医療保険適用 在宅マッサージ 楽楽 ブログ

訪問マッサージのことなら在宅・療養マッサージ楽楽(らら)にお任せください。

2013年09月

新スタッフ紹介 鹿児島事業所:鍼灸マッサージ師

5月に入社しました山田成子です。

以前はリラクゼーションに携わっていました。

楽楽に入社して先輩方の同行を始め、現場へ出てみて、日々、驚きと感動の連続です。先輩方の手技、ご利用者様の声など、全てがとても良い勉強になっています。

ご利用者様の生の声を元にコミュニケーションを図りながら共に考え、先ずは『気持ちの良い施術』を提供し喜んで頂けたらと思います。身体の痛みだけではなく、心のケアも出来るように、日々、精進して行きたいと思います。宜しくお願いします。

鹿児島事業所:鍼灸マッサージ師 山田(やまだ) 成子(なりこ) 44
yamada

ご利用者様の声【17】

林武子様の娘さんの河合武美さんに訪問マッサージについて、お話しを伺わせていただきました。

まだ歩くことが出来たころから多くの疾患を抱えていたものの、出来れば在宅で介護したいと考えていました。その後関節がガチガチに固くなり歩くことが出来なくなって、訪問リハビリに来てもらっていましたが、ショートステイ先(施設)では受けることが出来ませんでした。帰宅後車椅子からベッドへ移す際、骨が折れてしまうのではないかと心配になるくらい関節が固まっていました。

そこで訪問看護の方とケアマネージャーに、施設へ来てくれる訪問マッサージを紹介してもらいました。お試しマッサージでは佐々木先生が来られ、お年寄りと身近に接して育ってこられた方だと感じました。

母は認知症もあるため、マッサージに加え声掛けも大切と考えていましたので、接し方がとても素晴らしかった佐々木先生にぜひ来ていただきたいと思い、こちらから指名させて頂きました。

現在は週3回、自宅とショートステイ先(施設)で訪問マッサージを受けています。ショートステイ先でマッサージを受けられるようになってからは以前と身体の状態が違って、帰宅後は体が柔らかくとても介護しやすくなりました。母も佐々木先生のマッサージを受けることが大変嬉しいようで、認知症の状態が良い時は「きてくれたんかー」「もう帰るんかー」「もっといてやー」などと言って、来られるのを大変楽しみにしています。現在は体の柔らかい状態を保っています。これからも関節可動域を維持しながら、認知症の面においてもマッサージを楽しみに感じられる状態を長く保っていただきたいと思っています。それと褥瘡をなるべく作らないようにお願いしたいと思います。

 

 

娘さんは他にもこのようなお話しを聞かせてくださいました。

母の認知症を私自身が受け入れられない時が一番しんどかったです。そんな時、プロの看護師さんでどんどん痩せていっている方がいて、お話を伺うとご家族の介護でとても悩まれているとのことでした。お互い涙を流しながら話をしたことを思い出します。

その時、プロの方でも自分の家族のことになると、こんなにも悩まれるのだと感じ、何かがスコーンと落ちたように気持ちが楽になりました。その後、施設の方に以前と人相が全然違うと言われました。

今は母のこともある意味、子どもと接するかのように接してストレスなく良い状態で毎日過ごすことが出来ています。

今思えば、夜中に箪笥の整理を始めたり、同じ財布を3つ買ってきたり、それが認知症の症状の始まりではないかと思います。そういうことが起きるという話は聞いていましたが、母は一本筋が通っているような人だったので、まさかという思いがどこかにありました。

母の介護をいろいろな分野の方にお世話になっていますが、みなさんとても良い方で、私は運が良いと思います。皆さんに感謝しています。そんな方々にお世話になり、以前はいろいろな情報を教えてもらっても「うちにはまだ関係ない」という気持ちでしたが、今は「しっかり理解したいからもう一度教えてほしい、なんでも教えてほしい」という気持ちでいっぱいです。 

goriyoushasamanokoe17 

採用情報
ご利用者様の声
社会福祉活動
ケアマネージャー及び施設の方へ