岸和田サテライトの毎日


和歌山大学岸和田サテライト(http://www.wakayama-u.ac.jp/kishiwada/)スタッフ3名の日記です

岸和田商工会議所『きしわだ所報』に、大坪 史人地域連携コーディネーター執筆の「おいしいものは好きですか?」が掲載中です。

岸和田商工会議所『きしわだ所報』に、大坪 史人地域連携コーディネーター執筆の「おいしいものは好きですか?」が掲載中です。

下記のリンクより、お読みいただけますのでぜひご覧ください。  

第1回 食べることについて考える

第2回 食べ物が口に運ばれるまで

第3回 買い物と言えば便利なスーパーマーケット 

第4回 農林水産物直売所のメカニズム

第5回 給食ってどうやって作られるの?  New!

9月19日(水)開催のわだい浪切サロン「食がつなぐ新たな縁」が、読売新聞朝刊に掲載されました。

9gatusalon-01


20180828130024


9月19日(水)開催のわだい浪切サロン「食がつなぐ新たな縁」が、読売新聞朝刊に掲載されました。

参加無料。申し込み不要です。

みなさまお越しください。

詳しいことはこちら。

9/19(水)第105回わだい浪切サロン 「 食がつなぐ新たな縁」

9gatusalon-01

  

現在、“食べ物”や“食べること”を通じて、これまでの身近な家族、友達、知り合い…等とは少し異なるつながりが新しく生まれて来ています。
例えば農山村や漁村等での滞在型旅行ともいわれる「グリーンツーリズム」では、その地域ならではの、食や田舎の体験、人々との交流を楽しみに訪れる都市住民や外国人旅行者が増加しつつあります。一方、都市部においても、地域の病院やJA、個人等が主体となり、児童を対象とした食育などの取り組みも始められており、いずれも「食」を介したつながりが築かれています。
今回はこれらの取り組みを紹介し、農業や農村、また都市部における食を通じた取り組みの可能性について考えてみたいと思います。

参加無料:申込不要
   日時:9月19日(水) 19:00〜20:30
   場所:岸和田市浪切ホール 1階 多目的ホール
 *みなさまお誘いあわせの上お越しください。


話題提供者:植田 淳子(食農総合研究所 特任助教) こちら↓


わだい浪切サロンのページはこちら↓

夏の講演会が開催されました

8月4日に岸和田サテライト友の会総会ならびに夏の講演会が開催されました。
38405094_884619758393433_2823398031649406976_n

まずはじめに鱧谷会長より1年間の友の会事業の振り返りと報告がありました。
昨年8月の市民ステーションコラボラでの出展、2月のオープンデータの事業をイベント化したIODDでのマッピングパーティ、そして5月の岸和田市民フェスティバルでの防災に関連した取り組みの紹介、今年初めてトライしたブックフェスタでのWIKIPEDIAタウンなど盛り沢山でした。
38020781_2525439230830327_8452180156000239616_n

講演は、2012年まで和歌山大学大学院経済学研究科に所属し、サテライトでも受講されていた、現大阪市立大学大学院経営学研究科特任講師の木下和紗さんが行なわれました。
地元岸和田出身で、長年の研究の末、大阪市立大学で教鞭をとられていて、サテライトにとっても懐かしい方の登壇とあって、友の会の皆さんもうれしそうでした。
講演のテーマは「東大阪地域に見る中小企業によるキャリア教育支援の実践と地域社会づくり〜地域中小企業×大阪府立布施北高等学校のデュアルシステムの取組みを事例として〜」ということでした。
デュアルシステムとは、学校での座学と企業等での職場実習とを組み合わせた人材育成システムのことで、このデュアルシステムにみる中小企業の地域社会づくりへの貢献過程を分析された研究です。大企業のCSRと違い中小企業は地域社会への貢献・地域社会活動の重要性を示されたうえで、日本版のデュアルシステム主には東大阪にある布施北高校の事例をもとに、高校側のキャリア教育としての意義や中小企業側の地域貢献・後継者問題対策などへの発展といったことの重要性をお話しいただきました。個人的に一番驚いたのは、中小企業側が自分の会社への就職を願ってデュアルシステムに参加しているわけではないというところでした(@_@)
38448614_497081354072058_9158761971942686720_n

そして最後は、恒例の懇親会をして、有意義な講演会となりました。
こうやって、過去にサテライトで学ばれたの成長をみれるのもいいところなのかなぁ。(大坪)
38420481_2163787553905343_4087608379483095040_n

和歌山大学岸和田サテライトOBが話します。9/11(火)「生命保険を使ったかしこい相続対策!!」

20180809134601
よつば相続支援センターによるお話「生命保険を使ったかしこい相続対策!!」が
岸和田市立浪切ホールで開催されます。(参加無料・先着60名予約優先)
日時:9月11日(火)
時間:10:00〜11:45(受付開始9:30〜)
場所:岸和田市立浪切ホール4階交流ホール

チラシから
そろそろ終活を始めよう!」という方に必見!生命保険は相続税の節税対策のみならず、争族対策にも利用することができます。当日は、具体的な事例を交えながら生命保険を使った相続対策をわかりやすくお話させていただきます。

講師は、吉田謙司さん。

吉田さんは、和歌山大学岸和田サテライトで学び、和歌山大学経済学研究科を修了されました。
2011年岸和田サテライト5周年記念フォーラムでは、「サテライトでの学びと私」と題して登壇していただき、5周年記念誌発行の際は「同じ志を持って研究に励む」の文章を寄せてくださいました。

今度は、ファイナンシャルプランナー吉田謙司さんのお話です。

みなさま、ぜひぜひお越しください。(梅田)

第104回わだい浪切サロン(終了)の概要とアンケートをアップしました!

(7/18(水)に開催)第104回わだい浪切サロン
発達障害のある人と関わる中で〜大学生の支援を中心に〜

アンケートと概要をホームページにアップしましたので、どうぞご覧下さい。
     こちらから↓

学会の開催!!

7月28日に岸和田サテライトで学会が開催されました。
DSCN0802


地域農林経済学会(http://a-rafe.org/2/0)といって「地域の実態に即して農林業問題に関する経済的・社会的研究を進め、農林業の発展に寄与する」ことを目的とする学会です。

今回は、和歌山大学食農総合研究所の都市農村共生ユニット研究セミナーとの共同開催で、わたくし大坪もお昼休みを使って報告してまいりました。
岸和田のことじゃなくてごめんなさい。昔からやっていた離島のことで・・・

和歌山大学だけでなく、西は広島、東は岐阜まで多くの大学や研究機関、および岸和田からもJAいずみのさんなどから参加いただき、大変好評でした。(大坪)

7月28日(土)市民活動ステーション「コラボラ」に出展しました。

IMG_3240
7月28日(土)岸和田市立福祉センターにて、岸和田のまちを元気にしたい人たちが、出会い、語り合い、つながり合う場、市民活動ステーション「コラボラ」に岸和田サテライト友の会が出展しました。

このチラシは、和歌山大学システム工学部3回生が、子供向けに作ってくれました。
遊びの広場_v7 - コピー


今回は、こどもが楽しめるイベントが盛りだくさん!

IMG_3248



岸和田サテライト友の会は、和歌山大学岸和田サテライトの紹介と、マイコンで動く車の実演とパソコンを使った小学生向けのプログラミングをしました。

IMG_3241

子どもたちは、紙に書かれた黒い線の上を上手に車が動いている様子にびっくりしていました。

たくさんの子どもたちが立ち寄ってくれました。
どうもありがとうございました。(梅田)




友の会夏季講演会「東大阪地域にみる中小企業によるキャリア教育支援の実践と地域社会づくり」

岸和田サテライト受講者有志による岸和田サテライト友の会主催の夏季講演会を開催します。
0804tomonokaikouenkai


チラシPDF

日 時:2018年8月4日(土)14:40〜16:30
場 所:岸和田市立浪切ホール 4階 研修室1

一般の方もどなたでも参加できます。※参加無料・申込必要(方法はページ最下部)※

ホームページはこちら

************************************

■友の会活動報告(14:40〜14:50)

岸和田市民フェスティバルでの防災かみしばいと紙スリッパづくりなどのご報告。さらにブックフェスタ20189(マッピング参加)での取り組みをご紹介します。



■講演(15:00〜16:20)

「東大阪地域にみる中小企業によるキャリア教育支援の実践と地域社会づくり〜地域中小企業×大阪府立布施北高等学校のデュアルシステムの取組みを事例として〜」

地域社会を取り巻く問題の多様化、深刻化を背景に、中小企業による地域社会づくりへの貢献に期待が高まっています。しかしこうした動向とは対照的に、中小企業の地域社会に果たす役割に関する学術研究は、とくに日本では現時点においてほとんどなく、その実態は十分にはあきらかになっていません。そこで、東大阪地域における中小企業と高校との協働によるデュアルシステムの取組みを事例に、中小企業による地域社会づくりへの関与の実態、およびそうした関与が有する複合的意義を概観したいと思います。また、私自身がこうしたテーマを研究することになった経緯や、当該テーマを研究することのおもしろさや難しさ、意義についてもお伝えできればと思います。  
(デュアルシステム・・・学校での座学と企業等での職場実習とを組み合わせた人材育成システム)

お話:木下 和紗さん
(大阪市立大学大学院特任講師・岸和田サテライト友の会会員)



■後期学部開放授業説明(16:20〜16:30)

平成29年度後期に岸和田サテライトで開講する学部開放授業2科目
(「スポーツ老年学」・「GISを利用したオープンデータアプリ開発」)について説明します。

※申込先
電話、FAX、メールでお申込みください。


電話・FAX 072−433−0875
mail:kishiwadastaff@center.wakayama-u.ac.jp

大坪 史人地域連携CD(岸和田サテライト)連載コラム「おいしいものは好きですか?」(岸和田商工会議所『きしわだ所報』)

岸和田商工会議所『きしわだ所報』に、大坪 史人地域連携コーディネーター執筆の「おいしいものは好きですか?」が掲載中です。

下記のリンクより、お読みいただけますのでぜひご覧ください。  

第1回 食べることについて考える

第2回 食べ物が口に運ばれるまで

第3回 買い物と言えば便利なスーパーマーケット 

第4回 農林水産物直売所のメカニズム new!
Recent TrackBacks