つくってみたシリーズ

つくってみたシリーズ その19  にんにくが香る豚肉!!!四日市とんてき


作ってみたシリーズ 19皿目



IMG_9778













これは自分個人の主観なんすけど、なんか肉食ってますよ!!!


っていう料理の中で見た目がっつり感と作るのが簡単な肉料理の頂点って


「とんてき」 やと僕は思うんです






極端な話、肉切ってとんてきのタレで焼くだけやからな。




豚の生姜焼きとかもそれに同じジャンルに該当するけどとんてきのほうが

肉厚があってがっつり感がつよい分とんてきが勝つと思う。




いやいや、ステーキでしょっていう意見はステーキ肉やと高くつくから


安い早い美味いを家で実践するとなるとやっぱとんてきやと思う。



僕は牛肉はステーキソース


豚肉は塩コショウ


鶏肉はみそだれで焼いて食うのが一番美味いと思っています。





が、今回はタレでとんてきをつくりましょう。





まずは豚ロース肉を用意します。




ステーキ肉やとこれくらいの厚みがある肉は2人前でスーパーで買っても800円くらい


するわ。


豚ロース肉を使用すると2人前で400円あれば買える。




まずは下処理から。




これをやるかどうかでたとえスーパーの肉でも味の差は出る。

IMG_9773








肉を2枚並べて塩を振る。10分放置して水分が出てきたところをキッチンペーパーで


拭く。


反対側にも同じ作業をする。



そのあとタテ切りで細かく切って塩コショウをふる。





そんで焼きます。



僕はフライパンの上に油をひいてそこにおろしニンニクを入れてがーっとかき回して


から豚肉入れてます。豚肉に薄力粉をまぶしてから入れる人のほうが多いです。





IMG_9776









はい。強火で2分くらいがーっと焼きます。




いい感じに色がついてきたらもっかい塩コショウをしてからソースを入れます。



ソースが入る前の状態はニンニクと油で炒めた状態です。




ソースは豚肉投入する前に作っといたほうが作りやすいです。





僕流で言うと


まず大さじ2杯ぶんソースを入れる  おおさじ1杯しょうゆ  おおさじ1杯みりん


料理酒少し、ケチャップ少し、砂糖少し


です。




肉を炒める前にスライスしたニンニクを油でカラッと炒めてから


肉焼き始めると一番パンチが効いた状態で仕上がりますが明日の仕事を考えて


今回はにんにくスライスは抜き。





あとは炒めた肉にソースを入れて2分ほど焼いたら




IMG_9777











完成です。



付け合わせはなんでもええです。







はい。できあがり




IMG_9778










1人前200円でできる料理としては普通に満足できるレベルやと思いますよー。




うまうま。


























































つくってみた その18 美味しいピザトーストを作ってみた


つくってみた その18 


今回のが作ってたのこれまでのシリーズ史上一番簡単。


でも美味そう。





美味しいピザトーストを作ってみた





IMG_6857












材料は2人前で食パン2枚、玉ねぎ半分、ベーコン2枚とスライスチーズが1枚。



原価にして60円くらいかな。



まず食パンに✖印にでっかく切り込みを入れます。下に貫通するくらいやったらだめです。


中にも汁をしみこませる為っす(^^)/





で、まずはパン表面にケチャップをぬります。





そして玉ねぎを切ってプライパンで焼き色が付くまで炒めます。



味付けは塩コショウで調整。


ほんでそれを敷き詰めます。




IMG_6855









さて、ベースが出来たところでベーコンとスライスチーズをカットしてまぶしていきます。



そのうえで塩コショウをかけます。




IMG_6856









食パンにこんもり具材が盛られました。



もうこれ以上詰んだらこぼれて来そう。




このまま焼くまえに、卵を一つ割ります。一枚につき一個。



んで白身は使わずに黄身だけをといたものを上から具材の隙間を埋めるように


かけていきます。




これをオーブンで焼く。





焼き加減は6分くらいかな。



ここまでの工程が玉ねぎの焼きに6分くらい。


下地の完成に5分くらいなのでおおよそ完成まで15分と少々というところでしょうか。





焼き加減は僕はチーズでだいたい判別します。



玉ねぎが焦げて来てもほかっといて、チーズが焦げてきたら完成!!!




レンジから出してきて・・・・・・・・・美味そう!!!!





IMG_6857







美味しいピザトーストの、完成です!!!















































 

作ってみた その17 食戟のソーマ流シャリアピンステーキを作ってみた


作ってみたシリーズ その17.



じこまんで作れる料理のレシピを100種類身に着けたいという欲求があります。


ブログで貼った料理としては17作品目。





今回はですね・・・・・・マンガ 「食戟のソーマ」 にて主人公が丼もの対決の時に披露した


シャリアピンステーキ丼



IMG_6875








こちらのステーキの部分に挑戦してみようと思います(^^)/








まずは材料。


IMG_6803










ステーキを一人一枚。



そして玉ねぎが一人分で2個いります。




とりあえず、下準備にかかりましょう。





まずは玉ねぎの下準備。


玉ねぎをみじん切りにします



1人前につき、2個まるごとみじん切りにします。



まずは10分ほどみじん切りタイム。








IMG_6804










そしたら肉に手順を移します。


まずはステーキ肉をまな板に乗せて包丁を二刀流。


包丁の背中で肉を叩きまくり!!




で、全体をくまなく叩いたら次はナナメに切れ目を入れて行きます。


で、次は逆ナナメに切れ目を入れ、スジ取とりをします。



これで下処理は完了




IMG_6805









まず入れ物を用意して下に刻んだ玉ねぎをぎっしりと敷き詰めます。


で、食戟のソーマでも主人公が肉を柔らかくするのにはちみつを使ってまして


ステーキの表面にはちみつを塗り込みます。


そんで上からも玉ねぎみじん切りをぎっしりと敷き詰めて・・・・・・



このまま60分間置いときます。


肉は玉ねぎのエキスで柔らかくなるそうです。

で、ハチミツも肉を柔らかくする効果があります。このダブル効果で普通にスーパーに売っている


普通のお肉が高級肉なみに柔らかくなるのだ!!







60分経ちましました。






いよいよ、ステーキ作りに本格的に取り掛かることになるよ。




まずは先ほどまで置いておいたステーキ肉の玉ねぎと肉とわけて



ステーキをフライパンで炒めます。




IMG_6806









この時に塩コショウで多少味付け。


また、油をひかずにバターでほんのり炒めます。






バターで肉が焼けるええかおりがしてきたぞ(^◇^)




両面焼いて、いったんステーキ肉はアルミホイルで包んで保温しときます。







で、肉をバターで焼いたフライパンには肉汁がしっかりついてる。




これをもっかいバターで玉ねぎを炒めていきます。




この料理はここが最重要ポイント。



玉ねぎの味付けによって成功か失敗かが大きく分かれることになります。




この料理は柔らかいステーキ肉に赤ワインで味付けした玉ねぎを大量に乗せる


っていう料理で、古くは貴族の食べる料理だったそうです。ちなみに日本発祥。



今回 僕はステーキ肉4枚を2枚づつに分けて2回調理してみたんですけど


ただ単に赤ワイン味にして完了ってしてしまうと・・・・・・・柔らかい肉に中途半端な味付けの


玉ねぎがのっかるなんか微妙な料理になってしまうんです。



最初の2枚は肉は柔らかいけど微妙なステーキの完成に終わってしまいました。





残った2枚は失敗できません。




玉ねぎを炒めます。



バターでたっぷり炒めます。



肉汁とバターと玉ねぎを絡めていきます。



塩コショウを時々振りかけながら中火でじっくり焼きます。







IMG_6807









ここの勝負所でまずフライパンで焼いてる肉汁バター玉ねぎを半分によせます。



そんで玉ねぎが無くなった半分のスペースに醤油を大さじ2杯ぶんくらいたらして


少し待ちます。



・・・・・・・・・分けて醤油を熱することで・・・・・・・・・焦がし醤油が出来た。




これを肉汁バター焼き玉ねぎに更なるパワーとして、焦がし醤油をトッピング。



さらにこれにおろしニンニクを加えてパワーアップ!!



これで玉ねぎ 第一の層が完成。




飴色になるまで焼いた玉ねぎは茶色いミツみたいな色になってます。




この玉ねぎを半分出して、残りの半分はさらに火にかけます。



これを赤ワイン大さじ3杯分くらいと、水溶き片栗粉大さじ1杯で混ぜあらせてソース状にします。


これが馴染んで来たら・・・・玉ねぎ第2の層の完成!!




アルミホイルで包んだステーキを切りまして


玉ねぎ第1の層を乗せます。


玉ねぎ第2の層を乗せます。





さて、本来ならばこれで完成なのですが、僕のオリジナルでここにさらにポン酢のマイルド味を


かけます。




これで完成。



付け合わせにかるく野菜を刻んで乗せたら・・・・・・・・・・・・






シャリアピンステーキの完成や!!!!





IMG_6810










見てください。茶色い層とピンクの層の2層におおわれたステーキ。



味の方は大変に美味しゅうございまして。



僕が今まで作ってきた中でもベスト3に入る出来栄えでございました!!








 

ひとくちミルフィーユカツ作ってみた  作ってみたシリーズ その17


作ってみたシリーズ その17



今回はひとくちミルフィーユカツを作ってみようと思います



難易度 10段階中 3


かなりつくりやすい


IMG_6373











前回、料理が全くできない人でも超簡単にそれなりに美味しそうな


親子丼をつくる方法をやりました。  難易度  2




僕が初見で作った見た目で




IMG_5853








そこそこ美味しそうじゃないですか???





はい。んで、今回はひとくちミルフィーユカツを作ってみようということで






まず用意するのは





・豚ばら肉   200グラム


・とろけるチーズ


・薄力粉


・パン粉


・玉子




基本的にこれだけ。



包丁も使いません!!






まず、トレイを1つ用意します。




それに豚ばら肉をまっすぐに引きます。



そんで塩コショウをかけます。


IMG_6374











下処理、これにて終了(´・ω・`)






そしてスライスチーズを切ります。



調理ハサミを使用するとかなり楽です。




板ガムくらいの大きさを目安に切ります。




それを丸めて、丸めたチーズをまっすぐひいてある豚ばら肉の端っこに配置して



そのままぐるぐる巻いていきます




IMG_6375









んで両端をぎゅっとしてやれば、ボールの中に入ってるやつみたいなんになりますわ。





そしてフライパンに油を2センチくらいの厚さで引いて加熱します。




そんで薄力粉とパン粉を用意。



さらに玉子を用意。



玉子は3つを割ってかきまぜる。




IMG_6376











カツの元を掴んで玉子を湿らせ、薄力粉をまぶしてさらにパン粉をまぶして



フライパンに放り込み、両側焦げ目が付くまで加熱したら・・・・・・・・完成!!!





IMG_6378













あとはてきとーに付け合わせを作ってかんせいですね




僕はこの日エリンギの炒め物とキャベツの千切りをパパッと作りました。







このミルフィーユカツ。見た目はそんなにきれいじゃないですが



トンカツみたいにぶっとい肉を揚げてあるんじゃなくて



細くて薄いばら肉をぐるぐる巻いて一塊にしてあるのさ。







なので、何層かの断層からなるカツはさながらミルフィーユのよう。



サクサクの食感と薄い層の塊らしくとても柔らかい。



そしてジューシーな肉汁の奥からとろけたチーズの塊が。





また、一口サイズでこれが楽しめるというのが気軽でまた良いですな(´・ω・`)





なかなか美味しい出来栄えでした(^^)/





今回は以上です!!













 

超簡単に親子丼を作る方法 つくってみたシリーズその16


僕の作ってみたシリーズ 16皿目




今回は親子丼を作ってみました







IMG_5853







美味しそうでしょ!?(^^)/




丼ものの定番、親子丼。日本人がイメージする丼ものトップ3は



かつ丼 天丼 親子丼 」 だそうです。


僕はマグロ山かけ丼か、普通に吉野家の牛丼が好きですが、とにかく親子丼は日本人にとって


基本中の基本料理。





実は親子丼は料理無縁の男性でさえ、簡単に作る方法があるのです!!




なので料理しない人でもこれだけは絶対作れるようになるから・・・・・この後必見!!













ーーー超簡単な親子丼の作り方ーーー




まずは食材。


IMG_5850









鶏もも肉 300グラム


玉ねぎ   1個


玉子    6個


三つ葉    少々




用意する食材はこれだけです。上記は2杯分の分量。



鶏もも肉は200グラムでも大丈夫です



色々作ってきましたが、しっかりした丼ものなのに食材費が



肉 300円  玉ねぎ  38円  三つ葉 150円 玉子 200円と


一人300円くらいなのでかなり安いと思う



しかも、材料自体の数が少なくそんな難しそうな食材は一切なし。





まずは鶏もも肉と玉ねぎを切ります。




IMG_5851








玉ねぎは半分に切ってからそのままさくさく切るだけ。



鶏肉は調理ハサミを使うと楽勝で切れます。




(ここでこだわるなら切った後に皮の部分はなにもせず、肉の部分にある脂身とスジを


 取り除いてから肉のほうを上にして容器に並べて塩をふり、10分後に染み出た水分を


 キッチンペーパーで取り除くとおいしさアップ!!)





・・・・・・・・はい。これで下処理が完了です!!




鶏肉と玉ねぎを切っただけです。






あとは重要なのはダシの作り方なんですが・・・・・・・ここの分量をミスるから失敗するので



この工程自体をはしょります。





すなわち・・・・・・めんつゆを使用!!




IMG_5852








写真のように容器に玉ねぎと鶏肉を入れて、水80CCとめんつゆ80CCを


入れて煮込みます。



めんつゆは2倍濃縮のものであること。



個人的にはかつお節のめんつゆが良いような気がします。



親子丼作る用の容器が無ければ小さいフライパンでOK。







これで大体の作業が完成です。





鶏肉切って、玉ねぎ切って、それをめんつゆを水で作ったダシで煮込むだけ。




あなたでも・・・・・明日からでも出来る!!!



米が炊けてる状態からなら初回でも15分で出来る。


そこそこみんな知っていて、そこそこしっかりした料理に見えて


安定して美味しく出来るので、料理できない人にとって鉄板の得意料理になる可能性、大。






さぁ、あとは仕上げの工程を残すのみ。



失敗をするとしたら・・・・・ほぼこの場面でしょう。




鶏肉と玉ねぎにしっかり火が通ってきたら、玉子2個をといて流し込みます。


火の強さは中火やや弱め。



んで、1分そこから煮込んだら煮込みすぎなくらい。



思っているよりもだいぶ早めにフライパンから出すようなイメージでちょうど


玉子がトロトロの親子丼になります。



フライパンの上にある状態で玉子がかなり固まって来てたら丼に移すころには


玉子がガッツリ固くなってあんまり美味しそうじゃない親子丼になっちゃいます。





トロトロの状態でご飯の上に乗せたら・・・・・・・真ん中に玉子の黄身を三つ葉を添えて・・・完成!!




IMG_5853










これ、かなり美味しそうに見えると思うんですが・・・・・上記のレシピで僕が


15分くらいで作った一品です





マジでこれを見ているみんなでも絶対に即、パクれるしこの写真の親子丼


僕が初見で作ってこの見た目なんで、同じのが作れると・・・・・・思いますよ!!!










































 
記事検索
プロフィール

ago_gogo

  • ライブドアブログ