岸和田サテライトの毎日


和歌山大学岸和田サテライト(http://www.wakayama-u.ac.jp/kishiwada/)スタッフ3名の日記です

論説が『税法学577』に掲載されました !

1


4年前、和歌山大学岸和田サテライトの大学院科目等履修生募集の案内が「広報きしわだ」に掲載されたのをたまたま奥さまがご覧になり、「こんなのあるよ」と教えてもらったAさん。

税に関する仕事に携わっておられるAさんは、実務知識が深まればいいかなと、軽い気持ちで受講を決めます。

授業は休日にもかかわらず、あらゆる年代の人が学んでおり、科目等履修生以外に大学院生も受講していることを知ります。

大学院生の中には、働きながら税理士を目指している人や、自分よりも年配なのにさらにスキルアップを目指して勉学に励んでいる人がいて、みなさんからたくさんの刺激を受けることになります。

Aさんは言います。

まず科目等履修生になれたことで、実務知識はさらに深まり、仕事をする上で大変役立った。
でも知識が深まるにつれ、もっともっと掘り下げて研究したいと思うようになり、大学院への進学を決めたそうです。

そして、このたびAさんの論説が『税法学577』に掲載されました。

論説は、
「米国連邦税法上の「S法人」をめぐる法的諸問題─わが国における小規模企業税制への示唆を求めて─」です。



現在Aさんは大学院を修了されましたが、新たな研究を続けるために、岸和田サテライトで再度科目等履修生として学んでいらっしゃいます。

休日の早朝からサテライトへ通うAさんに、お子さまが、「お父さん、また学校へ行くの?」と聞いてくるそうです。

Aさんは、「君も勉強しているでしょ。お父さんも勉強をするために学校に行くんやで」と答えるそうです。

『税法学577』は、もうすぐサテライトに届きます。(梅田)

☆6月サロンのレポートが出来上がりました☆

6月21日(水)に開催された、第93回わだい浪切サロン「場所と住まい〜紀の国住宅プロジェクトで考えていること〜」のレポートをアップしました。(中西)

P1020971


レポートは、こちらです




第94回わだい浪切サロン「日本庭園」のデザイン―その誕生と変遷

7月サロン-01


近年、訪日観光客が増加する中、特有のデザインと雰囲気を持つ日本庭園は観光資源としても注目が集まっています。

それでは、桂離宮や金閣寺の池庭あるいは龍安寺の枯山水―「日本庭園」として思い描かれるこうした庭園のデザインは、いつ、どのような経緯でできあがったのでしょうか。そして、どのような変遷を経て、いまに至ったのでしょうか。

庭園遺跡の発掘調査の成果や文献資料などを用いながら、日本庭園デザインの誕生とその後の変遷についてお話ししたいと思います。

参加無料・申込不要


日  時 : 2017年7月19日(水)19:00〜20:30

場  所 :  岸和田市立浪切ホール 1階 多目的ホール

話題提供 :  小野 健吉(観光学部 教授)

ちらしはこちら


「わだい浪切サロン」については、こちら

ペナントいただきました

P1020956


和歌山大学野球部の全日本大学野球選手権大会初出場、そして1勝おめでとうございます。

ペナントは、横浜にお住いの岸和田サテライト友の会会員が送ってくださいました。
なんとお菓子まで!
ありがとうございます。
スタッフ一同でいただきます。

和歌山大学の知名度上昇中です。(梅田)






官民連携による公共施設マネジメント〜千代田図書館と指宿市道の駅の事例より〜(友の会夏季講演会)

15友の会夏季講演会 写真◇バージョン-01



岸和田サテライト受講者有志による岸和田サテライト友の会主催の夏季講演会を開催します。


日 時:2017年7月15日(土)14:20〜16:30
場 所:岸和田市立浪切ホール 4階 研修室1

一般の方もどなたでも参加できます。※参加無料・申込必要(方法はページ最下部)※

チラシはこちらから

************************************

■友の会活動報告(14:20〜14:50)

岸和田サテライト10周年記念事業のご報告、岸和田市民フェスティバルでの防災かみしばいと住宅耐震スケール「ぶるる」の実演などのご報告。さらに今話題のマッピングパーティの取組みをご紹介します。



■講演(15:00〜16:20)

「官民連携による公共施設マネジメント〜千代田図書館と指宿市道の駅の事例より〜」

高度経済成長とともに急速に建設をおこなってきた公共施設の中には、建設後50年を経過し老朽化が進み、構造体の劣化、漏水が発生している施設が少なくありません。これらの公共施設は、建替えや改修、機能集約や解体といった公共施設マネジメントの実践が必要な状況となっています。このような状況下で、行政(官)と民間企業(民)が連携してこの課題に挑もうとしています。官民連携による公共施設マネジメントの先進的事例である千代田図書館と指宿市道の駅の事例を取り上げ、どのような過程を経て官民連携による公共施設・サービスを実現したかを概観したいと思います。


お話:七野 司さん
(岸和田市公共施設マネジメント検討委員会委員・岸和田サテライト友の会会員)


■後期学部開放授業説明(16:20〜16:30)

平成29年度後期に岸和田サテライトで開講する学部開放授業2科目(「食農地域づくり入門」・「地域課題へのむきあい方」)について説明します。

※申込先
和歌山大学岸和田サテライトオフィスまで電話、FAX、メールで7月10日(月)迄にお申込みください。

電話・FAX 072−433−0875
mail:kishiwadastaff@center.wakayama-u.ac.jp
Recent TrackBacks