2014年12月24日

氷、雪、八つ

G・レビュファーの著作本、氷、雪、岩を文字ってみました。題して、氷、雪、八つ、20日〜23日で八ヶ岳に行って来ました。晴れの入山でしたが、久し振りの重荷を耐えての入山でした。皆さんも今シーズン初の冬山、一人はテント装備、初めての本格的な冬山をテント泊で過ごしてもらいました。20日、一寸遅めに赤岳鉱泉着、風、そして雪も降り出したのでアイスキャンディーでの練習は中止、2シーズン振りのの冬の赤岳鉱泉、知り合いガイドが沢山来ているので、談笑時間となってしまいました。夕食はステーキでした。
21日晴れ、06:00外気温ー10℃。本日の目的は赤岳南峰リッジ、鉱泉から、テントから次々とパーティーが各々の目的地に向かって出発して行く中を我々も07:10鉱泉出発。この時期としたら珍しく真っ白な八ヶ岳を眺めながらラッセルされた雪道を行者小屋に向けて歩きます。行者小屋にて最終準備を整えて文三郎から赤岳に向かいます。森林限界を過ぎた辺りでロープを付け又黙々と歩く。風も強く、寒い、階段を過ぎた辺りで一人の体調が悪くなってしまい、残念ながらそれ以上の登行を断念、そこからゆっくりと下山してもらう。私は二人を連れて南峰リッジ取り付きへ、09:50出発。良く締まった岩と雪のミックスをひたすら登る。最後に大岩の凹角を登ってクラストした雪面を登りきると赤岳山頂の祠の裏に飛び出します。10:50頂上、誰もいない頂上でしばしの写真タイム。北アルプスは雲が多く噴煙を出す御嶽山を見る事が出来ませんでした。風が強いので早々に展望莊に向かって下山。展望荘でコーヒーをご馳走になりがら大休止。温まった所で地蔵尾根を下山し、赤岳鉱泉到着12:50、二人の下山を見送った後アイスキャンディーと思っていたが、又も風と雪が強くなりキャンディーは中止、のんびり時間を過ごす。
22日曇り雪、裏同心沢かジョーゴ沢と思っていたがアイスキャンディーに変更。9時過ぎ頃からキャンディーへ、人生初アイスクライミングを体験。Trを張った所が、垂直で氷の状態も悪かったが初アイスでもう少しで完登出来るとこまで登り惜しくもテンションが掛かってしまったが、初アイスクライミング好発進でした。時間が経つと段々とキャンディーへ来るお客様が増え、知り合いばかりなのでロープの借り貸しをしながら腕が利かなくなるまで練習でした。夕食は煮カツ、私は初めての煮カツでしたが美味しかったです。
23日曇り後晴れ、早朝は余り芳しく無い天気でしたが、取り敢えずガイドの皆さん方は各々へ散って行きました。私達も昨日駄目だったジョーゴ沢と考えたのですが、練習にはキャンディーが良いかなとの事で、昨日とは一寸異なった場所へTrをセットし兎に角、アックスとアイゼンの打ち込み練習に終始。昼過ぎ頃まで登り込み4日間の八ヶ岳も終了となりました。途中入山の時に見えなかった大同心大滝を見ながら快晴の中を雪の八ヶ岳をバックに下山、赤岳山荘で昼食を済ませ美濃戸口へ。月曜日に遭難事故が発生、知り合いの救助隊メンバーが救助に向かうが一人が死亡、一人は救助隊に連れられて自力下山。鉱泉で宿泊して、そんな所は危ないので行かい方がいいんではないかと注意を受けた二人でしたが、残念な結果となってしまいました。お二人とも70歳前後くらいでした。今シーズンの初アイスとリッジクライミング、天気にも恵まれて良い山行でした。今日はクリスマスイブですね。世のお父さんたちは愛する家族へのプレゼントで、きっと苦しみますイブ(クリシミマスイブ)となってしまう事でしょう。でも愛する家族とともにクリスマスイブをお楽しみください。
▼20日、オバチャンキャンディー(八ヶ岳山荘前人工アイスゲレンデ)。
PC200001

▼21日クラーク博士風、赤岳登頂を目指す。
PC210008

▼文三郎、残念ながらこの後、二人で下山となってしまいました。
PC210016

▼文三郎道から見た横岳西壁方面と硫黄岳。真っ白な八ヶ岳です。
PC210017

▼赤岳南峰リッジ(赤線は、登攀ルート)
PC210018

▼岩交じりの雪稜登攀。風が強く寒い所です。左下が文三郎のトラバース。
PC210024

▼ドピーカン、誰もいない赤岳頂上。\(^o^)/\(^o^)/
PC210030

▼人生初のアイスクライミング。初めてにしては良く頑張って登りました。
PC220037

▼一寸したハング越で、今シーズン初アイスを楽しみます。
PC220055

▼今シーズンは入荷しました。待っていたペツルのNewアイススクリュー、何と言っても軽い、そして、氷への最初の食い込みが素晴らしくいいです。一寸お高いですが、結構人気商品となることでしょう。
PC220039

▼23日のアイスキャンディー、大同心をバックに一寸難し目を登る。
PC230066

▼いつもの定点観測位置の横岳西壁と大同心大滝、まだまだ大きくなります。
PC230074





ag_n_hirose at 14:46│Comments(0)TrackBack(0) 山岳ガイド 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔