2008年09月28日

ダイエットの基本の基本をもう一度!

食事制限せずにやせる方法はないんですか?

YESorNO……「食事で調整」か「運動」のどちらかが必須です。

 私たちの体は基本的に「摂取カロリーが消費カロリーより少ないとやせる」という大原則のもとに成り立っています。摂取カロリーが食事で、消費カロリーは運動と代謝(体温、発汗、内臓運動などの生理的現象)です。つまり、食事量(摂取カロリー)を変えずにやせたいのなら、運動量(消費カロリー)か代謝を増やす必要があるんですね。ただし代謝を高めるのは至難の技。唐辛子やサプリによって代謝が高まるのは微々たるものです。そのため運動量をアップするしかありません。逆に、運動量を変えずにやせたいのなら、食事量を減らす必要があるのです。この大原則に沿っていえば、飲むだけでやせるというサプリメントやお茶の存在がいかにありえないか分かると思います。
  また、スポーツ選手が意外に大食漢なのも、半端じゃない運動量の賜物。常日頃、あれだけ体を動かしているからこそ、あのスリムな体型をキープできているのです。
 一般的なダイエッターに必要なのは「1日3食、バランスのいい食事を摂ること」。おさらいになりますが、一日手のひら最低3つ以上のたんぱく質(赤身肉や魚類、卵、大豆製品など)と野菜をしっかり摂ることは忘れないでください。たんぱく質はノンオイルツナや刺身、蒸し鶏、赤身肉しゃぶしゃぶ、ゆで卵などで、これらは余計なオイルを使わずに調理すると、意外と低カロリーなのです。たっぷりの野菜とともに召し上がれ!
  もちろん、運動量を少しでも増やすのは筋肉を増やし代謝を高めるため、ダイエット成功への早道。「摂取カロリー<消費カロリー」を常に頭に描いてダイエットしてくださいね。


太りにくい体にするコツってありますか?

YES……生活の中に運動を組み込む習慣をつければOK!

 太りにくい体とは、代謝が高い体ということ。そして、代謝が高い体を作るには「体を動かすこと」が必要になってきます。とは言え、「体を動かすこと」と聞いて、即、ジムやプールなどの「運動」を思い浮かべる人は、もう少しダイエットIQアップが必要かも! 特別な場所や道具が必要な運動やお金がかかる運動は、コンスタントに続けにくく、一度休んでしまうとそのまま疎遠になってしまいがちで、長期的なダイエットにはあまり向いていないのです。
 では、どういったものが向いているかというと、普段着のままできるウォーキングや階段の上り下り、デパートぐるぐる歩き、部屋の床ふき掃除など、普段の生活に組み込めるもの。1日20分(5分ずつなど細切れでも大丈夫です)以上あれば、脂肪燃焼効果もありますし、コンスタントに続けることで筋力がつき持続的な代謝アップの効果も狙えます。
  最大のコツは「さあ運動だ!と思わない」こと。普段の生活のなかに 自然に組み込まれた運動で体を動かすことが、太りにくい体を実現してくれるのです。


ダイエットって一生続けなければいけないの?

YESorNO……その年齢に合ったダイエットを考えて。

「一度ダイエットに成功しても、気を抜くとまた太りそう」「太りやすい体質の私は一生ダイエットしなきゃいけない?」……どこにいても食があふれている現代日本に生きている限り、悲しいですが、ダイエットは頭の片隅で意識していかなければいけないのは事実です。
  ただ、「やせればやせるだけキレイ」と思い込んでいるなら、大きな間違い。BMI18以下だったり、健康を害するほど体重を減らすのは、ダイエットとして本末転倒です。
 数年後、数十年後を想像してみてください。あなたも「おばさん」の仲間入りをしているはずです。その時にやせすぎていると老けてみられやすいし、筋張ってギスギスしていると、女性としての魅力が乏しくなってきます。ややぽっちゃりめでも、女性らしい丸みが大切になってくる年齢がやってくるのです。40代、 50代と年齢が上がるにしたがって、少しずつスリムの基準もゆるくなっていくと考えて。その年齢、その年齢に合った美しさが変わってきますので、ダイエットIQを身に着けて賢く食べていれば、無理なダイエットをしなくても自然な美しさはキープできるのです。ただ単に「やせる」ことだけを目指さないで、トータルバランスとしての美を自分に問いかけていくこと。これが本当のダイエットの意味だと思います。くれぐれも「やつれているだけの、ただのやせ」ではない、「心身とも健康に輝くイキイキ・ビューティー」を目指してくださいね。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

とのことでした。
最近流行のバナナダイエットで、−3kg落ちた私ですが、
イマイチ油が足りないようで、お肌がガサついてきたので、
もぉちょっと油を摂る事を忘れないように、ダイエットを続けていこうと思います。

agemasumi at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月22日

Q・・・水着も着たし、しばらくダイエットは休憩しても大丈夫?

NO……ここで中だるみすると、ダイエットは失敗します!

夏の遊びもひと段落して、ほっと一息をついたとたん、ダイエットも少し休みたくなっていませんか? 北京五輪の金メダリストよろしく、ダイエットをがんばって夏に成果を出した人ほど、休憩したくなるのがこの時期なのです。また、季節的に長袖や体を隠す服装になっていくため、「少しくらい太っても大丈夫かも」と気が抜けてしまいがち。とは言え、ここでダイエットを一時休止してしまうと、秋という太りやすい季節を迎えるためにリバウンドしてしまう可能性がとても高いのです! 今こそがダイエットの正念場。目標体重までいっていないのなら、もうひとふんばりしてみましょう。
「水着を着る」「彼氏に見せる」などの目標がなくなったことが、ダイエットを休憩したくなる大きな理由ですので、新たな目標を作るのがモチベーションアップの秘訣です。ファッション誌などで秋冬の素敵な洋服の記事を切り抜いて目に付く場所に貼ったり、デパートなどでいち早く購入してみたり、体重の増減をグラフ化してみたり、自分なりの目標を見つけてみてください。
 また、ダイエット休憩は禁物ですが、ペースをスローダウンするのはOKです。1ヵ月3kg減を目指していた人は、1ヵ月1.5kg減にするといった風に、今までの半分を目標にするのも、この時期を乗り切るテクニックのひとつです。

ということでした。
人生ダイエットの連続(笑)
一生毎日健康のことに気を使って、習慣として毎日を過ごすことができれば、リバウンドもないということですね。
食に対しての欲求さえコントロールできれば問題がないと思うので、健康第一に日々頑張っていきましょう!


agemasumi at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Q・・・遊びボケから抜け切れず、朝はいつまでも寝坊……こんな生活ダメですよね?

A・・・YES……ダイエットに大切な「やる気」を出すためには、早起きを!

 夏休みで遅寝、遅起きの習慣がついてしまって、なかなか普段の生活リズムに戻らない人、いませんか? 出勤や通学の時間ギリギリまでベッドから出られない人におすすめしたいのが、ラジオ体操。学校や大きな公園で朝の6時半から子どもたちが参加しているラジオ体操は、実は、全身の筋肉を目覚めさせてくれる代謝アップ効果の高いシェイプアップ運動なのです。子どもたちだけのものにしておくのはもったいない話。子どもたちに混じって行う勇気がなければ、自宅でやってもいいのですが、できれば早朝ウォーキングも兼ねて最寄の会場(自分だけの会場をつくってもいいですよね!)まで出歩くのをおすすめします。
 朝日を浴びながら活動すると脳内でセロトニンが分泌され、体をしゃきっと目覚めさせてくれる上に、前向きな気分にしてくれます。もちろん動作もキビキビとなり、自然に代謝もアップしていきます。この爽やかなでやる気に満ちた気持ちこそ、ダイエッターには大切なもの。いつまでもダラダラとベッドに入っていては、ダイエットする気も起きないのです。

本当に、早起きは体も気分もシャキっとしますよねぇ〜。
私は、早起きを続けただけでも、体脂肪率が数%落ちましたよ♪

agemasumi at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ダイエットIQレベルチェック!

Q 夏休みで爆食しちゃった! 翌日は一食くらい抜いた方がいいですよね?

A・・・NO……食事は1日3回が基本。食べ過ぎた後は、回数でなく量で調整して。



 海に山に旅行にイベント、夏は楽しい誘いがいっぱいで、ついつい「今日くらいは特別!」と暴飲暴食しがちですよね。そして、翌日になって「ダイエット中なのに!」と猛省する人も多いと思います。そんな時につい食事を抜いて調整しようとする人がいますが、これは大きな間違いです。
 食事を抜くと、空腹の時間が長くなるため次の食事で猛烈な食欲が出るようになります。その上、体は軽い飢餓状態になっているので、普段と同じ食事をしても吸収するカロリーがアップするというとんでもない事態に。また、「1食抜いている」という安心感で、次の食事を多めに食べるという危険性もあります。1 日3回という食事のリズムを崩すのは、ダイエット的に百害あって一利なしと覚えておいてください。
 食べ過ぎた翌日、正しいダイエッターとしては、1日3回はキープした上で食事の量を軽くすること。その際、ご飯やパスタ、パンなどの炭水化物は摂らなくてもOKです。砂糖と脂(油)も要注意。逆に、美しい肌や髪を作る源になるたんぱく質そして野菜類はキチンと摂って下さい。爆食後のお勧めメニューは、手のひら1つ分以上の蒸し鶏やノンオイル・ツナ、ゆで卵などを乗せた、たっぷり野菜&海藻サラダ。もちろんドレッシングもノンオイルをチョイスしてくださいね。これならば栄養はしっかり取れて、カロリーだけダウンできますよ。

ということでした。
リバウンドだけは、したくないですのもね!

agemasumi at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月02日

gooダイエットから・・・ココロIQチェックテスト!

Q1・ダイエット中は、食欲を紛らわすために、いつもより仕事(または家事)を引き受けて、ドンドン仕事に没頭したほうが良い。

A→×
ダイエット中は、一種のストレス状態。そんな時に、またストレスを重ねると、余計にイライラして、やけ食いや、甘いものを食べてしまう原因になってしまいます。


Q2・ダイエット中も、付き合いが悪いと思われないように、お酒やスイーツの誘いは断らない。

A→×
“付き合い食べ”をしていては、ダイエット効果は半減してしまいます。ときには断る勇気も大切。どうしても参加する場合は、ノンアルコールビールにしたり、コーヒーだけにするなど、かしこくメニューをセレクトして工夫しましょう。


Q3・ダイエットは、できるだけ多くの人に宣言したほうが、うまくいく。

A→○
周囲に「ダイエット中!」と宣言することで、周りの人から、お菓子の差し入れやスイーツの誘いなどをしないように気をつかってもらえます。また自分の励みになったり、適度なプレッシャーがかかるために、効果が上がります。ただし、ダイエットを邪魔する人や、ダイエットは健康に悪いもの、とアタマから決めつけている人には言う必要はありません。


Q4・ダイエット中の体重は、プレッシャーになるため、毎日計らないほうが良い。

A→×
基本的には、毎日計るほうが効果は上がります。月経前後の停滞期など、体のリズムが把握しやすくもなります。ただし、1kg以下の増減には目くじらを立てないで。お通じや発汗、むくみによっても体重は前後するので、気にせず大らかにとらえましょう。


Q5・ダイエット中は、気分を紛らわすために、新しい趣味や習い事をどんどん始めたほうが良い。

A→×
なじみのない新しいことへのチャレンジは、一見楽しそうなもの。でも、緊張したり、新しいリズムに慣れようとエネルギーを使うため、疲れやすく、意外とストレス食いの原因になります。いま慣れていることを充実させていくほうが良いでしょう。


Q6・引っ越し、昇進、結婚など、うれしい出来事と一緒にダイエットをスタートさせると、成功する確率は高い。

A→×
たとえうれしいことであっても、新しい変化は、心や体がそれになじもうとがんばるため、じつはストレスになっています。ダイエットは、心身が新しい変化になじんでから始めるほうが、ストレスの上乗せにならないために、うまくいきます。


Q7・なぜ自分は痩せたいのか、何kg痩せたいのかなど、きっちりと目標を決めてからダイエットするほうが効果は上がる。

A→○
ダイエットの動機づけをしっかりすればするほど、効果が上がります。なんとなく始めたダイエットほど、挫折しやすいものです。


Q8・ダイエットは、食事や心、体の状態を日記などで記録すると、成功しやすい。

A→○
ダイエットは、目標体重の達成まで長期間かかるもの。毎日の食事を記録することで、ムラ食いや、中だるみ防止に役立ちます。また、心身の状態を記録することで、自分を客観的に見つめられ、挫折しにくくなる効果もあります。


Q9・ダイエット中は、ちょっぴり自分に甘くなって、ショッピングやエステ、コンサートなどを楽しんで、リフレッシュ&リラクゼーションを心がけると良い。

A→○
好きなものを好きなだけ、思うぞんぶん食べられないダイエット期間中は、心にとって大きなストレス状態。気軽に楽しめることを増やして、がんばっている自分にご褒美をあげるとストレスがたまりにくくなります。


Q10・ダイエット中のスイーツは絶対に厳禁! 目標達成までひたすら、ガマン、ガマン。

A→×
無理なガマンを続けると、反動が大きくなって、ドカ食い、リバウンドの原因に。週に1回はスイーツデイをつくって、ほどよく息抜きをしてもOK。好きなスイーツを1つ、午後3時ぐらいまでに食べて、次の食事の炭水化物を減らすのがコツです。



私の結果は50点・・・。
でも、この診断内容は、人によって、ストレスになるかどうか、リフレッシュになるかどうか、全然違うんじゃないかなと思うなぁ〜。
まぁ、人それぞれ、自分に合った方法でダイエットすべきってことですかね

agemasumi at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)