2017年07月

シャドウバース その7 格安ロイヤルデッキのデッキレシピ


大人気対戦カードゲーム シャドウバースについて。



とりあえず、良く分からないなら格安デッキを作って実際にプレイしてみたら良いと思います。



7つの属性のうち、特にロイヤルは初心者に扱いやすい属性なので、とりあえずこのデッキは



作っといて良いと思いますよ。







さて、前回の話で書いたけど、全部の属性のうち4つくらい使わない属性を選別して



その属性のカードを全部くだいちゃうとたいがいの人が


15000エーテルくらいのエーテルを溜めることが出来ます。




このゲームをダウンロードした初日にです。





んで、エーテルを使用してカードを生成してデッキを組みましょう。







40枚のデッキですが、ブロンズのカード、シルバーのカード、ゴールドのカード、レジェンドのカード



この4種類から構成されます。




ちなみに ブロンズのカードは1枚生成するのに50エーテル



シルバーは200、ゴールドは800、レジェンドは3500です。




レジェンドはスゴク高いです。




まずはブロンズとシルバーだけで35枚くらいのデッキを作れば格安デッキの完成。








で、毎ターンコストが1づつ増えて行って出せるカードが増えていくんやけど



強力やからって5コストのカードをいっぱい作っちゃうと出せるカードが来る前に殺されちゃうんで



そのへんのバランス調整が悩ましいところなんですよね。







では、今回僕が教えるのは  「王家の旗 ロイヤル 」 の僕オリジナル仕様です。







まずはレシピを書いときますんでこの書いてある通りにカードを生成してください。





コスト1   クイックブレーダー  3枚   ブロンズ
 

コスト1    ヴァンガード  3枚   ブロンズ


コスト2   オースレスナイト  3枚  ブロンズ


コスト2   歴戦のランサー  3枚  ブロンズ


コスト2   渾身の一振り   2枚  シルバー


コスト2   クノイチエッグ   1枚   ブロンズ


コスト3   ノーヴィストルーパー  3枚  ブロンズ


コスト3   プリッツランサー    3枚   ブロンズ


コスト4    レヴィオンガード  ジェネシス   3枚  シルバー


コスト4   王家の御旗      3枚   シルバー


コスト4   フローラルフェンサー   3枚   シルバー


コスト5   ルミナスメイジ     2枚    シルバー


コスト5   死の舞踊        2枚   ブロンズ


コスト5   トランプナイト招集    2枚   ゴールド


コスト6   アルビダの号令     3枚   ゴールド


コスト8   ファングスレイヤー   1枚    ゴールド






IMG_7910










このままカードを作成してもらうとだいたい7800エーテルくらい



もう少し安上がりにしたいときはゴールドが6枚入っているのでそれを2枚くらい減らしましょう。


トランプナイトとアルビダを1枚づつ減らしてシルバーに変更するだけで7800エーテルから


必要数が6600まで落ちます。




また、フローラルフェンサーはストーリー第6話のクリア報酬なので


最初はゲットできません。




なのでフローラルフェンサーの代役はそれまで



コスト 3  アサセンテックナイト   ブロンズ



でまかなってください。









このデッキの動きはまずは盤面にたくさん兵士を並べていきましょう。



そして相手と戦っていく中でこのデッキのキーカード  「王家の御旗」 というアイテムを使用します。



これはこちら側の兵士の攻撃力・体力ともに1ずつプラスするというもので


たくさん兵士が出てくるこのデッキに毎回出てくる兵士が攻守プラス1されて出てくるので


手を焼くっていうのが基本の動きです。





立ち上がりはコスト3のノーヴィストルーパーとプリッツランサーが出してすぐ動けるので


主導権を握りやすいです。




IMG_7913








僕はレヴィオンガード ジェネシスが強力やと思いますね。


コスト4ですぐ動ける攻撃力4のカードは強い。



また6コストで出すとやられても兵士2体を召喚するし、シルバーカードなので生成しやすいしね。



あとはフローラルフェンサー・トランプナイト・アルビダの4・5・6コストのカードが



同時に数体の兵士を召喚するカードなので終盤まで数で勝さる戦いが出来そうです。




結局、相手リーダーの20ポイントのライフを削りきったほうの勝ちなんすけど




ふいにリーダーに3ダメージの疾走持ちが出てくるアルビダの号令はロイヤルの必須カードやと


思います。


IMG_7916










ロイヤルは終盤になると息切れしてくるので8ターンくらいで勝負を決めたい。



そこで最後の一押しになるカードが8コストのファングスレイヤー。



出したターンにすぐ動けてフォロワーに3ダメージ。これが貫通ダメージでリーダーにも直接


ダメージ。






あと、お互い進化権利使い切るころやとおもうんやけど




コスト5 ルミナスメイジの能力 「進化権を使わずに味方を進化させることが出来る」 を使って


最後押し切ることもできる。




ものすごく強力なフォロワーが相手から出てきたら 死の舞踊を使う。


相手のフォロワー1体を即死させる魔法。さらに相手リーダーにも2ダメージ。







あとは相手に競り負けるようになってきたら



コスト3  鬼狩人 モモ


・攻撃力5以上の相手フォロワーを破壊する





コスト3  冷酷なる暗殺者


・攻撃された相手フォロワーは必ず死ぬ





この辺のカードを1枚入れといても良いかもしれません。





これである程度戦える形になると思いますよ!!!



個人的には強さ  60点くらいのデッキになると思います!!




では!!































シャドウバース その6  ロイヤルのデッキの特徴


世界の人との通信式対人対戦型カードゲーム、シャドウバースの話 その6 




ここまでの話でどういうゲームなのかは十分伝わってると思いますが、実際にやってみようと


思ったけどどういうデッキを組んだらいいか分かんない人用に



それぞれのデッキの特徴を教えます!!!









ーーーロイヤルのデッキーーー



シャドウバースにはまずタイプがあります。属性って言っても良いかな。


ニュートラルとそのほかの7つの属性があります。




そのうちの一つがロイヤル



ロイヤルのカードで構成されたデッキを 「ロイヤルのデッキ」 と言いまして


カードは100種類以上あるので組み合わせは数百通りになります。



ロイヤルのカードはロイヤルのデッキにしか使えません。ニュートラルのカードはどのデッキにも


使えます。なのでニュートラルとロイヤルのカードを40枚選んで作られたデッキはロイヤルのデッキです。





で、ロイヤルのデッキの中でも〇〇ロイヤルってデッキが無数にあるんよ。





まずこのゲームを始めた人は最初のチュートリアルが終わるとガチャが引けます



他のゲームではありえへんけどここから80連ガチャが5回無料で引けます。



つまり400枚のカードをゲットできる。



僕個人的に考えた

最初にやるべき事は7つの属性のうち、4つくらいはこの時点で見切ってください。


んで、気になる属性を3つくらい絞りましょう。





そして自分が見切った4つの属性のカードを片っ端から砕いていきます。



そうすると、エーテルという石が溜まってきます。



見切った4種類の属性をすべて解体してしまうと・・・・・およそ15000エーテルくらいになります。





そんで5000エーテルくらいのデッキを3つくらい作成して、自分に合っていると思った


属性2つ選んで1つを見切って容赦なく解体します。



これで自分の好みの2つの属性の格安デッキが残りまして、解体して得たエーテルや


今後のストーリー報酬などで徐々にエーテルをため込んでいってほしいカードを生成する


これが僕おススメのやり方。





最終的に2つくらいの属性に絞った方が良いよ。



そんであとは強力なカードを手に入れて強いデッキを作っていくのみ。




ガチャ引かなくてもエーテルでほしいカードをピンポイントで生成できるので


これは課金ゲーではない。




ではロイヤルの特徴。



ロイヤルは、鎧姿に身を包んだ兵士や騎士のカードが多いです。



一人一人の能力値はそんなに高くないんですが、出したターンに即動ける 「疾走」 「突進」を


もったカードが多いのでカードの展開が簡単にできる。



おまけにキャラの数がたくさん出てくるカードが多いので盤面での戦いの上で数の利を


取りやすい。




たくさんの兵士で圧殺してしまうとともに、機動力の高いカードで相手リーダーを


切る!!



これがロイヤルの基本戦術です。




ロイヤルはさっき言ったけど、出したターンはそのフォロワーは動けませんってルールを無視して


動くことが出来るカードが豊富なうえに低コストのカードが多いので手札で迷いにくく


また困りにくい。



初心者がもっとも扱いやすい属性ですが、強力なデッキなら上位にも通用する。




そういう属性ですね。




IMG_7908










例えばですね、今現在5ターン目で僕のターンなんですけど



お互い盤面に1体も召喚出来てません。




だが、このターン、僕は写真の中にある僕の手札の中から



コスト5  トランプナイト召集
   の魔法カードを発動。





このカードはわずか1ターンで3体の兵士を同時召喚するというロイヤルの中でも上位のカード。



これで一気に数で優勢を獲ろうともくろんだんですが




相手は次のターンに全員ダメージの魔法カードを使って一気に3体全滅させてきました。





しかし次のターン




僕は  コスト6  アルビダの号令 
 の魔法カードを使う!!




これは   攻撃力 3 体力 2 で出して即動けてかつ、相手リーダーにも攻撃できる 「疾走」 持ちの


ヴァイキング と 攻撃力 2 体力 3 でこのカードを倒さないと攻撃が出来なくなる 「守護」 の能力


持ちの2体を同時召喚する強力なカード。




IMG_7909








これでまた数の有利を取ったのですが、あいてもひるまず強力なカードを出して応戦してきました。




んで2キャラともやられちゃうんですが、その次の僕のターン。






IMG_7910









僕は コスト 5 ルミナスメイジ 攻撃力 2 体力 3
 のカードを召喚。



このカードは ルミナスナイト 1体を召喚する  能力をもってます。



なので三度2体以上のキャラが同時召喚されてきました。





相手はさっきから処理に追われるばかりで追いついていません。





・・・・・・・これがロイヤルのデッキです。




数の力で押しきる!!!






シャドウバース その5 基本的な対戦での立ち回りと基礎用語


色々スマホのアプリゲームをやっていた僕が一番面白いと思うアプリゲーム


シャドウバースの話 その6




今回はこのシャドウバースというゲームの基本的なやり方の説明になります。




実際にいる世界のだれかとの通信対戦カードゲームで上位ランクを目指していくのが


このゲームの醍醐味です。課金要素は1つのデッキに関して言えばほぼ無いことが


無課金ユーザーにとって果てしなく道を広げてくれます




何千通りとあるカードの組み合わせで40枚のデッキをつくり、20ポイントのライフを持って


相手と戦う頭脳戦のゲーム。




今回はもっと具体的なやり方について入っていくよ(^^)/









ーーー基本的なゲームのやり方ーーー




はい。まずは20ポイントのライフを持って対戦が始まります!!





で、1ターン目はコストが① 2ターン目はコストが②・・・・・とターン数に応じて


コストが増えていきます。そんでコストに応じたカードをプレイして互いのライフポイントを削って


行きます。ライフが0になったら負け。





とりあえず、画像を出しながら説明していきます。




IMG_7902












現在4ターン目。僕のターンです。



①中央で向かい合っているのが自分自身。赤いのがライフポイント。今現在お互いのライフは16


になってますね。これが0になったら負け。



②自分自身のことをリーダー。カードはキャラのカード、魔法のカード、アイテムのカードの3種類が


 あってキャラのカードで場に召喚されたキャラをフォロワー、魔法の事をスペル、アイテムの事を


 アミュレットと呼びます。



③ 右の方に4分の4って書いてありますよね。これがコストです。僕は今マックスがコスト4まで


  使用できますよ、まだ1コストも使ってないですよ。っていう意味です。


  ここでコスト②のカードを使用すると4分の2になってあと2がつかえますよってなります。





ちょっと細かいですが画像をクリックして見てもらうと現在相手は攻撃力 2 体力 1の


狼のフォロワーを召喚しています。



んで、僕のカードが今6枚ありますね。



今現在使えるコストの上限は④なので6枚のうちコスト③のカードが2枚、コスト④のカードが


2枚ありますね。緑色の数字がコストを示しています。




IMG_7903








僕はコスト③ で攻撃力 2 体力 3 のフォロワーを召喚!!





これでターンエンド。


相手のターンです。





こんな感じでやり取りをしていきます。




んでその後相手にダメージ3の魔法スキルを使われて僕のフォロワーを破壊した上で


さらに攻撃力 2 体力 2 のフォロワーを召喚してきました。



IMG_7904








そこで僕はコスト ④ で攻撃力 4 体力 3 のフォロワーを出して応戦です。




こういう感じで戦っていきます。



まずこのゲームの3大重要ポイント。一つ目はライフがゼロになったら、負け。


そしてもう一つは 「フォロワーは召喚されたターンは動けない」 です。



なので相手は2体フォロワーを出してきていますがそれに対して僕もフォロワーを


出しました。でも動けません。ここ重要。



フォロワーを出したターンは出した方が1歩遅れるようなシステムになっています。


で、3つ目。4ターン目以降に先行は2回、後攻は3回の進化権を持ちまして




進化させたフォロワーは攻撃力・体力が上昇した上に特殊な能力を発動し、さらに出したターンに


即、動く事が出来ます。




IMG_7904






進化権をいつ使うかってのは勝敗に直結する重要なポイントなので使い所が非常にたいせつです。




ちなみに僕が召喚した


レヴィオンガード・ジェネシス    攻撃力 4  体力 3



は出したターンに即動ける能力 「突進」 の能力を持っているので迅速に対処することが


出来ます。




今回の場合   相手は 攻撃 2 体力 2 の戦士のカードと 攻撃 2 体力 1 の狼のカードを


出してきていますね。僕は戦士・狼のどちらを攻撃することも可能です。



レヴィオンガードに攻撃された方は破壊されます。



んで僕のレヴィオンガードは攻撃力 4 体力 1 に変化しますので次のターンに生き残った方に


やられてしまいますね。




セオリーで言うと今回の場合はウザい能力を持っているほうを先に倒しに行きます。


狼の方は進化させられると 攻撃力 4 体力 3 なのですが


戦士の方は 攻撃力 4 体力 4 になってよりウザくなるので先に戦士の方を倒しておきましょう。




これがセオリー通りの動き。



で、僕はセオリーにならって戦士を倒すことが出来るんやけど、たとえばこれがレヴィオンガード出して


次の自分のターンやったとしたら、あえてどちらも倒さずに直接リーダーに4ポイントのダメージ食らわせる


という選択肢もあるわけ。



つまり、相手は4ポイントのダメージを受けたんでこれ以上レヴィオンガードの攻撃を許すわけには


いかない。戦士と狼2体を犠牲にしてレヴィオンガードを倒すか、同じように直接リーダーに4ダメージを



与えるかっていう心理戦を突きつけることが出来るのね。



しかし、相手のターンでレヴィオンガードを破壊するスペルなんかを使ってきたら一転してこちらが



窮地に立たされることになるよ。



さらにこれに進化権が関わってくる・・・・・・なんて、1ターンの間にこうした攻防の2手3手先を


読んで心理戦をしかけあうゲーム。




これが頭脳戦と言われるこのシャドウバースの基本的な遊び方になります。










ーーーー基礎用語ーーーー




だいたいの遊び方はこれで理解してもらえたと思います。




あとはフォロワーをお互い召喚して戦っていく上でカードごとについている能力について




この能力を上手く使えるかどうかは勝敗の結果に直結するので



まずはこちらの能力を正しく理解しましょう。






① 「突進」 


突進はさっき僕がレヴィオンガードで使ったけど、召喚したターンそのフォロワーは動けません


っていう基本をぶっとばして出したターンから直接動いて相手フォロワーに戦いを仕掛けることが


出来るカード。



IMG_7904







② 「疾走」


疾走は突進の上位互換にあたる能力であり、召喚されたターンに直接動く事が出来る


だけじゃなくて、さらに出したターンに直接リーダーを攻撃することもできるっていう強力な能力。



突進や疾走は機動力があるので主導権を握り合っている争いの中で1歩先手を取れるカードなんやけど


とくに疾走は最後の決着をつけるターンで仕事をすることが多い重要なカードです。





③ 「守護」


このゲームは守護の貼り方の上手さも勝敗に直結します。


フォロワーは相手のフォロワーのどれでも、また相手リーダーを直接攻撃することもできます。


が、守護っていう能力を持っているフォロワーが登場すると、そいつを倒さないと他のフォロワーや


リーダーに攻撃できなくなるんです。



IMG_7903








さっき僕は このターンに 風の軍神 グリームニル 攻撃力 2 体力 3 を召喚している



んやけど、このカードは周りに黄色いエフェクトが付いています。これが守護能力がある証。


こんな感じで僕は基本ウザい能力をもっているカードをバンバン召喚していきます。


守護はもうここで攻撃くらったら負ける!!っていう時に命を救ってくれる超重要なカードです。






④  ファンファーレ


カードにはファンファーレの能力もちのカードが多いです。これは召喚された瞬間に発動する能力


の事です。例えば、ファンファーレ  相手のリーダーに1ダメージ  やとしたら、このフォロワーを


召喚したターン、相手のリーダーは1のダメージを受けます。


その次のターンなどでは何も起こりません。




⑤ エンハンス


カードにはそのカードを使用するのに必要なコストがあります。エンハンスの能力はさらなるコストを


支払って強力な能力を発動されることが出来るカードの事を指します。



例えば、コスト2で相手フォロワーに2ダメージ エンハンス5で全体に2ダメージっていう魔法カードが


あったら、2コスト支払う事で相手のフォロワーに2ダメージ与えることと、5コスト支払って相手の


フォロワー全体に2ダメージ与えること、2通りの使い方が出来るということです。




④ ラストワード


これはファンファーレの能力と真逆、死んだら発動する能力のことです。


ゾンビ系のカードが多いネクロマンサーのデッキに多く、死んでもラストワードで復活してくる


やつとかいますねー。



ちなみにさっき僕がだしたレヴィオンガードは通常コスト4で突進持ちの能力者なんやけど


エンハンス6で召喚すると倒されたときに攻撃 1 体力 1の戦士を2体ラストワード発動で


召喚することができます。


IMG_7904









⑤ カウントダウン


カウントダウン持ちのカードは出したターンからカウントダウンが始まってゼロになると効果が


発動するカードとゼロにまるまで効果が発動してますよっていう能力が付きます。





⑥ 潜伏


この能力を持っているカードは召喚した瞬間からこのフォロワーがだれかに攻撃するまで


隠れることができます。


つまり攻撃できないってことです。



潜伏スキルが発動しているときは攻撃をうけつけません。


魔法攻撃も不可です。能力によるダメージも受けません。



全ての敵にダメージっていう能力とランダムで相手のフォロワーにダメージってのだけ有効です。









基本的にはこんなところでしょうか(´・ω・`)




これらの能力を理解した上で相手と戦う。



相手の行動を予測する、相手と主導権を争う。




さまざまな場面で繰り出される心理戦!!




それが面白いんです!!







 

車のはなし その17 ラグビーナンバーって知っていますか??


クルマの話 その17



最近、巷で白いナンバープレートのついた軽自動車が流行しているのを知ってますか??



何も気にしていなければ、意識の中から消えていきますが・・・・・・




言われてみれば・・・・・・・・・たしかに見た事あるでしょう!?






僕は毎日片道40キロのところまで通勤していますが、40キロ走ったら5台位は


白いナンバーのついた軽自動車をみますよ(´・ω・`)






これは何なの!?




という疑問にお答えします。











ーーーー本当にそれでいいのでしょうか!?---





白いナンバーの正体は 「ラグビーワールドカップナンバー」 です。



これは2019年に日本がラグビーというスポーツにおいてアジアで初めてワールドカップの


開催地に選ばれたから。



なんです。




でね、わーうドカップ開催を記念して国土交通省御自らが特別仕様ナンバープレートの


告知をしているわけ。




具体的にラグビーナンバーってなんなの??って話なんですけど




白いナンバープレートの右上にピンク色で4センチくらいの長方形のマークが付きます。


これが通常の 「ラグビーナンバー」 で、さらに開催支援という名目で追加で寄付金を


支払うとナンバーの左下にラグビーボールのマークが付きます。




普通にデカい数字の部分と同じくらいのマークが入るので一目でわかるくらい目立ちます。





このラグビーナンバーの重要なポイントをいくつか話します。






①金額


ラグビーナンバーが欲しい人は申請料金を払ってラグビーナンバーを交付してもらいます。


申請料金は県によって異なりますが、だいたい8000円くらいです。


車屋さんなどを通すと申請手数料として5000円くらいかかるので、およそ12000~13000円くらい


が必要になると思ってください。



また、寄付金アリのほうのプレートは最低限必要な申請料金にプラスして寄付金を支払う事



なんすけど、最低金額が1000円。


なので普通のラグビーナンバーに1000円余分に払うと寄付金ラグビーナンバーになる。





② もうナンバーが付いているクルマでも買える


ここが最重要ポイントでしょう。国土交通省視点では。


今自分が乗ってる車についているナンバーを外して申請することで今現在自分についているナンバー


の番号を変更せずにプレートをラグビー仕様にすることが出来る。



なので国土交通省はいっぱい儲かることになるね。





③ 交付期間


お店を通すと手数料がかかるから、自分で陸運走ったらええやん。


って言う人に注意。このナンバーは一度県が管轄する陸運局に行ってラグビーナンバーの申請が


必要になるんやけど、申請書を出して受け取ってもらってから10日くらいたたないと交付されません。



ナンバーの交換が必要になるからってナンバー外してしまったら、特に普通車の場合は10日


ナンバー新しいのがもらえやんから車に乗れなくなるよ!!










とまぁラグビーナンバーについておおよそ分かっていただけたでしょう。



これね、たぶん普通車を乗っているユーザーはほとんど反応しないんじゃないかと思います。





が、このナンバーは日本史上初めて軽自動車の黄色いナンバーにおいても適用となるので


軽自動車でも白いナンバーが交付される。



これが今回の話の終着点。





軽自動車は黄色いナンバーで分けられているクルマやん。



だから、黄色いナンバーがイヤで普通車乗ってる人ってたくさんおるんやよね。




実際問題、僕は最近多数の依頼を受けて軽自動車のナンバーを変更しているけど



白い方が断然車に合うよ。





もし自分が軽自動車に乗っていたら変えていると思うわ。




軽自動車って黄色いナンバーやってだけで煽られたりするしね。




そういうユーザーの心を突いてやと思うけど、軽自動車ユーザーからの変更依頼が


パンクする勢いで入ってくるんね。





軽自動車ユーザーとしては史上初めての大チャンスやと思ってよいと思います。




一方、国土交通省はこれでスゴイ儲かるでしょうね。


軽自動車ユーザーの弱みに対しての商売ですからね。





しかし、これは重大な転機ですよ。





だってさ、軽自動車は黄色、普通車は白っていう概念が無くなるんです。



事故や当て逃げ、ひき逃げの時に犯行車両を特定する重要な情報が失われることになるよね。







それを国土交通省自らが主導でやっているというのが痛い。





今後それ系のなんかが行われても自分らもやってるんやで待ったかけれへんからね。





こんごどうなるんでしょうかねぇ。





IMG_7461



















 

グランパス日記 第21節 宿命の対決 湘南戦 ハイライト動画


J2リーグ 第21節。



この試合で長く戦うJ2リーグのちょうど半分にあたります。




当初の僕の予定では開幕から順調に力をつけて行って成熟したグランパスが


福岡・長崎・湘南・徳島の上位4連戦にピークをもってくるといいなと思っていました。



が、金沢・東京ヴェルディ・福岡に3連敗のあと、長崎に勝ってなんとか連敗を止めたのもつかの間



玉田・永井・青木・内田・八反田・杉本・シャルレスとスタメンレベルが7人も怪我してしまう


という事態を抱えた状態で湘南・徳島との直接対決を迎えることになってしまった。




僕個人的にJ2リーグに所属するチームの中で今年一番強いチームと今年一番波に乗っている


チームがこの2チームなので、このタイミングで戦うのはいたい。




直接対決、湘南戦。




湘南ベルマーレはグランパスが史上初めてJリーグ優勝した時に優勝が決まる節で戦った相手。


この時は勝って優勝した。



そして去年、グランパスが史上初めてJ2降格の危機に瀕した時、最終節で降格を賭けて戦ったのが


これも湘南ベルマーレ。



この時は何も出来ずに延々ハイプレスをかけられて敗北。


間違いなくグランパス史上最も喜ばしい瞬間と悲しき瞬間相手として対峙していたのが湘南。




そして今回グランパス史上初めてJ1昇格をかけて戦う上での最大のライバルが湘南。


これはもう宿命の戦いというしかないでしょう。




ケンシロウとラオウみたいなもんですわ。




試合まえ、湘南のサイドの掲示板でも 「グランパス今日は2軍やけど気を抜かずに」


みたいな書き込みがちらほら見かけられるほどけが人多数状態でキックオフ。





今季は2回ある湘南との直接対決こそ最大のピックアップマッチになるだろう。


ここ数試合、惜しい試合を落として雰囲気が良くないけど


この試合に勝てさえすれば一気に浮上するやろう。




そんな重要な試合。





湘南はやっぱりJ2で今季の相手としては一番強かった。



湘南はJ2で一番プレスが激しいチームなんです。



正直、引いて守ってる状態でなら湘南は何もできないです。


が、数年同じ韓国人監督の元で鍛え、成熟されたチームは相手から高い位置でボールを


奪ってそのままショートカウンターで点を取るスタイルを構築しており


ここまでプレスが激しいともう立派な武器やと思います。




昨年の最終節ではチームとしての連係が成熟されてないグランパスがホント何もできずに


90分間プレスの餌食になってたわ。




そしてこの試合は前半からお互い守備がしっかりしておりチャンスを作らせないハイレベルな


ゲームになりました。お互い全然チャンスがないです。



その中で前半に湘南が至近距離からシュートの大チャンス。楢崎ファインセーブ。



そのまま0-0で前半終了かと思われた前半45分のコーナーキック。




これはチームの成熟度の勝利やわ。




一番遠いサイドの陰に隠れてる選手がペナルティラインまで下がってくると同時にキッカーが


ゴール前に上げるとみせかけてペナルティラインにむけて低空クロスを上げるっていう見事な


サインプレーで湘南が先制1-0。




しかしプレスに何もできず延々攻められ続けた昨年最終節とは違って失点したものの



内容では互角の戦いが出来てたので、後半に期待。





後半の最初の10分間少々でこのゲームの大勢が決することになるんやけど



後半の立ちあがりに右サイドからのクロスに佐藤寿人が飛び込んで合わせる。


完全に1点もんのシーンやったけどシュートは枠に飛ばず。




対して湘南はなんでもないところからのロングボールをジネイがヘッドで合わせて2-0。



小林・磯村のダブルボランチがCBやってるんで、やっぱ急増CBやとパスは回るけど


なんでもないボールで1点取られるなぁ。




この2回のチャンスでこっちは決まらず、あっちは決まった。


これでほぼ決まり。



後半のそれ以外のシーンも最後までお互いチャンスの少ない互角の好ゲームでした。



後半に若手Fwの杉森が右足アウトサイドのトラップから左サイドネットにゴールを突き刺す


サッカーやっててこんなプレーがしたいなっていう理想的なゴールで1点返した。



(このゴールが21節のベストゴールやと思います。)





しかしこのままタイムアップで1-2湘南勝ち。




この結果で首位の福岡と2位の湘南が他と勝ち点5くらいの差をつけてあたまひとつ


抜け出す形になった。








・ 第21節  グランパス  湘南ベルマーレ  ハイライト












記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ