2019年09月22日

う〜んオータムですか

18日〜20日で久し振りの小川山でした。19日、20日は秋空の中、快適クライミングが出来ました。廻り目平ももう朝夕はオーサムですね。日中も日差しが無いと肌寒です。これから行かれる方は、特にテントの方は防寒対策を厳となせ。
18日、昼前に廻り目平らに着き、空模様が怪しかったので、早々に準備をして出掛けました。近い左岸スラブに向かいましたが、着いてザックを下したところで、八代亜紀と成ってしまいました。(雨雨フレフレ)少し様子を見ようかとも思いましたが、中々いい降りなので背負って来たザックをそのまま背負いご帰還と成ってしまいました。山荘に戻れば早速宴会準備ですね。(それでエエンカイという説も有りますが、まぁ〜自由時間ですからね)夕食が終わってからも引き続き続くのでありました。
19日、雲が多めの朝ですが、予報通りに晴れて来るようです。空も高い、朝着いた人も含めて岩の乾きが早いオムスビ山スラブに向かいます。クライミングには快適環境です。メイストーム、無名ルート、リメンブランス、ラベンダー、ジェイコブズラダー、ほんにゃらごっこ、を登って終了。1ピッチが長いので、登りごたえのある所です。夕食後更に宴会は続く。
20日、朝方はもう10℃前後、雲が多く日差しが有りません。朝食後マガスラブへ向かう。可愛い女、可愛い女var、オーウェン、高い窓、デロリンマン、穴が有ったら出たい、を登って終了。日差しが少なく肌寒な一日でした。二日間でしたが、スラブクライミングを堪能して頂きました。

▼19日、オムスビ山盆栽。これ以上は大きくなれないんでしょうね。
DSCF1651

▼無名、リメンブランス、ラベンダー。
DSCF1655

▼ジェイコブズラダー。
DSCF1669

▼メイストーム。
DSCF1672

▼20日、マガスラブ、オーウェンと可愛い女var。
DSCF1682

▼穴があったらでたい。
DSCF1685

▼オーウェン。
DSCF1686

▼デロリンマン。
DSCF1689

▼高い窓。
DSCF1695


ag_n_hirose at 11:16│Comments(0) フリークライミング 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔