ラグを選ぶとき、既製サイズや特注サイズもたくさんあって、敷き方や、どうやって大きさを選べばいいのかわからなくなると思います。

rugs78
「リビングの広さに最適な敷き方はあるかしら・・・」

「ソファー前に置く場合のラグの大きさは?」

「ダイニングの下に敷く場合のサイズ選びは?」

などなど、皆様色々考えて、色々調べて、それでも悩んでしまいます。
 
そこで、ラグの寸法・大きさの選び方でもご紹介したサイズ選びについて、
AGIのウール織じゅうたんのオーダーサイズについてご紹介したいと思います。



その前に
絨毯やカーペット(ラグ)には、オーダーサイズができるものとできないものがあります。
それは敷物の製法の違いがあるからです。

手織り
IMG_1837
一般的に、手織り絨毯やハンドタフテッド・(衣料・寝具・家具)にみられるカバー敷物などは、企画された既製サイズでつくられています。
既製サイズの寸法ラグです。

これらの製法は、大きなサイズもつくれるのですが、コストや日数が必要だったり、販売的にサイズを決めた企画などによってオーダーサイズができなかったりします。


機械織り
ori6
お部屋のスペースに合わせて敷物をつくるオーダーサイズは、一般的に機械織やタフテッド機械の製法でつくられています。
カーペットのロール反からカットしてサイズをつくることができるオーダーサイズラグです。


一般的にラグを敷くサイズには、決まりはなく、暮らしに合わせて自由に敷物を敷くこと。

国内の場合売り手の企画など、家具に合わせて既製サイズをつくって暮らしを固定させてしまう部分があります。もちろん、インテリアの美しさも大切で、サイズによってその見せ方の基本はプロの世界にはあります。



ライフスタイルに合わせて

rug123

敷物の使い方(敷き方)のパターンを2つご紹介します。

rugsizek6
センター敷き(中敷き)
まわりの床の表情を見せてエリアをもうけてカーペット空間として敷く方法です。
カーペット敷きのフロアライフを楽しむのにエリアをつくるラグとしてご使用いただけます。寝転んだり、遊んだりする場をもうけた生活スタイルに合わせた広い空間を楽しめます。

200×140cmA
ピース敷き
必要な部分にアクセントとして敷く方法です。
インテリアの構成や家具サイズの調和に色柄を少し取り入れるラグに使用されています。
 


AGIのオーダーサイズ
お部屋のスペースに、AGIのオーダーサイズのウール織じゅうたんを敷いた大きさ・イメージをご紹介します。

jyutan15
AGIのオーダーサイズは、カーペットのロール反から長さをカットしてラグをつくります。

AGIのオーダーサイズは、商品の品番に長さの段をみた価格表にしています。原反サイズが幅になります。
例えば、273cm幅の原反から長さ180cmだと ~180長さ(㎝)の枠内になります。

240cm×170cmのラグが欲しいな~という場合には、幅273cm×長さ180cmのから240cm×170cmにカットして縁縫い加工をしてラグをお届けします。

ですのでお届けまで、お日にちを頂いてます

では、幅190cmのソファを置いた10帖のお部屋でラグの大きさを見てみましょう。

ラグ敷きから、織じゅうたんのエリアフロアまで
暮らしに合ったサイズ選び大きさのイメージの参考にご覧ください。
rugsize1
一般的な三人掛けのソファサイズは、幅 185~195cm 奥行き 90cm前後になります。

ソファーとラグのバランスを考えますと、ラグ、カーペットの大きさはソファの幅より約10~30cm程度ほど大きめのサイズが良いバランスです。一般的な三人掛けソファの場合 = 約240×180cm 程度の大きさ がバランスが良いとされています。

この範囲のラグサイズは、テーブルなど置いてソファに座ることの多いライフスタイルの方。
ソファやラグに座ったり、寝転んだりと、くつろぎたい人など。エリアをもうけるのに敷かれる大きさです。お部屋のアクセントラグなど、ソファスタイルに。


rugsize2
この範囲のラグサイズは、家族みんなが集い、ゆったりと落着けるリビングルームやベットの足元にくつろぎのあるエリアをもうけるのに敷かれる大きさです。エリアをつくる置き敷きなどフロアスタイルに。



rugsize3
この範囲のラグサイズは、家族団らんの場であり、くつろぎの場である広いエリアをもうけるのに敷かれる大きさです。織じゅうたんを敷き込んだ、ホテルのお部屋ようなフロアライフなどに。



同じサイズでも敷く方向によってスタイルが変わります。

rugsizek3


rugsizek4


ライフスタイルも変化に合わせたり、家具やお部屋の模様替えに。
ラグはインテリアのアクセントとして、大変有効になります。寒さをしのいだり、寝転ぶスペースにだけ敷いたり、季節によって敷き替えたり、とても楽しいアイテムの1つです。

200×140cmA364×273cmA
ラグサイズと大きさの選び方にはライフスタイルを想像してラグ
を敷くことです。

AGIのオーダーサイズは、お部屋のスペースにあわせてお作りすることが可能です。

1.必要な部分にアクセントとして敷く方法

2.カーペット敷きのフロアライフを楽しむ空間として敷く方法

様々な情報がある中、あまりサイズに固定されず、暮らしに合わせて自由に敷物を選ぶことから敷いてみましょう。