2019年05月

2019年05月31日

小川山涸沢岩峰群2峰正面壁広瀬ダイレクト

小川山涸沢岩峰群2峰正面壁オリジナルルートとダイレクトルート(広瀬ダイレクト)開拓からこの秋で40年の歳月が経ちます。28日〜29日で、広瀬ダイレクトと他のルートを登って来ました。
28日曇り、いつ降り出すか分からない様な空模様、廻り目平ゲート少し前辺りからフロントガラスにポツリポツリ、ゲートに着いた時にはポツリポツリがボタボタと当たり始めたのでゲートの所でUターン。岩根山荘に向かいました。取り敢えず岩根山荘のオンサイト(駐車場壁)で様子を見ていましたが、時々強く降ったり止んだりだったので岩場には行かずにオンサイトで夕方まで遊んでいました。
29日曇り、予報に反して曇天、悪くなる予報では無いので遅めに出発、涸沢岩峰群に向かう。林道のシャクナゲも咲き誇っている。フェニックスの大岩から涸沢に入り河原歩きが続く、2回目の変進点を過ぎると大きくなったシャクナゲのトンネル、ここはまだ何輪も咲いていない、下とはかなり違うものだ。取り付きに着いた頃には空も明るさを増して来た登攀準備を整え、10:50スタート。スラブを登り1PのBP、クラックを登って2PをカムでのBP、短いがハングのクラックを登って3P目をカムビレー。そこからはスラブ気味の乗越を2ヶ所越えて立ち木と岩で4P目のBP。最終ピッチ、被り気味の右上しているハンドクラックを登って残置してあるスリングで5P目のBPで12:50終了。2時間頑張って頂きました。懸垂3回で取り付き地点へ戻り2峰を後にしました。
30日晴れ、ドピーカン。放射冷却の影響で朝方は冷え冷えでした。後続の人も交えて兄岩へ向かう。もみじとマガジンを登って2階のおばさん岩へ、私がおばさんになっても、母子草、子供をなめんなよの3本を登って終了。3日間お疲れ様でした。又広瀬ダイレクトを40年目にも登れて嬉しい限りです。皆さんのお陰ですね。カムサハムニダ。

▼涸沢岩峰群2峰。40年前と変わっていません。
DSCF1431

▼途中で咲いていた石楠花、クリスマスツリーの様です。
DSCF1427

▼広瀬ダイレクト取り付き。
DSCF1432

▼スラブを登ります。
DSCF1436

▼2P目のBP。
DSCF1437

▼3P目のハングを抜けた所です。
DSCF1441

▼5P目、最終ピッチのクラックへ取り付きました。
DSCF1449

▼広瀬ダイレクト終了点。\(^o^)/ヽ(^。^)ノ
DSCF1455

▼30日、兄岩マガジン。
DSCF1478

▼2階のおばさん岩、私がオバサンになっても。
DSCF1482

▼子供をなめんなよ。
DSCF1485

▼母子草。
DSCF1487


ag_n_hirose at 11:16|PermalinkComments(0) マルチピッチクライミング 

2019年05月26日

訪韓40周年仁寿峰

20日〜25日で、3年振りとなる仁寿峰と道峰山他のリッジクライミングに行って来ました。いい天気に恵まれてソウルも暑い位の日が続く中、快適な3日間のクライミングでした。クライミングの他には、買い物あり、観光有り、食ありで、大笑いの毎日で、楽しい6日間を過ごしました。
21日晴れ、初めて行ってみるリッジクライミングでした。ソウル近郊で、冬のアイスクライミングで行くカレビへ行く途中にあるクロコダイルロックという場所で、そこのリッジクライミングでした。ルートは色々ととれるようです。登って歩いて登って降りての繰り返しで全7ピッチを登りました。5.9〜10.bで、短いルートばかりですが各ピッチ一寸考えながら登る個所が随所に有りました。眼下に街並みを望みながらの快適なクライミングでした。
22日晴れ、今年は訪韓40周年になります。2年半振りの仁寿峰、先ず白雲山荘に行きオモニに挨拶をしてからインスボンへ向かう。私のパーティーは、40年前にも登ったインスBルートへ、JEONのパーティーは、シュイナードBルートへ、11:00大スラブ下部からスタート、大スラブを3P登りインスBのスタートポイントのテラスへ、3人の韓国パーティーが登っている。3人目が終わるのを待ってスタート、BPへ、韓国パーティーはアミドンルートへ取り付いたので助かりました。インスB2P目のコーナークラックを登る。何回も登っているが、いつ登っても楽しいクラックだ。3P目、4P目を登って登攀終了。13:40、終了点から易しい岩場を登り、最後にタヌキの腹を登ってインスボン頂上。今回は2人が初めてのインスボン頂上\(^o^)/でした。JEONパーティーを待って2Pの懸垂下降でコルへ降り白雲山荘へ戻る。オモニと別れ下りました。オモニも元気な様子なので、一安心です。
23日晴れ、朝から暑い、道峰山のナンマンキルリッジへ向かう。道峰山登山口から約1時間半、ナンマンキルリッジ取り付で登攀準備をして11:15JEONパーティーからスタート、14:15登攀終了。2Pの懸垂下降で登山道へ、1時間位を下り登山口へ戻る。
長いアプローチと長いリッジクライミングと長いデプローチの道峰山でした。
24日晴れ、ウイドンの反対側の街へ買い物と自然食を食べに行きました。夜はいつも会うユーさんと仁寺洞の精進料理のお店へ行き、こちらでも自然食を堪能して来ました。マシソヨでした。
25日晴れ、本当に良く晴れが続いてくれました。午後の便で帰国。トランプ大統領が訪日した直後の便だったので、到着予定より20分位遅れて羽田に到着しました。
楽しメンバーでの6日間でした。皆さんカムサハムニダ。

▼21日、クロコダイルロックリッジ、この写真の右から左の一番高い所まで登ります。
DSCF1334

▼スタートポイント、まだ余裕の二人に何が?。
DSCF1303

▼3P目位の一寸いやらしいスラブ。
DSCF1324

▼此処の岩峰群の頂上。名前は聞いたけど??。
DSCF1329

▼22日、40年見た目は変わらずの仁寿峰、岩場は新しいルートも増え、新しいハンガーボルトに打ち換えられて安全面が向上されました。これからも変わらないインスボンでしょう。
DSCF1337

▼今までと変わらないいつもの場所で、白雲の魂。
DSCF1341

▼大スラブ1P目、35mノーピンは40年前と変わりません。これからも変わらないでしょう。
DSCF1345

▼シュイナードBのJEONパーティー。先行パーティーが居るようで、待機中です。
DSCF1348

▼インスB2P目のコーナークラック、20m位の快適なクラックです。
DSCF1353

▼40年で何回この頂上に立った事でしょうか、いつ来てもいい所です。
DSCF1366

▼元気そうなオモニに会えて良かったです。これからも元気でお会いしたいものです。
DSCF1370

▼23日、道峰山。
DSCF1375

▼ナンマンキルリッジ1P目。
DSCF1381

▼ナンマンキルリッジの核心ピッチ。
DSCF1396

▼最終ピッチ。快適クライミングでした。
DSCF1411

▼登山口戻りました。取り敢えずえ〜(*_*;。
DSCF1421



ag_n_hirose at 18:16|PermalinkComments(0) マルチピッチクライミング 

2019年05月10日

冬枯れ模様

10連休のGWも終わり、平静さを取り戻した小川山に、7〜9で今シーズン初めて行って来ました。山荘の人に聞くと、今シーズンの廻り目平は例年にも増して混雑が激しかったようです。7日曇り、山荘到着後どえりゃ〜久々の小川山レイバックへ向かいました。しかし、寒い・・、手が冷たくかじかんでしまいクラックへジャミングしても効いてる感じがしません。Trを張って2階づつ登って小指岩の五月の雪を登って終了。寒さと指の痛さに耐えて頑張りました。
8日晴れ、昨日とは打って変りドピーカン、寒さも和らぎました。後発の方が後から来るので分かりやすいオムスビ山スラブへ向かいます。ここから見える金峰山にはまだ雪が残っています。風も冷たさを感じないので快適クライミングです。メイストーム、無名ルート、リメンブランス、ラベンダー、ジェイコブズラダー、ほんにゃらごっこの6本を代わる代わる登る。終わるまで日差しが有り、快適なクライミングが出来ました。
9日曇り時々晴れ、又寒さが戻ってしまいました。7日程では無いにしろ風も有り肌寒む、左岸スラブへ向かいます。ビスタ辺りに行こうとトムと一緒にの河原に陣取る。トムと一緒に、ビスタには先客が居たので空いているB&WとジャーマンスープレックにTrを張る。寒し、皆さん代わる代わる登り、トムと一緒にに移動。Vrと両方を登って終了。快適なクライミングは一日で、二日間は寒さに耐えるクライミングでした。

▼8日の屋根岩方面。紺碧の空に桜が冴えます。
DSCF1252

▼7日、久々の小川山レイバック。いつ登っても素晴らしいクラックですね。
DSCF1243

▼7日、小指岩、五月の雪。
DSCF1248

▼8日、オムスビ山スラブから金峰山方面。
DSCF1257

▼ほんにゃらごっこ。
DSCF1264

▼ジェイコブズラダー。
DSCF1266

▼ラベンダー。
DSCF1268

▼メイストーム。
DSCF1273

▼9日、B&Wとジャーマンスープレック。
DSCF1285

▼トムと一緒にとVr。
DSCF1292


ag_n_hirose at 16:16|PermalinkComments(0) フリークライミング 

2019年05月04日

令和元年、皇紀2679年、西暦2019年

5月1日、平成から新元号「令和」と変わりました。昭和に生まれ昭和で青春を過ごし、そして家族を守り、平成で山に学び、令和で山に遊ぶ。
2日、柴崎ロックへ行って来ました。二日間続いた雨の後だったので、登り始めた頃はまだ濡れていた個所も多く、騙しだまし登っていましたが、時間が経つにつれて乾き岩の状態も良くなって来ました。8本位のルートを代わる代わる登って終了。帰路途中の羊山公園辺りの渋滞が酷く、そこを抜けるのにかなり時間を費やしましたが、羊山公園を抜けると渋滞も緩和され順調に走る事が出来ました。まぁ〜この時期、何処の観光地もメジャーな所は混雑必死でしょう。GWも後三日、皆さん楽しくお過ごし下さい。

▼濡れていて状態が悪い。
DSCF1219

▼乾きの個所が多いルートから登る。
DSCF1221

▼皆さん頑張ってます。
DSCF1225

▼段々状態も良くなって来ました。
DSCF1230


ag_n_hirose at 08:32|PermalinkComments(0) フリークライミング