医療保険適用 在宅マッサージ 楽楽 ブログ

訪問マッサージのことなら在宅・療養マッサージ楽楽(らら)にお任せください。

楽楽 ご利用者様の声

ご利用者様の声【32】在宅マッサージ 京都西事業所

京都市にお住まいのA.Oさんに訪問マッサージについてお話をお伺いしました。今回このインタビューを快諾していただき、色々なことをお話してくださいました。

 

もともと脳性麻痺を持ちながら生活をしていましたが、交通事故に遭って歩行が困難になってしまい、現在は筋麻痺、関節拘縮、ジストニアの症状が有り、ベッドの上か車椅子で過ごしています。

それ以来、様々な福祉サービス、介護サービスを利用しながら過ごす中で、近所に訪問マッサージの看板を見つけてご利用されるようになり、そのマッサージ師さんがその後、在宅マッサージ楽楽で働いていた流れから、今も引き続き利用していただいています。

 

■体が楽になると、気持ちも楽になる気がします

 

A.Oさんのお体の状態は、現在は筋肉の緊張が強く、ふとしたきっかけで痙攣が起きてしまうことがある状態です。しかしながら、マッサージを受けることで筋緊張が緩んで体が楽になり、関節可動域が縮小してしまうことなく今の生活を続けられるお体を保たれています。マッサージ後はお体が楽になるためか、マッサージを受けた後は精神面でも少し楽になる気がするとのことです。

 

■パソコンや映画を楽しみながら、自分に見合った生活を続けていきたい

 

普段はパソコンを使って情報に触れられたり、動画を見たりしていらっしゃることが多いとのことです。映画がお好きで、特にお好きな映画はチャールズ・チャップリンの『独裁者』。フェデリコ・フェリーニの『道』も大好きとのこと。他にも、70年代から80年代の映画を中心に、洋画邦画を問わず良くみてらっしゃるそうです。

担当マッサージ師の西浦には、色々やってもらうことで、なるべく今のお体の状態を維持しながら、今後もご自分に見合った生活を続けていきたいという言葉を頂きました。

 

A.Oさんはとても穏やかな方で、マッサージ師の訪問をいつも笑顔で迎えてくれます。これからも施術とコミュニケーションで、A.Oさんのお力になって参りたいと思います。AOさん
 

ご利用者様の声【31】在宅マッサージ 京都東事業所

京都市にお住まいのK.Tさんに訪問マッサージについて、お話を伺わせていただきました。

 

10年程前にパーキンソン病の症状が出現し、入退院を繰り返していました。

4年半程前、ケアマネージャーさんの紹介でお試しマッサージを受けた当時は、玄関口まで出たもののすくみ足になり動けなくなったり、日常生活に大きな負担がありました。何とか回復したい気持ちで懸命にリハビリ訓練に取り組んでいました。

お試しマッサージでは布柴さんが丁寧に説明をしながら、ひとつひとつマッサージをしてくれました。病気への不安でいっぱいでしたが、「一緒に頑張りましょう」という言葉で気持ちが楽になったのを覚えています。

 

現在、振戦、姿勢反射障害、突進性歩行などの症状があり、半年くらい前から不随意運動が強くなってきています。首からふくらはぎまで体の後面が強く強張って、痛みも伴って睡眠も十分に取れない日々です。特にふくらはぎの強張りが強く、尖足気味で歩行しづらかったのが筋肉の緊張を緩和させることで踵が床に付きやすくなって、立ち上がりや歩行もしやすく楽になるように感じます。首や肩の強張りも軽くなり、一時的にでも解放されたような気になります。首周りもストレッチでほぐしてもらうことで、着替えなどもできています。

進行性の病気で症状も進んでいくので不安に感じ、時々うつ状態になり落ち込むことがあります。日中は一人で過ごしている時間が多く、特に一人の時はつらく、マッサージだけではなく心と心の触れ合いで精神的にもサポートしてもらっています。

             

昔、バンドをしていたこともあって、音楽療法でもギターやキーボードを演奏しています。でも最近は不随意運動が強くできなくなってきています。作曲もしていて、曲は沢山できているのでまた楽器の演奏がしたいと思います。布柴さんにも聴いてもらいたいです。                                                                                                                                   

布柴さんには最初からずっと担当してもらっているので気心が知れていて、ツーと言えばカーという関係で何も言わなくても分かってもらえていることがありがたいです。いつも楽しい会話をしながらのマッサージは本当に楽しく、火木土の間隔で来てもらえるのを待ちに待っています。                                                                                                           

これからも一緒に頑張っていきたいと思っているので、ずっと来てほしいです。              kyoutohigasi
                                                                                                              

施術例 ~自立神経を整えてグッスリ眠れるようになりました~

suiminn

施術例 ~股関節が拡がり介護がしやすくなりました~

ba01

ご利用者様の声【30】在宅マッサージ 北九州市

中村ヤエ様とご家族にお話しを聞かせていただきました。

 

色白で、大変端正なお顔立ちの中村ヤエ様、お聞きするとご先祖様にロシアの方がいらっしゃるとのこと。小倉で八百屋を営みながら8人のお子さんを育て毎日10人分の食事を作り、40歳のときには配達のため、その時代には女性では珍しく自動車普通免許も取得されたそうです。       

その後、60代になってからも鹿児島の建築現場などで住み込みの調理の仕事をするなど、とにかく働きづめで過ごして来られました。                              

                                                                     

そんなバイタリティ溢れる中村様でしたが、平成27年9月頃から入退院を繰り返したことで、次第に活動量が減少、レクリエーションや体操の時間以外はベッド上で過ごす時間が多くなりました。

また慢性心不全、筋力低下により浮腫が現われ、歩行状態の悪化が見られたため娘さんよりマッサージの依頼があり、昨年の5月末から訪問を開始しました。

 

開始当初は、浮腫と歩行器使用からくる背腰部から大腿部の筋緊張がみられましたが、

現在は浮腫が改善し、筋緊張が軽減されています。また起き上がりや立ち上がり動作と歩行器での歩行もスムーズに行えるようになりました。

マッサージを受けた後は血行が促進されて身体が軽くなったと話されます。

 

マッサージ師とのコミュニケーションも良好です。

訪問時もにっこりと迎えてくださり、自分から色々とお話しをしてくださるようになりました。

一時「新聞に目を通すのが日課だったのに最近できていない」と落ち込んでいたこともありましたが、

最近では皆さんが集まるフロアでお友達と会話をしたり、手作業をされたりすることが増えたそうです。

 

中村様のお話は興味深く、たくさん学ばせて頂いています。

施術中に『子供は何人?』と質問され「一人です」と答えると『一人じゃ可哀想よ~、4人ぐらい育てるのはたいしたことないわよ(笑)』と、たくましいお言葉もありました。

また「死」に対して大変前向きな考えを持っておられ、口癖は『90までも生きるもんじゃない、死ねないのが不満』と笑いながら話されます。そんな発言もネガティブには聞こえず、こちらまで笑顔になってしまうような雰囲気を持っておられる中村様はとてもかっこいいと思いました。色々ご経験されてきたお話しを聞くのが私たちも楽しみです。

                                                                     

*娘さんより

筋力が衰えて、このまま歩けなくなるのではと心配していましたが、足の浮腫みも解消され、歩行器でスムーズに歩けるようになりました。今年に入ってから月一回程度、日曜日に教会へ連れて行けるようになりました。最近では週2回、マッサージに来てもらうのをとても楽しみに待っているようです。マッサージ師さんの訪問が大変良い刺激になっていると思います、このまま良い状態を維持できるようによろしくお願い致します。

中村ヤエ様① 取り直し01中村ヤエ様③ 取り直し01

採用情報
ご利用者様の声
社会福祉活動
ケアマネージャー及び施設の方へ
  • ライブドアブログ