記事検索
タグ絞り込み検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2017年02月04日20:51世界最高級の海苔はどこ?
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 食品 | 地域興し

海苔、
日本人には当たり前の食材。

千葉県には、その最高級の海苔があります。

お正月のお雑煮に欠かせないのが海苔です。
千葉県の房総半島のお雑煮は海苔が主役なのです。

お馴染みの浅草海苔。
安房のハバノリ。
九十九里は一ツ松の青海苔。

この3つが必需品でしたが、水温の上昇で、
青海苔は絶滅寸前。
私でも入手困難。
たとえてに入ろうと、もとても買えないでしょう。

それは、ハバノリの価格でご推察下さい。

20170204_135601


比較でボールペンも写しました。
普通の浅草海苔の大きさです。

さて、この隙間だらけの乾燥海苔、
おいくらでしょうか。

はい、この1枚がこの暮れに1500円でした。

年い明けると安くなり、1,000円になりました。

もともと収量が数ない正月のお雑煮に欠かせない縁起物なのです。

ハバを効かせるとか。

この海苔の食べ方ですけど、火で炙ります!
やや湿気っていた海苔がパリッとなるんです。
それと共に磯の薫りが広がります。

昔ながらの千葉県民は海の民だと思っています。
超高い海苔だけど、先祖の血が騒ぐのかもしれません。

20170131_065653


20170131_065709


ハバノリをバラバラにして浅草海苔、カツオぶしと混ぜたもの。青海苔がないのが残念です。

20170131_065854


房総半島にはこれをベースにした料理もあるんですよ。


さて、16島海苔という出雲の驚きの海苔があるようです。
https://e-dashi.com/kamojinori/

日本の海苔文化の奥深さを感じています。
島根県と千葉県の海苔サミットもいいかも。

でも、海苔の文化は日本のオリジナルみたいですけどね☺

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2017年01月29日15:09発酵生物
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote エンドファイト | 腸内フローラ

人間も腸内の微生物の発酵した物質を栄養として生きています。

自然界の腸を持つ動物、昆虫も魚も鳥類も腸内微生物の発酵の栄養物を得て生きています。

動物は発酵食品生物であるのです。
もちろん、自然界の植物もです。

しかし、工業製品の培養物は?

さて、今回は放送大学の映像をご紹介します。
削除依頼があったら消します。

微生物が偉大さに多くの方に気づいて欲しいですね。
20170128_212531


私の終生のテーマです。


土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業2016、10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2017年01月19日12:29ご注文、そしてお問い合わせありがうございます。
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ナルナルぼかし | ナルナルで栽培



お問い合わせの中でおおいのがナルナルぼかしの件です。
発酵といえう摩訶不思議な世界の事で私も正解はいえません。

でも、おおくの方から、現象を聞き、糧とさせていただいています。
どうもありがとうございます。

私は、地元の

千葉南法人会

という、税務署の凱歌団体の広報部員の役を仰せつかり、
長年、原稿を書いております。

外部には知られていない記事ですが、

そして、たわいない、内容ですけど、公開しようとおもいます。

----------------------
最新号の記事ですが。
数年にわたって年4回書いてます。

--------------------

新産業シリーズ
新しい農業の時代の幕開け
石井商事株式会社 土壌菌農法研究所 所長 石井一行


◆企業が農業に参入するときに考えなればならない事。
 まず、農業はバクチ(博奕)だということです。
 この夏、北海道では記録的な大雨で玉ねぎやレタスに大きな被害が出て、都会のスーパーではレタスが1玉500円という値段になり、大きな話題になりました。
 では、スーパーで売られているレタスは何処のレタスなの?
そうです。被害に全く遭わなかった地域のレタスなのです。レタスを箱に6個詰めて2000円で市場に卸せました。生産者は、畑にお札がバラまかれている様な錯覚さえおぼえたことでしょう。
 普段、500円で売っているものが2000円で飛ぶように売れるのですから笑いが止まりません。泣く地域もあれば笑う地域もある。それが農業の現実です。
 台風に強い施設を作れば安定して栽培ができるという人もいますが、億単位の初期投資が必要になると覚悟しましょう。市況が暴落したら、モロ大赤字の暴風雨が襲ってきますけど。
 これらの、リスクの勘案は専門のコンサルタントでも難しいのです。

農業参入するには、まずは初期コストのかからない栽培作物を手掛ける事です。
そして、美味しいもの、新規性があるものを探す事。(奇抜なものや栄養価を謳ったものは、やはりバクチ作物の部類に入ってリスクが高いです。)

せっかくですので、おススメの逸品をご紹介します。
食用ホウズキです。大変おいしいのですが、まだまだ知られていない逸材でしょう。

◆今回は、もう一話。
 山武市の北部でこの秋、イノシシが出てサツマイモが全滅した畑があるそうです。
まだまだ先の事と警戒していなかった農家には寝耳に水の大悲劇。
イノシシは南の房総から今や北総地域にまで勢力地図を広げています。キョンもお供をしているようです。千葉市も彼らの活躍圏内にすでに入っています。ご用心を !

さて、 このイノシシ君、圏央道をドライブしてやってきているらしいのです。圏央道が出来て、神奈川方面から九十九里方面へのアクセスが大変よくなりましたけど、イノシシ君にとっても障害物のない高速バーンだったらしく夜中に家族で大暴走。
 八街市を通り越して一気に山武市へ暴走です。いずれ圏央道は利根川を越えて茨城県と直通になります。
 房総イノシシと筑波のイノシシの勢力争いをする日も近いかもしれません。

----------------------
以上です。
今日は、これから当法人会の新年会に出席します、
みなさま、ごきげんよう。

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2017年01月13日11:42フーガで語る微生物 8
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote フーガで語る | エンドファイト


絵を作成したのが、今から
5年前の事です。

ナルナル3大機能


ナルナルの機能として、

エンドファイト効果 (植物活性化・成長促進)
土壌改善効果 (有機物の分解促進)
野菜・果物が美味しくなる効果


を掲げました。

いずれもナルナルに含まれる無数の種類の微生物による共同作業です。
複合微生物集団としての機能です。

この中で、どうにもメカニズムが判らなかったのが、

野菜・果物が美味しくなる効果

でした。

ですが、
ようやく、ナルナルを開発して10年以上たち、
ようやくその理由が判明しました。
この10年、考え続けて来ました。

なにしろ、いかなる農業用微生物資材でも、野菜や果物が
とびっっきり美味しくなる物なんて何処にもなかったのです。
参考文献もありません。
微生物素人・農業素人であった私には、とうていわかろうはずもありません。

さて、その謎の答えは意外と簡単なものでした。
聞けば誰でも納得できるほど単純なものでした。

 植物は、外敵から身を守ろうとして様々な抵抗物質を作ります。
昆虫が嫌がる臭いを発散させたり、
植物の中を流れる体液の中に、昆虫の嫌がる薬を混ぜたりします。

ウイルスに対抗するのも土壌微生物たちと協力して、
土壌微生物にウイルス撃退物質を作ってもらって
ウイルスの撃退を行います。

要するに、敵に対する防御反応というものがあります。

また、反対に、友好的な昆虫、
花粉を媒介してくれるような(たとえばミツバチ)

に対しては、甘いニオイで誘って、美味しい蜜を与えて、代りに花粉を運んでもらいます。
相互に利益のある関係を築いています。

植物の花は、特定の種類のミツバチ(昆虫)だけが恩恵をこうむれるように、
ラッパ型の細長い形をした花を作ったりするものもあります。

昆虫の種類を選ぶ花も多いのです。

果物も、種を遠くまで運んでくれる動物の都合の良いような形に、
そして、特定の動物の好む味に仕上げて動物たちにプレゼントされます。

どうも、このような理由でナルナルを使うと、
人間にとって美味しい味に変化するようです。

ナルナルは人間の手によって作られます。
こぼれ落ちた人間のDNAが、ナルナルのなかの微生物に伝達されているのかもしれません。

そして、ナルナルがエンドファイトとして植物と共生した時に、
人間は植物の敵ではなく、味方であるという信号をだして、
人間と共生している植物という意識が芽生えるのかもしれません。

また、ナルナルの微生物が、人間の好む味を知っていて(ほとんど甘味に関与)
植物にこんな味の果物を作れと指令を出しているのかもしれません。

謎に満ちた微生物の世界ですから、何が起こるのかわかってませんけれど。

なぜ、ナルナルを使うと美味しくなるのか?



植物 ⇔ 微生物 ⇔ 人間

の、相互一体化 (相互共生化)
が起こす現象だと考えるに至りました。

以上、簡単な理由なので、簡単に説明させていただきました。

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2017年01月12日16:30フーガで語る微生物 7
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote フーガで語る 

年あけまして おめでとうございます。
ホームページに無農薬栽培のバラの写真を掲載しましたので、
御覧いただければありがたいです。ナルナルを使うことで実現したバラたちです。

撮影した中村さんは、
ご自身が栽培している、
バラの美しい写真を撮るために、
写真教室に通い始めたそうです。

徒然にかいていますが、

清浄な野菜とはどういうものか
考えてみたいと思います。

たびたび指摘していますが、
堆肥の中では美味しい野菜が出来ません。

特に臭い堆肥ですと、臭いニオイが野菜に移ります。

自然栽培や、有機栽培の先生たちも気が付かなかったことです。

ですから、高名な先生でも、
いまだに、ミミズのいる畑は良い畑なんて、事を言っています。

実は、ミミズのいる畑は未熟な畑なのです。
まだ、腐海から脱出出来ないでいる畑だということです。

だから、虫や病気が付着します。

色々な昆虫がやってきます。

清浄な畑では、目に見えるような大きさの昆虫は次第に姿を消します。
清浄な田んぼでも同じことが言えます。

ミクロな微生物の世界になって行くのです。
このような畑に行くと、大変静かです。

畑一帯に静寂感が満ちています。

人間は、そのことを知っているから、
畑を耕し続けて豊かな微生物の満ちた畑になるように、
長い時をかけて、畑を作ってきたのです。

理論より、実践、実際の畑で答えが出ています。

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2017年01月12日14:51ペットの餌
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 食品 | 健康




昔の餌は自然

今は人工的餌

人工的餌しか食べないペットたち

いつか人間もそうなってしまうのかな

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年12月27日00:02フーガで語る微生物6
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 土壌菌 | フーガで語る


が誕生して46億年。

生命が誕生して40億年。
(最近、42億年前という説もでてきました)

シアノバクテリアという微生物が、
太陽の光からエネルギーを産む方法を見つけたのが
32億年前。
これが光合成の始まりです。

そして、光合成の副産物として、
地球の大気には酸素が増えて来ました。

やがて、生物は海の中から、地表に生命活動の場を広げて行きます。

毒の大気は薄まったけれど、大地に生き物の姿はありません。
動物もエサのない所では生きていられません。

そこに、太陽の光をエサにする植物が上陸できたのは、自然の成り行きのようにみえます。


 大変だなぁ、なにかって?

地球が出来て、
生命が誕生して、
生命が陸上に活動するようになる、
40億年の営みが、

わずか数行に描かなければいけない、このブログの事です。(;´д`)


さあ、続けましょう。😃⤴

ようやく、地表にたどり着いた微生物。
光合成のエネルギーを植物からもらって、
何度も絶滅の危機をくぐり抜け、今に至ります。

地表には生命が満ち溢れるようになりました。

チャンチャン。

 植物が陸上に這い上がった時の地表は、
今の、月面の様なゴツゴツした、
鬼押出しのような、熔岩が剥き出しの
荒涼とした場所なのでした。

とても美しい風景?
だとは言えなかったのかなぁ。

見た人が誰も居ないから?⁉?⁉?


✈時代は飛んで、現代。

地表に生命が満ち溢れると言っても、
地表の薄皮の薄皮の薄皮の、

微生物が主に生息している場所は、

わずかに地表から30センチの土の中。
陸上に微生物が進出して約5億年経っているけれど、

たったの30センチ。
たったの30センチ。
たったの30センチ。

高さ30メートルの高木を作る事は出来ましたけど、
地面の中に潜りこんだ深さは、
たったの30センチ。

そうなんです。
賢い方はここで気が付きます。

地球は、まだ発展途上なのです。

そして、植物と共に進化してきた動物や菌類。

やはり、発展途上なのです。

😃💡

自然栽培の方で、自然は完璧だと信じている人がありました。
たぶん、人間も完璧だと信じていたりして?

某宗教的な解釈だと、
人間も自然も、完全なんですね。
だって、神様? 創造主が
この世を作って、人間を管理人に指定したようで。

まさか、人生も完全だと信じていたりして?
うらやましい、そんな生き方を私もしてみたい。

もう無理だけど‼






 生命は生命の営みに添い任せるしか他に
道なく。



土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年12月26日19:07フーガで語る微生物5
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote フーガで語る | 農業思想


にブログ書き直し


 この地球では、聖書のように大地が整ってから人間が誕生した訳ではないようです。  

腐海、風の谷のナウシカに登場する有名な言葉です。


 さて、私は様々な畑を見学させていただいて

プロから始めたばかりの家庭菜園初心者まで、
多数の方とお会いしてきました。

その栽培方法も、
農協や県の指導員の教えを教科書通り忠実に守る優等生の様な栽培や、

自ら本屋さんで園芸の本を沢山買って知識を詰め込む人。

知り合いから聞いて適当に始める人。

など、色々ですね。

そして、
指定された資材(肥料や農薬)以外に独自に手に入れた資材や堆肥を作る人や、

減農薬を目指す人。

化成肥料を使わず有機栽培を目指している人、
農薬や除草剤を一切使わない人。
そして、堆肥も含めた肥料を使わない人。

千差万別、100人いたら100通りの栽培方法があります。

まあ、とにかく、その畑の栽培の仕方には、
その人の人となり、性格が強く反映していることがわかりました。

家庭菜園をされている方は、出来るだけ農薬を使いたくない云う方が多いですね。

何か問題があっても、気がつかないし、気がついても
どうしたらよいか知りません。

ベテランの家庭菜園栽培者は、こんな虫が出たら
○□☆という農薬を使えばいいという知識を身に着けます。

でも、知識の無い人は、何を使ったら良いかを知らないので、結果、畑は無政府状態になります。

プロは生活の為に野菜を作りますが、家庭菜園の場合、収量は問題外です。

 本来の目的は美味しい野菜を作る事なのですけれど、
自分のやり方が、優先します。

失敗してもいいのです。
自分のやり方で畠を自由に使う事が喜びなのです〜。

見よう見まねで、他人から見たら失敗でも、
茄子の1個、キュウリの1本が採れただけで、
大成功なのです。

そんな野菜は、おそらく極上の味がすることでしょう。

腐海のお話から、脱線してしまいました。

これもフーガかなぁ?



土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年12月26日17:24フーガで語る微生物4
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote フーガで語る | 地球生命圏


から生まれたーいのちー

 最近の生物学から見ると、生命が誕生したときの地球は、まるで腐海のような世界のようです。

腐海って、そう、あの腐海です。
アニメの ー風の谷のナウシカー で、

人間が住めない毒ガスで満ちた大地、
として描かれた、

超巨大な芋虫やら(オームです)、不気味な生物がワンサカといて、人間を襲うのであります。


 さて、誕生したばかりの地球には、生物はいないので怪獣は?
もちろんいませんね。
生き物がいないのですから。


 さて、

 今、世界中の科学者が、生命はーーー、どこで、どのように、いつ、誕生したのか、と、いう謎に挑戦しています。

その、最新の考えが、
腐海の様な世界なのです。

今の人間が、1秒でイチコロになってしまう、

人類秒殺の場所が、生命誕生の現場、だというのです。

????????

人間が生きられない場所が、生命誕生の場所??

?????????


でも、多くの科学者が支持している理論なんですよ。


 この理論に対して、生命は宇宙からやって来た❗
と云う、科学者もいます。



宇宙人がやって来て、生命の種を撒いたかもしれませんし、

何処からか、神様がいらして、生命を創作したかもしれません。


(キリが無いので、ここでは地球で生命が誕生した。
と、云うことで話を進めます。)

生命誕生の正解は私には解りません。

自分は誰?
生命とは何
宇宙を作ったのは誰
何のためにこの世界はあるの?

私は、小さい頃からこの疑問を持っていました。

ナルナルが私の元にやって来て、
微生物について、
その在り方について示唆してくれているようです。

でも、鈍感な自分は、気がつかないまま、愚鈍な日々を過ごしているようです。




土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年12月26日12:51フーガで語る微生物 コモノート
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote エンドファイト | フーガで語る


ノート

おそらく、初めて聞く言葉だと思います。

ナルナルの世界の、
つまり、微生物の世界を理解しようと
思ったら、この言葉を覚えて下さいませ。

commonote~2
画像引用元 東京薬科大学 極限環境生物学研究室
http://logos.ls.toyaku.ac.jp/~lcb-7/keywords/commonote.html


最初の生命らしきものが、
現れて、

様々な洗礼を受けて、
いよいよ多様な生命の海を作りだす。

その始まりの、生命のベーシックな形のことです。

この、コモノートと呼ばれる状態から
地球の生物は多種多様に増えて行きました。

ナルナルがエンドファイトとして、
全ての植物を活性化するのも、
ナルナルを使った野菜や果物が美味しくなるのも、
コモノートの姿を探究する事で明らかになります。

実際におきている現象から科学するのが、
ナルナルの基本姿勢です。


人間は生きている。
でも、人間の生理的メカニズムは
まだまだ解明されていません。

人間の頭で考えた理論で、人間は生きているのではないでしょう🎵

ナルナルを学ぶ事は、最先端の科学の探求でもあります。

それは、研究室の中では学べない、
現場の真実があるからです。




コモノートについて、より詳しく知りたい方は、
下記をご覧下さい。

東京薬科大学 極限環境生物学研究室
http://logos.ls.toyaku.ac.jp/~lcb-7/index.html

コモノート
http://logos.ls.toyaku.ac.jp/~lcb-7/keywords/commonote.html


土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。