京都西事業所では、数か所の有料老人ホームなどの施設様に、長い所では1年半に渡って、月に1回か2回のボランティア体操にお伺いしています。イスに座って、深呼吸から始まり、上半身も下半身も動かし、指を使った頭の体操も織り交ぜ、最後も深呼吸で終わる30分程度の体操です。

先日、いつも参加してくださり、腕を上げる動きになると「ここまでしかあがらないから出来なくて」とおっしゃっていた方が、腕が上がるようになりその動きも一緒にやってくださいました。特に機能訓練などはやっていらっしゃらないとのことで、「体操が一番だ」ととても喜んでいただきました。体操では手足や首を回す動きも取り入れていますが、その動く範囲が以前よりも広がっている方が他にも沢山いらっしゃいます。また、体操をとても楽しみに待っていただいていて、最初は出来なかった動きも、何度も参加していただき出来る動きが少しずつ増えている方も沢山いらっしゃいます。なかには、自主練習をしていただけるほど楽しみにして体操に臨んでいただいている方もいらっしゃいます。

体を動かすことで動きやすくなり全身がすっきりする。生活の楽しみの一つにしていただく。そんな体操をこれからも続けて参ります。