医療保険適用 在宅マッサージ 楽楽 ブログ

訪問マッサージのことなら在宅・療養マッサージ楽楽(らら)にお任せください。

2014年09月

My Hobby【11】

11回目は京都東事務スタッフの則次起保さんの休日の楽しみをご紹介します。

 

京都東事業所で事務をしています則次です。

1歳になったばかりの娘を保育園に預けて働くことになってから2年が経ちました。娘が1、2歳の頃はすぐに熱を出してお休みをする事が多く、楽楽スタッフの皆さんには色々と助けてもらってばかりでした。しかし頑張っていたのは娘も同じです。娘が病気になった時、私の両親や主人も都合がつかない日は、病児保育へ預ける事もしばしば。病気療養中の子ども達を医療機関に付設された施設で一時保育をしてもらえるのです。お迎えに行くと、お友達や保育士さんと楽しそうに過ごしている娘の姿を見ると安心しますが、ごめんねという思いでいつも胸がいっぱいになります。今、3歳になった娘は元気いっぱいで熱を出すことも少なくなってきました。

ミニーマウスに憧れる娘の為、この春、家族3人でディズニーランドへ行ってきました。目の前に広がる夢の国、ミニーちゃんに大興奮の娘を見て、連れて来ることが出来て本当に良かったなぁと心から思いました。「お父さんもお母さんもお仕事頑張るから、また3人で来ようね」と帰りの電車で娘に話しました。家族3人、健康で楽しい時間を過ごせる事が私の一番の幸せです。
 noritugisann

ご利用者様の声【21】

林様と娘さんに、訪問マッサージについてお話を伺わせていただきました。

 

林様:平成11年に左大腿骨頸部を骨折し、人工骨頭置換手術をしました。約5年前、パーキンソン病と診断された時には、岡山県に住んでいました。平成24年に体調を崩して入院してしまい、退院後は、娘が独居での生活を心配して「安全に元気に過ごして欲しい。」と一緒に姫路市で暮らしています。

デイサービスと訪問リハビリを利用していましたが、下肢と腰の痛みとだるさが辛く、夜もよく眠れなかった為、ケアマネージャーに相談しました。

するとすぐに、「マッサージをして血流がよくなると、痛みやだるさもましになると思うよ。」と、楽楽を紹介して下さいました。

できれば女性マッサージ師を希望していたので、女性の梅木さんが担当してくれることになって良かったです。

マッサージ開始時は、週2回の訪問でしたが、“痛みが緩和され、足が動かしやすくなりよく眠れる。”との実感があった為、すぐに週3回に訪問回数を増やしてもらいました。

毎回、梅木さんの訪問が楽しみです。気を使わずリラックスしてマッサージを受けられるのがいいです。元気がない日も梅木さんと話をしたり歌を聞いてもらったりすると、元気が出ます。そして、マッサージはとても気持ちが良く、マッサージ後は足が前に出やすくなります。これからも体と心が元気でいられるように、マッサージを続けていきたいです。

 

娘さん:母はマッサージを楽しみにしていて、マッサージを始めてから明るくなりました。

マッサージを受けると、夜ぐっすり眠るので助かります。そして、マッサージの翌日は普段より歩きやすそうです。何より、母が生き生きしているのが嬉しいです。梅木さんの手は、“神の手”のようだと、二人で話しています。

 

担当マッサージ師 梅木

当初は、足指と下肢の痛みが強かったのですが、足指の痛みは緩和されました。次に腰痛が強く薬を飲まないと辛いとおっしゃる時期があり、その時は、腰痛治療に重点を置いてマッサージをしていました。最近は、腰痛を訴えられることはなくなりました。今は、歩行時の下肢の重さが気になられるようですので、下肢が軽く動きやすくなるように、下肢の運動法と腰部、臀部、下肢の硬結をほぐしていくマッサ-ジを中心に施術しています。今後も、林様のお体の状態に合わせた施術を心掛けて、元気で健やかに暮らしていただけるように、楽しいマッサージタイムを共有していきたいと思います。

林様から施術中に色々なお話や、元気が出る歌を聞かせて頂き、時には人生の先輩としてアドバイスを授けて頂いて、とても感謝しています。
hayasikeikosan

 

採用情報
ご利用者様の声
社会福祉活動
ケアマネージャー及び施設の方へ