2019年05月10日

冬枯れ模様

10連休のGWも終わり、平静さを取り戻した小川山に、7〜9で今シーズン初めて行って来ました。山荘の人に聞くと、今シーズンの廻り目平は例年にも増して混雑が激しかったようです。7日曇り、山荘到着後どえりゃ〜久々の小川山レイバックへ向かいました。しかし、寒い・・、手が冷たくかじかんでしまいクラックへジャミングしても効いてる感じがしません。Trを張って2階づつ登って小指岩の五月の雪を登って終了。寒さと指の痛さに耐えて頑張りました。
8日晴れ、昨日とは打って変りドピーカン、寒さも和らぎました。後発の方が後から来るので分かりやすいオムスビ山スラブへ向かいます。ここから見える金峰山にはまだ雪が残っています。風も冷たさを感じないので快適クライミングです。メイストーム、無名ルート、リメンブランス、ラベンダー、ジェイコブズラダー、ほんにゃらごっこの6本を代わる代わる登る。終わるまで日差しが有り、快適なクライミングが出来ました。
9日曇り時々晴れ、又寒さが戻ってしまいました。7日程では無いにしろ風も有り肌寒む、左岸スラブへ向かいます。ビスタ辺りに行こうとトムと一緒にの河原に陣取る。トムと一緒に、ビスタには先客が居たので空いているB&WとジャーマンスープレックにTrを張る。寒し、皆さん代わる代わる登り、トムと一緒にに移動。Vrと両方を登って終了。快適なクライミングは一日で、二日間は寒さに耐えるクライミングでした。

▼8日の屋根岩方面。紺碧の空に桜が冴えます。
DSCF1252

▼7日、久々の小川山レイバック。いつ登っても素晴らしいクラックですね。
DSCF1243

▼7日、小指岩、五月の雪。
DSCF1248

▼8日、オムスビ山スラブから金峰山方面。
DSCF1257

▼ほんにゃらごっこ。
DSCF1264

▼ジェイコブズラダー。
DSCF1266

▼ラベンダー。
DSCF1268

▼メイストーム。
DSCF1273

▼9日、B&Wとジャーマンスープレック。
DSCF1285

▼トムと一緒にとVr。
DSCF1292


ag_n_hirose at 16:16│Comments(0) フリークライミング 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔