安く物件を入手する裏技として、敷地延長(旗竿型)の土地を使うという手段があります。しかし、敷地延長であればなんでもいいというわけではありません。当然、接道要件として公道に2m以上接していなければ、なりません。しかし、間口だけは2m以上あっても、途中の道幅が2m以下の物件も存在します。こんな土地だと新築も再建築もできません。

また、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、役所の条例で、「前面道路の幅員」の定めがあり、敷地延長の土地は路地状部分の長さによっては2mの幅員では建築許可がおりない場合があります。

普通に接道する土地でも、「前面道路の幅員」の定めにより、道路幅員4mでは建築許可がおりないケースがあります。条例は地域により違うので、詳しくは関連する条例を調べるか、役所の建設課に問い合わせるしかありません。

激安の土地を見つけて、「敷地延長だけど間口が2m以上あるから、賃貸マンションも建築できる」とか、「前面公道の幅員が4mあるから、どんな建物でも建築できる」と勝手に思い込んで契約をしてしまうと痛い目を見ることがあります。安い土地はそれなりの理由がある場合がほとんどですから、注意が必要です。

敷地延長