名古屋グランパス

グランパス日記 強すぎる名古屋!! 俊介・大久保の磐田を6ゴール爆砕!!! ハイライト動画


この試合、ジュビロ磐田にとってはここ数年でもトップレベルの悪夢の試合に


なったことでしょう。





ホームのヤマハスタジアムに名古屋を迎えての東海ダービー。


チケット完売!!!




ジュビロは元日本代表で元グランパスの川又と田口に中村俊輔や大久保がいるので


個のレベルは低いチームじゃない。



ディフェンスの個人レベルはJ1では中位以下やけど守備的家カウンター戦術やから

そんな守備も軽くない。





が、グランパスが強すぎました。




正直同じようなチャンスになりそうなシーンに関しては両チームともに

おんなじだけありました。



それを大チャンスにもっていくグランパスの今のチーム力と決定力の差。




ただただ、それ。




5点目とかカウンターからの逆カウンターやからね。



そんでちゃんと守れてるのに後ろからガンガン入れ替わってくる今のグランパスの


サッカーこそ風間監督がやりたかったパスサッカーの歓声系なのかもしれないですね。






それでは、ハイライトをどうぞ!!









ハイライト



グランパス VS ジュビロ













グランパス日記 浦和レッズを4ゴール粉砕!! ハイライト動画


グランパス日記 


ここまで最下位のチームがJ1リーグで5連勝したことはJリーグが開幕してから


22年間一回もなかった。




それを覆しての5連勝からの、浦和レッズ戦




レッズはここ近年J1でも1位2位の個の力を生かしてじわじわ個で勝つみたいな


サッカーをしてきます。



おととしの対戦では自分も名古屋VS浦和戦を観戦したんですけど

ほぼなにもさせてもらえずに負けてました。






今回は再び2年ぶりにホームに浦和を迎えての1戦。





この試合で確信したのはグランパスはいま勢いで勝ってるだけのチームから


上の次元にいったということ。





ホームでいきなりオウンゴールで先制されるんすよね。





ここからの連続4ゴールで浦和を粉砕!!




やっぱ守備での丸山が来てるわー。

自分は戦うディフェンシブ選手大好きなんで、昔レッズの阿部大好きでしたし

唯一もってる日本代表のユニ長谷部なんすけど



グランパスでは玉田ユニなんですね。


背番号11の時と復帰して28番のやつと両方もってる。




でも丸山が来季も残ってくれるなら来季は17番のユニ買うわ。




さて、この試合ではジョーやった。完全に。





ジョーやばい。



特に3点目と4点目は完全にやばいシュートやった。




もともと名古屋は長身外国人大好きで


オーストリア代表W杯選手バスティッチ

ノルウェー代表W杯選手ヨンセン


オーストラリア代表W杯選手ケネディ




2010年以降ですとケネディ知ってる人が多いです


あと昨年まではスウェーデン人のシモビッチ。



この中で一番上手かったんはケネディやったんやけど



さすがはセレソンのジョー。



日本のサッカーに慣れるまでは普通の選手やったけど2か月前くらいからのジョーは


上記の選手の中で一番うまい。






そして大型補強が騒がれるなかで大学生で来季から内定が決まった相馬


が今だけ試合に来ているんやけど、この選手が上手い。




日本代表を将来期待されている選手らしいんですけど



今でいうところの乾たいぷのドリブルからガンガンシュートやクロスにもってける選手で



この2人に浦和がやられるところをご覧くださいませ








ハイライト  名古屋グランパス  VS  浦和レッズ












グランパス日記 鹿島を4ゴール圧勝!!! ハイライト動画


鹿島戦のハイライト動画



絶好調名古屋と鹿島の試合




この試合は松本山雅から移籍してきた前田とマリノスから移籍した金井の攻撃力が爆発した試合




まず前半、前田がいきなり走りこんで強烈なシュートはポスト直撃!!



しかしジョーと前田のつなぎからジョーがゴール!!!




前半を1-0で折り返します。




前半は鹿島の攻撃を0点シャットアウト。

攻撃もいいけど守備もいいね。



とくにFC東京から獲得した丸山が元日本代表の実力を発揮していて本当にうまい。

前半終了間際のピンチもスライディングでガードしてガッツポーズ。


個人的に今一番好きな選手やわ。


キャプテン翼の松山くんみたいな熱いディフェンスリーダー最高






後半に1点返されますが、同点の表示が出ている間に金井がゴール!!


PKでまた同点になりますが前田のスーパーボレーを金井が押し込んでゴール!!



最後は前田が豪快にぶち込んでゴール!!





鹿島相手にゴールラッシュで粉砕!!!




ハイライトをご覧ください









名古屋グランパス  VS  鹿島アントラーズハイライト
















グランパス日記 降格をかけた運命の直接対決!! VSサガン鳥栖戦ハイライト動画!! 


Jリーグ残り 12試合



先にも書きましたが、今期の降格争いの有力候補は


名古屋グランパス サガン鳥栖 Vファーレン長崎 ガンバ大阪  です




この中で一度最下位で死に体になった名古屋グランパスが守備を超絶補強。


さらに攻撃で補強した前田が大当たり、そしていよいよ鳴り物入りで加入したジョーが


調子よくなってきた!!



この3つで名古屋の調子はがぜん上向きです。




しかし、サガン鳥栖もサイゲ資金で大幅な補強をしてきました。



グランパスは守備が崩壊して最下位に転落したので守備を大補強した。


対するサガン鳥栖は守備は普通やけど得点力不足で下位に沈んでいるので


攻撃力を大補強した。



まず、鹿島アントラーズの主将で元日本代表FWの金崎を獲得。


サガン鳥栖ってさ、もともと欧州リーグレベルの外人一人おるんやで。



それに金崎と2トップくませるとかやばい破壊力でしょう。



そして今季Jリーグが世界的に注目されることになった理由の一つ


アトレティコマドリーから神童フェルナンド・トーレスを獲得した。




トーレスは正直、見たい!!


この3人に加えてサガン鳥栖をJ1でけん引してきたエースストライカー  豊田も


獲得。サガン鳥栖の何をしてでもJ2へは落ちないという強い気持ちが見て取れるね。



長崎・ガンバは何もしてないけどダイジョブなのか??




さて、前回アウェーの鳥栖戦は2-3で負けています。




今回は守備陣が強力になったほか、チームが4連勝中で最高に調子がいい感じなんで


なんかいける気がする。



この試合、4連勝するきっかけとなって4試合で7ゴールをたたき出した


エースのジョーが不在。



ジョーを欠いてどうなるのか???







ーーーー予想外の一方的な展開ーーーーー





この試合、金崎とフェルナンドトーレスの2トップにしてきた鳥栖



この2人のタテへの推進力半端ないな。



前半に金崎に抜け出されて大ピンチを迎えるも名古屋のGKランゲラックがセーブ。




このあと名古屋が先制するんやけど、名古屋のハイライトで前半20分の1点目の


ゴールの時の一連のパス回し見てほしいんすけど


これは止められないでしょう。素晴らしいパス回し。このゴールが今節のリーグ


ベストゴールやと思う。




横浜マリノスから加入した左サイドバックの金井の攻撃力がかなり高い。



この後から試合終了までひたすら鳥栖は金崎とトーレスにタテに走らせるパス


ばっかりなんすね。なので試合全部で言ったらものすごい失敗のパスを作ってるんやけど


2回くらい決定機作れたらよしみたいなスタンスでやってると思います。




なのでハイライトだけでみると互角の勝負みたいに見えますけど



90分みたら一方的なグランパスが鳥栖をボッコボコにするしあいでした。




ここまでチーム力で差がつくと思ってなかった。



ただ勢いだけで勝ってるんじゃない、1人のスーパーな選手の強さで勝ってるんじゃない。



たしかな実力が名古屋に付いたって確信した試合でした。




この試合で鳥栖に勝って5連勝した名古屋は5か月間1回も勝ってなくて


4か月間も最下位を走っていたチームとしてはありえない奇跡的な巻き返しで



ついに最下位ダントツから降格の下位2チーム、そしてプレーオフ行きの16位を


追い抜いて15位に上がりました。






ハイライト動画




名古屋 VS 鳥栖



新加入のエドゥアルドの日本人には出来ないアシストを決めた2点目もすごいっすよ














グランパス日記 VS横浜マリノス戦 ハイライト動画!!


8月に入った時点で、J1リーグで最下位は名古屋グランパスでした。


今年のJ1リーグからは2チームが降格


1チームがプレーオフ行きというルールになっています。




そして今年の降格争いの本命は名古屋・ガンバ大阪・長崎・サガン鳥栖


可能性があるのは湘南・清水・柏・横浜の8チームに絞られました。



この8チームの中から2チームが降格して1チームがプレーオフ行きになります。




グランパスは運命のガンバ大阪戦に勝利したことによって降格争い戦線から


踏みとどまりました。




で、上記の7チームとの対戦成績が今後に直結する重要な試合になるのは間違いないでしょう。





その中で横浜・鳥栖との連戦、直接対決がやってきました。





横浜戦はアウェーでの対決。



ここで勝てばマリノスを降格ラインの勝ち点まで落とすことが出来ます。





グランパスは中断期間にJ2首位のエース 前田を獲得し、前田がタテのドリブルと


パスがかなりうまくて最下位に沈む名古屋の攻撃をけん引してる間に



今年大量の補強費をはたいて獲得した元セレソンのジョーが本来のコンディションに


戻ってきてとうとう元セレソンの実力を発揮し始めてきました。




で、この試合序盤にシャビエルとジョーの高速カウンターから速攻で先制ゴール。



その後はボランチ1人とサイドバック1人、センターバック2人の主力を他チームから


引き抜いて超絶パワーアップした守備陣がマリノスの攻撃をシャットアウト。





マリノスは攻撃に全然厚みがなくて攻撃面で脅威になるような崩しが全く無かった。



これはマリノス降格勝ち点に叩き落したら本格的に逆転する目があると思う。




と、思っていたらスーパーゴールたたきこまれて同点。




この場面、シュート打つ以外に何も選択肢がないのがハイライト見てはっきりわかるところに


マリノスの攻撃陣の不調ぶりが見て取れます。



ものすごいいいシュートが1発決まらないと入らない感じやった。




なんでそうそう複数点はいるもんじゃないよ。




そうこうしている間にジョーが打点の高いヘッドで勝ち越しゴール。




マリノスを下して残留争いに1歩前進です!!!









ハイライト   名古屋グランパス VS  横浜マリノス
















記事検索
プロフィール

ago_gogo

  • ライブドアブログ