長野県上松技術専門校2017ブログ

上松技術専門校 準公式ブログ

上松技術専門校の準公式ブログです。
全国各地から集まったメンバーが、学校や地域での日々の生活を紹介します!

※上松技術専門校とは?
 長野県木曽郡上松町にある、木工技術習得を目的とした職業訓練校です。

こんにちは!!
リグナム浜田です!!

最近個人的にいろいろありまして
落ち込むこともありつつ、忙しくてもうブログ書いてる状況じゃねぇみたいな愚痴もみんなに言ったりしましたが
やっぱり僕の存在意義はブログしかないんじゃないかとか改めて思ったりして

ミドリカワちゃんに催促されてブログを書くわけではないということをここに宣言いたしまして

授業情報
です!!

少し前に2級技能検定課題が終了して以来木材造形科と木工科に別れて

機械加工に入ってます!

木造は無垢材(合板や集成材などじゃない天然の木材)の整理箱を二人一組になり制作、木工はフラッシュ構造(主に合板を用いた構造)の箱を班に別れて鋭意制作中でございます!

鉋やノミなどの手作業も使いますが、基本的には機械作業を主に行っています!


機械作業ということで一歩間違えたら事故が起こりかねないので

みんな緊張感を持って作業しています!

ブログ #1_170724_0575

こちらはほぞ取り盤の機械!端切りや胴付き、ほぞ取り等の加工を一発でできる優れものの機械!
反面危険でもあるので、初めて使う機械などはちゃんと先生が付いて指導してくれてます(I先生、ブログのペース落ちてすいません。)


ブログ #1_170724_0576
加工上の注意点など教えてくれてます!


ブログ #1_170724_0578
どこ見てんねん!

ブログ #1_170724_0552
ちょっとずつ形になっていきます

ブログ #1_170724_0571
できてるわ!


ブログ #1_170724_0580
先生の話を熱心に聞く木造のみんな

ブログ #1_170724_0582
できてるかな?

ブログ #1_170724_0583
できてるわー!!

ブログ #1_170724_0584
木工科も班ごとに作業してます!


ブログ #1_170724_0585 のコピー


ブログ #1_170724_0586
K-ZO(34)


ブログ #1_170724_0588


ブログ #1_170724_0590
ヤッケ

ブログ #1_170724_0589
こちらはリッパー
縦引き用の丸ノコが付いていて自動送り装置(キャタピラ?)で材を送って材の幅を落とす機械です!



ブログ #1_170724_0581
こちらはプレス



最後に汗かきすぎて胸の下に巨人にキスされたみたいな汗かいてる◯っけの写真でお別れどぇす!

IMG_4264

こんにちは!ミドリカワです。

最近学校の授業風景の投稿がありませんね…Rナムさんにブログ更新を催促しておきます。

この木曽の地もいよいよ梅雨が明けて本当の夏!と言った感じになってきました

週末の生徒達はそれぞれ何かしらしているようです。ピロティでひたすら研いだりものづくりをしたり、寮を飛び出て遠くに出かける人もいます、私もその1人です。

今週7/22,23は2日間続けて隣町の木曽福島で「みこしまくり」と題されたお祭りがあり、技専生で行ってきました!

1日目は花火大会があり、技専生は花火が綺麗に見える橋の中心に陣取っていました。
伊那の100均で買ったひょっとこを持参してお祭りに参加するなんて人もいました。
花火を見ながら来年の今頃はどうしてるんだろうなーとかしみじみ考えてしまいました。
途中参加のK林さん
1日目はお酒を飲んで、花火を見て、と言う感じで終了しました。

そして2日目…

次の日学校だと言う事を一切考えず
お祭りの準備万端ですね

この「みこしまくり」とは

 毎年7月22日、23日に行われる、木曽町の伊谷に所在する水無(すいむ)神社の例大祭です。

  22日から23日の夕方にかけては、素木で新造された約100貫(375kg)ともいわれる神輿を、枠持(わくもち)と呼ばれる男たちが「ソウスケ!コウスケ!」の掛け声や「祝い唄」を唄いながら、かついで町内を練り歩きます。
クライマックスは、23日の夕方から神輿を縦に横にと、何度もまくる「みこしまくり」。神輿を転がすことを「まくる」というのです。

日本でも類を見ない豪快な祭りです。

 昔、木曽から飛騨へ、杣(そま)・匠(たくみ)仕事へ行っていた信仰心厚い惣助(そうすけ)・幸助(こうすけ) の兄弟は、その地で戦乱が起こったので、御神体を守ろうとして神様をのせた神輿を、二人で一路木曽へと運び出しました。

 しかしその道は大変険しい山道。信濃の国境の峠(長峰峠)で、とうとう追手に迫られ、神輿の争奪戦が始まりました。兄弟は互いの名を呼びあい励ましあいながら、必死に神輿を守ろうとしているうちに、神輿は地面に落ちてしまいました。幸い峠の下り坂だったため、二人は神輿を転がしながら追手を逃れ、木曽福島宿までたどり着いたと、言い伝えられています。
 また、惣助・幸助が奉じてきた神様が、追手がせまったとき「惣助・幸助」に「神輿を転がしてゆきなさい」と言われたため、神輿をまくって逃げたという話も伝わっています。

 水無神社に祭られている神様は、飛騨一ノ宮からお迎えした神様だったのです。

 氏子たちは惣助・幸助の苦労と偉業をしのび、この故事にならって祭りを始め、飛騨街道の見える鴨居坂(かもいざか)で、神輿をまくるようになったといわれています。

だそうです。(木曽路伊那路いんふぉより)

みこしまくりが始まった頃に会場に到着しました




そーすけこーすけと言いながら木曽福島の街をみこしを転がしながら通って行きました。


下駄を眺めたり


足湯に浸かったり


撮る人を撮ったりしました

と、こんな2日間を過ごしていました。

他に書きたいことはたくさんありますがまとめると

「楽しかった」

来週は上松でもお祭りがあるので体力を温存しつつ月曜からまた頑張ります。。。

以上、ミドリカワでした!









こんにちは!木材造形科のミドリカワです。
 
3連休中の寮は人が少なく寂しいものです。私の3連休1日目の土曜日は暇すぎてお皿を2つ作りました。

3連休の2日目はH山さんの運転のもと、技専生5人で南佐久郡の北八ヶ岳高見石を山登りしてきました!

後ろ姿が完全にU先生なH山さん

北八ヶ岳到着!
(この日ミドリカワは山を舐めてTシャツ1枚で来ていたのでM井さんに全身コーデをしてもらいました。ありがとうございます!)

登山の前に腹ごしらえ
塩尻の綿半(ホームセンター)で買ってきたジンギスカンを食べました!
飯盒で米を炊くK林さんとH山さん
ほぼほぼできていました!美味しかったです。

北八ヶ岳の白駒池という池の前でご飯を食べました。本当に美味しかったです!
池でボートも出来るようで、時間があればやりたかったです。


お腹も満たされたところで
登山開始!!!(現在時刻15:00)
途中までは板敷きの山道でしたが途中からは大きい岩がゴツゴツとあり登るのにかなり苦労しました


山中はもののけの森と言われるほど、コケがたくさん生えてあって神秘的でした

本日の色味担当
あと少しで山頂!
山頂が見えて来ました


登頂!!!
ちなみに後ろに見える池は白駒池です(私たちがご飯を食べた所)
この日は曇りで天候が良くなかったのですが、山頂に着くとさらに天候が悪くなって怪しい雰囲気だったので早めに下山を始めました。
曇りの中で一瞬だけ青空が見えた奇跡の1枚(撮影・M井さん)

下山途中はH山さん主催の山手線ゲームをしながら下っていきました。
山、ええなあ
次は、ちゃんとした装備で山に挑もうと思いました…

以上、ミドリカワでした!


↑このページのトップヘ