2007年12月

1年間お世話になりました

2007年も終わりですね。とりあえずパフォーマンスです。

前月比-4.48% 年間では+14.48%となりました。


今年は厳しい方が多かったようですので、そこそこプラスで終われたのは、とにもかくにもありがたい事です。

振り返ってきると前半の貯金を、後半喰いつぶしていった感じですね。売買履歴を見てみると前半はプラスが多かったですが、後半に入ってからボロボロになっていったようです。

ストップ安も何度か喰らったし、平気で-10%とか-20%まで下げた株もあったので、相場が悪かったって言ってもいいでしょうかね。

で、私にとって大きかったのはタビオという株にかかわる事ができたって事でしょうか?現実に騰がる株ってのは実際に持ってみないと理解できないと思うので、その株を持って何を考えどう行動したのか?こういう事を身をもって体験できたのは実に貴重だったなと。

私は凡人以下の人間ですので、見たり聞いたりだけじゃ覚えられないのですよね。

大きく上昇する株の前では指標なんぞ実に小さな事で、PBRやPERなんかクソ喰らえとまでは言いませんが、私は現実に起きている事を重視したいと思います。

何にしても、私はやる気のある、成長する気のある会社の株を、そしてできれば安く買いたいってだけですので、ちゃんと見れているかはともかく、指標より前に会社を見て判断します。ってコレ当たり前ですけど。まあ、当たり前の事を当たり前に出来ない人って多いようですから、イチイチ言葉にするのも大事でしょうか。


そういえば、ヤフーファイナンスで2007年の値上がり率値下がり率が発表されていますが・・・

値上がり率ランキングを見てみると2006年同様殆ど東証1部銘柄ですね。2005年はどうだったか分からないのですが、いかに個人投資家が減っているかって事でしょうかね?もし相場が回復すればやっぱりマザーズやヘラクレスの銘柄が上昇率上位に喰い込むのでしょうか?


で、反対に値下がり率ランキングを見てみると、やっぱり新興市場銘柄が多いですね。私が以前保有していたエステ株はワースト3です・・・他にも現在保有しているT&Gニーズや雑貨屋ブルドッグもランキングに顔を出していますね。

値下がりして然るべき株も当然ありますが、過剰反応で下げてるだけの株も幾つかあるように思えますので、そういう株を拾っておくのも悪くないのかもしれません。


保有銘柄の月次や決算も出ていますが、とりあえず今年はコレが最後のブログ更新となります。

私の年末年始はサイト更新と久々にゲームを買ったので、それをやってるだけですかね〜。私は酒は飲まないので特に正月気分を味わう事も無く淡々とした日々を送るだけでしょう。初詣は1回行って懲りましたし・・・

後はこんな悪態ばかりついてるブログや、数字が並んでるだけの面白くないサイト経由で資料請求してくれた方にはホント感謝感謝です。私にお金が入る事も当然嬉しいですが、それ以上にこんなヘボブログやサイトからわざわざ広告をクリックしてくれたって事に感激を覚えています。

この点に関してはホント素直に感謝しています。ありがとうございました。



で、来年の事なんて分かりませんが、専業投資家達が苦しむような年になればいいですね。皆仕事して会社が利益を出しているから株価が上がるんであって、株価だけ見てる奴らが大儲けするってのは正直抵抗を覚えますから・・・まあ、現実を見るしかないですけどね。

私も値上がり益重視な部分があるのですが、配当は非課税で売却益はFX並に金額が増えれば増えるほど税金が多くなれば良いような気もします。

一部ヤマッ気がある人間がいるのは仕方がない事ですが、下手に株を知ってしまったがために仕事をする事を捨てた人間も多そうですし、あんまり良い事とも思えないですから。


文句は尽きないのでこの辺で・・・では良いお年を!

ざっと見

とりあえず気になる銘柄の決算が出たんで、軽くコメントでも・・・

まずはタビオですが、来てしまいましたね〜上方修正&増配です。

配当は20円→30円。1株利益は130.5円→148.5円です。まあ、凄い事、凄い事・・・修正理由を見ても、とにかくタビオには追い風が吹きまくりですね。

これでタビオは2期連続で約2倍の成長をする事になりそうです。

06/02期 37.3円
07/02期 79.2円
08/02期 148.5円

1株利益の推移ですが、あらためて見ても凄まじいです。さすがに09/02期も更に倍とはいかないでしょうが・・・それでも2ケタ成長は堅いのでしょうかね。

私はこの銘柄を手放したのは完全にミスって事になりますが、5株だけ持っているので、ちょっとは喜べそうです。しかし、これで株価は3,000円を割る事はなくなりますかね?今後も株価が上昇トレンドを歩むようならホルダーの方はどうすべきか贅沢な悩みを抱える事になりそうです。


2番目はハイデイ日高の3Qです。タビオほどのインパクトはないですが、コチラも好調です。小売や外食って苦しい会社が多いですが、ハイデイ日高はコストアップもうまく吸収して成長してますから、目標の300店舗達成までは何事もなく成長するかもしれません。

ただ、いくら好調とは言えインパクトにかける点は否めませんし、人気化するような材料もないので、今の株価水準だと積極的に買おうって気にはならないのが難しいところですね。


最後はクスリのアオキの中間決算ですが・・・もう、ガックシの内容ですよ。1Qも好調で既存店も良いし、多少の上ブレも期待したんですけど結果は・・・

      予想     結果
売上高  21,586   21,895
経常益   846      737
純利益   484      401

僅かに増収ですが、利益は・・・純利益は予想に比べて17%ほど少ないですから下方修正してもいいんじゃないかというくらいです。

販管費は前年よりちょっと多い程度なんですが、原価率が・・・前期の2Q(9〜11月)は原価率が73.5%だったのに今期の2Qは75.2%に跳ね上がっております。価格競争の激化が原因と言う事らしいですが・・・

1Qは良かっただけに残念な結果です・・・私はクスリのアオキ株は少しだけしか持ってませんし、ドラッグストアとしては優秀な部類に入ると思うので放置しておきます。


今まではとにかく広く浅くといった感じでやってきましたが、さすがにそれじゃ今後は厳しそうですので、もうちょっと会社を詳しく見ようかと思います。

と言っても、私は会社にやる気があるかどうか・・・要は成長する気があるのかどうかくらいでしか見ないので、相変わらず単純な事しかしないでしょうけどね。

これは私自身を現在価値だけで判断しないでくれと思ってるからで、それなら当然投資先も資産持ちだからとか低PERだからって理由だけで買うなよってなりますので。

総括

ちょっと早いですが、月曜日からは忙しいので、できるうちにやっておこうって事で、今年を振り返ってみます。


まだ1週間あるので分かりませんが、何とか前年比プラスは維持できそうな気配です。

何でプラスの成績で終われそうなのかは知りませんが、他人を信用していない性格が幸いしたような気がしますね。人間って弱い動物ですから、少数派にならなきゃいけないと思いつつも他人と同じ株を持ってるほうが安心できるでしょうしね。私がマザヘラ株や優待投資をクソ扱いし続けたのも他人と同じになりたくないという意思の表れだったのでしょう。

もう1つは月次重視だった事でしょうかね。月次を開示している上場企業ってどれくらいあるか分かりませんが、私が監視しているのは多分200社くらいあると思うのですが、これらの月次は勿論、四半期業績と有報も見たので、多少は見る目が養えたのかなと・・・今後の投資に生かせるかどうかが重要でしょうけどね。

月次もそうですけど、とにかく分かりやすさ重視だったって事ですかね。単純に月次が良くて株価が動いていないのなら、そのうち上昇するだろうという判断ですが、そのおかげで多少早売りでしたけど、タビオという当たり株を株価が3桁のうちから掴む事ができた訳ですからホントに良かったです。

PBRやPERを拠り所にしていたら買えなかったでしょうねタビオは。

まあ、今のやり方がたまたま通用しただけで、今後もうまくいくかどうかは分かりませんから、ある程度は新しい手法を模索しなくてはいけないと思いますので、散々クソ扱いしていたマザヘラのデイトレ株なんかも実験的に手を出してはいますけどね。


正直面倒くさいですが、継続的に儲け続けようと思えば、ある程度自分を否定し続けなくてはいけないような気がします。ちょっとうまくいったら、それで永遠にうまくいくとか思ってしまいますからね。


他にはバリューって言葉は投資家の間では有名なんでしょうかね?個人的には都合のいい言葉だなとか思うので正直嫌いなんですけどね。

収益バリューとか資産バリューってありますけど、バリューって言葉がつけば、それっぽく聞こえるってだけなんじゃないですかね?こんな事言ったらバリュー信者に殺されそうですが、何かの信者って時点で自分がないって事で投資家としては不向きでしょうから、そんな人はいませんかね。

かなり前ですが、古本屋で安売りしていたので、バリュー系の株本って数冊読んだんですけど、個人的にはあまり役には立たなかったですね。失礼を承知で言えば相場に乗っかれただけなのかなと・・・考え方自体は悪くないとは思いますけど。でも私は嫌いです。


私は株本の類ってもう買ってないんですけど、1つだけ何度も繰り返して読んでる本があるんですよね。

「ピーター・リンチの株で勝つ」

この本だけは何度も読み返しており、私的には最高の株本です。

勿論書いてる事自体タメになる事が多いですけど、私が好きな部分ってのは、あの全米NO.1のファンドマネージャーであるピーター・リンチが、今だに塩漬け株を持っているとか、買わなきゃよかった株などいくらでもあるとか、その他失敗談など言ってる事が実に人間らしいところなんですよね。そういうところが好きです。

人間の本性って悪い部分から見えますから、良い部分なんか重要じゃないんですよね。

で、この本も結局は分かりやすい会社を買えと言ってるんだから、じゃあそうしようって事で、私もそうしているだけなんです。ただ、それだけなんです。


当たり前ですけど、人間が集まって会社ができて、その会社の現状を株価という形で表現しているだけなので、チャートがどうとか言ってる方は脳ミソが腐っているのではないでしょうかね。


まあ、何が正しいかは結果でしか分からないでしょうけど、どういう結果になっても自分が良ければそれで良いでしょうって事で、来年も言いたいことを言っていこうと思います。

テイツー 3Q

平成20年2月期 第3四半期財務・業績の概況


テイツーの3Qが出ました。


       3Q   前年比   予想    進捗率
売上   31,804   +8.1   45,000   70.7%
経常     971  +156.5   1,200   80.9%
利益     522  +349.6    550   94.9%



数字は見ての通りで好調です。

このままいけば多分3度目の上方修正もありそうですね。ただ、アイ・カフェは相変わらず赤字なので困ったものです。とにかく赤字解消にむけて頑張ってくださいとしか言えませんけど。

株価はどうなるか知りませんが、持ってて損はないでしょうかね。と言うわけで現物のほうは放置しておきます。

頭悪男

最近は相場が冴えないようですが・・・私はというと今はサイトいじりのほうに集中していて相場は殆ど見ていないんですよね。で、今日はサイバーが買値を下回りそうだったので投げたらソコが底だったと・・・

そういうワケで銘柄調べも殆ど今はしていません。四季報の通し読みはしてますが、それだけですかね〜。

どこが底か知りませんが、今でも十分安い株ってあると思うのですが、そういうのをちょっとずつ買えばいいだけのような気がしますね。何も難しい事を考える必要なんてないと思っています。

ここで株安の正当化意見なんか聞いてしまうと、プロや業者の思う壺でしょうし。あーいう方々は個人投資家が儲ける事なんぞ考えていないのは誰しも思っているのでしょうが、人間ってのは弱い動物ですから、不安な情報を耳にしてしまうと不安心理が増大してしまいますからね。現に私もクソ株とは言え投げた理由は不安になったからですし。これは私自身の問題ではありますが。

言うまでもないですが、私は個人投資家です。で、個人投資家ってのは基本的に本業がありますので投資に割ける時間なんてそんなに無い訳です。でもネットのおかげかPERやPBRなんかの専門的な用語を誰しも普通に使っておりますが、これってちょっと異常とは言いませんが、たかが個人投資家がそこまで知る必要があるのかな?なんて思っていたりもします。

だからといってチャート見てクソ株買えば良いってワケでもないので難しいんですが・・・

たかが個人投資家ってのも言いすぎな感じですが、本業があって暇ではない個人投資家ってのはもっと単純と言うか簡単と言おうか、そういう投資をすべきなんじゃないかな〜なんて思うときもあるのですよね。

何せ難しくすればするほどプロや業者の言う事を理解・・・というか理解した気になるだけのような気もしますし、連中を儲けさせるだけのような気もします。

こういう方々は個人投資家が儲かろうが損しようが知った事ではないわけで、投資家として優秀だとしても役に立たないんですよね。むしろ余計な情報を与えて有害な場合もあるし・・・

私がとにかく分かりやすさを重視しているからだけかもしれませんが、クソ難しい事を偉そうに語ってる連中に賛同している人達って、どこまで分かって一緒に難しい事語ってるのかな〜なんて思ってます。


まあ、私が頭悪すぎなだけですので、どうでもいいですね。とにかく上場企業の皆様には私にでも分かるくらい簡単に、そして積極的に情報を開示して欲しいです。

それと最初に言ったように今はサイトいじりに時間を割いていますので、今年いっぱいはもうブログはそんなに更新しないと思います。どーせ今の相場じゃ株ブログとしても、そんなに楽しい日記は書けないでしょうから。

クソ株 処分

サイバーとフィンテック投げました・・・やっぱり好きでもない株の値下がりは耐えられませんね。という事で投げました。

見事に底値投げだったのは言うまでもありません。自分のセンスのなさに乾杯です。というか完敗?

まあ、この手のクソ株を買わなきゃいいだけなんでしょうけど、上昇相場になればクソ株ほど良く上がるでしょうから、全く手を出さないってワケにもいかないでしょう。

私のクソ株アレルギーはかなりのものなので、今後もちょっとずつクソに塗れて耐性を高めようと思います。

それと今はとりあえず単元未満株でちょっとずつ買っております。底値が分からないので定期的にちょっとづつ買うしかないんですよね。

ちょっとづつ買っていたら単元未満株の合計も金額的にも結構なものになっているのですが、単元未満株だけのパフォーマンスは-3.66%ほどでした。これが良いか悪いかは知りませんが、そんなに酷くはないのかなと個人的には思っております。

同じ

とりあえず四季報で持ち株を見ましたが、特にこれといってないですね。毎度の事ながら無難と言うかいい加減というか・・・

持ち株なので買い煽りとか言われそうですが、日本和装HDや雑貨屋ブルドッグは随分安いですね。一昔前なら考えられないような株価水準なんじゃないでしょうか。

株価は業績が基本と言えど何も考えていない人間が多い以上、そこら辺も考慮して投資しないといけませんね。

日本はダメとか言ってる人間は多いですが、個別で見れば株価業績共に堅調な株もあるわけで、こういうの見るに個人投資家の殆どは投資先を自分自身で調べてない人が殆どなんでしょうかね。

要は株価が上昇しないからダメって事なんでしょうけど。結局他人が頼りかよとか思ってしまいます。

あと、気になったのは日本のダメっぷりや中国株の上昇を正当化するような意見って結構見かけますが、これはどうなんでしょうかね・・・私は1つだけ持ってた中国株はとっくに売ってしまったのですけど、な〜んか2005年の日本市場を思い出します。まあ、儲かろうが損しようが本人は満足でしょうからどうでもいいですけど。

株は小数派でないと勝てない的な意見ってありますけど、自称少数派って多いですが、本当に少数に属していそうな人って殆どいない感じですね。毎日の持ち株株価レポートブログや日本はダメ意見ブログのように何だかんだ言って他人と同じような事言ってる人ばっかりですし。


まあ、私も多数派なんでしょうけど。とりあえず多数派の私はこれから四季報を通読します。

今日か・・・

そういえば今日は四季報の発売日だったんですよね・・・他の人のブログを見て気がつきました。

私は1つの銘柄に、そんな時間をかけて調べるわけではないのですが、さすがに四季報だと見えない部分も多いので、あんまり見なくなってきたんですよね。いくら時間かけないったって最低限有報とか見ますから。

でも、四季報を一通り見れば、たま〜にですが、おや?と思って調べる事もあるので役に立っていないわけでもないんですけどね。


ただ、私は四季報の業績予想はテキトーと思っているので、コレはどうなのかな〜と・・・

精度を高める努力を最大化・・・って事ですので、努力しているだけなんでしょう。四季報の担当者って1人で何銘柄調べてるのでしょうかね?

まあ、文句を言ったところで四季報は買いますので悪口は許してくださいって事でお願いします。


というわけで、これから四季報を買いに行ってきます。

日本和装HD 中間決算

平成20年4月期 中間決算短信(非連結)


下方修正済みなので、特にこれといってないんですけどね、一応日本和装の中間決算を見てみます。


      予想    結果   前年比
売上    3,010   3,070   +8.2
経常     260    177   -21.9
利益     140     96   -20.6


とまあ、利益が減っております。これは広告宣伝に金をかけた事と本社移転にかかる費用のためです。


で、業績予想は・・・

通期   売上高   経常益   純利益
売上    6,670    980    530

据え置きです。会社側は、着付け教室も前年を大きく上回る事や、各種イベントも好調なので利益は確保できます、と言っております。

実際は数字を見ない事には分かりませんが、私は当分保有しているので、頑張ってくださいとだけ言っております。

後は、きものスーパーがうまくいくかでしょうかね〜。1号店が巧くいくようなので2号店を出したとか言ってますから、今後にも期待しましょう。


この会社が投資に値するかどうかは人それぞれでしょうが、デイトレ株でもなければ優待換金株でもないので、あまり見ている人もいないでしょうから、買ったら後は放っておけば良いでしょう。


掲示板は書き込み自体少ないですが、相変わらず文句ばかりですね。所詮株価しか見れないアホ達でしょうから仕方ないでしょうかね。

短期的な利益が欲しけりゃ、そういう株なんかいくらでもあるんだから、そっちを買えばいいのに、何でわざわざ地味株を選んで文句を言うのでしょうかね?ホント不思議ですな。

ナルミヤ 下方修正

平成20年1月期 通期業績予想の修正に関するお知らせ

ナルミヤさんが、またやりました。


通期  売上高  経常益  純利益
前回  26,800   800    350
今回  24,800   150    10
増減   -8.2   -81.3   -97.1

まあ、色々言っておりますが月次は相変わらず酷いし、こんなもんなんでしょう。

配当は据え置きと言う事ですので、塩漬けにしている方は良かったですね。しかし優待目当てで買った人は高値掴みをしている人が殆どかと思いますが、元を取れるまで何年かかるんでしょうかね?

株価的には反応は薄そうですが・・・どうなんでしょうかね?来週を楽しみにしましょう。

くらコーポレーション 決算

平成19年10月期 決算短信(非連結)


いよいよ海外出店もはじめ、世界のクラ目指しておりますが、決算を見てみましょう。


    予想    結果    前年比
売上  47,000    48,471    +18.6%
経常   2,770    2,989   +18.9%
利益   1,360    1,562   +26.8%

う〜ん、素晴らしい・・・言う事ないですな。

予想   売上高   経常益    純利益
中間   26,730    1,610     870
増減   +14.8     +12.7    +21.3

通期   56,800    3,500    1,880
増減   +17.2     +17.1    +20.4

業績予想もいいですね〜。海外出店がうまくいけばいいですね。


とにかく好調そのもので何も言う事ないですね。でも、かつてはヘラクレス・・・当時はナスダックジャパンですが、ゴミ市場にいたんですよね。

まあ、マザヘラ出身でもマトモな企業はさっさと東証1部に行ってしまうので、ずっと浪人してる学生と言うか、永遠の若手芸人とでも言うか、いつまでも新興市場にとどまってるクソ株はホントどうしようもないですね。

ジャスダックとかに多い、いい仕事する中堅企業とかは、全然いいですけど。


昔はスシローとくらって似たような実力の回転寿司銘柄かと思ってましたが、今ではくらのほうが上なのかなという印象ですね。

ただ残念なのは、投資対象としては・・・微妙なところですね。似たような成長性でもジャスダック株とかならもっと安いですから。

でも、ひょっとしたらそのうち株主になれる日が来るかもしれないと思い、監視だけは継続していきます。

ゴミ

サイト改装中で時間をとられているので簡単に・・・

クソ市場の極みであるセントレックスですが、さすがに無視できなくなったのかこんな記事が・・・


セントレ株全てがダメとは言いませんが、シュークリーム屋や細胞研究に勤しむ会社等、ゴミ株好きにはたまらない伝説級のクソ株が生息する、ある意味希少価値の高い市場ではありますけど、上場がゴールにも程があるだろうって事なんでしょうかね〜。

しかし、個人投資家にも不利益が及びかねない、って既に及びまくってると思うのですが・・・

まあ、IPOバカ達が何の会社か見もせず買い上げたりしてもいるし、IT系の会社もIPO目的の上場ゴール企業の生産に一生懸命ですので、何をしたところで無駄なような気もしますけどね。

私もクソ株サイバーなんか持ってはいますが、もう少しは地味に頑張ってる会社を見てやれよ・・・とでも言いたくなります。

株やってる以上儲ける事が目的ではありますが・・・市場には今さえ良ければそれでいいって人間ばっかりなんでしょうか?

奇麗事言いたくはないですが、市場で長生きするにはどうするかを考えなきゃいけないような気がします。

まあ、投資は自己責任って事ですので、どうでもいいですね。

ジェーソン 11月次

ジェーソンさんの月次です。

     全店   既存店
03月  115.0   103.1
04月  110.5   102.1
05月  111.4   101.9
06月  108.2   102.4
07月  102.4    96.5
08月  109.7   102.2
09月  111.8   104.5
10月  108.3   100.9
11月  112.1   101.6


まずまず良いですね。とりあえず今回は月次はいいとして、今更ではあるんですが、IR資料にある「株主価値を創造する経営」についてでも・・・

まあ、色々成長について語ってはいるのですがROE25%で回して10年後には1株利益1,600円まで高めるようです・・・


店舗数は12月時点で62店舗ですが、10年後には500店舗達成する気です。しかも首都圏だけで・・・ユニクロ、しまむら、西松屋が出来たんだからウチも出来る!という事のようです・・・

ローコスト経営を徹底して出店攻勢をかけつつ有利子負債を減らす事も可能だそうで・・・


そんな都合よく事が進むとも思えませんが、頑張りますと言う姿勢を前面に出すのは良い事なんじゃないでしょうかね。

ただ・・・単価を減らして販売数量と客数を増やすってのは、どうなんでしょうかね〜。過去のデータからは単価を下げたほうが販売数量と客数が増えているようですが・・・まあ、順調に売れてれば月次が良いでしょうから、それを見てれば良いでしょうかね。

後はサービス残業がゼロ。とありますが、本当でしょうか?本当なら迷わず投資したいところですが・・・


私的にはジェーソンってのは、ヘラ株というのは気に入らないのですけど、情報開示には積極的ですし、優待という無駄なものが無いってのが非常に気に入ってるのですよね。さすがローコスト経営を徹底してるだけあるなと。

優待を始めクダラナイ事には金かけません!という姿勢を今後も貫いて欲しいですね。

テイツー 11月次

テイツーの月次が出ておりました。開示時間が遅いよ・・・そんな訳で、こんな時間に更新です。


     売上高   前年比  古本  カフェ  EC
03月   3,797   107.2  106.9  104.0  89.5
04月   3,602   113.6  112.9  105.3  95.0
05月   3,104   104.2  108.9  107.2  93.6
06月   2,995   113.8  114.9  111.8  94.6
07月   3,423   107.2  109.6  107.4  95.4
08月   3,180    99.0  100.6  105.6  99.7
09月   3,175   106.8  104.0  106.2  106.2
10月   2,718   101.2   99.2   97.1  90.6
11月   3,303   109.7  107.9   95.7  94.2


相変わらず中古品は好調で新作ゲームも好調と・・・数字を見る分には良いのかな〜という感じでしょうかね。

株価的には右肩上がりな雰囲気ですし、悪材料が表面化するまでは放置で良いような気がします。

もったいないファンドとかよく分かりませんが、仮にIPOなんてなったら新興クソ株みたいな株価推移になるかも・・・なんて妄想もよぎるので、ちょっとは期待したいところですね。

ホクト 11月次

キノコのホクトさんの月次です。


    売上高  前年比   計画比
04月  2,292    98.8   105.1
05月  2,140    98.9    93.2
06月  1,857    96.0    86.9
07月  2,043   101.5    99.4
08月  2,120    95.8    81.6
09月  3,343    91.6    89.6
10月  4,713   118.4   102.5
11月  4,338   112.9   103.9

合計  22,849   103.3   96.4


10月から良くなりました。もう寒いですし、キノコも売れてるのでしょうかね?まあ、私はテキトーに株を買っていくだけです。

とりあえずキノコの味噌汁でも飲みます。

武富士の自社株買い

武富士さん、ようやく自社の株を買ったようです。


  株数    価格(千円)

166,040株   414,883,800円


累積取得数は・・・

株数・・・166,040株 (5.5%)
総額・・・414,883,800円(4.1%)

上限が300万株、100億円ですが、まだこの程度しか買っていないようですね。

ここ最近株価は堅調ですが、どこぞの煽り屋がつけた株価4,500円くらいでしたっけ?ここまでいきますかね〜。まあ、どうでもいいや。

取得期間は来年の2月末までですが、上限一杯まで買うのかどうか気になるところです。

配当金の口座振込指定

単元未満株をアレコレ買ったので、色んな企業から配当金の領収書が入った書類が届いているのですが・・・

「配当金の振口座込みのおすすめ」といって、口座指定してくれたら次回よりそっちに振り込みますよって紙もあるのですが、切手を貼る必要があるタイプと貼らなくて良いタイプに分かれてるんですよね。

まあ、大企業の部類に入りそうな企業は切手を貼らなくて良いタイプの紙なんですよね。細かい事ですが、株主様に負担をかけないようにというところは、さすが大企業ってところでしょうか?

株で儲けるためとは言え、売買益を追求していたらキリがないですから、ある程度は配当金目当ての投資をしなきゃいけないというような思いから、株価が全く気にならないくらいの金額分を単元未満株として買っているのですが、さすがにちょっと多く買いすぎた感もあるので、ある程度整理したほうが良いのか・・・ちょっと迷っております。

まあ、こんな数株しか買わないゴミ株主が増えても会社は迷惑千万な話かもしれませんが、貧乏ゆえ許して頂戴ねと・・・

でも事業報告書なんか色々見れるのは面白いですね。印象としては東証1部になれば立派な紙になるといった感じでしょうかね。

昨日はホクトから書類が来ましたが、表紙がきのこ組のイラストだったので、個人的にはちょっと気に入っております。ハンズマンに続き書類の保存決定です。

単元未満株主も会社からすればコスト増の一因となるのでしょうが・・・会社からすれば優待目当てでも単元株で買ってくれたほうがいいんでしょうか?どっか本音を語ってくれる企業はないもんでしょうかね〜。

FXについて

私も小額ながらFXを始めたわけですが、株からFXに逃げた投資家も多かったと思いますが、今はどうなんでしょうかね?

FXをやって思った事は、毎日僅かずつですが、確実にお金が貯まっていく、あのスワップってのは非常に安らぎとでも言いましょうか、心の支えになるなと思いましたね。

ある程度まとまったお金がある人は、下手に株やるよりFXだけのほうがよっぽど儲かるんじゃないかとも思えます。


株なら配当が年に1回、多くて4回ですかね?どうしても日々変動する株価の誘惑に負けてしまい、配当目当てと言いながら結局売ってしまう人が殆どですが、FXなら毎日が給料日みたいなものですから、株から逃避するのも当然の流れなのかな〜と・・・株みたいにあっという間に半値以下・・・なんて事もなさそうですし。

スワップの、あの毎日というのが大きいのですよね。人材派遣なんか日払いとか週払いですし、外食なんかも少しでもお得感を出すために給料日を月2回とかにしたり、貰える金額は一緒・・・というか手数料取られて減らされたりしてるのですが、みんな毎日貰える方を選択しますからね。

スワップがもし年1回とかだったら、FXがここまで普及しなかったと思っております。


ブログを徘徊しても、何だかんだ理由付けして株からFXに逃げている人も多いようですし、夏の円高ではないですが、もう1度くらい大きな動きがあるのかもしれません。

サラリーマンのボーナスを奪い取るために、色んなところから投資本も出てますが、やっぱり株よりFXのほうが取り扱いが大きいようですしね。FXに関しては、とんでもない事態が起こるかもしれない・・・と思っていたほうが良いのかもしれません。


まあ、私は殆どレバレッジもかけてませんし、強制ロスカットなんて事はないでしょうけど、例えスワップ狙いでもレバレッジをかけたほうが儲かりますから、誘惑に負けないようにしないといけないな〜と思います。

私は今後も株メインですけど、ある程度はFXに振り向けるのは悪くない選択なのかな?と考えております。

薬王堂 11月次

薬王堂の月次です。


     全店   既存店
03月  110.8   100.9
04月  111.5   100.6
05月  114.0   101.1
06月  115.4   101.5
07月  110.1   96.9
08月  114.4   97.7
09月  109.6   95.2
10月  114.5   101.5
11月  116.1   102.8


なかなか良いですね。しかし薬王堂に限った事ではないですが、数字が良い、決算も良い、にもかかわらず完全放置状態の銘柄って結構ありますけど、こういう銘柄を持つほうが良いのかどうか迷うんですよね。

やっぱり株やってる以上儲けなきゃ嘘な訳で、割安だから、放置されてるから、という理由だけで銘柄選択しちゃいけないだろうし・・・

だからといってチャートだけで売買してる人しかいないような銘柄だけ選択するってのも頭悪すぎな感じがして、なかなか手が出ないんですよね・・・

上昇相場では絶対バカなほうが儲かりますから、ここら辺のサジ加減ってのは難しいですが、どこまでバカになるか・・・今後の事を考えると非常に悩みます。

まあ、薬王堂とかでも2倍くらいは簡単に値上がりしそうですから、私はとんでもない強欲な事を考えているんでしょうね。所詮欲豚ですから・・・

ハンズマン 11月次

我らがハンズマンの月次が出ましたよ。


    売上高  前年比   既存店
07月  1,524   101.3   101.3
08月  1,527   103.0   102.2
09月  1,434    99.1    99.1
10月  1,616    96.2    96.2
11月  1,611   108.5   101.5

合計  7,712   101.5   100.1


新店効果で少しは伸びていますが、ちょっと弱いですね・・・客数は良いのですが客単価が悪かったです。

ハンズマンに値上がりは期待してませんから、これからも頑張って頂戴ね。って事で終わりにします。

タビオ 11月次

見ているだけが悲しいですが・・・タビオさんの11月の月次です。


     全店   既存店
03月  133.7   122.2
04月  137.0   126.4
05月  135.7   125.2
06月  137.6   127.0
07月  122.7   113.0
08月  123.3   112.2
09月  118.3   106.4
10月  132.1   120.2
11月  132.6   121.9

合計  130.8   120.0


いいですね〜。月次大好き人間としては、たまらん数字です。

たった5株ですが、単元未満株では持っているんですよね・・・株数が株数なので金額的には少ないですが、買値の2倍程ですから、当たり株を掴めた時のリターンってのは凄いですね。

こういう株の現実に直面すると、色々考えさせられます。

トップカルチャー 決算&優待

平成19年10月期決算短信

トップカルチャーの決算が出たので、見てみました。


予想   売上高   経常益   純利益
中間   16,000     757    440
増減    +8.2     +7.4    +17.3

通期   31,000    1,300    747
増減    +10.1    +15.8    +22.5


業績予想はこんな感じですが、まずまずでしょうか。ただ、私としてはこっちのほうが気になったのですよね。

平成20年10月期(第24期)配当予想及び株主優待制度に関するお知らせ


今期は年間配当15円にしますという事で、5円増えました。株主にとっては嬉しい増配ですね。今日の終値447円だと利回りは3.36%ですので、悪くはないでしょうかね。


まあ、ここで終われば良かった良かった・・・となるのですが、そうは問屋が卸しません。

株主優待獲得株数が100株から300株に増えてしまったのです。いわゆる改悪というヤツでしょうか?私からすれば改善ですが。

今までは100株で2,000円分の優待券か1,000円の図書カードだったのですが、これからは300株必要になると・・・

さて、この開示を受けて優待目当てに100株だけ買ってた株主さん達はどうするんでしょうかね〜。

業績予想は経常利益で+15.8%、そして5円の増配、株主優待獲得の条件を厳しくしたと言う事で、株主的には良い事尽くめだと思うのですが、株主優待にはウルサイ個人投資家も多そうですので・・・明日以降の株価が気になりますね。

優待なんぞオマケなんですから、申し訳程度のもので十分なんですよね。図書カードなら500円分でいいでしょう。ホントは優待なんか無いほうがいいのですが・・・やっぱり会社を見ないとダメだと思うのですがね。といっても、私も大して見れてませんがね。

トップカルチャーさんは低PBRですが、在庫と借金が多いので資産的には・・・皆優待さえ貰えりゃどうでもいいのかな?私も個人的には借金とかあってもいいと思ってますし。


何にしても今回の英断には拍手を送りましょう。

ハイデイ日高 11月次

昨日は眠くて眠くて何も出来ませんでした。そんな訳で今頃更新です。

ハイデイ日高さんの月次です。


    前年比   既存店
03月  112.9   101.2
04月  113.2   102.3
05月  111.2   100.7
06月  116.0   105.2
07月  111.1   101.5
08月  111.1   103.9
09月  107.7   103.9
10月  109.9   102.1
11月  110.4   103.1


合計  111.4   102.4


相変わらず好調で何よりですなぁ・・・従業員の人たちは大変そうですけど。

相場が堅調なら、今の株価でも利益は出そうですが・・・何とも微妙なところですね。

無駄な努力と言いましょうか

今日は色々月次が出ておりますが・・・クソ株サイバーのストップ高を見るに、チマチマ業績を調べるなんてアホなんじゃないかと思ったりもしています。

買われるモノは買われる・・・という事なんでしょうが、ちょっと嫌になっちゃいますね〜。

こうなると地味株に期待するのは配当くらいしかないのですが、正直中途半端な銘柄が多いので、あんまり買えそうにもないのが困り者です。

まあ、優待付きの株なら我慢も出来るのでしょうが、私は優待投資は大嫌いですので・・・無理だなぁ。

こういう事を考えると、業績、配当利回りが中途半端で株主優待もない小売株なんてのは今後も放置されっぱなしになるのでしょうかね?

どうも世間のニーズは高配当株より優待付き株のほうにあるようですし、個人投資家の数も今は少ないでしょうから、物好きな人間しか買わなそうな株は暴落はしないまでも、上昇もしないでしょうかね。

やはり皆様何だかんだ言って値上がり益をお求めですから、やはり皆が好きそうな事をするのは重要なのかな〜という気もします。

まあ、一緒になってバカになると死亡率も高まるので、地味株を中心にするという姿勢に変化はありませんがね。

メガネトップ 11月次

メガネトップさんの11月の月次です。


    売上高  前年比   既存店
04月  2,935   110.3   104.9
05月  3,118   121.7   114.7
06月  3,200   132.8   130.1
07月  3,453   120.1   109.7
08月  3,645   125.0   112.2
09月  3,864   146.0   128.4
10月  3,458   139.7   124.3
11月  3,086   129.9   118.6

合計  26,860   128.4   117.5


相変わらず良いですね・・・と言う事くらいしかコメントがないですなぁ。

株価的には微妙な位置ですので、積極的に買えるかと言われれば・・・難しいところかなと。消極的になら悪くははなさそうですが。

「販売仲介の基本方針」

「販売仲介の基本方針」を定めました

色々調べているうちに、私の中で徐々に期待感が高まりつつあるので、冷静な判断が出来ておりません、持ち株日本和装HDですが・・・こんな開示があったので、それについて語ろうかと思います。

1・・・公正な事業活動
2・・・消費者第一主義の理念
3・・・法令遵守

まあ、とにかく旧態依然とした業界のようなので、イチイチこういう事をアピールしなきゃいけないのでしょうが、基本的に良い事なんじゃないでしょうかね?

私は古臭い世界を壊そうとするようなタイプの人は好きでので、こういう会社には思い入れが強くなりがちなんですよね。

フィデックも同じような理由で株主になっているのですが、フィデックと違い日本和装は資産的にも安い部類に入る・・・つまり全く評価されていないので株価的な大損はしないかなと・・・


あとは社長さんがブログで日々の活動を語ってくれるので、単なる安いだけの株よりは投資対象として分かりやすいと思いますし。

まあ、苦労話というか愚痴も多いんですけどね。でも、それだけに人間性が現れているので数字以外の部分も見れて良いのかなと。


目先の事としてはコスト削減と取れるような発言をしていますので、そういう点での期待はできますかね。

しかし、1年、2年ではなく、もっと先の勝利を勝ち取りたい・・・と仰ってますので、株価大好き人間は近寄らないほうが良いでしょう。

社長自ら短期売買野郎共は近づくなといってるんだから、掲示板で文句を言ってる人も、さっさと株主やめれば良いんじゃないでしょうかね〜。誰も文句なんか言いませんよ。


まあ、そんな感じで私は株主として、今後どうなるかジックリ見守ります。

PLANT 11月次

ダメダメスーパーPLANTさんの11月次です。


     全店   既存店
10月   94.5   99.5
10月   90.4   94.6


合計   92.4   97.4


う〜む、ダメダメですなぁ〜。まあ、そんな事は分かって株主になっているから別にいいんですけどね。

成長意欲があるけど、結果が伴っていないので安い・・・という判断ですので、いずれ結果を出してくれるだろうと思い、ジ〜ッっと見守っております。

11月おしまい

12月になっちゃいましたね・・・とりあえず11月の成績です。


前月比-2.31% 年間では+19.55%となりました。


気分的には大幅マイナスなのですが、月末にある程度戻ったおかげで、私のポートフォリオも回復したようです。

特に単元未満株の下落が酷かったのですよね。1銘柄あたりの金額は僅かずつなのですが、殆ど全部が下落してたので、どうにもなりませんでした。

しかし、改めて過去の売買記録を見てみると早売りばっかりですね・・・恐らく今年はタビオを持って寝ていれば良かった・・・という年になりそうです。損キリも早いので、悪くはないのですが・・・欲ってのは、つくづく厄介なものです。

私は株価に一喜一憂してしまう性格なので、これはしょうがないですけどね。

自分の中に明確なルールが出来ていないという事もあるのかもしれませんが、目まぐるしく状況が変わる世界で一貫した行動を取るほうが良いのかどうかという事もありますし・・・まだ2年ちょっとの経験じゃ分かりません。

他にも庶民感覚で投資可能な身近な小売株だけで、今後もやっていけるかどうかというのもありますし。

幸い時価の低い小売株なんかは隣の芝生は青いという心理のせいか、あまり取り上げる人もいないので大丈夫そうではありますけどね。

優待投資という愚行に走らない限りは大丈夫かなとは思います。

結局プロや業者が過剰な期待感を抱かせるように買い煽って、それを鵜呑みにしたバカな個人投資家が買う・・・という構造が変わることはなさそうですし。


私として実態に比べて安いと思える株を買う・・・という事だけは基本として忠実に守ろうかとは思いますが。

まあ、何を持って安いと判断するかが分からないので、結局は自分の基準で決めるしかないのですがね。

とりあえず退場さえしなければ、たまには嬉しい事もあるので、それで良しとするようにします。
記事検索
過去の記事
最新コメント
訪問者数
自己紹介
株で金儲け