2012年01月

土日


先日の土曜日はアスキービギナーコースに行ってきました!!

この日はまえでくん・にしかわ・あっちゃんが参加していまして、ワイワイ

楽しくやらせてもらいました。

IMG_0764

普段、火曜日のうまい方たちにもまれているので、初めは土曜日でも

いっぱいいっぱいでしたが、最近は落ち着いてプレーできるようになりましたよっ( ´_ゝ`)ノ


アスキーのコートでたくさん走って翌日の日曜日は


オクトパス8の練習に参加してきました。

小俣オールスターズのTさんが来てましたね。

久しぶりに行きましたが、エンジョイ出来ました。


今週は、火曜のアスキーオーバー30・金曜日の宮中フットサル

土曜日のアスキービギナーに参加するつもりです!!


がんばって練習するぞーっ(・∀・)つ

IMG_0763

CD



去年、色々な曲を聴きましたが、最終僕の中では

サカナクション 「夜の東側」

が一番良いと思った。



今年はまだ1ヶ月ですが、ぞくぞくと良い曲にめぐりあうことが出来てます。


まえから聴きたいとおもっていたけど、なかじんに聞いて

購入したSupercellのアルバム。

「Love&Roll」って曲が聞きたくて購入したけど、他の曲もかなり良いです。

IMG_0737


あと、最近よく聞いてるアーティスト

coaltar  of  the  deepers


Galileo  Galilei


特に「DEAR FUTURE」と「明日へ」がおススメ。

いっぺん、聴いてみてーー。

個サル

昨日はアスキー個サルに行ってきました


この日の気温は3度。それでも25人以上の人が集まります




初めに10分ほどのアップから始まります。

2つのグループに分かれての対面パス。パスを出したら反対側の列へダッシュ


コートの端から端へのパスなのに全員トラップなしのダイレクトパス。

この時点で全員ビギナーではないことが分かります




アップが終わると6つのチームにランダムにわけ、2コートを使って7分間3チームでの

総当たり戦を行います


んで、一回りしたらまたシャッフル。この流れを3回やりますんで、7分ハーフの試合を

3試合こなす相当の運動量が得られます



25~30人のメンバーがいるけど、3割はサファリさん、レザボアさん、BARさんのメンバーで

(この人達を鯖犬というらしい)


全体の8割の人は松阪市民リーグでやってる人やと思う。多分


僕を含めて公式リーグでやってないっぽい人が5・6人という組み合わせ。




エンジョイではありますが、要所要所でハイレベルです

今日もみっちり2時間トレーニングできて楽しかったです。




この日交代でゴレやってるときに強烈シュートをセーブして左手首を負傷しました。

痛いよぉーー(ノ◇≦。) ビェーン!!




相手ゴレはサファリさんとこの通称「キリスト」さんでしたが、鍵をかけたみたいに

ゴールが固いねΣ(゚д゚;)。

取られても1失点、つまり2点とられたら負けるわ。





そんな感じで2時間が過ぎました

次は土曜日のビギナーコース。


土曜はASWのにしかわ・まえでくんにあっちゃんも来るっぽいので、4人で

同じチームでやれたら楽しいやろうな


では。



(前の画像ですが)
IMG_0688

ゲーム


ここ1年くらいの話ですが、さいきんめっきりテレビゲームせんくなった

だいたい一ヶ月に2時間もやらないくらい。




5年くらい前までは友達がうちに遊びに来て、朝方までゲームとかあったんやけどなぁ


まぁ、何が言いたいのかといいますと、何でかしらんけどもう少しゲームをやろうと思った




一番先に手をつけるべきは買って途中まで進めたFF13と3時間くらいプレイしてから

止まってる戦国BASARAなのですが・・・・・



これをいうと確実におっさん扱いされてしまうと思うのですが・・・・(´;ω;`)

なんでやらんくなったかて、僕は夜は基本お酒が入っているんやけど、酒が入ったからだには

PS3の画面はリアルすぎて気持ち悪くなってくるのさなぁ(´Д⊂)




と、いう上記の結論から昔のゲームをプレイしてみようと思う





めっちゃ昔、10年以上前の学生時代にハマったゲームの中から選ぼうかなぁ。

1人でやるゲームで僕がハマるのってだいたいロールプレイングゲームで、

3つ、他の追随を許さぬほどにおもろいと感じたゲームがあるので

そこから選ぶわー





今までで1番ハマったゲームは中学の時にやった「FF7」っす

これ、どこが面白いとかそういう次元ではなく、全てが面白い。




特に良いのは全体の世界観かな。あのどくどくの感じに一度引き込まれると

はなれることが出来ないような状態になる

たまに、昔の場面がフラッシュバックしてきたり

己と自問自答するところが断片的に現れてきて、最終、伏線が回収されてなぞが繋がる

ところがいいよね

序盤の回想ですでに主人公がセフィロスに殺されているのは

なんでや??

みたいな。そういう・・・なんつーか、サスペンス的な要素のある「内容」が

濃いゲームやよね(′∀`)。






2番は小学校5年生の時にやった「ドラクエ5」

当時スーパーファミコンでやって、あまりに面白くて時間忘れて何時間もゲームしていたら

親にスゲー怒られたっていう記憶のあるゲーム


これ、当時12歳やった僕がとても魅力的に感じたのはさ、普通こういうゲームって

主人公が勇者で、魔王を倒して世界を救う・・・みたいな設定がデフォルトなんやろうけど

このドラクエ5の場合、主人公が勇者じゃないんすよ



主人公がモンスター使いってのが斬新。見方パーティも毎回同じメンバーではなく、

倒したモンスターの中から仲間にしたモンスターと一緒に戦うって設定に

心奪われたなぁー

今考えると、最初父親と一緒に戦う幼少主人公が成長して、結婚して、自分の息子と

一緒に戦うってなんてスケールのでかいゲームなんや



ゲームの中で40年くらいの時が流れてるんじゃないか??

とりあえず、6匹まで連れて行けるモンスターの中で「スライムナイト」と「おどる宝石」は

毎回固定メンバーやったなぁーー






3つめはですね、僕が始めて新品で買ったソフトなんすけど、

小学校6年の時に買った「クロノトリガー」


これ、キャラクターやモンスターのデザインがドラゴンボールの作者、鳥山先生でスタッフが

FFとドラクエ、RPG界の2大勢力が手を取り合って作ったっていう伝説のゲーム(((( ;゚д゚)))。


ドラクエ5が40年の時を駆けるなら、こちらは時空を越えて数千年の時を駆けますよぉーー




RPGの戦闘シーンって普通にキャラが一人づつ攻撃するもんですが、キャラの組み合わせ

で2人わざ、3人わざってのが使えるところがツボったなぁ


僕は毎回主人公・カエル・ロボットの3人が序盤の固定メンバー

カエルがメンバーにおるといちはやく主人公との2人わざ「Xぎり」が使えるんすよ。

んで、ロボットが仲間に入ってくると「Xぎり」のあとにロボットが体当たりをくらわせる

3人わざが使えて、そればっかりやっていたなぁ



物語中盤からはロボットを外して、より攻撃力の高い原始人を固定。

ちなみに僕はカエルと魔王の因縁にケリをつけるため、毎回魔王は

仲間になりません


ストーリーもめっちゃ面白くて、「伝説の剣 グランドリオン」をてにいれたカエルと

一緒に魔王城に乗り込むシーンとか最高すぎるわ。(*゚∀゚)っ



以上のことからどれかをもっかいやってみようと思ったんやけど、

先日、iphoneのアプリで「クロノトリガー」が出ていることを発見




1200円の価格も躊躇なく購入

どうもスーパーファミコンの時には存在しなかった追加ダンジョンが2個あるみたいだ。

これと、DS版ドラクエ5を暇な時にでも30分位やってみることにします。v( ̄∇ ̄)v

グラのマニアック日記


この時期、Jリーグのチームは移籍期間中により、選手がチームから出て行ったり

または補強したりして、チームの強さやリーグでの位置づけなどが大きく変わる。


僕はこの時期に戦力分析の書いてあるサッカーダイジェストを、職場の昼休みに

読むのが至高の時間なんす。それが明日発売なんすよ。



明日の発売を心待ちにしておりますが、1日早くここで僕が名古屋の補強について

語ります。




2010年にリーグ初優勝を果たした名古屋が2011シーズンに向けて行った補強は

基本的には4人。スタメンクラスをA、控えクラスをB、控えの控えクラスをCとすると

DFは竹内(B)がスタメンで出れるチームを求めて千葉に出て行ってしまい、補強はナシ。

守備面では控え層がマイナスになりました。


んで、長らく名古屋の中盤を支えてきたマギヌン(A)がブラジルに帰り、日本代表の藤本(A)を

獲得。FWでは長身FWの巻(B)と快速の杉本(B)がそれぞれ湘南と徳島に移籍。

変わりにU23日本代表の永井(A)と18歳ルーキーの田中(C)と吉田(C)を獲得。


人数はかわらずも攻撃面では2010年度よりも総合力は上がりました。

優勝した2010シーズンの総合力を攻撃90守備90としたら、

2011シーズンは攻撃92守備88というところですね。



で、今年。2012年のシーズンに向けた補強について。



まず、3トップを採用するFW陣。

もともとのメンバーはリーグ得点王のケネディ(A)・元日本代表の玉田(A)に背番号10を

背負う小川(A)の3人がスタメン。で、控え層が永井(A)・金崎(B)・田中(C)・橋本(C)

久場(C)の5人。



まず、久場が愛媛に移籍。これはもともとの構想の範囲でした。が、橋本も水戸へ移籍。

今年はCクラスの人員を整理するつもりらしいです。

スタメン3人の実力はもちろん、このポジションには控えが永井・金崎とすでに磐石と

言えます。ただ、ケネディ以外にいなかったポストプレータイプのFWとして湘南から巻(B)を

呼び戻し、小さくてスピードタイプが若干かぶっていたので整理。若手育成のために

ユースから高原(C)を昇格させるなど、ピンポイントに手が加わってます。



3人で形成するMFはスタメンが藤本(A)・中村(A)・ダニルソン(A)。

控えが吉村(B)・磯村(B)・ブルザノビッチ(B)・吉田(C)・花井(C)・田口(C)。



磯村が成長したのが大きい。名古屋に居なかった代表クラスのゲームメーカー

藤本が1年目からチームにフィット。欲を言えば、攻撃的MFにもう一人信頼度の高い選手が

欲しいですね。


そのチームの期待を一身に受けた花井。あの本田でさえ認めた

テクニックの持ち主なのですが、最後まで開花することなく徳島に移籍してしまいました。

まだ化ける可能性はあったので、この移籍は僕にとっては予想外。

また、構想の範囲内でブルザノビッチが退団。正直チームへの貢献度は低かった。


2人が抜けたこのポジションには今年の目玉、ルーキーの田鍋が加入し

ユースから水野が昇格。

18歳の田鍋に過度の期待は禁物ですが、

戦力的には昨年同等。もう一枚、即戦力クラスの攻撃的MFが

加われば言うことナシだってのですが、今年の最重要ミッションであるダニルソンの

完全移籍を無事に遂行した補強担当には十分満足だと言うべきでしょう。



DFは4バック。左から阿部(A)・トゥーリオ(A)・増川(A)・田中(A)。

控えが千代反田(B)・新井(C)・三都主(B)・松尾(C)。

スタメン4人についてですが、センターはJリーグで最も強力なDF陣です。その控えも千代がいるので

安泰。逆にサイドの控えは薄く、最も補強が必要なポイントです。また、竹内がいないので

層の厚みについては不安ですね。


今年はまずサイドの補強が必要なことは担当も十分考えていたみたいで、控え1番手にしては

不安定な松尾を京都に移籍させて、元日本代表の石櫃(B)を神戸から獲得。頼れる

控えが加わり、さらにユースから佐藤(C)を昇格させて磐石の補強。

サイドの補強は申し分なし。



センターは千代が磐田に移籍して、トゥーリオにも海外オファーが届いています。

千代の移籍は今のところ一番大きいダメージですが、ここに川崎の交渉に割って

入って甲府からダニエル(B)を獲得したのはファインプレーです。

トゥーリオもどうやら残留しそうで、守備陣は完全にプラスです。


もともとスタメン11人はリーグ屈指。ほかのチームみたいにスタメンクラスが3人くらい

移籍、なんてことが起こっておらず、昨年度の戦力値を維持出来たこと自体がまず

補強成功ですね。

Cクラスの人員が多く離脱しましたが、上手く的確な補強でカバーして、総合値は攻撃92守備90と

いったところですばらしい補強っぷりです。


ただ、レンタルで移籍中の竹内(B)が千葉に、GKと長谷川と(C)FWの津田(B)がそろって

徳島に完全移籍してしまったことについてはファンの間では物議をかもしだしています。

ただ、僕はそれを差し引いてもプラスに傾いていますし、ファンが心配している

若手育成についても2月に吉田と田中をレアルソシエダに修行に出すなど

ちゃんと打つべき手は打ってます。


トゥーリオが移籍すれば話は変わりますが、現状、リーグとACLを戦う戦力は

十分に整っているようにおもいますね。
記事検索
プロフィール

ago_gogo

  • ライブドアブログ