盛夏の8月6日、和歌山大学岸和田サテライト友の会と岸和田高校のマッピングパーティが行われました。

岸高

岸高3


友の会のマッピングの取り組みについては、こちらをご覧ください。

テーマは、「まちの魅力再発見」
今回は、「水」について調べました。

サービスこうり3


水というと?
川、井戸、自動販売機、お風呂屋さん、喫茶店、酒屋さん、居酒屋さん、、
次から次へと出てきますが、これを2つのグループ、

自然班(川や井戸など)とサービス班(自動販売機や喫茶店など)に分けました。

それぞれの班のリーダーが、記録、写真、タイムキーパーなどの役割分担を指示し、総勢25名で岸和田城の周辺を歩いて調査しました。

自然班が調査した場所の一部。

井戸(岸城神社)
自然いど



古城川(開渠・暗渠を調査)
しぜん


P1020009


ちょっと寄り道。こんなんありました!
ごんばこ」(ゴミ箱)です。
ゴミ箱


サービス班が調査した場所の一部。
今は、氷屋さん。 大昔は寄席だったらしい。
サービス氷


お風呂やさん 。年中休みって?
カルル


ちょっと寄り道。こんなんありました! 岸和田ではレンガを製造してました。
サービスレンガ


調査を終え岸和田高校の教室で、調べた場所を地図に落とす作業。
地図


お菓子をつまみながら。(女子笑顔満開!)
P1020151


最後は、それぞれの班が気づいたことを整理して発表。
地図へ


地図高校生


今回のマッピングパーティは、友の会が主体でしたが、
この後は、高校生みんなが知りたいテーマで、自分たちが主体になって調査するようです。

暑い中、歩いた後に食べた「氷くるみ」、美味しかった。
IMG_0780


友の会のおっちゃん、おばちゃんがなぜあんなに真剣なのか、びっくりしたんじゃないかな。


おっちゃんたちは、この取り組みで高校生のみんなが何か一つでも楽しいことを発見してくれたら、満足なんです。



しかし、友の会の皆さんは、これで終わりではありません。

調べたことをきちんと画像化、文書化して振り返る作業が待っています。

城


先週の反省会&実行委員会では、また面白いアイディアが出ました。

「岸和田城をとりまく水物語」って?

再調査が始まったりして。

友の会の取り組み(GIS活用プログラム)は、2月11日に向けて、まだまだ続きます。(梅田)

おまけ
best