阿賀野民商

阿賀野民商の毎週のニュースの一部などを掲載するよう心がけております。   

 4月1日より阿賀野市の平成26年度住宅リフォーム支援事業の受付がはじまりました。
 予算は6000万円です。
 受付期間は4月1日〜10月31日まで、予算枠に達した場合、受付終了。
 補助金は対象工事の20%。限度額30万円。

 また、地場産瓦普及助成事業、住宅用太陽光発電システム設置費助成金制度も実施。詳細は商工観光課へ。

消費税・怒りの4.1昼集会デモ
 4月1日、新潟市内で、消費税・怒りの4・1昼集会が開かれ約150名が参加しました。(阿賀野市から4名参加)
 新商連の渡部会長は、17年前に3%から5%に増税されたときよりは、駆け込みが少ない、これは、17年前と比べ給与が70万円減、年金減等で、国民の収入が減っているからだ。営業と生活ができなくなる消費税増税はやめるべきだと強く訴えました。1-2

6月24日予算枠に達し、受付終了。
全申請件数 268件(交付決定266件 中止2件)
補助金交付決定額 5,998万円、補助対象工事費7億1,931万円、補助金の12倍相当の事業効果が見込まれます。
補助金・要望など
 昨年と比べて、20〜30万円の補助が多かった。
 「下水道接続と別にして」という声もあった。

工事種別 件数
外装 66
内装 103
屋根 53
下水道 87
トイレ 59
浴室 50
台所 32

6月19日、なくそう!核兵器 国民平和大行進が阿賀野市にきました。
この日は、天気は大雨の予報でしたが、運良く晴れ、気持ちのよいデモ行進を各団体と一緒に行ないました。19平和行進


平和行進後、市役所の部長室で、核兵器、原発、大室浄水場のセシウム問題などを交流しました。

 今年はじめてのブログ更新となります。一回でも更新をサボるとなかなか継続できなくなります。
 
 5月25日(土)東京の芝公園でTPP参加をとめる!5.25大集会が開催されました。
 この日は全国から300を超える団体で2000名の参加でした。
 新潟県から115名の参加。阿賀野市からは11名が参加しました。
 25-01
集会の壇上で各団体、国会議員がTPP参加では、日本の、医療、保険、食の安全、雇用、規制、経済が破壊されてしまうと訴えがありました。
 25-02
集会後デモ行進に参加し、TPP参加反対のシュプレヒコールをたえまなく訴えてきました。
 

 12月21日に笹神支部、22日に堀越分田支部で学習会が開催されました。
 各支部で、H25年度から国税通則法が改悪されること、税金の滞納問題、H26年から白色申告の全事業所が記帳義務化となることを学習しました。
 笹神支部では、市の税金滞納問題、県の徴収機構の強権的な対応問題で、憲法を無視した差押をしてはならいことなどを討議しました。
 堀越支部では、取引のある業者のとろこに税務調査が入ったみたいで、自分のところに、反面調査かわからないけど、数年分の取引履歴を出してくれと税務署から通知が来たと話がでました。消費税申告をちゃんとしていたのかどうか心配です。
 年度末で会費の集金訪問でH26年から記帳義務化されるということで、「記帳をしなければならなくなるんだねぇ」と商工新聞に目を通している会員さんから声をかけられました。

ブログネタ
スキー場に行ったことありますか? に参加中!
 2012年12月16日、衆院選の投開票がおこなわれました。結果は民主党が国民の声を無視し、暴走をしてきた結果があらわれたのではないでしょうか。民主党や各政党に移動した元民主党議員も、ほぼ落選しました。
 衆院選は自民党が圧勝しましたが、国民は、民主党の消費税10%増税・TPP参加に、反対した投票の行先が自民党へいったのではないでしょうか。
 我々中小業者の営業と生活、そこに勤める従業員の雇用を守るため消費税増税には断固反対していかなければなりません。自民党の安倍総裁は増税は、状況を見て判断するといっています。来年には参院選も控えています。消費税増税NOの声を大きく広げて、増税法案をストップさせましょう。

 今日は午前中民商の駐車場の除雪作業をしていました。読者や知り合いの方にも手伝っていただきました。
 12月8日に水原支部の忘年会を開催しました。

 忘年会の前に国税通則法や記帳義務化について学習・討論をしました。
 忘年会では、商売の珍事件や、健康・趣味などの話で盛り上がりました。参加者から、またやりましょうと声をかけられました。(写真を撮るをすっかり忘れていました。)

 12月2日ANAクラウンプラザホテルにて、秋の運動ご苦労さん会が開催されました。阿賀野民商からは、3名参加。
鎌田副会長

 この日は、全商連副会長の鎌田さん(印刷業)が参加し、10月29日号に、消費税簡易課税方式について、会計検査委員が、内閣に対する報告書の中に、平均値で、みなし仕入率で計算すると益税が現れる。この様な制度は見直すべきであると報告した。このことについて先日、とんでもないと会計検査委員にはじめて抗議をし、全商連の資料と自分の事業実態を訴え、「請求書をだしても消費税分をカットされ入金される、益税どころか小企業は、身銭をきってあらゆる税金を納めている。この実態を知っているのか。あの益税報告を訂正してほしいと強く訴えてきた。」と報告がありました。

 お昼から今後の春の運動で、記帳義務化について、自主計算をどう取り組んでいくかを四分散会で討議しました。

このページのトップヘ