2016年08月27日

晩夏の廻り目平

「廻り目の 夏行く空に トンボ舞う」 3日間の予定を2日間にして、24日〜25日で小川山に行って来ました。何とか2日間降られずに登る事が出来てラッキーでした。24日曇り、今にも泣き出しそうな暗雲がはびこる中、いつ降って来てもいいように左岸スラブへ向かいました。地面はまだかなり濡れているが、スラブ自体は乾いているように見えたのですが、中途半端な湿り具合で、もう少し濡れ方がひどかったらあきらめもついたのですが、中途半端な湿り具合の中ジャーマンに取り付くも、下部からにして苔苔スラブを登り、下部核心もシビア、上部核心もシビア、やっとこさTrを掛け、B&W、ジャーマン、トムと一緒にを代わる代わるで登り、山荘に帰ったのが6時一寸前でした。皆さん頑張って貰いました。食事後は、いつもながらの楽しい宴会へと突入です。
25日、思ったほどの良い天気でも有りません。一人待ち合わせをしてソラマメスラブへ、やはり平日はいいですね。貸し切りのソラマメ下部岩壁に3本のTrを張り、経験者から登ってもらいました。ひと通り済んだ所で、スラブの逆襲を体験、それから下部岩壁の更に右側のマイルドタジヤンとワイルドタジヤンにTrを張ったはいいのですが、ワイルドの取り付きが湿り具合と苔苔苔で絶悪状態、ワイルドタジヤンが、ワルイドタジヤンになってしまいました。座布団5枚ですね。何とか登れた2日間、壁の状態は良い物では有りませんでしたが、何時も良いわけでは有りませんので、良い経験ですね。お疲れサマーでした。
▼25日、お殿様岩方面を背景に、大日広場で、青空が見えて来ました。乙女の祈りが通じたようです。
DSCF4675

▼24日、左岸スラブ、B&W核心の左足。
DSCF4649

▼ジャーマンスープレックス、下部の核心、右足のハイステップ。いい姿勢です。
DSCF4653

▼トムと一緒に。
DSCF4666

▼トムと一緒にvar。
DSCF4669

▼25日、ソラマメスラブ下部。生木と三色。
DSCF4686

▼甘食。
DSCF4687

▼生木、三色、逆襲。
DSCF4699

▼マイルドタジヤンは、少しビターかな。
DSCF4708

▼ワイルドタジヤンは、「ワルイドタジヤン」でした。
DSCF4712

▼ミヤマモジズリもひっそりと咲いています。
DSCF4640

▼山荘前にあるアララギも真っ赤な実をつけています。
DSCF4674


ag_n_hirose at 09:06│Comments(0)TrackBack(0) フリークライミング 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔