2019年05月31日

小川山涸沢岩峰群2峰正面壁広瀬ダイレクト

小川山涸沢岩峰群2峰正面壁オリジナルルートとダイレクトルート(広瀬ダイレクト)開拓からこの秋で40年の歳月が経ちます。28日〜29日で、広瀬ダイレクトと他のルートを登って来ました。
28日曇り、いつ降り出すか分からない様な空模様、廻り目平ゲート少し前辺りからフロントガラスにポツリポツリ、ゲートに着いた時にはポツリポツリがボタボタと当たり始めたのでゲートの所でUターン。岩根山荘に向かいました。取り敢えず岩根山荘のオンサイト(駐車場壁)で様子を見ていましたが、時々強く降ったり止んだりだったので岩場には行かずにオンサイトで夕方まで遊んでいました。
29日曇り、予報に反して曇天、悪くなる予報では無いので遅めに出発、涸沢岩峰群に向かう。林道のシャクナゲも咲き誇っている。フェニックスの大岩から涸沢に入り河原歩きが続く、2回目の変進点を過ぎると大きくなったシャクナゲのトンネル、ここはまだ何輪も咲いていない、下とはかなり違うものだ。取り付きに着いた頃には空も明るさを増して来た登攀準備を整え、10:50スタート。スラブを登り1PのBP、クラックを登って2PをカムでのBP、短いがハングのクラックを登って3P目をカムビレー。そこからはスラブ気味の乗越を2ヶ所越えて立ち木と岩で4P目のBP。最終ピッチ、被り気味の右上しているハンドクラックを登って残置してあるスリングで5P目のBPで12:50終了。2時間頑張って頂きました。懸垂3回で取り付き地点へ戻り2峰を後にしました。
30日晴れ、ドピーカン。放射冷却の影響で朝方は冷え冷えでした。後続の人も交えて兄岩へ向かう。もみじとマガジンを登って2階のおばさん岩へ、私がおばさんになっても、母子草、子供をなめんなよの3本を登って終了。3日間お疲れ様でした。又広瀬ダイレクトを40年目にも登れて嬉しい限りです。皆さんのお陰ですね。カムサハムニダ。

▼涸沢岩峰群2峰。40年前と変わっていません。
DSCF1431

▼途中で咲いていた石楠花、クリスマスツリーの様です。
DSCF1427

▼広瀬ダイレクト取り付き。
DSCF1432

▼スラブを登ります。
DSCF1436

▼2P目のBP。
DSCF1437

▼3P目のハングを抜けた所です。
DSCF1441

▼5P目、最終ピッチのクラックへ取り付きました。
DSCF1449

▼広瀬ダイレクト終了点。\(^o^)/ヽ(^。^)ノ
DSCF1455

▼30日、兄岩マガジン。
DSCF1478

▼2階のおばさん岩、私がオバサンになっても。
DSCF1482

▼子供をなめんなよ。
DSCF1485

▼母子草。
DSCF1487


ag_n_hirose at 11:16│Comments(0) マルチピッチクライミング 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔