医療保険適用 在宅マッサージ 楽楽 ブログ

訪問マッサージのことなら在宅・療養マッサージ楽楽(らら)にお任せください。

楽楽の社会福祉活動

インフォーマルサービスのつどい in京都

山科・醍醐インフォーマルサービスのつどい

~知っていれば安心です。生活を支えるサービスあれこれ~

平成29124日(火曜日)

伏見醍醐総合庁舎

 

山科醍醐地域の居宅・サービス事業所・民生委員・老人福祉員・一般住民を対象に、介護保険以外で高齢者の日常生活を支援するインフォーマルサービスの紹介を目的としたイベント 山科・醍醐インフォーマルサービスのつどい に出展致しました。

私たちは来られた方々へマッサージを体験頂き、訪問マッサージについてご案内しました。介護サービスの関係者の方々は皆さん知っておられましたが、地域の住民の方々は、訪問マッサージの制度をご存知でない方がほとんどで、歩行困難な方は保険治療にてマッサージを受けられることを知っていただく良い機会となりました。
京都東

地域包括ケアシステム支援活動報告(小倉)

あべりあケアプランセンター健康講座

テーマ「痛みを和らげるツボ押し講座と脱水改善」

 

日  時 :平成29122(日曜日)1030

場 所 :ローソン八幡前田一丁目店サロン内

参加人数 : 16名 スタッフ 4

 

あべりあケアプランセンター様は九州初の“ケアローソン”ローソン八幡前田1丁目店内に併設されており、近隣住民の方を対象として定期的に健康講座を開催されています。

第一部の大塚製薬さんの「脱水予防について」の講座に続き、第二部として痛みを和らげる自分で出来るツボ押し体験として講座を行いました。

肩コリのツボ押し体験では、手が挙がりにくいと言われていた参加者の方も、ツボを刺激すると挙がるようになり大変驚いておられました。ご自身の身体や健康に関して勉強熱心な方ばかりで、次回も腰痛や膝の痛みに関しての講座をして欲しいという声もあがりました。
活動報告 小倉01

 












活動報告 小倉02 

地域包括ケアシステム支援活動報告(小倉)

社会福祉法人 ELDERS 年長者の里 福祉講座

日  時 :平成28923(金曜日)

テーマ「あなたのからだのツボを探します!第2弾

~セルフケアで毎日生き生き!誰にでもできるツボ体験 腰痛編

場 所 :年長者の里 パレス三萩野

参加人数 :利用者様 64名 スタッフ 10

 

7月の講座に引き続きご依頼を頂きました。近隣住民の方や、入居されているご利用者様を含めて64名の方にご来場いただきました。

前回から参加して頂いている方もご来場頂いており、今回は腰痛をテーマに講座を行いました。

腰痛のツボが足にあることに驚かれていましたが、それぞれのツボを探しながらご自身の体の状態を確認されていました。

今後定期的にご依頼も頂いております、今後も東洋医学の理解を深めていただけるよう活動して参ります。
paresumihagino
 

地域包括ケアシステム支援活動報告(鹿児島)

【フライングディスク競技:身体・知的】 in 大津町運動公園多目的広場

 

内容…選手の召集、誘導補助(身体障がいなので手を取ってあげたり、障がいの程度によっては全く補助が要らない選手もいます)、競技の補助(ディスク渡し、記録係など)、大会運営補助


参加歴…10年。熊本では3年目。
きっかけ…19歳の頃に障がい者スポーツ初級指導員の資格を取得し、ボランティアで障がい者と接したのがきっかけでした。
最初のうちは『障がい者』という言葉だけで暗いスポーツという印象。話も通じないのかと思っていました。
しかし障がい者といっても健常者と接し方を変える必要はなかった。大会といっても

記録では無く、楽しんで行ってもらうのが最大の目的です。
20
代のうちは県外へ引越しが多かったのですが、各県に協会があり登録するとすぐに声がかるので参加しやすかった。特に熊本県障スポ協会の方々は家族のように

一丸となって取り組まれており、その熱意に惹かれたました。

これからも運営補助を通じてたくさんの方に楽しんでもらいたいです。
フライング 2











鹿児島事業所:鍼灸マッサージ師 樺山 麻美


地域包括ケアシステム支援活動報告(RUN伴)

RUNTOMO-RROW 2016(福岡版)

~RUN伴(ランとも)とは認知症の人や家族、支援者、一般の人が少しずつリレーをしながら一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベントです。~

 

2016年11月5日。福岡市博多区にある『ふぁみりー那珂』の入居者の方々が、RUN伴に参加されるときいて応援に行ってきました。

本番当日、お天気は快晴。タスキをリレーする通りは太陽の光と風とで丁度よいコンディション。参加される方々は出番を待ちながら、こちらへ向かってくるオレンジのTシャツ集団をワクワクしながら見つめ、タスキを受け取りました。

次にタスキを渡す相手を目標に、前へ前へと!歩行器で・車椅子で・手をつないで・とそれぞれの歩みでサポーター(伴走)の皆さんとリレー。ゴールでは地域の子供達がダンスでお出迎えして応援のみなさんからも大きな拍手が沸き起こりました。晴れやかなみなさんの表情に、応援側も元気がでましたよ♪外でご一緒できて、格別の違う喜びを感じた1日でした。ありがとうございました!
ラン友
 

採用情報
ご利用者様の声
社会福祉活動
ケアマネージャー及び施設の方へ
  • ライブドアブログ