グランパス日記


J2リーグ第38節 この試合を含めて残り試合5試合の大詰めです。




自動昇格出来る2位以内を目指す名古屋は残り10試合で8勝1敗1分の勝ち点25くらいが


必要な状況。




その1発目に金沢に1-3で負けて非常に雰囲気悪いところから3連勝。



そして1位湘南・2位長崎との直接対決。



今シーズン通しての中でいい流れが来たって時が2回あって、2回目が今です。




ここで湘南長崎を叩くしかない!!!




ホームで行われた湘南戦は玉田シャビエルの素晴らしいゴールのあと逆転されますが


エース シモビッチのボレーと玉田のゴールで3-2逆転勝ち!!!



12試合連続で負けてなかった湘南に勝ちました。



そして重要な2位長崎。長崎もここ6試合負けてません。





アウェー長崎の地で決戦!!!





試合は初のJ1昇格が見えてきた長崎がものすごい運動量で激しく攻め立ててきます。



長崎のウリはみんなが走り全員攻撃・全員守備。


そして何よりも未だかつてないほどにJ1昇格に近づいているという勢い。




ファンの大声援。長崎ファンは分かってる。この試合でグランパスを叩けば王手。


ものすごい気迫でぶつかってきます。



前後半通して一進一退の攻防が続き両チームとも惜しいシーンが3回くらいしかない

好ゲームの中、田口の惜しいシュートは枠の右にわずかにハズレ


長崎のシュートはGKの武田がファインセーブ。




試合は終盤、青木の突破からPKを奪取。


これをシモビッチが冷静に決めて後半39分に先制。



終盤のゴールでグランパス勝利か・・・・に思われた後半43分に


長崎のエース ファンマがヘッドで同点ゴール。




この勢いは長崎J1に行きそうな流れ。


両チームエースが決めた好ゲームは両者痛み分けに終わったものの


どちらかというと長崎の勢いを止めきれなかったグランパスに痛い引き分けとなった







ハイライト動画



J2リーグ 第38節



名古屋グランパス VS Vファーレン長崎