みなさまもご存知の様に、現在アパートローンが厳しくなっています。実はアパートローン以外、たとえば銀行の自動車ローンなどでも審査に通らない方が増えています。先日も年収数千万円の中小企業の経営者が400万円の自動車ローンを個人で申し込んだところ審査に落ちてしまったそうです。

要は、銀行ではアパートローンに限らず、あらゆるローン商品で審査が厳しくなっているのです。こんな時代、レバレッジをかけた不動産投資はできないのでしょうか。いえ、投資用物件を買うのにお金を貸してくれるのは、銀行だけでありません。一番の代表は「日本政策金融公庫」です。別担保と頭金3割程度必要になりますが、審査に通れば個人で上限4,800万円まで融資を受けることができます。

また、投資用物件でも建坪の半分以上を自己の居住スペースで使用する前提なら、住宅金融支援機構のフラット35が利用できます。そのほか、財形制度を導入されている企業にお勤めなら、住宅財形融資を受けることができます。住宅財形融資では自宅用以外にも、セカンドハウス(戸建・区分どちらでもOK)融資もありますので、それを賃貸にまわすという裏ワザ?も使えます。

要は銀行融資が厳しくなっているのは、景気低迷を期に財務省が傘下の銀行に貸し出し自粛の通達を回しているからです。ですから、それ以外のルートを探せば、投資用物件でもまだ融資を引ける可能性があるわけです。発想の転換次第で、まだまだ融資元は探せます。

フラット35