記事検索
タグ絞り込み検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2016年11月25日16:47神の居る故郷
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote つれづれ | 地球生命圏


故郷の朝の景色です。
連続写真でおたのしみいただければ幸いです。
20161125_121033

20161125_121125

20161125_121229

20161125_121233

20161125_121235

20161125_121246

20161125_121253

20161125_121300_001

20161125_121302

20161125_121304

20161125_121306


東国吉−古都辺ラインです。
11月の雪景色だからこそ撮影出来たのかもしれません。

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年11月14日17:08オーガニックライフスタイルEXPOの見どころ紹介
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント | 健康



金曜日と土曜日に東京の国際フォーラムで開催される
オーガニックライフスタイルEXPO

すでに多くのお客様からご来場のお知らせやお手伝いのお申し出があり、大変うれしく思います。

第一回という、全く新しい展示発表イベントなので、どのようなものかワクワクしながら出展の準備をしています。ナルナルの展示ブースは、東京国際フォーラム展示ホールE1 小間番号 015番 です。
広い会場ですので迷子にならないようにご注意ください。

イベントの要項を見ると無料で聴講できるセミナーも用意されています。

そこになんと、土壌微生物と畑の関係を長年にわたって調査されてきた、

横山和成博士

が登場します。

セミナーの日時は、
開催日時:11月18日 10:30〜12:00 (10:15〜受付開始)
会場:東京国際フォーラム D1ホール

土を知る1 命がめぐる土づくりのカルテ01 
詳細ページへのリンク

横山和成博士と私はよくお話したり、チョットしたプロジェクトを一緒にやったり、
互いに協力し合っている盟友で、ナルナルのよき理解者でもあります。

18日にご来場を予定されている方は是非ご聴講ください。

また、当日、午後からの

土を知る2 有機農業と生物多様性

には、金子信博農学博士 横浜国立大学大学院環境情報研究院 副院長
が、登場いたします。

金子先生も愛情たっぷりに土壌微生物のお話をされる方です。

開催日時:11月18日 12:30〜14:00 (12:15〜受付開始)

詳細ページへのリンク

11月19日にも色々なイベントがありますが、
11時〜12時、
ミニステージで、愛菜フェスティバルでも蜂蜜販売のワゴンカーを出していた
はぁもにぃーの長浜光子さんが出演されるそうです。
該当ページへのリンク
パワフルな女性ですよ。

準備の大詰めの中でこのブログを書いていますけど、セミナーの人選も的確でナルナルの考えとも合致しています。

オーガニックライフスタイルEXPO
事前予約がまだできますので、お時間を割いて是非ご参加ください。
それだけの価値は充分にあると思います。

横山和成博士のプロフ 上記の詳細から引用。
北海道大学大学院農学研究科修了。米国コーネル大学農学・生命科学部およびボイストンプソン植物科学研究所を経て、農水省管轄独立行政法人・中央農業総合研究センター生産支援システム研究チーム長を歴任。
本年4月より尚美学園大学尚美総合芸術センター 副センター長。農学博士。
著書「食は国家なり! 日本の農業を強くする5つのシナリオ」

 12月3日12時30分より13時30分までナルナルの基本プレゼンを当社の会議室で行います。主催は粘菌の会。私はそこに講師としてお話をさせていただきます。会費は500円(予定) 場所は石井商事株式会社、つまりナルナルの事務所です。ご予約は当社までご連絡ください。メール、メッセージ、FAX、電話、お手紙、などでどうぞ。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年11月12日17:15第1回愛菜フェスティバル開催されました。
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント | 地域興し



りの秋空

さわやかな1日となりました。絶好の秋の行楽日和でしたね。

千葉県の季美の森では、愛菜フェスティバルが開催されました。

地元の住民と地元の県立農業高校のコラボのイベントで、
チラシや看板など、高校生たちが工夫して製作しました。

沢山のイベントの中で足を運んでいただいた皆様ありがとうございました。

ナルナル関係の方の出展も多く、多くの方とお話しできて、大変楽しかったです。

大成功でしたね。

ただし、出店を予定されていた、一宮のトマト農家さんが実の熟成に間に合わず、
出店見合わせ。
また、収穫間際のサツマイモがイノシシに食べられて全滅し、出店できない農家さんがいたことは
まことに残念でした。

幸いに出店された、農家さんたちも売り上げは上々だったようです。

ナルナルのブースでは、発酵中の熱を発しているモミガラぼかしを展示、
子供たちの アッチィ という大きな声が聴けました。

以下、今日の写真です。

高校生による網高流自然栽培による説明と、即売も好評でしたよ。

20161112_093126

20161112_100550

20161112_102103

20161112_102133

20161112_102204

20161112_102209

20161112_102219

20161112_102400

20161112_102441

20161112_102451

20161112_102455

20161112_102503

20161112_102507

20161112_111608

ナルナル栽培米の米粉を使ったシフォンケーキ、優しい味わい。
target="_blank">20161112_111745



20161112_111917

20161112_111937

20161112_112009

20161112_112021

20161112_124027

20161112_124138

今日、いただいたものや買った野菜たちです。
target="_blank">20161112_161118



事務所に帰ったら、ちょうど林業女子会のメンバーが山から帰ったとこでした。
20161112_161158


11/18、19は、国際フォーラムで行われるオーガニックライフスタイルEXPOに出展いたします。是非おこしくださいね。 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。




2016年10月30日08:53政治の中の農業、とっても広い意味で。
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 書籍など | 農業思想



書の幅はとても広いかも。

農業関係の本は、新刊が毎日のように出てきます。
そんな世の中で、長く読まれてきた本は古典となります。

タイトルに農場とあったので、手に取ったのがこの本でした。

面白かった。

内容は、下記のコピーにあるので書かないけれど、
農業の古典、かもしれない。
人間の業が描かれているようでした。

農業って、人間の業なんだよ。

ーーーーー以下、コピペ
動物農場 
どうぶつのうじょう
ジョージ・オーウェルによる小説

『動物農場』は、1945年8月17日に刊行されたジョージ・オーウェルの小説。動物たちが飲んだくれの農場主を追い出して理想的な共和国を築こうとするが、指導者の豚が独裁者と化し、恐怖政治へ変貌していく過程を描く。 ウィキペディア

初版発行: 1945年8月17日
著者: ジョージ・オーウェル
受賞歴: プロメテウス賞殿堂賞
ジョージ・オーウェル

映画『動物農場』公式サイト
www.ghibli-museum.jp › animal

伝説のH&Bが半世紀前に描いた、永遠不変の権力の寓話。ジョージ・オーウェル原作『動物農場 』、ついに日本解禁。公式サイトでは作品解説から、最新情報までお届けします。

動物農場 - Wikipedia
動物農場』(どうぶつのうじょう、原題: Animal Farm)は、1945年8月17日に刊行されたジョージ・オーウェルの小説。動物たちが飲んだくれの農場主を追い出して理想的な ...

‎あらすじ ・ ‎登場人物 ・ ‎日本語訳 ・ ‎アニメ

動物農場 (角川文庫) | ジョージ・オーウェル, George Orwell, 高畠 文夫 |本 | 通販 ...
動物農場 ジョージ・オーウェル. 第一章. マナー農場のジョーンズ氏は夜になると鶏小屋に鍵をかけたが少しばかり飲みすぎていたので家畜用の出入り口を閉じるのは忘れて ...

動物農場 第三章 - Open Shelf
open-shelf.appspot.com › chapter3

夏の間中、農場の仕事は時計のように正確におこなわれた。動物たちは考えられないほど幸福で食事の一口一口が大きな喜びを与えてくれた。それは自分たちの、自分たち ...

動画

1:49
映画「動物農場」予告編

動物農場(1/3)【アニメ】 by にゃんまげ 政治/動画
ニコニコ動画 - 2009/09/11
動物農場(3/3)【アニメ】 by にゃんまげ 政治/動画
動物農場(2/3)【アニメ】 by にゃんまげ 政治/動画

ジョージ・オーウェル 20世紀のイソップ寓話 1/3
オーウェルを、開高健の名訳で『動物農場』: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

2013/09/26 - オーウェルを、開高健の名訳で『動物農場』. 動物農場 夜更けに、大人が、暗澹として読む寓話。 人間の搾取に叛乱を起こした家畜たちが、理想の ...
blog.goo.ne.jp › slcxt1192
2014/01/05 - 動物農場─おとぎばなし』 (Animal Farm─A Fairy Story)は、 1943-44年に執筆され、45年8月17日にイギリスの出版社から初めて刊行された(英語版)。
ーーーーーーーーーコピペ終わり

映画にもなってたんですね。
必ず見たい映画の仲間入りです。

私が読んだのは岩波文庫のものです。
本文の後に附録があります。

こちらも知らない事だらけで、面白かったです。

ソ連という国は、奥深い国のようです。
オーウェルはイギリスの人ですが、
イギリスの国内では、ソ連を批判的に報道する事がタブーであることを紹介しています。

最近、江崎道朗さんがアメリカの政治の歴史の本を書かれて(実はまだ読んでいません 検索してお求めくださいませ。)、
第二次世界大戦の時のアメリカ国内に潜入したソ連の密使の暗躍がアメリカの世界戦略に与えた影響をレポートしています。

この本を読むと、イギリスでもソ連の密使の暗躍があったようです。
江崎さんには、イギリスの政治にソ連の密使の暗躍を暴露するレポートを期待してしまいます。

007よりも面白いかも?

うーむ?✌

我が国、日本でも、当然のようにソ連の密使の暗躍があったはずです。

誰か暴露してくださいませ✨

ソ連の研究もして見たくなります。
人間の行った事です。
微生物が作った人間という生き物の行動をレポートするのも微生物探求家として興味は尽きません。

農業は世界中のそれぞれの国にとって基幹産業ですから政治とは切っても切り離せない❗
これはやむを得ない事実❗

なぜ、私が政治の話をしなきゃいけないんだろう⁉
純粋に農業や微生物の事だけに専念できる世の中になって欲しいです。

やや支離滅裂な今日のブログ。ソ連の事を過去の事の様に書きましたけど、いまだに信奉している人がいるようです。これも人間。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年10月26日16:37木質バイオマス チップの利用方法
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 堆肥 | 土壌菌



新な取り組みである木質廃材のチップの利用について

日本の林業が大変困難な状況におちいっています。
まずは、植林地の整備が進まず、荒れ放題になっていること。
これは、外国産の安い木材に国産の材木では価格で太刀打ちできなくなったことが原因です。

そのため、杉やヒノキの植林地に枝打ちや間伐、下草狩りなどの経費の念出が困難になり、
どんどんと山が荒廃して行きました。

また、その間隙を縫って、竹が猛烈に繁殖。里山は回復不能な危機に陥っています。

しかし、ここにきて、外国の木材も不足をし始め、国産の材木の価値が上がってきています。

ところが、千葉県などでは手入れをしていない、植林地に溝腐れ病といって、幹が腐ってしまい、材木としての価値がほとんどなくなった山がほとんどになっってしまいました。

しかし、手入れをすれば回復できる山は、まだ残っています。

そこで、間伐材の有効利用が考えられています。

ナルナルのお客様には、炭素循環農法を志して農業をされている方も多くいます。

ナルナルと炭素循環農法は、ほぼ同じころにネットでデビューしており、不思議なご縁を感じています。
ブラジルの林さんとも駅で偶然出会ったりしてます。不思議ですね。

さて、当初、炭素循環農法では、畑の転換資材として廃菌床を紹介していました。
IMGP5518

廃菌床から再びキノコが生えてきてます。最近では、温熱消毒してキノコ菌を殺してから廃棄する業者もあるそうです。

廃菌床とは、マイタケなどのキノコの栽培をオガクズを詰めたポットで行うのですが、栽培した後に出るオガクズの残さです。廃菌床の写真リンク。いろんな廃菌床があるものです。
消毒された、廃菌床に土壌微生物が定着するまで時間がかかるのが、最近の難点でもありそうです。

ところで、最近は木質のチップも畑の炭素源として有効なのではないかというこで、利用者が増えているようです。

私のところにも、問い合わせがよくあるので、どの様な木質チップがよいのか、ご案内したいと思います。

木質チップが国内に増えたのは、野焼きを規制する法律ができてからです。
発端は、所沢のダイオキシン騒ぎ。
だれも被害がでていないのに、数値だけが独り歩きして、マスコミが大合唱。お役人は怒りの矛先が自分達に向かないよう、早々と野焼きを禁止する法律を作ってしまいました。

これまで、枯れ枝や不要な木材は山間で燃やして処分していたのが、燃やしてはいけないという法律が出来てしまったのです。

所沢のダイオキシン騒ぎなんて、覚えている人いますか?

山で仕事をしている人達にはとんでも迷惑な法律だったのですが、
法律で決まったら従うしかありません。

山で出た、不要な枝や間伐材などは、業者に頼んで処理してもらうしかありません。
そのための運搬費用、処理費用も山で生活する人には大きな負担で、山の荒廃を後押しするような法律だったわけです。

不要な間伐材は何処に行くかというと、中間処理業者という、産業廃棄物処理を行う業者の処理場に向かいます。主に木材系を処理する業者さんです。
規格に適合した焼却炉を持っている業者さんは燃やして処分します。
今なら、排熱でボイラーをまわして発電しているところもあります。

小さい造園業者さんなどは敷地に余裕があれば、敷地に粉砕して積んでいるところも多くあります。
ここからチップの解説が始まります。
DSC_0254

写真にはありませんが、チップを作る機械はかなりの大きさがあり、業務用の場合、1000万円以上します。
スウェーデンなどの北欧のメーカーのものが主流です。
後半で、専門業者さんのホームページにリンクします。そこには巨大な機械が移っています。買うと1億円します。
DSC_0260

ここに、運び込まれているのは街路樹の剪定枝が中心です。
よく道路の脇で街路樹の整備を行っているのを見るとおもいますけど、機械で細かくした後に堆積して自然発酵させます。
DSC_0261

チップの粒径は、機械に取り付ける網の目のサイズで変えていきます。
DSC_0255

通路に敷くものだったら、分解が遅いほうが良いので、荒目のサイズに、畑に入れるものなら細かい目のものにします。
DSC_0257

DSC_0258

堆積してあるチップの中。かなり腐熟が進んでいます。この場所のこの写真ののもで1年以上堆積放置されたものです。枝葉も含まれているので、腐熟が早く進行します。
広葉樹であることも進行を早くしています。
DSC_0259


使って良いチップは、この写真のようにキノコが生えてきたり、色々なカビが生えている物です。

一番のおすすめは、この写真のような街路樹や公園、河川の下草刈りで出てきたものをチップ化したものです。これらは抗菌剤などの農薬の使用はゼロです。安心してつかえます。除草剤すら使っていません。

針葉樹のチップの場合、最低でも1年以上は野積みにしたものを使ってください。
これらには自然の抗菌物質が含まれていて、発酵が悪いからです。(別名フィトンチッド)
腐りにくいから建材として利用しているのです。
木造建築の寿命の長さは、日本の古寺を見れば納得いくと思います。

杉、ヒノキなどの針葉樹の場合、推奨は3年以上堆積させたものです。かなり、カビてきます。

反対に、使ってはいけないチップがあります。
建築廃材のチップ→ 建材に使われていたものを取り壊したものですが、柱だけではたく、ベニヤなど壁材などが含まれています。これらには、防腐処理がしてあったり、化学物質が多様されている危険があります。
値段は安いけど畑には使わないほうが無難でしょう。
農道など、畑とは直接影響しない部分の使用は構いません。

過去のブログの記事。チップの堆積場の写真があります。
間伐材の利用の時の参考にしてください。

この交流会の後、このチップ置き場のチップは参加者の注文によってすべて無くなったそうです。
100アールくらいの面積に積んであった大量のチップです。
業者さん、泣いて喜んだそうな。
3年以上も野積みで処理に困って放置していたものだそうです。

過去の木質チップの使い方の記事
代表的なもの

竹との相性。発酵させてから使うこと

このブログの左側の少しだけ下の所にブログの検索用の窓がありますので、
そこに 「 チップ 」 と入力していただくと過去の記事を読むことができます。

おおむね、同じような事を書いています。
今回は、簡単なまとめのようなものですね。

さて、大型のチップ機械を持っている業者さんのリンクです。
私の知っている業者さんの千葉県での大手は、
千葉のマルトシさん。リンクしてます。クリックするとマルトシさんのホームページに飛びます。
大網高校では、こちらのチップを使っているようです。

全国にも多くの業者さんがいます。
検索は「植物廃材 堆肥 チップ 都道府県名」などでで行ってみてください。

実は、材木のチップを肥しの代わりに使うというのは、有史以来も初めての出来事なのだそうです。
昔は、使おうにも粉砕する機械がなかったわけですから。

また、使い方もわからなかったはずです。
今、世界の農業史にようやく、木材チップを利用した畑の成功例が出てきたところなのです。
今、使っている方は先駆者の一人でもあるわけです。

ナルナルでは、同じく木質資材であるもみ殻の発酵分解を簡単にできる方法を確立しました。
そのノウハウを使って木質チップの利用の指導も行っています。
木質チップの資材についのご相談は、現地のチップを目で見て、においを嗅いで確認するのが一番です。
出張の依頼も受けておりますので、鑑定してほしい方はご連絡ください。世界中行っちゃいますよ。

ナルナルと木質チップの同時使用も効果が出る方法です。是非お試しください。肥料を買うより遥かに安く畑に投入できます。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年10月23日12:39季美の森イベント「愛菜フェスティバル2016」11/12開催
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



森イベント「愛菜フェスティバル2016」

開催日 平成28年11月12日(土曜日)小雨決行
    荒雨の場合は翌日開催。
    10時〜15時

場所 スーパーフレッシェル前  
   〒 299-3241 千葉県大網白里市季美の森南3-3-5
   地図です。↓
   会場の地図

主催 愛菜フェスティバル実行委員会
協力 スーパーフレッシェル 千葉県立大網高等学校

お問い合わせ  愛菜フェスティバル実行委員会(愛菜レストラン内)
TEL・FAX 0475-51-5385 (代表 前田周子) 

愛菜フェスティバルの詳細や開催のいきさつが書かれています。
「スマイル季美の森2013」へのリンク 

大網地域のオーガニックな取り組みをしている方を中心に県内外から約40のチームが参加するマーケットです。大網高校のオーガニックな取り組みと地域住民の感性がマッチングして、開催の運びとなりました。
運営のことなど、高校生たちが考えて地域イベントを実際に開催するというのは、全国的に珍しいイベントだと思います。

難点があります。地域のイベントなので、大きくは宣伝できないということです。
駐車場がなく、1キロ先に確保はしているものの大量の車の駐車できるスペースはないということです。

でも、やはり、このイベントに参加したいと思う方は多いはず。

ここは、公共の交通機関を使うのがベストです。

JR外房線大網駅からのバスの時刻表 約7分
行き 希美の森方面  南センター(千葉県) 下車すぐです。
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00062597/00026259/1/

帰り 大網駅行き
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00108738/00026259/0/

なんと、東京駅からの高速バスもでています。
行き
東京駅八重洲口前より、白子中里〔中里海岸〕行き 南センター(千葉県) 下車
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00082275/00020229/1/

帰り 東京駅八重洲口前行き
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00108738/00020229/0/

東京駅からはバスでのんびりと約1時間で到着します。
帰りもバスなら安心ですね。

秋空の下で、のんびりとビールやワインを飲みながら、地元の名産品をゆっくりと味わってください。
ホント、参加者が羨(うらや)ましいですね。
買い物袋は忘れずに持参してください。大量に買う予定の方は、キャリーバックも忘れずに用意いたしましょう(笑)

このイベント、ナルナルも出展いたします。チラシにはもみ殻発酵足風呂みたいな事がかかれていましたので、発酵熱だけでも体験しに来てください。

でも、やはり、メインは高校生たちの元気なすがたです。明日の日本を築いてゆく高校生たちとの交流も良い、体験となるでしょう。

イベント参加の要請がアチコチからきていて、全てに応じられずにもうしわけありません。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年10月20日20:30ふたたび土と平和の祭典の事
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント | つれづれ



われた日比谷公園での土と平和の祭典であったが、
金曜に続けて日曜日のお昼にも訪問した。

鴨川自然王国のおせんべいを買って食べながらのんびりと。
以下、写真ギャラリーだと思ってみてください。
20161016_143243

さ来年の味噌のナルナル栽培のお味噌が登場するかな。
20161016_143230

CWニコルさんのトーク。
20161016_140509


20161016_140305

不思議な楽器をもった青年。
20161016_140253


20161016_135017

千葉から参加のみやもと山さん。おばちゃんの顔写真はないけどいい、表情してました。
20161016_135002


20161016_130711


20161016_130444

寺田本家さんの前、人通りが多くて写真が撮れなかった。
20161016_130343


20161016_125752


20161016_125746

わら細工と、竹細工などのコーナーちびっこも一生懸命お仕事してます。
稲の茎である藁ももっと有効活用してほしいですね。
20161016_125739


20161016_125620


20161016_124601

小腹が空いたので、焼きもろこしをいただきました。
ゆで落花生は、おおまさりというドデカ落花生。
20161016_124500


20161016_124440

ワラで作れるサンダルの実演もしてました。
20161016_124417


20161016_122527_002


20161016_122455

千葉産直サービスの魚の缶詰も好評でしたよ、トミさん。
20161016_122005


20161016_120737

最後の写真はなにかというと、ムサビで作った映画の宣伝ブース
カレーライスを原料から作るという、ドキュメンタリー映画です。
20161016_115205

せっかくなのでリンクを張っておきます。
https://motion-gallery.net/projects/ichikara_curry
なんとクラウドファウンテングといって、寄付金募集のページに行き当たりました。
探検家・関野吉晴さんによる武蔵野美術大学の課外ゼミ「カレーライスを一から作る」。野菜、米、肉、スパイス、塩… 材料のすべてを一から作るという途方もない取り組みを追ったドキュメンタリー映画。カレー完成までの9か月間の記録。
詳細はリンク先にどうぞ。

今、オーガニックライフスタイルEXPOの招待券の発送を順次行っています。ご来場をお待ちしております。 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。




2016年10月15日14:41土と平和の祭典 前夜祭に行きました。
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント | つれづれ


谷公園で行われている
土と平和の祭典。
寺田本家などの酒蔵さんなどの知り合いも多くいるので、顔を出して来ました。

いきなり秋が終わったかと思う気温。
燗酒で体を温めながら、
大変盛り上がって、

危うく終電を乗り過ごすところでした。

秋空の夜の盆踊り!最高でした。

20161014_162848


20161014_191024


20161014_172733


20161014_191448


20161014_191324


20161014_195939


20161014_191433


20161014_200447


20161014_200324


20161014_172606


土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。



2016年10月04日16:439/24畑の見学会を行いました。
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ナルナルで栽培 | お客様などの畑
9

の24日土曜日、天候不順な時のわずかな晴れ間。

ナルナルをご利用のお客様を中心に畑の見学会を行いました。
すでに何年も使っている方から新規就農者、家庭菜園の方、消費者の方など様々な方がお集まりになりました。
視察場所の広さの関係で、開催のご案内はごく限られた方のみになってしまいました。
ご容赦ください。
極上の畑の見学会なので公開すると大人数になってしまうし、受け入れ側の負担も大変になってしまいますので、少数の口コミだけの参加者で見学会を開催しました。

それでも、当初は10人以内と思っていたのが15人以上になってしまいましたけど、何とかキャパに収まり、楽しい見学会となりました。

参加していただいた皆様、ありがとうございます。
人数が増えると移動に時間がかかります。
視察場所は最後の粘菌博物館を含めて4か所を予定していました。
何とか、時間内に収める事ができたけど、その1つ1つが一日いても良いほどの場所で、短時間の視察しかできなかったことを反省しています。

逆に言えば、大変贅沢な視察ではありました。

なにしろ、内容が濃い。びっくりの連続。参加費が安すぎ、なんと500円(農園主さんへのお土産に使いました。お土産には市原市の石橋梨園さんの新高など)。ご飯は自分持ちだけどシェアランチでそれぞれが自慢の料理を持ってきてくれたので、それだけで満腹。みんな美味しくてお皿は空っぽ。

ランチのメニューを
ご紹介すると、
私の母のオハギ(きな粉とあんこ)お彼岸を意識して。・そのお米は御宿のスズヤスさんが提供、とキュウリの浅漬け。
スズヤスさんは新米の新米のお赤飯とお餅(お餅はオヤツにご馳走になりました)。
奥山さんは、奥さんが作った揚げ餃子風の逸品。
マキコさんは鳥めし。
まさえさんは、カセットコンロ持ち込みで豆腐のハンバーグ。
渡辺さんは玉子焼き。と、煮豆。
西川さんは、生姜の漬物。
本木さん?の何とか巻き。(名前わすれました)

写真をみると、栗きんとん、各種の漬物。
かぼちゃサラダ。
ポテトサラダ。
ウインナー?
皆さんが銘々持ち寄られて、覚えきれませんでした。申し訳ありません。
お酒があれば、大宴会になるところでした。

兎に角たくさんの美味しいお料理がテーブルいっぱいに広がって、このランチ会だけでも大満足でした。

デザートは田中ブドウ園のネヘレスコールとマキコさんの栽培しているナイアガラ。石橋梨園さんの新高とカオリ。沢山用意したデザートでしたが、食べきれない分は各自で分けてお持ち帰りいただきました。

20160924_102517


20160924_113645

青いポロシャツの方がブルーベリーHANAの西川さん。
20160924_113819


20160924_114243


20160924_114254


20160924_115823



この見学会の目的は、良い畑を見ることと、良い畑に出る粘菌を探すことにありました。
キノコは沢山見つかりましたけど、粘菌の出るベストシーズンは6月。しかも、長雨の後のつかの間の晴れ間、ということで写真に収める事はできませんでした。

参加したかった方も大勢いらっしゃるかと思いますが、
時期を見て、計画したいと思いますのでお待ちください。

写真にて、当日の様子を見ていただきます。
ブルーベリーHANAさんの休憩室にて自己紹介。私も初めてお会いする方がたくさんいらっしゃいました。
20160924_102838


西川さんのブルーベリー園
見てほしいポイントは、木材のチップを敷き詰めた園内。雑草が生えても楽に抜けます。
いつ行ってもは例です。足元はフカフカ。

元気のようブルーベリーの元からは新しい芽が沢山出てきます。
これを抜く作業が大変なのだそうです。

ところが、根の付いた新梢を取って畑に植えると根付くというので、参加者はこぞって抜きにかかります。
買えば1本数千円です。

ただし、この園で栽培しているブルーベリーの種類は85種類!!
どんなブルーベリーの実が実るのかは実ってからのお楽しみ!!!
この後、林の中でミョウガ摘みを体験。

そうそう、重要な事。ブルーベリーが植わっている間隔です。広々と植えてあります。
この広さが元気の秘密になります。

ナルナルを年に一回株元にまくだけで、肥料は一切使っていません。
チップをまくのは2年に一回。農薬の使用はゼロ。
鳥よけのネットもありません。不思議ですね。

20160924_110225


20160924_110228


20160924_110519


20160924_110527


20160924_110558


20160924_110606


20160924_111240


20160924_112117

鈴なりのキウイ。広いお庭もきれいにしてあって、一年中お花が楽しめます。
20160924_112242


続いて訪問したのが八街市の桑山農園さん。
ハウスの中の見学です。
あまり時間が取れなかったのが残念ですが、
ここから館山の堀尾君と八街の佐々木君も合流しました。

20160924_135813

20160924_135837

あいにくの雨が降ってきましたが、一時的なものでした。
この時に集まった車は全部で11台。大人数の移動にはバスが必要ですね。
20160924_135844

20160924_133054

20160924_133108

20160924_134151

大抵、アスパラガスの根元の部分は筋があって固いのが普通ですが、このアスパラガス、根元までおいしく食べられます。これには驚き
20160924_134329

20160924_135117


ハウスの中に広がっていた白いカビ状のもの、粘菌かと思いましけど、
拡大した写真を見るとボツボツと気泡状のヒダが見ます。キノコの一種でした。
20160924_135132

桑山農園さんも、無農薬・無肥料での野菜の栽培です。

ここでも、各野菜の植えてある間隔を見てください。広々としているでしょ。
ここに美味しくて沢山の実が収穫できる秘密があります。

家庭菜園の方は、とかく狭い土地を有効利用しようとして密植をしすぎているようです。
広々と野菜を植えて育てたほうが、結果として美味しくて良い野菜が沢山取れるのです。
ナスの畑など、大変に広く使ってますね。

プロの農家さんの畑をみて、育てる間隔をよく見てくださいね。
お手本は身近にありますよ。

種類によっては、密植を好む植物がありますので、全ての野菜に適応する訳ではありません。ご注意ください。

良い畑は決してジャングルのような畑ではないということです。
良い畑は、見ているだけで清々しいのです。
清らかな畑に、清らかな野菜が育ちます。

泥の中で育つハスもドブ臭いドロでは育ちません。

さて、もう一軒の農家さん。
東金市の布施八郎ブドウ園さん。

雨で、お客様がいなかったのが幸いでして、園主の布施さんからブドウ栽培のレクチャーがありました。
美味しいブドウの味見をしながらの拝聴。

プロのブドウ園のテクニックに感心するばかりです。
20160924_143739


20160924_144042


20160924_144821

ここは観光ブドウ園なので、きれいなトイレがあるのも重宝しました。
お土産タイムもあって、ドラゴンフルーツのハウスの見学やブドウのアイスを食べてる方も。

最後になったのが、当社に併設している粘菌博物館の見学。
到着は予定通り午後4時。
加藤先生には、プロジェクターで粘菌と環境についてレクチャーをしていただきました。

20160924_160856


20160924_162024


ここで出たのが、大網高校の生徒さんが栽培した網高流自然栽培による、お芋とゆで落花生。
シルクスイートとおおまさりでした。
最後まで食べ物がついて回る見学会となりました。食べきれなかったものはお土産に変身しました。

密度の濃い一日、遠方から参加された方も多く大変お疲れ様でした。

また、途中から車の乗り合いをお願いして来てくださった方もいらっしゃいます。
お車を出していただいてありがとうございました。

互いが、もちつもたれつ。
生産者も作っている物が異なるので互いに購入しあうことができますし情報交換の場となります。
見学された消費者の方も大切な顧客になっていただけます。
生産現場を直に見てお話を聞くことは、大変良いことですし双方にとって勉強と実利があります。
そう考えると毎月開催してもいいかなと思ってしまうのでした。

次は、もっと楽なスケジュールを考えましょう( ´∀` )

今回、パソコンが壊れてしまい、データの入れ替えなどがあってご報告が遅れてしまいました。
これから11月19/20日に行われるオーガニックスタイルEXPOの招待状の準備にはいります。来週には発送いたします。
10月の農業ワールド・農業資材展には出展いたしません。ご注意ください。
土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。



2016年09月25日20:34第4回福福マーケットの記録 ほぼ写真
PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 地域興し | イベント
20
16

平成28年9月20日 国民の祝日、
第4回福福マーケット

時間:10:00〜15:00
会場:長福寺(千葉県匝瑳市川向79)
   0479-73-0291

とてもご利益がありそうな名前の
マーケットイベント お寺で開催!

イベント・コンセプトは…
無農薬や有機栽培の野菜直売や料理をもっとたくさんの大切な人に触れて・食べて・味わってもらいたい。色んな人に関わってもらいながら人・モノ・食を見つけようよ。と思い、はじめました。
地元のたくさん方から応援していただき、どんどん大きく盛り上げて行こうと思います。
(フライヤーより抜粋)

☆☆☆
大網高校や知人達が出店するので、行って来ました。
雨でしたけど、駐車場は満杯。
雨の中の交通整理、ご苦労様です。

間もなく、どしゃ降りになりました。
こんな雨では、写真を撮る人も居なかろうと思い、パチパチ撮りました。
20160922_120606

20160922_120617

20160922_120657

本堂の中でヨガ。
20160922_120820

20160922_121043

20160922_121116

20160922_121125

大網高校の新鮮野菜売り場。
20160922_121144

練り物屋さん。
20160922_121252

20160922_121258

20160922_121316

雨、あがらないかな〜。
20160922_121351

20160922_121405

ベーグル屋さん。
20160923_082422

20160922_121434

20160922_121449

20160922_134357

麦匠さんの美味しいパン
20160922_121630

20160923_082458

20160922_121646

20160922_121719

20160922_124430

20160922_121736

20160922_122026

カフェ☕リフユージさんのブース
20160922_122305

好きな味のカレーでした。
頂いたチラシ、ポケットの中でびしょびしょ!
20160922_160046

お堂で。
20160922_123146

紙芝居も。子供はどこでも元気です。
20160922_124218


夕方、家に帰って靴下脱いだら、足がフヤケきってました☺ 
関係者の皆様、お疲れ様でした。
土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。