岸和田サテライトの毎日


和歌山大学岸和田サテライト(http://www.wakayama-u.ac.jp/kishiwada/)スタッフ3名の日記です

2018(平成30)年度各学部推薦入試要項他、学生募集要項を配布中です♪

2018(平成30)年度各学部推薦入試募集要項他、下記の学生募集要項を
岸和田サテライトにて配布しています。

●各学部 推薦入試募集要項
●経済学部 第3年次編入学生募集要項
●経済学部 社会人・帰国子女特別入試学生募集要項
●観光学部 社会人特別入試学生募集要項
●私費外国人留学生特別入試募集要項(経済学部、システム工学部、観光学部)
●大学院経済学研究科修士課程学生募集要項

受験をご希望の方、ご興味・ご関心のある方は、是非お求めください。また、周囲にご希望の方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください!

※1 岸和田サテライトでの配布はオフィス業務時間のみとなりますので、入手希望の方は、岸和田サテライトの業務カレンダーを確認の上お越しください。

※2 郵送による配布は、サテライトではおこなっておりません。

※3 入試に関するお問い合わせは、下記のリンクページをご覧ください。


本学「学部入試・大学院入試についてのページ」をご覧ください!


P1100530

P1100533



【9月14日(木)締切】岸和田サテライト学部開放授業受講生募集

2017-01

岸和田サテライト学部開放授業受講生募集の締切が迫っています。
9月14日(木)必着です!

チラシはこちら

***授業のセールスポイント***

【食農地域づくり入門】・・・「食と農」を専門とする4名の先生方による講義
&岸和田市丘陵地区のフィールドワークもあります。
岸和田の若手農業者「4Hクラブ」さんの取組み紹介等もあります。(めっちゃお
いしいトマトが評判!)

シラバスはこちら


【地域課題へのむきあい方】・・・藤田和史サテライト代表をはじめとする地域
で大活躍の2名の先生方と、和歌山大学地域連携コーディネーター(女性)がフ
ァシリテータとして岸和田サテライトに初登場します!

シラバスはこちら

今年度の申請期限は例年より早く、★☆【9月14日(木)必着】☆★になっています!

お申込みを予定されているみなさまは、お急ぎくださいね。

募集要項は、岸和田サテライトまでメールもしくは電話(072-433-0875)でお申し付けください。

みなさま、お申し込みをお待ちしております!(梅田)

【8月26日】「市民活動ステーションコラボラ」に岸和田友の会&岸和田サテライトが出展いたしました。

8月26日(土)10:30〜15:00

岸和田市の新福祉センター3階で「市民活動ステーションコラボラ」が開催され、

岸和田サテライト友の会&岸和田サテライトが出展いたしました。


災害時に使える「マイトイレ」の作り方や、わだい浪切サロンやサテライトで開講する

授業の案内をさせていただきました。

IMG_1880(1)


IMG_1884(1)


IMG_1885(1)


平成29年度 後期 岸和田サテライト学部開放授業受講者を募集します

平成29年度 後期 岸和田サテライト学部開放授業受講者を募集しています。

申請には、受講生募集要項冊子(申請書・振込用紙等綴じ込み)が必要です。
受講生募集要項冊子は、岸和田サテライトで配布します。


郵送をご希望の方は、ホームページ、トップページ左の「募集要項請求」ボタンから請求してください。
(下記の各出願・申請の締切日を確認の上、余裕を持って請求してください。)

2017-01


チラシはこちら

【 募集期間 】

◇学部開放授業受講者 申請期間 : 
8月22日(火)〜9月14日(木)岸和田サテライトへ郵送・必着
(学部開放授業の持参による申請は、9月14日(木)に限り、9時から17時まで受け付けます。)

【 科目(教養科目)】

 食農地域づくり入門(シラバス)

 地域課題へのむきあい方(シラバス)

友の会総会・夏季講演会2017

7月15日(土)、岸和田サテライト友の会総会と夏季講演会、後期授業説明会が行われました。
司会は、役員の松下盛子さんと貴志益雄さんです。

DSCN0327

DSCN0344


友の会会長の鱧谷さんより、昨年度の友の会活動報告があり、役員の楠本さんからは、今話題のマッピングパーティの取組みや、公民館活動について、ご紹介いただきました。

P1100149

P1100163


続いては、岸和田サテライト友の会幹事でもある、七野司さんより「官民連携による公共施設マネジメント〜千代田図書館と指宿市道の駅の事例より〜」と題しての講演会がありました。

講師の七野さんは、岸和田サテライトにて開講されている経済学研究科の授業を科目等履修生として受講されたことがきっかけで、学習への意欲が湧き、さらに学びを深めるため、大阪市立大学大学院修士課程に進み、修了されました。
現在は、岸和田市公共施設マネジメント検討委員会委員をされています。

DSCN0367


講話の内容は、国の政策として、2014年4月総務省から、全国の地方自治体に対して、公共施設等について総合的かつ、計画的な管理を推進するために、「公共施設等総合管理計画」の策定が要請され、日本全国の自治体が、この総合管理計画を策定し、公表することで自治体が保有する公共施設のデータが可視化できるようになったそうです。

公共施設の老朽化による、建替えや改修、機能集約や解体といった公共マネジメントの実践が必要な状況のもと、行政(官)と民間企業(民)が連携しての取り組みの事例として、官民連携による公共施設マネジメントの先進的事例である千代田図書館と指宿市道の駅が取り上げられました。

P1100188


千代田図書館は、指定管理者制度を導入しており、指宿市道の駅は、指宿地域交流施設設備事業として、はじめてPFIで道の駅を設備されたそうです。

PFI(プライベイト・ファイナンス・イニシアティブ)とは、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行うことにより、市が直接実施するより効果的に公共サービスを図る考え方であるとのことです。

千代田図書館の事例においては、指定管理者制度による図書サービスを提供する意義を、図書館長が区長に十分説明し、区長に理解してもらえたからこそ、増額裁定であったこと、どんな反対があっても切ってしまわずに根気強く議論していくことが大事であるということでした。

合意形成フレームとして、多様な利害関係者との意見の一致を図るには、行政が招集者であることや、適切なステークホルダー(利害関係者)を適切な時期に招集し、議論を行うことが必要であるとのこと、住民のための公共施設や公共サービスであり、公共施設を使用しない市民との合意形成も大切であると説明がありました。

講演後は、活発な質疑応答も行われました。

講演会には、34名の皆様にご参加いただき、七野さんのお話に吸い込まれるかのように、皆様、熱心に講話を聞いていました。

最後に、西田コーディネーターより、後期の授業科目について説明があり、無事、終了することができました。(中西)

Recent TrackBacks