名古屋グランパス

グランパス日記 J2リーグ最終節 VSカマタマーレ讃岐戦 ハイライト動画


J2リーグ残り5試合の時点で2位3位4位が団子状態。

長崎福岡名古屋で上位を争う構図になった。



この時点での勝ち点は福岡 勝ち点68 長崎 勝ち点67 名古屋 勝ち点65


そして長崎と名古屋が直接対決でドロー。


福岡は千葉に大逆転負け。



これで勝ち点68 68  66での超拮抗状態に。



次の試合、名古屋は群馬・岡山に連勝して勝ち点72


長崎も讃岐水戸に連勝して勝ち点74


福岡は湘南に勝ち松本に引き分けて勝ち点72



残り2節



名古屋は千葉に完全に封じ込められて0-3で大敗。


長崎はここでも勝利を収めて史上初めてのJ1昇格が決まった。


福岡は東京Vと引き分け





これで長崎が勝ち点77で勝ちぬけ。




後は残り4枠のプレーオフ争いへ



福岡 勝ち点73 名古屋 勝ち点72でこの時点でプレーオフ進出が決まっていた。



あとは3位で終わるのか4位で終わるのかの勝負。





迎えた最終節




名古屋はアウェーで讃岐と対戦。



激しいプレスが持ち味の讃岐は前半戦プレスに思うようにパスサッカーをさせてもらえずに


非常に苦しい戦いを余儀なくされました。




が、1年かけて風間サッカーが浸透したチームの成長を表すように


パスでいなす、いなす。



あいてはボール奪取してからのカウンター狙いなのになかなかボールがいい形で


とれない。岡山戦もそうやったけどここにきてようやくパスサッカーの土台が完成して


名古屋は一皮むけた感がある。



試合はボールがとれずに全く攻められない讃岐にじわじわ攻め込む名古屋が


終始押し込む展開。




プレスがキビシイ時はシモビッチにポストプレイ。


これがかなり効いていて前半にシモビッチがゴール。



後半もシモビッチ起点に攻め立てて追加点で2-0



讃岐は前後半合わせて2本しかシュートを打たせてもらえず



2-0で名古屋の完全勝利。






ハイライト動画





J2  42節  名古屋 VS 讃岐



















一方の福岡は勝てば3位。ここで対戦したのは岡山。



福岡は個のレベルでは湘南・名古屋についで3番目に強いと思う。


なので人数をかけて守ってセーフティに攻めるっていうマリノス型のチームなんやけど



あまりにも攻撃が単調なんやよね。



ホントに失点しないこと重視で安全なクロスからの攻撃が主体で無理しない。





それでもウェリントンっていうJ2で空中戦最強FWがおるからこそ成り立つ戦術


屋と思う。京都みたいに後ろからツインタワーに放り込むだけのサッカーじゃなくて


ちゃんと横からのクロスやけどね。



ウェリントンが90分で1点とって先制するも後半に岡山に追いつかれてドロー。






これで最終節で福岡と名古屋の順位がいれかわって名古屋が3位で、福岡が4位でプレーオフ


進出が決まった。最後の最後で順位が入れ替わったことがプレーオフに影響するのか


見ものです。





さて、これでJ2はリーグ戦の全日程が終了。




ここからは死闘しかないプレーオフに残った4チームによる


デッドオアアライブの試合が3試合行われることになります。




ハイライト動画




福岡 VS 岡山









 

グランパス日記 第40・41節 VS ファジアーノ岡山 ハイライト動画


J2リーグ2017


残り5試合になり、湘南ベルマーレの優勝が決まった。



のこりは2位でのJ1自動昇格争いと3位から6位までのプレーオフ争い。



今季J1でカップ戦と天皇杯でダブル優勝したセレッソ大阪でさえ1年でJ1へ戻る


事は出来なかった。それくらいJ2もキビシイ戦いが繰り広げられています。






さて、残り5節の時点での順位は2位が福岡 勝ち点68


3位長崎 勝ち点67  4位名古屋 勝ち点65




そして福岡は千葉に大逆転負けと東京ヴェルディに引き分けで勝ち点69



長崎は名古屋と引き分け、熊本に勝って勝ち点71



名古屋は長崎に引き分けて群馬に勝ち、勝ち点69





この状態で残り3試合に突入です。




この時点で2位長崎は水戸・讃岐


3位名古屋は岡山・千葉


4位福岡は湘南・松本




2位の長崎がかなり有利な状況


3位の名古屋はJ2中堅チーム2チーム。ここは勝っておきたいけど一癖ある相手


4位の福岡は王者湘南と難敵松本山雅で万事休す





この状況から2位フィニッシュするのはどこか??




J2ファン注目の試合になりました。






福岡は絶対的ピンチの中、意地で湘南に競り勝ち、難敵松本とはドロー


これで残り1試合を残して勝ち点73



長崎は圧倒的勢いそのままに最後まで走りぬき、企画的御しやすいあいてに


2連勝を達成してこれで勝ち点77




そしてグランパス





グランパスはファジアーノ岡山と対戦。


アウェーに乗り込んでの1戦だったが


前半は1回もチャンスを作らせない。




そして横パスだけじゃなくて上下の連携やコンビネーションで終始相手を圧倒。




その中で華麗なパス回しからのゴール。




試合の80分パーフェクトな内容でリードします。


最後の10分にピンチあったけど結局1-0のままタイムアップ。




これぞ風間サッカーと言わんばかりの華麗なるパスサッカーで岡山撃破




1点差だったものの内容で圧倒して確実に今季1年間かけて蓄積されたものが


形になって表れているのが良く分かる1戦でした。



ハイライト動画


J2 40節  グランパス VS 岡山








これで残り5試合のうちで最大の障壁と予想された千葉。



ここで勝てたら行ける気がする・・・・・





この思いは粉々に砕かれた。




0-3での大敗。



しかも内容でも圧倒されて負けた。




これでグランパスは勝ち点72




勝ち点77で長崎がJ1に史上初めての昇格。





名古屋は最終節を残してプレーオフ出場の6位以内が確定したものの



福岡に抜かれて4位に転落することになった














 

グランパスをJ1リーグに導いた大天使ガブリエルのスーパープレー集  動画

 
名古屋グランパスを今年J1リーグに導いた選手  ガブリエル・シャビエル。



大天使ガブリエルと同じ名前なので天使とも呼ばれるこの選手




Jリーグ最強外国人パサーと評価されているんですが



イマイチ評価が高いのがなんでかわかってない方に





グランパスにシャビエルが来てからスーパープレー集




たった14試合でグランパスのほとんどの攻撃を担うまでになった天才のプレーを


見るがいい!!!!












本当に来たーー!!グランパスに新加入の元ドルトムント豪代GKのヤバすぎるスーパーセーブ集  動画

 
最強の矛と盾がそろってしまった・・・・・・




もともと昨季J2で14試合で7ゴール14アシストを上げてJリーグ最強外国人パサーと

評価された元ブラジル1部リーグクルゼイロの10番  ガブリエル・シャビエル要する名古屋グランパス




今季は再びJ1リーグを戦うということでJリーグ史上最高額の倍額っていうありえへん補強金額で


元ブラジル代表のFWジョーを獲得。


レジェンドが高齢になったんでJリーグでも獲得できたよっていうんじゃないくて



昨年のブラジル1部リーグMVPで得点王やから。


元マンチェスターシティですが今でも相当にやれそう。




そんな最強の外国人FWを要して


Jリーグ最強外国人パサーとJリーグ最強外国人FWにあきたらず、さらなる補強が実現してしまった




元ドルトムントのオーストラリア代表GK ランゲラクの獲得。




この選手も現役のオーストラリア代表やから。スペイン1部リーグのレバンテで最近出番が


減っているということ、今年ワールドカップがあるのを見据えてのこと


元ドルトムントでの同僚香川真司から日本についてアドバイスがあったこと


もとグランパスのオーストラリア代表FWケネディからグランパスへのアドバイスがあったこと




すべてが実現して今回の移籍成功にこぎつけたみたい。




どうみてもJリーグで今あるチーム全体の中で最強のGKです。


これでJリーグ最強外国人GKまでも手にしてしまった。




名古屋
外国人補強に関してはJリーグ史上にのこる大成功を収めましたね。




オーストラリアには絶対的守護神 シュウォーツァーがいるんでわかりにくいですが



このセーブ集みただけでJリーグにおって・・・・・ええんですか???



てのが分かるわ。




しかもこれ、ここ2年間でのプレーのみの動画やから。





























グランパス日記 第39節 群馬FC戦ハイライト動画  試合が途中で中断する事態が発生!!!

 
グランパス日記 


J2リーグ39節の話。

42試合あるJ2リーグの最終局面ですね。



のこり5試合からの上位チームの動向はすごく緊迫した動きを見せていて


残り5試合の38節が行われる前



1位の湘南ベルマーレは勝ちか引き分けで優勝が決まる。


つまりあと5試合でここ20試合で2回しか負けてないチームが5回連続で負け以外の結果なら優勝っていう


99.99%優勝が決まった状態で試合がスタート。




なんでどこのチームも湘南はもう優勝1抜け確定扱いでみてたのね。




目下白熱しているのは2位のJ1リーグ自動昇格争いと3位から6位のプレーオフ進出争い。



2位争いが長崎・福岡・名古屋のみつどもえ。



38節開始直後の勝ち点は



この時点で2位がアビスパ福岡  勝ち点68


3位がVファーレン長崎 勝ち点67  4位が名古屋グランパス 勝ち点65




グランパスは福岡に勝ち点3差とはいえ、たった1試合で順位が逆転する状況。


そして38節はVファーレン長崎と名古屋グランパスとの一騎打ちやつたんです。



この試合が長崎ホームで行われ、1-1のドローに終わりました。




後半40分に名古屋が先制ゴールを決めて後半44分に長崎が同点ゴール。


名古屋は長崎を仕留める絶好のチャンスを得たけど長崎の勢いが同点ゴールを導いたって


かんじやね。




アビスパ福岡はこの日ジェフ千葉と対戦。


この試合、たぶんアビスパにとっては今シーズンのターニングポイントになるであろうと


僕は思った。



アビスパは0-0で圧してる試合の中PKを獲得。


このPKを止められた。こぼれ球をシュートするもキーパーがスーパーセーブ。



このセーブからのカウンターで一気にジェフが先制。PKのチャンスから逆に失点。


しかし後半に再びPKで同点のチャンス。これを外して負けてます。




結果、この試合でグランパス勝ってたら逆転2位浮上やったんすよね。



ここで一気にアビスパの流れが悪くなったから、長崎叩いてほしかったんよねーーー。





さて39節


この試合が始まった時点で順位は変わらず 2位福岡 勝ち点68


しかし3位 長崎 勝ち点68  4位 名古屋 勝ち点66



残り4試合でこの拮抗ぐあい!!!





まぁ2位の福岡が順位的にアドバンテージがあるように見えますが


福岡はここから4試合の相手が湘南・松本山雅・東京ヴェルディ・岡山と難敵そろい


なんで2位陥落する可能性が極めて高いんです。





なのでグランパスは絶対に勝ち点3を取らないといけない。






39節はホームでしかも最下位の群馬FCです。


確実な勝利だけが求められる試合!!!





この日、日本はものすごい台風の影響をうけた。



試合がある名古屋市もとんでもない被害やったんです。




ピッチがべちゃべちゃどころかさすがに不可能やろうっていう暴風やったのに


この試合は強制決行させられました。




いやいや、あとでハイライトみてもらうとわかるんですけど選手も、観客もかわいそうなくらいの


暴風の中で試合が始まってるんです。


パスサッカーの名古屋からしたらデメリットしかないんで、なんでここで群馬に勝つ可能性の


落ちる選択をすることが理解できないです。





是が非でも勝ちがほしい名古屋は序盤から積極的に青木や和泉がミドルシュートで


ゴールを狙います。暴風で豪雨なんでミドルはいいね!!




で、前半のうちに青木がFKからのクロスを確実に決めて1-0と先制!!!!


あきらかに前半、群馬ゴールの方にとてつもない暴風が吹いていて名古屋のシュートは3割増し


群馬のシュートは3割減で名古屋有利なコンディションやったんでここであと2点くらいとっとけ!!!




そしたらやっぱり天気が悪すぎるんで試合を中断します







・・・・キックオフの前から誰がどう見ても無理やわ!!!





この中断でべちゃべちゃのピッチ、選手はべちゃべちゃの状態で45分間そのままっていう異例の


事態が発生。



完全に試合決行したやつのミスやぞ。




こういう時に流れってのは変わるもんです。スポーツって。





試合再開。


試合が再開したのは1-0でグランパスが勝ってて、前半が残り20分の状態。




この状態で前半の残り20分



群馬は最下位とは思えないグランパスみたいなパス回しで同点。


その直後名古屋のワシントンのパスミスからのカウンターで逆転。




完全に流れ変わってしまったやん。



選手も・サポーターもこの試合がどれだけ重要な試合かわかってて応援してるし選手も


頑張ってるんやからさぁ。



試合の外側からの影響で試合の結果が変わってしまうのはものすごく腹立つ。





後半の45分間で逆転するしかない。





45分間、荒れたピッチで守備的にいかれたら相当にきついよ。



この状況が30分近く続いたんやけど、玉田がシュートぶち込んでくれて2-2の同点。



さらにシモビッチのポストプレイを田口がミドルで決めて3-2逆転



そして再びシモビッチのポストプレイから青木が2点目決めて4-2と逆転勝利!!





ノルマやった勝ち点3をゲットできたんですが・・・・・天候の影響もあってすっごいみてるだけで


しんどい試合やった。



この日、長崎は死にもの狂いで走りまくり、ロアッソ熊本を2-0で撃破。



そしてアビスパ福岡は東京ヴェルディに苦戦して0-0でドロー。




この結果


2位福岡 勝ち点68 3位長崎 勝ち点 68 4位 名古屋 勝ち点66



から


2位長崎 勝ち点71  3位名古屋 勝ち点69 4位福岡 勝ち点 68




順位が入れ替わり




残り3試合へ!!






ハイライト動画   ナゴヤ VS 群馬FC  どんなけの悪天候やったか見てくれ!!!



































記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ