下のハイライト動画で先制ゴールの圧巻パスワークを観るべし!!






グランパス日記



J2からJ1への昇格へ戦うグランパス。


リーグ序盤は昇格できる2位につけていましたが中盤戦の上位直接対決で連敗し


一時期8位まで順位を落としてもうだめだっていうところまで行きました



そこでグランパスはシーズンの途中やというのに守備の選手を一挙5人


中盤の選手を3人で8人の選手が移籍もしくはレンタルで放出。




もともと人数が2人くらい多い状態で始まった今シーズンでもシーズン中に普通は


2人~3人抜けるかどうかなんでこれは間違いなく異常。




かわりに他チームとの争奪戦を制して加入してくれた高校生の大垣君


そして早稲田大学在住のサイドハーフ 秋山君


そして絶対に補強しないといけない守備に韓国人大学生のイム君




若手ルーキー3人を獲得。




3人は将来期待の若手ですが、さすがにグランパスという名門が復権をかけて

未来を託すにはまだまだ若すぎます。



そこで救世主として期待されるのがブラジル1部リーグ10番だった司令塔


ガブリエル・シャビエル。ここまで3試合に出場して明らかにチームの


中心選手になりました。




2位を目指すにはアビスパ福岡を追い抜くしかない。そのために勝ち点9差ある中で


3試合後の福岡戦を連勝で迎える。これしか希望はないです。



そして連勝するのに最大の山場と言われていた堅守の松本山雅FCをホームに迎えての一戦。




僕は今季J2のライバルとして四天王になるであろう4チームに松本を入れてます。




正念場です










ーーーー2人の救世主伝説ーーーー






この試合を前にグランパスのクラブは信じられないことをします。



松本山雅とグランパスはサポーターが多いJ2のチーム1位と2位です。





この日トヨタスタジアムに大量の松本サポーターが訪れました。



対して名古屋は大学生以下のこども10000人にタダでチケットを差し上げる


キャンペーンを実施。1枚3000円として、3000万円ぶんのチケットばらまき作戦。





今年これをやるのは京都サンガ戦以来2回目でおそらく今年最後になるでしょう





それだけクラブチームが公式にこの試合をガチで勝ちに来ているということです。





松本は失点が少なくてこの時点でリーグ失点数が2位。



グランパスがゴール数がリーグ1位。




最強の矛 VS 盾の試合がキックオフ。





試合は松本の押せ押せムードで試合が始まります。





松本はFWとか関係なく全力疾走で名古屋がボールを持っている選手に突っ込んで来ます。


DFラインでボール回してても全く関係ないです



パスサッカーのグランパスにはハードプレスでぶっ潰す。




これは敵チーム全チームのグランパス攻略法になっており



リーグでも屈指の走れる堅守チーム松本にこれをやられると普通は何も出来ずに


ただ奪われるのみになりますね。





実際、序盤はハイプレスにめっちゃやられました



ここでずるずるいく感じやったんすけど、守備を立て直すべく獲得した韓国人のイム君が



守備で体をはり、そして待望のセンターバックの主軸として横浜マリノスから


レンタルで獲得した新井がこの日とうとうチームデビュー。




この2人がセンターバックになったことで明らかに守備が簡単にやられなくなった。




ここで松本に2点くらい取られてたらパス回しが機能する前に勝負を付けられてたと思う。




序盤の猛攻をしのいで落ち着いてきてからの名古屋は圧倒的に強かった。





先日も書いたけど、3試合前からパスサッカーとしてやってるプレーがついに1つの



形になった名古屋。





ここでとりあえずハイライト貼っとくすけど




先制ゴールのシーンに行くまでの華麗なパス回しはマジでアーセナルのレベルやったし



今までのグランパスでこんな回し方出来るチームは無かった。




圧倒的なレベルの差を突きつけるような先制ゴールのパスワークをぜひ




ハイライトでご覧ください。






第27節 ハイライト  名古屋 VS 松本山雅














はい。このプレーを観た瞬間、攻撃がケタ違いに良くなってるって確信した。



正直、シャビエルが最後詰めてオウンゴールを誘発したんやけどファールっぽいんやよね。



これをゴールにしてくれたのはスゴく流れを引き寄せることになった。





その流れそのまま、右サイドをシャビエルが運んで青木がゴール前で突っかける。



今のグランパスで最大の脅威になってるシャビエルからの青木コンボでゴール前を切り裂いて



佐藤寿人が中央で合わせる。ゴールデンムーヴで1点目がファールじゃないんかって



どよめいてた松本に対して電光石火で追加点。





2-0で後半へ。







後半、相手のボールを奪ったシャビエルがシモビッチをワンツーで抜け出して


そのままシュート。これがゴール左隅に決まって3-0





3点共にすべてシャビエルが演出。まさに助っ人外国人。



ブラジルで10番をつけてただけあって圧倒的に本物やわ。




これで後半開始直後に3-0になったんですが、松本山雅得意のコーナーキックから


こぼれ球を押し込まれて3-1にされてしまいます。




最初のハイプレス地獄以降全くチャンスを作れてなくて名古屋にボッコボコにされてた


松本もこれで反撃ムード。




つーか名古屋サポーターにとって1週間まえ、4-0で後半勝ってる状態から


4点返されて4-4にされるという信じられない光景を現実に見てしまった分



3-1でも1点返された時点でむっちゃ不安な空気が。








ここで試合を決したことが3つあって、1つ目は4点返された愛媛戦みたいに



大量リードして受け身にならずに攻め続けたこと。



そして新井が入ってロングボールやカウンターで簡単にやられなくなったこと。


さらに今のパスワークの中にはシャビエルっていうSクラス選手が加わっていること。






攻めてくる松本に対して守備陣がしっかり守って攻める。



結果シャビエルのパスを佐藤寿人と青木が1点づつ決めて勝負アリ。




最後の最後に謎のPKをとられて1点返されますがそんなんどおでも良いくらいに



圧倒的内容で勝利!!!





これでチームは4位浮上。




2位目指して進むだけ!!





それにしても今日の名古屋は本当に圧倒的に強かった。



松本山雅のサポーターも勝てる気せんだと思う。




個人的に27節のこの試合が今季最高の試合やったと思う。




あとはシャビエルが上手すぎる。守備の新井と攻撃のシャビエル。


まさに2人の救世主伝説。


シャビエルはチーム加入後4試合出場で2ゴール4アシスト



変幻自在のパスサッカーは見ているだけで面白く、素晴らしいチームになったと


思う。これで次節の町田戦、何かしらのアクシデントで足をすくわれやん限り


福岡戦まで最高の状態で挑めると思います。





この町田戦、のちに全国ネットでニュースが流れるアクシデントが発生してしまう



試合になってしまいますので次回要チェック!!