中的に登り、今シーズン最後のアイスクライミングの用具収めでした。夏沢鉱泉アイスはまだまだ登れますよ。今シーズンのアイスクライミングにご参加頂いた皆様、有難うございました。又、来シーズンご一緒出来ます事をお祈り致しております。

▼G4
DSCF1160

▼G4
DSCF1163

▼G4
DSCF1166

▼G2
DSCF1171

▼G2
DSCF1174


ag_n_hirose at 21:43|PermalinkComments(0) アイスクライミング 

2019年03月11日

百樹会

1969年3月11日、海上自衛隊、横須賀教育隊100期練習員101分隊として、入隊式に臨んでいました。高校を卒業したばかりの若干18歳、右も左も分からない生活が始まりました。4ヶ月半の教育を受け、皆、それぞれの道に進んで行きました。
あれから50年、綾小路きみまろでは有りませんが、18歳の幼顔が68歳のおじん顔に変貌してはいますが、どこか当時の面影が残っているものです。途中満期で辞めた者、定年まで勤め上げた者、皆さんそれなりの人生を歩んで来ていました。残念ながら病魔に伏した者も数人おります。55年、60年と行って行けるかは不明ですが、これからも元気で過ごして頂きたいと思うばかりです。
「スマートで、目先が効いて几帳面、負けじ魂これぞ船乗り」この精神で頑張りましょう。

▼当時の班長も招待して百樹会が始まりました。
DSCF1132

▼班長の挨拶。
DSCF1133

▼101分隊、第4班員。101分隊は、1班〜6班迄有りました。総員90名位は居ました。
DSCF1138

▼横須賀軍港巡りで見る事が出来たアメリカ第7艦隊のイージス艦と空母ロナルドレーガン。
DSCF1144


ag_n_hirose at 18:36|PermalinkComments(0)