2011年04月

VS海賊団


先週末はフットサルの試合で五ヶ所(地名)へ行ってきました。

今回は柳ジャパンとしてではなく、オクトパス8として。

対戦相手は極楽海賊団

こちらのメンバーは色んなチームの混合チームでした。

まず、オクトパスからむかさん・いのさん・よねさん。

柳ジャパンから僕と川と柳・ほんだくん。

アンフィールドから二人にハイランドパークから一人を加えた10人でした。

4チームの集まりでしたがアンフィールドのめがねくんは何度か試合したので知っていたし、
もう一人の通称 バンプ は先日一緒にカラオケで仲良くなりました。

で、ハイランドのやつは高校時代に一緒にボールを追いかけたやつだったので、
僕にとっては全員顔見知りで色んなところでつながっとんなぁー、て感じでした。

で、試合はですね、完敗でしたね。。・゚・(ノД`)

海賊団は運動量が半端なく、プレスがめちゃはやいのですぐボールを奪われてしまいます。
そこからの動き出しも早いうえに個人技も圧倒的。

おまけにコースが空いたらどこからでもシュートを打ってくるのでがっちり守ることもできずに
めちゃくちゃにやられました(´;ω;`)

こんなに手の施しようがないくらいやられたのは僕がフットサルやってもうすぐ1年ですが初めて。

いや、ほんと強かったわ。女の子のみチームともやったりとかしたし、圧倒的に個人技のある人達と
やれたりとかしたので僕としてはいい経験ができてよかったです(*'-'*)

男子の部、女子の部との試合が1試合づつビデオに撮れていたので次の試合に向けて
相手の動きを参考にさせてもらおっと。

では。

予選終盤戦

ACLも4試合を消化して残りは2試合。序盤戦で一事はどうなることかと心配した日本勢ですが、なんとか盛り返したなぁ~。

さすがにACL出場チームは難敵そろいで東アジア予選に出場した16チームのうち、敗退が決まったチームが1チームもないということからもレベルの高さと今大会の拮抗具合がわかります。

このあと2試合で8チームが敗退して8チームが次のラウンドに進出することになります。日本勢4チームは果たしてどうなるのか。今後の見解です。

グループE

グループEのガンバ大阪は何の問題もなく予選突破できると思ったけど、まさかの大苦戦。
先日の試合でようやく巻き返して勝ち点6の2位。4チーム全てが勝ち点3差以内なので2試合とも重要な試合になります。
次はオーストラリアでメルボルンと対戦しますがここで負けるとかなりヤバイですね。この試合を引き分け以上で終えて最終戦に勝てば問題なく予選突破ですし、現在2位なので1勝1敗でも突破の可能性がまずまずあることから突破の可能性は60%と予想。

グループF

グループFの首位は勝ち点7で名古屋。
名古屋はもっとも強いであろうFCソウル戦がもうないけどこちらも4チームともに勝ち点3以内にならぶ混戦。
ACLで厄介なのは勝ち点で並んだ場合、得失点差よりもそのチームどうしの対戦結果が重視されるという点で、前回負けてしまっている杭州には勝ち点で並ばれると非常にやっかいだ。
なので次のホームでの杭州戦が勝負どころ。
勝てばほぼ予選突破だが負けると杭州に勝ち点で並ばれる上にUAEでのアウェーに突破を賭けなければいけないので大ピンチ。ホームで杭州には悪くて引き分けかなと思っているので予選突破の可能性は60%。

グループG

グループGのセレッソ大阪のチームには頭1つぬけて弱いチームがあるので、残り3チームの対戦結果が重要で、全北現代の突破はほぼ決まり。
最終戦でセレッソと山東の勝ったチームが予選突破ということになります。
次の試合で山東には「引き分けでも突破」の状況をつくりたいところですが、なんせ最終戦の直接対決次第。ちなみに中国では0-2で負けてます。
今回はホーム。地元の大歓声を受けて始めてのACLで決勝トーナメント進出を果たせるか。
1発勝負で突破の可能性は五分五分。

グループH

死のグループで死闘を続ける鹿島は現在勝ち点6の2位。
このチームには強いチームが多いです。鹿島ならよっぽどのことがないかぎり負けないと思いますが、勝ちきれないかもしれない。ただ、のこり2試合ともにホームゲームなので、確定ラインの1勝1分けで終える可能性はかなり高いと思います。なので突破の可能性は70%。

以上、4チーム共に僕の予想では5割以上の可能性があると思っているんですが、4チーム共に突破できるかどうかは微妙なところだと思います。僕は日本の4チームとも応援してます。絶対4チームともにトーナメントに進むんだ!
5月の4~11の7日間に残り全ての日程は開催される予定。4日の名古屋対杭州戦は再び現地まで観戦に行ってきます!!

南米選手権について

南米選手権の話ってみんな知ってる?

たぶん、サッカーやってない人とかでも、この前のアジアカップのザックジャパンの活躍はニュースとかで見たと思います。

サッカーには4年に1度、大陸王者を決める大会があって、今年のそれはアジアの大会でした。んで、もちろん他の大陸にもあって、たまたま南米の大会も今年あり、いつも南米大会には他の大陸からゲストが招かれるんやけど今回のゲストは日本に決まっていました。

日本としてはねがってもない話。アジアよりレベルの高い大陸のほんきの勝負が出来るなんて、日本側からしたら経験と言う意味では計り知れないくらい重要な意味を持つ。

が、大地震の影響で日本は出場を辞退しました。これはリーグ戦延期に伴うもので、リーグに出場する選手を使うのは難しい。海外組も半数位はクラブ間の都合でこれないだろう。と言うのが理由です。

しかし、ここで今回の南米選手権の開催国であるアルゼンチンサッカー協会がなんとしても日本に出場してもらおうと説得を試みてきました。

国の協会の判断って簡単にくつがえるものじゃありません。僕は正直無理だと思っていました。が、これに南米のほかのチームも賛同。南米が南米連合として日本の出場に働きかけてくれるという事態に発展しました。

とてもありがたいことです。

これについにFIFAも日本の協会も動き、海外の選手主体で望むという方向でおおむね話がまとまりつつあります。「われわれが責任をもって海外クラブに話をつける。だから必ず南米に来てください。」といってくれた南米連合の対応は本当にありがたい。最終決定は14日に行われますが、いまのところ7割くらい出場の方向に傾いています。

このどんでんがえしにより、再びザックジャパンが見られる可能性が高まりました。しかもほぼ海外組の夢のチームがです。

まずは14日次第ですが、最後にもし、実現した場合、かなりリアルに近いであろう南米に行くザックジャパンのメンバーを僕が予想してみました。

このメンバーなら出場が成立する

ゴールキーパー
・川島(リールス)
・権田(FC東京)

ディフェンダー
・吉田(VVV)
・槙野(ケルン)
・今野(FC東京)
・長友(インテル)
・内田(シャルケ04)
・安田(フィテッセ)
・徳永(FC東京)

ミッドフィルダー
・長谷部(ヴォスフスブルグ)
・細貝(レバークーゼン)
・阿部(レスター)
・松井(グルノーブル)
・家永(マジョルカ)
・本田(CSKAモスクワ)
・香川(ドルトムント)
・宮市(フェイエノールト)

フォワード
・森本(カターニア)
・岡崎(シュツットガルト)
・カレン・ロバート(VVV)
・矢野(フライブルグ)

名古屋にてその2

ふく

グランパスの試合がナイトゲームのため、お昼は名古屋周辺をぶらぶら、大須に買い物しにいきました。ほんとはプラネタリューム見に行きたかったんやけど、人がおおすぎてチケットが取れなかったんだよ!!コンチクショー!!

まあ、それはべつにかまへんのやけど、僕は昔から大須をぶらぶらするのが好きで1人でも来たりします。なんか、普通の田舎の商店街みたいな雰囲気がいいよね(*゚∀゚)っ

いろいろお店をみて回ってTシャツとくつを買いました。2点で5000円でした。安いなぁー。

んで、今回の話のメインに移りますが、大須をぶらぶらしていたらメイド喫茶を発見!!せっかくの機会だし、お茶を飲んでいくことにしました。

IMG_0487

「突撃!!メイド喫茶!!」

まず、メイド喫茶のシステムについて。お店としては喫茶店で、来店中はメイドさんと写真をとったり会話を楽しむことができます。そのかわり1時間ごとに500円とメニューを最低1品注文しないといけません。

キャバクラならオーダーと別で1時間3000円とられる位なんで、よっぽど良心的で敷居が低いシステムだと思います。別の意味で敷居が高いけどね('A`)

いざ、入店。「おかえりなさいませ、ご主人さま

メイドさん・・・かわいい(*'-'*)
受け付けでメイドさんに上記のシステムを説明してもらいました。まず始めにカウンターかテーブルかを選択。カウンターのほうがよりメイドさんと積極的に会話ができそうな感じでした

僕はテーブルを選択してアイスコーヒーをオーダー。この時点でなにも設定しないと自動的にメイドさんは「普通のメイド」になります。ここはお屋敷の中で、ぼくはそこの御曹司みたいな設定に強制的になります。

また、ここでオプション(無料)でメイドさんのキャラをツンデレにしたり「妹キャラ」にして呼び名を「ご主人様」から「おにいちゃん」にすることも可能でした。

まぁ、その辺は無難なチョイスに無難なメニューであたりさわりなくメイドさんと楽しく会話させてもらいました

ちなみにその時お店には僕以外に3人男性がいて、それぞれカウンターに座っていました。1人は30歳以上のおっさんで紙袋にアニメグッズぎっしりつめこんでた。あともう一人はとくに普通でもう一人はメイドさんととる写真をスゲー分厚いバインダーに入れてて写真ぎっしりやった

同い年くらいの真ん中の人は特にふつう・・・やとおもったんやけど呼び名がおにいちゃんと呼ばせている。

ほほう、どうやら妹キャラ好きのようだ。

基本、みんな会話はアニメの話が多かったかな。エヴァの話とかひぐらしの話とかけいおんの話とかひぐらしのはなしとかひぐらしのはなしとかばっかりやった。

この3作は知ってて基本、みたいな雰囲気やったなー。

僕はエヴァの話なら大概の話題は 問題ない( -д-)ノ

ただ、話題がヒットしてなさげなかんじなら、すぐに違う話に変えてくれるし普通の話題中心でも大丈夫そうなかんじやったんで、そんな敬遠することないと思うし、興味本位で入るのはアリやと思ったなー。

なんて、思っていたら全身パンキッシュな風情の女性が3人くらい入ってきたところで僕はドロップアウトしました。

もちろん出て行くときは「ありがとうございました。」じゃなくて「行ってらっしゃいませ」でしたよ。

そんでちゃっかり僕も写真とってもらっらりして(*´∇`*)

めいど


名古屋にてその1

なごや

さて、ACLの名古屋対FCソウル戦を見に行ってきました。日韓の王者対決です。

名古屋のフォーメーションは3トップの下に2人のトップ下を置くおなじみの超攻撃的4-3-3。
守備陣は楢崎、トゥーリオらベストメンバー。ボランチに中村、トップ下に10番小川とザックジャパンの藤本、3トップは真ん中にケネディ、ウイングに金崎と玉田に代わってU22日本代表のエース、永井がスタメンで登場。永井は初のスタメン出場です。

今回のACLで、日本チームはかなり苦戦を強いられています。ここで韓国王者を叩いて明るい雰囲気にしてほしい。また、名古屋はこの試合を落としてしまうと予選突破がむずかしくなります。ホームだけに絶対に負けられません。

名古屋に勝利を!!日本に勇気を与えてくれ!!

ホームでの大声援の中でキックオフ!!立ち上がりから名古屋が押し気味に試合を進めると15分、カウンターから藤本のロングボールに永井が走りこんでDF1人をかわしてループシュート。これがゴール右に吸い込まれて名古屋先制!!そのあとも永井の高速ドリブルと中心に名古屋が押し気味に試合を進めます。
FCソウルもサイド攻撃で何度もクロスを上げてきますが191センチの増川とトゥーリオのディフェンスコンビの空中戦の強さは絶対的で危なげなく守って1-0で前半終了です。

迎えた後半、FCソウルはサイドからのクロス主体の攻撃からどんどんドリブルで突っかけてくるように修正してきました。もともと名古屋は布陣が攻撃的なのにボランチにも攻撃タイプの選手がいることから中盤でなかなかボールが奪えません。そんな中でワンボランチのスペースを付かれてどんどん攻め込まれていき、後半20分にミドルから同点ゴールを奪われてしまいました。

このあとも攻め込まれる時間が続きますが名古屋の守備陣は基本的に安定していて、最後のところはしっかり守っています。
ただ、今年は中盤の運動量が少なくボールを回されすぎなところと、藤本が周りとかみ合ってなくて攻撃が良くない。
前線でゲームメイクできる玉田が不在で金崎の突破も全然だめで、クロスからのケネディと永井のドリブル頼みといったところですが、攻撃の連動性がなく1-1のまま後半ロスタイムへ。

最後まであきらめないサポーター達の大声援を聞け!

ロスタイムにトゥーリオとケネディの2トップにする「最終兵器」が飛び出しますが得点は奪えずラストのFKからのエリア内で小川のダイレクトボレーもゴール上に外れて試合終了。

勝ち点1。悪くない結果でしたがあまり良くない結果でしたね。ただ名古屋の攻撃に連動性がないのがすごい気になったなー。あとはシステムの問題やけど、ボランチは守備能力の高い吉村にしたほうがいいのでは?

ダニルソンとブルザノビッチが長期離脱中なので、それまでは2ボランチでいかないとボールがうばえないよ。このまま修正なしなら予選敗退の可能性は高いと思います。

ただ、永井にはびっくり。ジーコジャパンでも岡田ジャパンでも玉田はFWとして活躍してきたけど、攻撃力はすでに玉田を越えているしこの日攻撃を牽引していたのは永井やった。すごい選手や彼は。

後半は押されまくったけど決定的な場面はあんまりつくられてなく、逆にほとんど攻めれなかった名古屋には2回ビックチャンスがあって、永井の無人のゴールへのシュートと小川のボレーのどちらかが枠を捕らえてたら勝ってただけに残念!来週の試合は見に行けないけど次こそは勝ってほしい。
なごや2
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ