2015年12月

グランパス日記 ピンポイント補強戦略 後編



補強の話  後編






前回の話がグランパスがこのオフシーズンにどういう感じで動いているかのFWとMF編を


やったので今回はDFとGK編です。



ちなみに今の時期みんな補強の情報を血眼になって探しているのでこの時期の補強関係の


投稿をすると閲覧件数が半端なく増える。




12月30日時点での進行具合でほぼ最終局面に入ったので来季の名古屋陣容は今回の記事を


読んでもらえればだいたい分かると思います。









DF・GK編


・今年は例年になく守備陣が大きく動いたオフシーズンになりました。


とりあえずシーズン終了してすぐに決まったのが





・ゴールキーパーの西村・・・・・・・戦力外


・センターバックのハーフナー・・・・・戦力外


・右サイドバックの田中・・・・・・戦力外


・左サイドバックの佐藤・・・・・戦力外




シーズン突入前に人員を減らすと言ってたクラブの思惑通り4人の守備選手を戦力外にして


人員整頓しました。左サイドバックはもともとどのクラブチームも欲しがる一番選手が少ない


ポジションなんやし佐藤はU-22日本代表なんやから残しといたらよかったのに(´・ω・`)



まぁ、でもここまでは概ね理解できる放出やと思います。



その後・・・・・・佐藤は水戸ホーリーホックへ、田中はVファーレン長崎へ移籍していきました。




かわりに獲得したのは



・明治大学・・・・・・・・高橋


・ヘルシンボリから193センチのスゥェーデン人センターバックのオーマン



大学生の左サイドバックで大学生では上手いらしい。


あと湘南の右サイドバックの古林に正式オファーを出して、右サイドバックの補強中。




クラブ的にはこれで終わりの予定やったでしょう。






が・・・・・・





・ゴールキーパー高木がFC岐阜からオファー・・・・・・・・・・完全移籍



・センターバックの牟田が京都パープルサンガからオファー・・・・・完全移籍



・左サイドバックの本多が京都パープルサンガからオファー・・・・・完全移籍



・センターバックの闘莉王がガイナーレ鳥取 他からオファー・・・・・・・返事待ち





この中で闘莉王がどうなるかなんですが、12月30日になっても契約更新されないという事は


出ていく可能性が高いと思います。オーマンがその変わりなんでしょう。




が、ここで高木と牟田と本多を引き抜かれたのは想定外やったはず。





これで3人のディフェンダーを放出して1人のゴールキーパーを放出したあと


2人のディフェンダーを獲得してそこから


2人のディフェンダーと1人のゴールキーパーが他チームにとられたことになり




ゴールキーパーと右サイドバック・左サイドバックの補強が必須になってもーた






それが12月の中ごろの話やって、そこからの2週間の動きは速かった。





まずヴァンフォーレ甲府のスタメンゴールキーパー、河田に正式オファーをだしたけど交渉決裂。



その後すぐに同じくヴァンフォーレ甲府の控えゴールキーパー荻に正式オファーを出し



さらに大分トリニータのU-22日本代表ゴールキーパー武田にも正式オファー。



たぶんどっちか取れたらいいのでと考えてのオファーやったのが





12月28日に荻と武田の両方と交渉成功して無事に獲得!!



ゴールキーパーは楢崎と他の3人との実力が開きずぎていたので


1人くらい控えにも安心できるGKが欲しいなと前から思っていましたが



どう考えても退団した  高木<荻  西村<武田 なので



ゴールキーパーの戦力は普通に盤石になった!!






で、注目のセンターバックとサイドバックの補強はというと





ボランチでありながら右サイドバック・左サイドバック・センターバックのポジションをこなすことが


出来る優良控え選手の元日本代表 明神を獲得できたことで、たとえ闘莉王が退団したとしても


もともといた4人のスタメンレベルのうち2人が健在でそこに屈強な長身スゥェーデン人が加わって



3人いるのでもし何かしらのトラブルにより3人のうち2人が欠場した場合には最悪明神さんに


入ってもらえればなんとかなるようになった。




右サイドバックは湘南ベルマーレの古林に送った正式オファーがいまだに返事なし。



両サイド・センターの3つでイチバン補強の必要性があるのは間違いなく左サイドバックなので



左サイドバックにはスタメンレベルの選手の獲得に力を注いでもらいたいな。






ここでもやはり小倉監督は補強に関してはかなり優秀で




左サイドバックのスタメンレベルの選手には実は水面下で本腰をいれて打診していた。



ピンポイントにお金をかけるべきところをとく心得ていると思う。






その結果





・ヴィッセル神戸から元日本代表左サイドバックの安田理大を獲得!!!




複数クラブからの競合の中、右も左も出来る日本代表レベルの選手がくるのはかなりデカい!!!







ということで、例年の倍以上の選手が動いた激動のオフシーズンとなったわけですが・・・・・



ほぼ最終局面に差し掛かった段階で






FW  


・スロヴェニア代表長身FWのノヴァコヴィッチ・・・・・・・・・・退団




・ヘルシンボリから199センチの大型ストライカー シモビッチに正式オファー・・・・・・・・獲得





MF



・年棒1億円以上の司令塔 レアンドロ・ドミンゲス・・・・・・・・退団


・Jリーグベストイレブンに選ばれたこともある潰し屋系ボランチ  ダニルソン・・・・・・・退団




・明治大学の和泉に名古屋含め5クラブからオファー・・・・・・・・・・・・獲得



・湘南ベルマーレの日本代表ボランチ遠藤に名古屋含め5クラブからオファー・・・・・・・・獲得失敗




・ガンバ大阪の元日本代表ボランチ  明神に正式オファー・・・・・・獲得



・タイ プレミアリーグから韓国人の潰し屋系ボランチ 李に正式オファー・・・・・・・獲得





DF


・左サイドバックの佐藤・・・・・・・・退団・・・・のち水戸ホーリーホックに移籍



・右サイドバックの田中・・・・・・・・退団・・・・のちVファーレン長崎に



・5人いたセンターバックの5番手、ハーフナー・ニッキ・・・・・・・・・退団



・スタメンレベルのセンターバック牟田に京都パープルサンガから正式オファー・・・・・・完全移籍



・スタメン左サイドバックの本多に京都パープルサンガとヴィッセル神戸から正式オファー・・・・完全移籍(京都)



・Jリーグ屈指のセンターバック闘莉王に複数クラブからオファー・・・・・・・・・回答未定



・明治大学の大学生選抜左サイドバック 高橋にオファー・・・・・・獲得



・ヘルシンボリから193センチの長身センターバック オーマンにオファー・・・・・獲得





・湘南ベルマーレの右サイドバック 古林に正式オファー・・・・・・・・・・返事待ち



・ヴィッセル神戸の元日本代表左サイドバック 安田に5クラブがオファー・・・・・・・獲得







GK



・4人のゴールキーパーの中で4番手の西村・・・・・・・・・・・・退団



・控えの第一ゴールキーパー 高木にFC岐阜から正式オファー・・・・・・完全移籍



・ヴァンフォーレ甲府のスタメンゴールキーパー 河田に正式オファー・・・・・・・獲得失敗

 

・ヴァンフォーレ甲府の控え第一ゴールキーパー 荻に正式オファー・・・・・・・・獲得



・大分トリニータのU-22日本代表GK武田に正式オファー・・・・・・・・獲得





以上23人がからむ大きな動きでした。





簡単にまとめると




もともと3トップのFWには永井や川又らスター選手が揃ってるなかでチームにフィットしなかった


ノヴァコヴィッチを放出してヘルシンボリから199センチのシモビッチを獲得しましたが


優勝した2010年に在籍したケネディを超えるくらいのS級選手っぽいので


FWは軸となるエースが加入してJでもだいぶ強い方やと思う。





MFは稼働率の低いドミンゲスとダニルソンを放出して和泉・明神・李を獲得。


高い給料を払っている2人を出して3人にした。ダニルソンはそれでもかなり役に立つ


と思うけど。これで今シーズン一番補強の必要性のあった守備的ボランチを


2人いっぺんに獲得。アジア枠をうまく使って特にほしかった潰し屋系ボランチを補完。


元日本代表選手でネームバリユーのある明神はディフェンスのバックアッパーも出来る。


また期待の若手枠として複数クラブからの競合を制した和泉も今後普通に期待できる。



一番の獲得候補だった日本代表の遠藤は獲得失敗したけど、的を得たピンポイント補強で


戦力的には微増してると思う。





ディフェンスは左右サイドバックの控えとセンターバックの控えを放出して、闘莉王が抜けた


時の為にスゥェーデン人の長身センターバックを補強。サイドバックに期待の若手枠を補強。



その後右サイドバックの古林に出した正式オファーが長期化した上にスタメン2人が抜ける


自体になったので一時期ピンチになったけど左サイドバックに日本代表クラスの安田を獲得



したのはファインプレイでこれで左サイドバックの大幅戦力アップ。



あとは闘莉王と古林の返事待ちやけど、もし2人とも名古屋で来季プレーすることになれば


守備大幅戦力アップ。最悪2人とも退団しても戦力はトントンか微増。





GKは不動のスタメン楢崎は健在で控え3人のうち2人が出て行ってその2人より上手い選手が


2人入ってきたので戦力アップ。ちなみに4人ともイケメン(笑









こんな感じです。FW戦力アップ  MW戦力微増  DFはトントンか戦力大アップ


GK戦力アップなので今季は3位入賞  ACL枠獲得もしくはカップ戦優勝くらいは



ねらえる陣容になったと思います。




的確なピンポイント補強のおかげです!!!






IMG_4469











続・このゲームは人生で一番楽しみかもしれない!!!



前回の続きです。




さてようやく話が本題になりますが・・・・・







もう前回の写真見たらすぐわかってもらえると思うのですが・・・・







そうなんです!!








ファイナルファンタジー7が再び登場!!!








これのPVはみた瞬間クッソテンション上がったね(*゚∀゚)っ









僕はファミコンとか、プレステとか、歴代全てのゲーム機本体を合わせても一番面白いと



思ったゲームって  「ファイナルファンタジー7」 なんですよ







ファイナルファンタジーは世界的にむちゃくちゃ有名な人気ゲームソフトやから



これ以上の説明は省略しますが・・・・・一番人気があって面白いと言われているのが




シリーズのなかでも 「7」 なんです






でね、当時僕13歳やったんですが・・・・・・マジでハマった(・◇・)ゞ。







今でも面白いと思うんですけど、当時の3Dポリゴンでたばっかりの


4頭身くらいの映像がどうしても今プレイすると時代をかんじるんですよねー(´・ω・`)







で、ファイナルファンタジー10はきれいになったりマスター版が発売されてるんで





お願いだから 「7」 ももう少しだけでいいから画質きれいなのにして再販してくれませんか??





って大学生時代くらいからずっと思ってた。








10年間くらい思ってた。









13歳のころに衝撃を受けてからで言うと18年間の時を経て・・・・・











リメイク版キターーーーーーーーーー












発売日はまだもうしばらくかかりそうですが・・・・・・





そんなんええんです







ついにかえって来るのですか





IMG_5471
















やっぱり少年時代の思い出なんかも重なって、このゲームの発売は




正直何よりも待ち望んでいたものでもあるので






ゲームソフトにおいての話やけど・・・・・





人生で一番楽しみかもしれない!!!







とりあえず、2週間前に公開されたばかりのプロモーションムービーを見てください








これ・・・・・映画かなんかか!?







すごすぎて、言葉を失うレベルですんで!!!!







キレイになったらええと思っていたけれども






ここまできれいになるとは!!!










これは楽しみすぎる!!!!








では、プロモーションムービーを貼っておくのでぜひ見てください!!!












・ファイナルファンタジー7 リメイク  プロモーションムービー






https://youtu.be/SW_8VOSpZL4



このプロモはマジですごいわ。




IMG_5469












発売はプレステ4。現在のゲーム機最後美麗の画質を存分にいかしたソフトになりそうです。



一個前におススメしたソフトはあくまでも国内で人気のあるソフトやけど




このソフトは世界レベルで超人気作品なので・・・・





とりあえず一つ言えることは・・・・




世界のゲーム界の歴史にあたらな名が刻まれるということです!!!


















このゲームソフトは人生で一番楽しみかもしれない!!



ゲームの話です。




長かったなぁ・・・・・・



10年以上の時を得て・・・・・あの男がついに帰ってくる!!!





IMG_5469








というか、戦闘シーンも何もかも画質がヤバすぎる(((( ;゚д゚)))



PVは次回に貼っておきましたので、ぜひともご覧くださいませ。













とりあえず、話の本題の前に前座的なお話から。




年末年始はみなさん連休でしょうけども連休の中でイチバン家にいる時間が長くなりそうな


連休だと思います(*・ω・)ノ。





年末年始に時間があってゲームしようかなという時にはこれがおススメですという話。




今ゲーム機の本体と言えばプレイステーション4・プレイステーションVITA・ニンテンドー3DSの


どれかでしょう。


特にポータブルゲーム機が旬なのでイチバン旬なのはVITAのはず。




VITAのおススメソフトを3つ。






① 夜回





「よまわり」 と読みます。昔、ゼルダの伝説っていうゲームが流行っていたのを知ってる??


ゼルダの伝説の特徴といえば、アクションゲームなんやけど頭を使ってカラクリを解かないと



先に進めない謎解きアクションゲームやったのです




で、この夜回というゲームは行方不明になった犬を探して女の子が夜の街を歩くというゲームで


いわゆるゼルダ的な頭を使って謎を解いていくジャンルの今かなり売れているゲームソフトなんやけど


ゼルダと違ってR-15指定作品で・・・・・・・絵は子供向けなんやけど・・・・・・・怖い。



ホラー要素のある謎解きアクションゲームですね。





とりあえずPVを貼っておきます。




・夜回   プロモーションムービー




https://youtu.be/lqYLmZlFNLA









②  うたわれるもの  偽りの仮面


IMG_5472







今から10年以上前にPCゲームで 「うたわれるもの」というゲームが凄い人気で


その後プレイステーション2とPSPに移植されたソフトが10年以上経って出した


続編がこちら。



記憶が全くなく、自分が何者なのか全く分からず、顔半分に仮面を付けた謎の男が


ある村に辿り着いて、いくつかのきっかけにより村の長を任されることになり・・・・


やがてたくさんの戦いの中で一国の王になるという話である初代ソフトの数年後の話。



初代の主人公とはまた別の男が主人公で話がスタートするが、同じく記憶が全くなく


自分が何者なのかが分からないまま次第に戦乱に巻き込まれていくという話で


現在買おうと思っても、人気がありすぎて店頭で品薄状態のソフトになります




自分は夜回とこっちを迷って結局こっちを買いましたが、すごい面白いです( ´∀`)つ。



江戸時代くらいの戦いの話って面白いよね。世界観が良い良作。


PVも貼っておきます。







・うたわれるもの  偽りの仮面  プロモーションムービー



https://youtu.be/STg4Ya8bEFo


IMG_5473














③  ペルソナ4 ザ  ゴールデン



IMG_5005










プレステVITAで迷ったら確実にこれ。つーかプレイしてないでVITA持ってる人、プレイしなさい(笑



今までプレイステーションVITAで発売されたすべてのゲームソフトの中で30万本以上売れたゲームソフト


が3本だけあります
。つまり歴代VITAソフト売り上げランキングでトップ3だけなんですけど



その3作品がゴッドイーター2とゴッドイーター2の続編、そしてペルソナ ザ ゴールデン。




僕はVITA本体をこのソフトをプレイする為に買ってるので、このソフトが一番おススメです




町で起こった連続殺人事件の真相を追うパートと日常生活パート、ダンジョンRPGパートと


完全に3つに分かれてる3つのパートをプレイするゲームソフト殿堂入り傑作ソフト。


オシャレで音楽もカッコいいのばっか。




PVを貼っておきます



・ペルソナ ザ ゴールデン  プロモーションムービー



https://youtu.be/e2oFPZ4umhI



IMG_5005









VITA歴代売り上げランキング3位のゲームです。







さて、次回は話の本題へ移ります






































ラーメン日記 その167 ラーメンAWARD2015 中編


ラーメン日記 167杯目




ラーメンAWARD2015の続き、これが第3話にあたります。




2015年までに食べてきたラーメン、三重県に400店舗あるというラーメン屋さんの中で


暫定で個人的に美味いと思うラーメン屋さんとラーメンのトップ10のうち


今回は6位からお送りします( ´_ゝ`)ノ。







ちなみにここから上の6店舗に僕は個人的採点90点超えてる高得点を付けています。





6位  吉風    鶏豚骨ラーメン




IMG_4685








ーーー大阪の有名ラーメン店の店長が伊勢で巻き起こす旋風ーーー




三重県の美味いラーメン屋さんは軒なみ中部より上にあると言われています。


伊勢市にもなかなかすごい美味しいお店がなかったんですが、ここはかなり美味しいと思います



3年ほど前に大阪の有名店舗で修行された方が伊勢にやってきてつくる鶏と豚骨を濃厚に


煮込んだラーメンは同じく濃厚系動物製のダシを使用する大阪のJETで培ったものでしょうか。



泡立つくらい濃厚な鶏豚骨スープのパンチ力は半端ない。



鶏を使った濃厚系はここ数年のトレンドなんで、濃厚鶏系で美味しいお店は強いよね。



東海誌の三重県のラーメンで評価トップ3にランクインされ、ネット上の評価は5.57の県内7位。



僕は鶏豚骨単体での評価は89点なんですけど、醤油ラーメンと平日限定の塩ラーメンもレベル高かった


ので90点にしました。












5位   ぐんじ   塩ラーメン


IMG_2870








ーーーモンゴルの塩を使って作られる塩ラーメンは三重県イチという声もーーー





上記の通り、塩ラーメンでは三重県でイチバンという声があがる人多し。



実際、僕は暫定ですが塩ラーメンのジャンルだけで言えばここが三重県でイチバン美味しいと


思います。


10位で紹介した「一歩」の本家にあたるのがこちらの店舗。好きとるような塩スープはモンゴル産の


を使っていて分かりやすいパンチ力とかはないんやけどスープのレベルがひとつ違うように思うなー。


また、麺の味自体もハイレベルなこと、チャーシューが少し焦がして会って淡麗系ラーメンのよくも


悪くもあるあっさりしているところをカバーしていること、ねぎ油が別皿で配給されてくるので


自分のタイミングで味変出来る事、など、細かい配慮が秀逸なすばらしい一杯


僕の個人的評価は91点。ネット上での評価は3.54で15位。








4位    一富士   チャンポン



IMG_4456









ーーー地元魚と野菜が融合した三重県南部屈指の傑作ーーー





チャンポンって、正直に言ってラーメン屋さんにまで来店して進んで食べたいっていうのは


自分はあんまり思わないんやけど、ここのは別格。



姉妹店である松阪市の不二家よりかなりこちらの方が美味しいと思う。


大台町にある食堂的なラーメン屋さんは店内全体がいい匂いに包まれてる。



ラーメンが目の前に出てきたときの香りの良さは今まででこれが一番、なので期待して一口


食べたときの美味さはなんていうか・・・・得も言われぬ感じで魚と野菜が中心のラーメンでこんなに


旨みが出せるんやねっていうくらい感動的に美味しい




その美味しさは有名なラーメン評論家も絶賛するほどで、人によってはここが三重県で一番美味しい


という人もいるけど十分に納得できるわ。



僕個人の考え方やけど、チャンポンって勝負どころってダシと塩気にあると思うのね。


野菜で良いダシが出ていても、それが薄味の旨みならそれはもう野菜スープでしょう。



ここのチャンポンは野菜の旨みと地元海鮮類の食材をあんかけでからめてあるときの


塩気と若干のコショウ感が抜群に上手い。



これは年配の人も若い人も男も女も美味しいと思うでしょう。



三重県の南部で屈指の美味しさを誇るお店であり、ぜひ今後も繁盛して三重県南部のラーメン界


を支えていってほしいと思っています。




僕の個人的評価は91点、ネット上の評価点は3.55で13位でした。








以上、6位から4位でした。





これで10位から4位までが出そろい




10位  鈴鹿市   淡麗系塩ラーメン


9位   四日市市   中華そば


8位   四日市市   淡麗系塩ラーメン


7位   津市     横浜家系豚骨醤油ラーメン


6位   伊勢市    鶏豚骨ラーメン


5位   鈴鹿市    淡麗系塩ラーメン


4位   多気郡大台   チャンポン





四日市2店舗鈴鹿2店舗に津市伊勢市多気郡が1店舗づつ


見る限り塩ラーメンが3店舗。



やっぱ塩ラーメンは強いね。



とんこつ・流行の鶏も強い事を考えるとチャンポンで美味しいってのはスゴイと思うわー。




今回出た3店舗はジャンルが全く違う3店舗なので、ラーメン好きな人ならどれか1つは


スゴイ美味しいと思える店舗になるはずやで。






次回はトップ3の登場です。




































グランパス日記 ピンポイント補強戦略 前編



前回の話は書いたの今から10日前くらいかな。




Jリーグの名古屋グランパスはいつもオフシーズンにそんな入れ替わりの激しい補強を


しなくて、大幅に選手が入ってくることはないけど大幅戦力ダウンもないみたいな


姿勢でおることが多いです。



1シーズンにOUTする選手はだいたい5人おるかどうか。







が、今年はすさまじい勢いで選手が出て行った。





GKの西村  センターバックのハーフナー  右サイドバックの田中 左サイドバックの佐藤


司令塔のレアンドロ、ボランチ ダニルソン  ストライカーのノヴァコヴィッチ




合計7人の選手に戦力外。




ここまではクラブの思惑に沿った退団やったのが


大きなテコ入れが入ってチームにゆるみが生じたところを他チームに狙われ



センターバックのスタメンレベルの牟田が京都移籍


さらに闘莉王にオファー 返事待ち


左サイドバックのスタメン  本多にオファー  返事待ち



GKの高木がFC岐阜移籍


レンタルバックの刀根がギラグァンツ北九州に移籍






合計10人の選手が退団していって、さらにスタメンディフェンス陣2人にさらなる触手。






これはうまいこと補強しないとヤバい







で、今年から新監督になる小倉監督の戦略なのかどうかは分からんけど





この状況でグランパスの補強がここ数年で類を見ないくらい的確











・FW編


FWにはもともと日本代表の川又や永井などのタレント、ドリブラーの野田、小屋松に


将来を期待される若手 杉森君と優秀な人材が豊富なので、今年良い結果を出せなかった


外国人ストライカー ノヴァコヴィッチに代わる軸となれる外国人ストライカーが一人確保できれば



オッケーという中で、小倉監督はスカウトの為に欧州に渡ります。


欧州路線の長身ストライカーが大好きな名古屋はまず、スゥェーデンのローゼンべりを


リストアップした。


ローゼンべりって元アヤックスのエースですよ。実現すればビックネーム到来やけどでも33歳。


最終的にローゼンべりへのオファーをせずにヘルシンボリからスゥェーデン長身FWの



シモビッチを獲得



この選手は動画見る限りではかなり上手いので期待大。FWの補強は非常に上手くいった

といってよいのでは??




①外国人ストライカーの獲得




ノヴァコヴィッチ・・・・・・・退団



スゥェーデン代表のローゼンべりをリストアップ



その後スゥェーデン人のロビン・シモビッチをヘルシンボリから獲得。








・MF編



例年、中盤がそんな強くない名古屋。ほとんど試合に出てない司令塔のレアンドロを戦力外


同じく怪我が多すぎて半分以上欠場したダニルソンを戦力外にした。




軸として元日本代表のパサー  田口がいる攻撃的ボランチは大丈夫として



司令塔タイプのプレイヤー、絶対必須なのは守備的ボランチ。



あとはもともとボランチが手薄なので控えにあと一人獲得で来たらなお良い





で、まず司令塔としては5クラブでの争奪戦を制して大学生屈指の司令塔である和泉くんを


獲得。


この選手はすぐには活躍せんかもやけど長い目で見たらけっこう期待できる選手やと思う。




で、僕が今シーズン最も重要視していたボランチの補強ですが・・・・・





もともと本命は湘南の日本代表ボランチ  遠藤やったのね。




で、正式オファーのち、6クラブでの争奪戦の末浦和に移籍して獲得失敗



そこから10日でのリカバーが非常に上手く



タイのリーグから韓国人の潰し屋系守備的ボランチ  イ・スンヒを獲得



またガンバ大阪から元日本代表のボランチ 明神を獲得





遠藤獲得失敗してからの切り替えが非常に早くて、絶対に必要やった守備専ボランチに


アジア枠を上手い事活用した。また37歳で高齢なのでスタメンの選手としてはちょっときついけど


控えという観点では今グランパスに必要なボランチ、両サイドバック、センターバックの控えやけど


明神はその4つのポジションをすべてこなせるという点、有名選手なので集客効果もあるという


点で非常に理にかなった補強やと思う。




欠場の多い選手を出して、将来性のある選手、守備専ボランチと控えボランチを獲得した中盤の



補強は、守備専ボランチがもっと有名選手やったらなお良かったんやけど納得の補強。





①守備的ボランチの獲得②司令塔タイプと出来れば控えボランチをあと一人






司令塔 レアンドロ・ドミンゲスが戦力外で退団


ボランチ ダニルソンが戦力外で退団



湘南のボランチ  遠藤に正式オファーも交渉失敗



明治大学から司令塔の和泉が加入



タイリーグから守備的ボランチ  イ・スンヒが移籍



ガンバ大阪からボランチ 明神が移籍





IMG_4469








記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ