グランパス日記 第32節 大分トリニータ戦 ハイライト動画 痛すぎる敗戦


グランパス日記 第32節



32節の相手は前半戦で1-4とカウンターから大敗した大分。


掲示板でも 「名古屋全然強くなかったね」


って言われてるんで今回のホームでは絶対勝ちたい。




横浜・水戸の悪い流れをこの試合で勝ちきって払しょくする、




上位にとどまるためにはこれが絶対。








大分戦は水戸と同じくドン引きカウンターを狙うチームなので名古屋にとっては


めっぽう相性が悪い相手、というかここまでパスサッカーでポゼッションサッカーを


重視する風間サッカーをつぶすべく、どのチームも中盤・ゴール前共に激しくプレスを


かけてきてロングボール主体の攻め方を一貫して貫いてきました。





パスを回そうにもFWもMFも激しくプレスしてくるので序盤戦から中盤戦に



かけては上手くボールが回せずに苦しんで来ました。





中盤戦以降は連係がアップし、風間監督の目指すサッカーも次第に浸透してきたことで


パス回しでうまくいなすことが出来るようになり、さらにディフェンス新井の加入で


守備にも芯がしっかり通り、攻撃ではシャビエルの加入後もともと強かった攻撃陣が


J2で間違いなく最強の攻撃陣と言われるほど攻撃もぶあつくなった。




これで5連勝していい感じに順位を上げて絶望的かと思われた2位争いにも


参戦するまでにいたったのに、横浜でも自滅、そして水戸の引き分け。





水戸の引き分けをみて、中盤での激しいプレスをいなせるようになった名古屋に対する


新しい対策が効果的だということが明るみに出ました







ゴール前でも人数をかけて点をとりにくる名古屋にたいしてはペナルティエリア付近に


8人くらいの超ドン引き守備で守っておもいっきりロングボールを蹴りこむ。





大分は忠実にこれを実行してきました。




数年前のアジアでの日本対バーレーンの試合って言ったら分かりやすいと思う。






8人くらいで守られて攻めきれない名古屋とロングボールほうりこみの大分の


試合は第3者がみたら15分でみるのを辞めるようなおもんない試合。





最終的に0-0で試合が進み、後半終了間際にCKを決められて0-1で負け。







いや、正直ここまで守りぬかれるとキツイし観ていておもんない。







この試合で負けたことで3試合あしぶみしてしまったことで順位を5位まで後退させた


事が痛いけど、この試合ではやっぱり守りまくればいいんだと思わせてしまったことが


一番痛い。そしてそれに匹敵するくらい痛いのが守備の要、新井が今シーズンを棒に振る


大けがをしてしまったこと。





これにより、残りのシーズン守備の要を失い、下位のチームにも超ドン引き戦術で


苦しめられるでしょう。



そして、中盤戦で連敗して失った順位を攻撃の好調さと新井シャビエルで


取り戻してついに流れに乗ったのに、これで流れが失われた。




正直残りの試合はここから10試合ですが、嫌な予感しかしない。






とりあえず、次の金沢戦に勝ってラスト10をなんとか乗り切ってほしい。












ハイライト  名古屋 VS 大分






















 

ミニスーファミプレイ日記 ゼルダの伝説 その1


先日、復刻版スーパーファミコンを買った話はしましたよね



かつての大人気ゲームが21作品と本体、配線、コントローラーが2つ同封されている


状態で8000円。これは破格です




現在12000円ほど価格が上昇している見込みですがファミコンの時とちがって


生産台数が多いもんですから、もう一回言うけどまだ買えるぜヾ(´ω`=´ω`)ノ






さぁ、今回からはプレイしたゲームの話をいくつか書いていきます







まず電源を付けると、20本のソフトが選びほうだい




ヒャッハー( ´_ゝ`)ノ




IMG_8155











今回は1人プレイなので1人でやるのに向いてるゲームをしよう。






僕はスーファミのゲームの中ではゼルダとメトロイドがめちゃくちゃ好きなんで 



今回はというか一番最初にやるソフトは




「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」



にします









ゼルダはファミコン・スーファミから始まりゲームボーイや64とかWiiとか


おそらく一番新しいので僕が知る限りではゼルダ11とかやと思います。




その中でもこのスーファミの 「トライフォース」 は最高傑作やとおもうんですよね。





では、どういうゲームかまったく知らん人もおるやろうし、プロローグとどんなゲームなんか


っていうのを簡単に説明します!!





じゃ、プレイ開始







IMG_8156











くそ懐かしいんですけど(T_T)






これが一番最初にプレイ開始したばかりの画面です。


最初に、名前を入力してプレイ開始にするとこの画面になります。





ちなみに初期設定で主人公の名前は 「リンク」 なのでリンクでプレイ。



ここは主人公の家で、今は真夜中。



近くにひとはいないのに、なぜか脳裏に声が聞こえてくるんです。





「私はお城の牢屋に閉じ込められています・・・・・だれか助けて・・・・」






まずお城の牢屋を目指すことからしたらええんね(*・ω・)ノ。








プレイ開始時点で主人公が出来ることは





・ものを調べる


・軽いものを持ち上げる






・・・・・・・・・以上です








走ることも・攻撃することも・防御することすらできない。






ここから主人公が出来る事が1つ1つ増えて行って行けるところが増えて



そしてダンジョンの謎を解いて進んでいく。




これがオモロイんです。レベルとかはないです。




マジでオモロイんです(^^)/





IMG_8157











さて、声にいざなわれるままにお城をめざそう。



その前に部屋にある宝箱を開ける。





中にはランタンが入っていた!!!!






これでAボタンで・・・・調べる


Yボタンで・・・・・・あかりに火をつける





これが出来るようになりました。






お城を目指すんですけど・・・・当然真夜中の訪問者を正面の門から入れてくれる


はずがなく、門前払い。





なので中に入る抜け道を探すことに・・・・・・・









抜け道はある場所の草をもちあげると秘密の隠し通路が出てくるんです。




IMG_8158













ここから侵入すると・・・・・・






IMG_8159












主人公の家族が瀕死の重傷を負っているではないか






ここで剣と盾をうけとり、一族の秘伝剣術を使える血筋であることを


聞かされる。






ここから本格的にゲームがスタート





Xボタン・・・・・現在地と地図


Yボタン・・・・・・アクションボタン (今はランタンがつかえる)


Bボタン・・・・・・剣で攻撃する。B長押しで一族の秘剣がつかえる



Aボタン・・・・・・調べる







これだけのごく単純なことしかできない。







IMG_8160










あとはダンジョン お城を攻略していくのだ。



ダンジョン内は散策しつつ、敵を倒していく。






基本的にはそのダンジョンにいるボスを倒したり、目的のものを手に入れるために


ダンジョンがあるんやけど、今回は牢屋のお姫様を助けること。




ちなみに主人公がゼルダやと思っている人が多いんやけど



ゼルダはヒロインのお姫様の名前や( -д-)ノ。








で、普通に敵を倒しても牢屋には行けない。





ダンジョンの基礎として、鍵で閉ざされた部屋がある。





で、上の写真みたいに鍵を探す。




鍵はどこかに隠されているか、どこかの敵を倒すと出てくるかのどっちか。




鍵を探しながら進んでいると牢屋があるけど当然開かない。





ゼルダのダンジョンは共通して 「大きなカギ」 っていうダンジョンの重要な


扉を開けるために必要なマスターキーを探すようにつくられている。






この鍵を探してゼルダ姫を助けて、そして脱出する・・・・・





これがゼルダの伝説の一番最初の場面なのだ




そうして伝説が始まることになります。





IMG_8161










グランパス日記 第31節 水戸ホーリーホック戦 ハイライト動画  これがアウェーの洗礼ってやつか!! 


グランパス日記 

J2からJ1へ昇格を目指して戦うグランパス


2位までが自動昇格できるリーグ戦で2位との勝ち点差9の状態から5連勝。


2位との勝ち点差を5とした横浜FC戦で後半開始早々の退場というみずから自滅する形で


敗北を喫した第30節。




上位を目指す上で負けることもあるだろうけど2試合続けて停滞するわけにはいかない。




アウェーでの水戸戦に臨みます。









ーーー意図的に作られた最低の芝生ーーーー






僕はJ2リーグは今までしっかり見てませんでした。グランパスがJ2落ちしたという


こともあって今季は名古屋のすべての試合を全部観てますけども


まぁJ2アウェースタジアムだと申し訳ないけどJ1ではあまり見かけられないような


スタジアムとか、閑散としたスタンド席やったりとか、そういうものがちらほら見受けられます。




この試合は開始前から異様な雰囲気を感じたんやけど




グラウンドの芝生がJの公式戦が行われるレベルには到底達してないような


ボコボコの荒れたレベルやったんです。



日本代表のアジア予選でアウェーで見かけるような。




このスタジアムのひどさは調べたら掲示板とかで他の人たちも指摘していて


水戸のサポによるといつもはここまでひどい状態じゃないとのこと。




つまりパスサッカーを主体とするグランパスに思うようにサッカーをさせまいとする


アウェーの洗礼ってやつで、意図的にグラウンド状態が悪くさせられていた。




ホームのチームが有利になるように多少の試みは暗黙の了解で行われているけど・・・・・




これはホントにJリーグを行う日本のグラウンドなのかっていうほどにヒドイ。





そしてJ2のチームはボールをつなぐ技術が低いので攻撃がロングボールを多く



つかって一発を狙う事が多いんですけど、水戸はその中でも極端にタテポンに特化した



チームで、ドン引きで守りまくってめちゃくちゃ足の速い選手を2トップにしてスペースに



向けてロングボールを蹴って走りこませる。





これしかしてこないんですね。








荒れたピッチで思うようにパス回しが出来ないところをハードにプレスプレス




そして水戸陣内にボールが入ってきたらゴール前を8人で固める。



そして思いっきりロングボール。




観ていてフラストレーションがたまる試合やった。





それでもグランパスの攻撃はやはり高くてきれいなパス回しで2・3回は


決定機作ったけども決めきれず。逆にプレスからなんかあたふたしてるところを


押し込まれて先制されます。




後半にシャビエルのCKからシモビッチが高さで決めて同点に追いつきますが



ここで試合終了。






あんなけひきこもられて荒れたピッチにロングボール繰り返されたら



きっついわ。




これで前節負け今節引き分けで1歩しか進んでいませんので次節勝利必須です。









ハイライト動画  J231節  グランパス  VS 水戸ホーリーホック















































 
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ