余興

投資家素質分析

幾つかのブログで見かけたので私も投資家素質分析をやってみました。



───────────────────────────────────────────────────────

[決断のスピード] 【 速い 】
即断即決します。どんな状況でもどんな地合いでも決めたら何も考えず売買してしまうようです。じっくり状況を判断して売買してみましょう。

投資家素質解析

* 単純明快
* 臨機応変
* 成功願望・夢の実現
* 直感や感覚的な行動

素質総合分析
理屈っぽく頑固な性分から、容易に周囲と妥協しない人物である。気が強く、対人的な要領のよさに欠けるため、人付き合いでは損をすることが多い。努力をモットーに、自分の仕事を責任もって成し遂げようとするまじめな性格である。他人のご機嫌を伺うような駆け引きができないため、表立った立場より、縁の下の力持ち的存在として、技術や才能を磨くことに専念したい。その道のプロになるための根性は素晴らしいものがある。怠け者を嫌い、敵対する相手には決して譲らない意地を持つ正義漢である。自分の世界を侵されることを好まない一匹狼のような偏屈さがある。私生活では、意外と派手好みで、人がうらやむような高額なものを揃えたがる気取りと、成金趣味の一面ものぞかせている。地道なわりにあきらめは早く、自分の立場が危うくなったときの変わり身も早い。不安に弱く、マイナス思考になりがちな点は否定できないだろう。


同じ素質を持つ投資家は...

ジェシー・リバモア 1877年7月26日
20世紀前半にウォール街で活躍した投資家で、株式の空売りで世界恐慌の引き金を引いた人物とも言われている。数百万ドルの財を築くこと4度、破産すること4度。最後は4人目の妻に遺書を残しピストル自殺を図りこの世を去るという、壮絶な人生を送った。

ジョージ・ソロス 1930年8月12日
イングランド銀行を潰した男の異名を持つ。1997年のアジア通貨危機の発端を作った。

ラクシュミー・ミッタル 1950年6月15日
インド人の資産家、ミッタル・スチールのCEO。

───────────────────────────────────────────────────────

しかししかし・・・どうしてこの手の分析をすると、このような答えばかりになるのでしょうか?

「単純明快」

確かにそうなんだよなー。何せこのブログは「単純な方法による金儲けをしようと考えている者の日記」ですからねー。


「容易に周囲と妥協しない」
「対人的な要領のよさに欠ける」

友達とか全然いないし、むしろその方が良いくらいに思ってますから。


「敵対する相手には決して譲らない」

正義漢なんてものはないですけど、嫌いな奴はホント大嫌いですから徹底的に無視するんですよね私は。

我ながら酷い性格だ・・・まあ、今更どうしようもないので、このままの姿勢で生きていきますけどね。

ピークは2039年!

金持ち頭脳なるものがあったので、ちょいと試してみたのですよ。一応金持ち目指してますんで。そしたら、このような結果となりました。

ちょっとしたお遊びではありますが、こういうのでも将来暗いとか言われたら、ちょっとヘコみますから良かったかなと。

しかし、この手のものを試すと大体似たような結果になりますな。当たり前かもしれませんが・・・


傾向としては、自分の考えを曲げず、一面的な価値観に固執する傾向があります。何かを極めるのには向いていますが、バランサーとしての資質に欠けるので、リーダーになるべきではないでしょう

結果の一部ですが、ホントにそうだなと。思い込みが激しい部分はあるな、確かに・・・優待投資がクソって考えは変わらないだろうし。こんな事言うから、当然友達も出来ませんしね〜。まあ、しゃあないな〜と。
記事検索
過去の記事
最新コメント
訪問者数
自己紹介
株で金儲け