記事検索
タグ絞り込み検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2010年03月12日09:49アトピーでも食べれるイチゴが出来た
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote フルーツ | ナルナルで栽培
 千葉県山武市はイチゴの産地です。成東地区は街道沿いに沢山のイチゴ屋さんが並んでいます。

 この地区の早船という所で大久保さんは、数年前から炭素循環農法に取り組んで無農薬栽培を実現しようと取り組んでいます。

 神経質な方には、この方法は難しいでしょう。おおらかな心がないと失敗が続くので精神的に参ってしまいます。
 この栽培方法はハウス栽培でありながら自然の状態に近い姿でイチゴを栽培すると云うものです。

 ですから、時々うどん粉病が出たりしますが、自然現象の一つとして気にしません。不思議とウドンコ病も広がることはありません。
ookubo2

直売所の風景。味見もたっぷりできますよ。
ookubo1

国道からみたところ
ookubo3

ご主人の大久保さん。冬なのにハウスの中は暖かいので裸です。
ニンニクを混色したり色々と実験を繰り返しています。
ookubo4

イチゴの周りにうどん粉のような菌が付くのがウドンコ病です。イチゴが真っ白になってしまいます。

作物を栽培してなにより嬉しいのは、お客様に喜んでいただく事。
大久保さんのイチゴは無農薬なので、アトピーの人でも食べることができると評判で、東京からいらっしゃるお客様も多いそうです。

そして、なにより、スッキリした甘さが特徴です。すごく甘いですよ。

皆様も是非ご賞味あれ。

大久保いちご園
千葉県山武郡成東町早船1365
TEL 0475-82-5555
FAX 0475-82-1539
ホームページ http://www.tassyaka.com/


以前紹介した大久保さんのいちごの記事
http://blog.livedoor.jp/agrikin/archives/1071500.html

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
土壌菌についての解説しています。
http://www.geocities.jp/takenoame/


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝


     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字