ACL出場からJ2降格へ 柏レイソルの話とハイライト動画


柏レイソルは2010年の名古屋グランパスが名古屋史上最高戦力の黄金時代に


J1優勝したシーズンにJ2で優勝してJ1に復活してきたチーム。




そんでJ1に復帰してきたシーズン2011にグランパスと最後までデッドヒートした


上で史上初めてJ2からJ1に昇格してきた年度にJ1で優勝したチームになって以後ずっと



J1で強いチームやった。




昨年はACL出場権まで獲得して、今期はACLにも出ているのに・・・・



なんとJ2降格圏内におるっていうね・・・・・




柏の試合は勝ちか負けばっかりで引き分けが全然ないのが特徴で



今年は負けがすごく多い。




W杯中断までは真ん中くらいの順位にいたのに



中断明けの4連敗が非常に痛かった。



そんで横浜マリノスと清水エスパルスとの直接対決2連戦を連敗して


ついに降格圏内突入となった。



正直直接対決3連戦で3連敗北したら降格でしょうね。



重要な2連戦で2回とも簡単に0-2にされる守備陣が問題で


特にマリノス戦の3点目はなんかレイソルのターニングポイントになった気がするな。






マリノス戦のハイライトをどうぞ









Jリーグ 今年の降格争いは、未曽有の混沌!!!


今年のJリーグは残すところあと8試合。



今ラストスパートが始まろうとしている。





そんな状態ですが、シーズン2018は首位サンフレッチェ広島とそれを追う2位


川崎フロンターレ。この2チームに優勝が絞られております。





なので残りのチームの大半は、残りの試合が上位にも下位にも影響せん


みたいななんともモチベーションの低い試合になりかねません。






そんな毎年の状況とは、一味違いまして、今年はJ2降格争いが大変なことに


なっています!!!!







ーーーー7チームが巻き込まれる混沌の争いーーーー





このくらいの終盤期には、いつももうこのチームは降格決まったねみたいな


ダントツで最下位のチームがあって残りの枠をあらそうみたいな構図になるんやけど



今年はそんな感じじゃない。





残り8試合の時点での順位表




9位  浦和レッズ  勝ち点  35

10位 清水エスパルス  勝ち点 34

11位 ジュビロ磐田 勝ち点 33

12位 名古屋グランパス 勝ち点 31

13位 湘南ベルマーレ 勝ち点 30

14位 横浜マリノス 勝ち点 29

15位 サガン鳥栖  勝ち点 29

16位 柏レイソル  勝ち点 29

17位 ガンバ大阪  勝ち点 27

18位 Vファーレン長崎 勝ち点 24






みよ!!この混沌の下位争いを!!




毎年3チームが降格するので下3つの枠を争うんです。


今年から16位がJ2のチームとの入れ替え戦になったのでまだ残留の望みが出来ました。



が、それを差し引いてもこの順位表はヤバすぎるでしょ!!!





16位から勝ち点差6ポイント以内に7チーム。



全部で10チームが降格争いに巻き込まれているという大惨事です。





この中で一番不利なのは戦力的にも勝ち点的にも厳しい長崎です。


次にやばいのが勝ち点27のガンバ大阪。




そしてその上に柏鳥栖横浜と3チーム並んでます。



降格圏内の16位柏と同ポイントの勝ち点29のチームが横浜鳥栖



そんで29と勝ち点30の湘南と勝ち点31の名古屋は1試合で順位がひっくり返る


危険な位置に。


磐田と浦和と清水はいうても3ポイント以上離れているのでまだ安全地帯です。






浦和と清水は勝ち点・メンバー的にみてさすがに大丈夫やと思いますので



本命のガンバ・長崎に勝ち点29の柏・横浜・鳥栖


そして湘南名古屋磐田の8チームで争う形になると思います。




僕は名古屋が最下位の時に長崎・ガンバ・湘南を降格の予想にしています。






次回の試合は今週末





この8チームの中で重要なゲームになりそうな試合は




磐田と横浜の直接対決!!


磐田は負けたら降格圏内と勝ち点差が3以下になります




そして最大のビッグマッチは現在16位と降格圏内の柏レイソル


VS同じく勝ち点29のサガン鳥栖の直接対決




次節はこの2試合に注目です!!

仕事の話



最近、仕事が思うように進まなくてイライラしたり不安な気持ちになることが多いです。




自分は商売人なんで、自分がある程度真面目に頑張っていても



必ず結果が出るとは限りません。




思っているよりも利益が伸びてこなくて、よくない。





自分、某自動車メーカーの営業員ですが



年間の販売利益の順位で毎日切磋琢磨しています。




9年間東海地区トップ10に入ったことがなくて


10年目の時に半年終了時点で5位やったんで、これは狙えると思ってがんばったら


いきなり1位とれたんやよね。





んで11年目は王者としてスタートするわけやん。



なので上からのスタートで


上におってふつうです



これをキープするのってここまでしんどいんかっていうくらいしんどかった。



トップ3くらいにおってふつうやから12か月間それをキープしやんといかんみたいな



で、うち半年で1回表彰されて年度末に年間表彰がみんなの前であるんやけど



オリンピックと同じで3位までが表彰圏内。



シーズン11年目の目標はあくまでも東海1位の座をキープすることが目標やったけど


最低限度3位以内で半年と年間で2回表彰台に上がるという最低限度のノルマを自分に


化してました。





結局、半年の時に3位で、最終的に2位でフィニッシュして終わり。




そのシーズンはほんとにイライラすることが多くて周りにもいろいろ迷惑かけたり


やらかしたりした、



これまで10年上だけめざしてやってきて、上に立って上を守ろうと切磋琢磨して


それで分かったんやけど




自分に1位は向いてない。というjか1位でおり続けるぺーすで動いていたら


周りに迷惑かかりまくりでだれも下のもんが慕って付いてこないわ。





それに気づいて一回り成長して帰ってきた12年目。



このシーズンはシーズン10年目のような奇跡的な爆発力とか


終始なかったんやけど



ずっと上位やった。12か月で12回順位が変動する中でさいしょから最後まで順位が3位


以下になったことが一回もなかった。



たぶん僕のここまでのベストシーズンやった。




まぁ3位フィニッシュやったけどあんま気にならなかった




3年間トップ3に入り続けたことで


10年目 金メダル 11年目 銀メダル 12年目 銅メダル



1こずつ後退していったけど3年連続表彰台に上ったことで会社内で僕は


上位の常連という確固たるポジションを築くことができた。




世界のサッカーチームでいうたら イタリアの名門 ユベントスみたいなものです。




それが今季は開幕からなんかあんまりよくなくて


ここまでじゅんいを大きく落としております。




12か月の勝負で今5か月終わったところ



今月終了時点で半年表彰なんですけど



自分、5か月終わった時点で・・・・・・・12位です。




半年表彰は絶望的やな。




ここからの巻き返しでどこまであがれるのでしょうか??




とりあえずちょうし悪いです







記事検索
プロフィール

ago_gogo

  • ライブドアブログ